« インフィニット・ストラトス2(第10話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第10話) »

アウトブレイク・カンパニー(第10話)

美埜里[ CV:内田真礼 ]の"脇汗"が巡り巡ってドラゴンの怒りを買うことになるとは(笑)。レイヤー仲間とかポロッと自分もコスプレ趣味だってことを暴露してるし、段々と美埜里が美味しいポジションに移行してきてる。なるほど、この任務を任されるわけだ。

しかし映画的な何かの撮影にペトラルカ[ CV:渕上舞 ]がここまで乗り気になるとは意外。拒否反応とまではいかなくても、もっと恥ずかしがってもよさそうな衣装なのに。そのへんの先入観がないからなんだろうか。

まーしかし、あの悲惨な出来を見てしまうとそれも全部笑いの要素にしかならないわけで。棒読みを遙かに超えた超絶セリフ。なんかもっと良い感じで撮れてると思ったのに、実はペトラルカも緊張でがちがちだったわけね。何気に慎一[ CV:花江夏樹 ]が一番まともだし・・。

アウトブレイク・カンパニー(@TBS) / アニメーション制作:feel.

|

« インフィニット・ストラトス2(第10話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58723250

この記事へのトラックバック一覧です: アウトブレイク・カンパニー(第10話):

« インフィニット・ストラトス2(第10話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第10話) »