« 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第6話) | トップページ | 蒼き鋼のアルペジオ(第6話) »

ガリレイドンナ(第6話)

ストーリーと何の繋がりがあるのかよく分からない、どこかの金持ちのお坊ちゃま。どうやらロベルト[ CV:楠大典 ]の過去のようだ。良くあるパターンだけど、ちょっと構成が分かりづらいよなぁ。もう少し「ロベルトの回想入りまーす(夢オチだったけど)」的な煽りがあって良いのに。

しかしそのお坊ちゃまも随分と非情な大人に育ってしまったよな。いくら自分の信念と違う世界に生きている人だからと言っても、あんな風に次々と無関係の人を撃ち殺せるなんて・・。シシーニョ[ CV:神谷浩史 ]に向けた拳銃も、弾が入っていないことは分かっていたのか、そうじゃなかったのか。

それによってあのシーンは意味が違ってくるんだよね。俺は前者、つまり分かっていて引き金を引いたんだと思いたいけど、そういう粋な計らいをロベルトが選択するとは、とてもじゃないけど想像出来ないしあり得ないよね。

ガリレイドンナ(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第6話) | トップページ | 蒼き鋼のアルペジオ(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58589036

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレイドンナ(第6話):

« 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第6話) | トップページ | 蒼き鋼のアルペジオ(第6話) »