« インフィニット・ストラトス2(第11話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第11話) »

アウトブレイク・カンパニー(第11話)

慎一[ CV:花江夏樹 ]は、所詮使い捨てのコマ―。さすがの慎一も、的場[ CV:藤原啓治 ]が全てを言うまでもなく、自分の境遇は察したか。まぁこの設定にはいろいろ突っ込みどころはあるけど・・・。

だいたい、仮に捨て駒だとしてそんな極秘作戦に引きこもりのヲタを連れてくるとか、その作戦を立案した「上」とやらはどれだけアホなんだか。それはさておき、慎一にとって「文化の内製化」はその盲点を突いた良いアイデアだよね。

慎一がペトラルカ[ CV:渕上舞 ]ミュセル[ CV:三森すずこ ]を結果的に騙してたことをくよくよし始めるとやっかいだと思ったけど、前職引きこもりの割には随分とポジティブで良かったよ。

アウトブレイク・カンパニー(@TBS) / アニメーション制作:feel.

|

« インフィニット・ストラトス2(第11話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58763473

この記事へのトラックバック一覧です: アウトブレイク・カンパニー(第11話):

« インフィニット・ストラトス2(第11話) | トップページ | 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第11話) »