« 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第9話) | トップページ | リトルバスターズ!~Refrain~(第9話) »

革命機ヴァルヴレイヴ(第20話)

リーゼロッテ[ CV:豊崎愛生 ]の死は、さすがのエルエルフ[ CV:木村良平 ]にも堪えたようだ。これまでの緊張の糸が全て切れてしまったかのよう。だけど少しだけ安心したかも。エルエルフもやっぱり人間なんだって。

そのエルエルフがいたからこそ、何とかドルシアに対抗できていたジオールだけど、逆にそこがウィークポイントでもあったわけだ。今回の「国際会議」、エルエルフが居ればこんな事態にはならなかったのかもしれない。ドルシア(というよりマギウスか)のこれでもか!という卑劣さは身に染みて分かっていたはずなのにね。

しかしサキ[ CV:戸松遙 ]がこんな形でドルシアに利用され、そして貶められることになってしまうとは・・。彼女の気持ちはどうしてこうも空回りしてしまうんだろうか。今の彼女の精神状態を思うと、やりきれない気持ちになる。

革命機ヴァルヴレイヴ(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第9話) | トップページ | リトルバスターズ!~Refrain~(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58681017

この記事へのトラックバック一覧です: 革命機ヴァルヴレイヴ(第20話):

« 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第9話) | トップページ | リトルバスターズ!~Refrain~(第9話) »