« アウトブレイク・カンパニー(第5話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第5話) »

インフィニット・ストラトス2(第5話)

ちょっと緩めの本編に、最後の最後でシリアスな展開をちょっとだけ付け足す。2期はこういう展開が多い気がする。今回のシリアス担当は織斑マドカ[ CV:茅野愛衣 ]を名乗っていた。それはもちろん、一夏[ CV:内山昂輝 ]千冬[ CV:豊口めぐみ ]と関係があるって意味だ。

一夏が男なのにISを扱える理由とも関係がありそう。マドカの登場はストーリーが大きく転換するポイントだと俺は思うね。つまり今回の一夏ハーレム大会・・じゃなくて誕生日会か。この誕生日会が緩いエピソードとしては最後なのかも。そうだとするとちょっと残念。

ちなみに一夏の今回の選択が千冬という相当に残念な結果だったけど、俺なら・・・山田先生[ CV:下屋則子 ]ってのはダメ?シャル[ CV:花澤香菜 ]に教育指導できるとは思えないあの狙いすぎの衣装が素敵。

インフィニット・ストラトス2(@TBS) / アニメーション制作:エイトビット

|

« アウトブレイク・カンパニー(第5話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58513455

この記事へのトラックバック一覧です: インフィニット・ストラトス2(第5話):

« アウトブレイク・カンパニー(第5話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第5話) »