« 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(最終話:第10話) | トップページ | インフィニット・ストラトス2(第11話) »

ガリレイドンナ(第10話)

やっぱりガリレオ[ CV:梶裕貴 ]の恋の歌は、星月[ CV:日高里菜 ]に手向けられた物だった。星月はそれを知ってどういう反応をするのかと思ったけど・・。

星月にとってのガリレオとの出会いは、最初はあこがれの人に会えたっていう喜びの方が大きかったと思う。だけどガリレオと別れるその瞬間の気持ちは・・どうだろ?星月の気持ちがどう変わったのかは、次回を待ちたいと思う。

ガリレオはあのスケッチに残されたメッセージを、星月なら読むことが出来ると信じて残したんだろうか?それをどことも分からない別の世界に帰った星月が、長い年月を経てそのスケッチを見るとも分からないというのに。ガリレオのスケッチに込めた想いが改めて伝わってくるエピソードだ。

ガリレイドンナ(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(最終話:第10話) | トップページ | インフィニット・ストラトス2(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58763461

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレイドンナ(第10話):

« 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(最終話:第10話) | トップページ | インフィニット・ストラトス2(第11話) »