« 境界の彼方(第7話) | トップページ | ガリレイドンナ(第6話) »

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第6話)

麗華堂[ CV:松嵜麗 ]に「好き」って言わせるのは相当にハードル高いと思っていたのに、Mっ気のある生徒会長的な女の子を奴隷にするエロゲ的な展開で、まさかのクリア。というかその胸は・・・本物?ニセモノ?

そしてあっさりと言ってくれそうで言ってくれなかったふらの[ CV:近藤唯 ]。こちらも[ CV:豊永利行 ]が長年をかけて修得してきた哲学者への道と引き替えに、素直で心からの「好き」をゲット。

ふらのの場合、どうしてそんな不安定なキャラなのかと不思議だったけど、あれは彼女なりに無理をしてるが故の産物だった。それが分かっただけでも収穫だったんだけど、その部分は奏は綺麗さっぱり忘れたってことか。だけど変にふらのを意識しなくて済むから、むしろ今はそれで良かったのかも。

脳内コメ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ディオメディア

|

« 境界の彼方(第7話) | トップページ | ガリレイドンナ(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58589033

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(第6話):

« 境界の彼方(第7話) | トップページ | ガリレイドンナ(第6話) »