« ストライク・ザ・ブラッド(第11話) | トップページ | ガリレイドンナ(第10話) »

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(最終話:第10話)

▼最終話
結局、黒白院[ CV:五十嵐裕美 ][ CV:豊永利行 ]の選択肢のことをどれだけ知ってたんだろ?最後まで、謎の女のまま最終話が終わってしまったな。

だけど選択肢をどうすれば解除できるかっていう疑問には、もう答えが出たわけで。奏がショコラ[ CV:佐土原かおり ]なり謳歌[ CV:辻あゆみ ]なりを本気で好きになれば・・たぶんなくなるんだろう。

ショコラに謳歌、そこにふらの[ CV:近藤唯 ]を加えた3人と奏のラブコメ展開の舞台がようやく整ったところだったのに、これで終わりか。ま~でもこのくらいでアニメは終わらせておいた方が、クドくなくて良いかも。原作がどんな具合なのかって興味も、良い具合にそそられる。

▼後半は選択肢も控えめに
序盤の選択肢はとにかく無茶苦茶なのばっかりで、唯一まとも、というよりも奏が辱めを受けるだけで済む選択肢を選ばざるを得ないという展開が、けっこう面白かった。しかも選択肢が絶妙にエロいし(笑)。

最近流行の長文タイトル、作品として仕上げるには結構な難易度がありそうな「脳内選択肢」を上手く活かしたのが前半はら、後半はそれでも普通のラブコメだったかなぁ。なんだかんだ言ってもショコラと謳歌とは存分に学園ラブコメしてた気がするしね。

▼アホの子がツボに
空から降ってくるヒロインなんて、もはやときめく要素は皆無だと思ってたけどな~。ショコラがあそこまでアホの子だと、もう愛でずにはいられない。途中でちょっとシリアスになっちゃったけど、元に戻ってくれてホッとしたわ。

奏の行動とか選択肢のインパクトが強すぎて、ショコラ以外のヒロインはラブコメの「攻略対象キャラ」だと考えるなら、影が薄かったかも。ふらのの表裏ありすぎるキャラなんて結構面白いと思うんだけど、最後まで奏とはあんまりからまなかったし。

▼気にならない作画
後半に作画が崩れてきて、キャラ命のはずが見るも無惨に・・・って作品はいくらでも見てきたけど、この作品は最後まで作画を気にしたことはなかったな。それだけ安定していたってことだと思う。"塗り"もゲームっぽくて俺は好きだな。

ただ、キャラクターの違いはほとんど髪の毛と目の色っていう、この画一的な絵柄はどうだろという気も正直するけどね・・。

脳内コメ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ディオメディア

|

« ストライク・ザ・ブラッド(第11話) | トップページ | ガリレイドンナ(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58763458

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(最終話:第10話):

« ストライク・ザ・ブラッド(第11話) | トップページ | ガリレイドンナ(第10話) »