« 東京レイヴンズ(第5話) | トップページ | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第5話) »

境界の彼方(第6話)

全力でバカバカしいエピソード、大好きです!ストーリーも折り返し地点でおそらく後半はシリアスで重めの展開が予想される作品だけに、こういうオマケ的な内容のエピソードは大歓迎。

俺は秋人[ CV:KENN ]博臣[ CV:鈴木達央 ]がやる気満々でビシッとポーズを決めた当たりから突っ込む気満々だったね。気を引くのは良いとして、誰が倒すんだと。

そこでさらに[ CV:山岡ゆり ]までもダンスに参加ってのは意表を突かれたけど(笑)。それにしてもここまで臭い臭い言われると、テレビを見てるだけのはずが何故か臭い気がしてくるから不思議だ。

ところで、結局美月[ CV:茅原実里 ]はあのピンクの液体の臭いが取れないままってことだよな?倒せてないんだし・・。

境界の彼方(@TOKYO MX) / アニメーション制作:京都アニメーション

|

« 東京レイヴンズ(第5話) | トップページ | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58534587

この記事へのトラックバック一覧です: 境界の彼方(第6話):

« 東京レイヴンズ(第5話) | トップページ | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第5話) »