« 夜桜四重奏-ハナノウタ-(第11話) | トップページ | WHITE ALBUM2(第11話) »

<物語>シリーズ セカンドシーズン(第21話)

このシリーズの大きな魅力の1つはキャラクターの会話、その交わす言葉の濃密さだと思ってきたんだけど・・・。恋物語はどうもそれを感じない。貝木[ CV:三木眞一郎 ]ひたぎ[ CV:斎藤千和 ]はそれなりに喋っているのに。

やっぱりオッサンがストーリーテリングの中心にいるっていう事実が、ひたぎのエピソードであるはずの恋物語から"恋"の要素をスポイルしてる。それが最大の原因だろうか。もっとこう、ワクワクするような展開を期待していたのに、今までの淡々とした展開はその期待値に全く届いてない。

そんなタイミングでストーリーに絡んできたのが羽川[ CV:堀江由衣 ]か。おそらく大きな転機、ストーリーの転換点なんだと思うんだけど、貝木の態度がそういう雰囲気にならないんだよね。そうするとこっちものってこないわけで。

<物語>シリーズ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:SHAFT

|

« 夜桜四重奏-ハナノウタ-(第11話) | トップページ | WHITE ALBUM2(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58774810

この記事へのトラックバック一覧です: <物語>シリーズ セカンドシーズン(第21話):

« 夜桜四重奏-ハナノウタ-(第11話) | トップページ | WHITE ALBUM2(第11話) »