« 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第8話) | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ(第19話) »

<物語>シリーズ セカンドシーズン(第18話)

待ってました!いよいよラストエピソードは、[ CV:神谷浩史 ]ひたぎ[ CV:斎藤千和 ]のイチャイチャバカップルな展開が・・・。待ってなかった。しかも貝木[ CV:三木眞一郎 ]のモノローグで始まるとは。

「恋物語」というタイトルからして甘~い展開を期待するなと言う方が無理な話。だけどひたぎと貝木の、いつも通りでこの作品の真骨頂でもある言葉の投げ合いを聞いて、ハッとする。あまりに釈然としなかった撫子[ CV:花澤香菜 ]編、囮物語へとリンクしているエピソードなんだ。

それからのひたぎの言葉を聞いていると、なるほどこれは恋物語だって思わせてくれる。だってひたぎが他人のために、こと暦のためにここまで必死になっている!これを暦が見たら、感無量で涙が止まらずひからびてそのまま死んじゃうくらいの一大事だろ。

<物語>シリーズ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:SHAFT

|

« 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第8話) | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ(第19話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58638838

この記事へのトラックバック一覧です: <物語>シリーズ セカンドシーズン(第18話):

« 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第8話) | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ(第19話) »