« 蒼き鋼のアルペジオ(第11話) | トップページ | ストライク・ザ・ブラッド(第12話) »

インフィニット・ストラトス2(最終話:第12話)

▼最終話
原作が完結してない以上、ある程度の中途半端は覚悟してたけど、後半の思わせぶりなフラグもほとんど回収しないまま、あっさり終わったな。結局、マドカ[ CV:茅野愛衣 ]って何者なの?

最後のオチに温泉を持ってくるところは、なかなか良かったけどね(笑)。ここのところバトルばっかりだったし、いかにも悪そうなヤツが「まだ始まったばかりだ、ククク・・」的なお約束よりも、俺はずっと好きだ。

あの後、誰が一夏[ CV:内山昂輝 ]を処理したんだろうか?やっぱり[ CV:日笠陽子 ]?それとも楯無[ CV:斎藤千和 ]?ま、普通に考えると千冬[ CV:豊口めぐみ ]か。

そんな想像で遊ばせてくれるところが良いんだよね。

▼どっちつかずの2期に
1期はもっとラブコメ的な要素とバトル要素のバランスが良かったと思うんだよね。それ故に人気も出た。そしてこの2期だ。もちろん、原作っていう枠を外すことが出来ないのは分かってるけど・・。

それにしてもこの中途半端な感じはなんだ。ヒロインが片っ端から一夏ラブになっちゃって、ラブコメ要素は完全に沈黙しちゃった。誰かのエピソードを作ると、カウンターで他のキャラもって発想がチラホラ。これが結果的にキャラクターの良さと悪さ、つまりキャラの個性を潰しちゃったんじゃないのか?

▼印象が薄いキャラ
楯無っていう新キャラはいても、箒やシャル[ CV:花澤香菜 ]がいなくなったワケじゃない。それなのに、どのキャラの印象も総じて薄いんだよね。この2期に関しては。

やっぱりラブコメって主人公とヒロインの絶妙な距離感が面白さのポイントなんだって、改めて実感したね。つまりIS2は一夏とヒロインの距離が近すぎた。一夏は一応、鈍感なキャラって設定ではあるけど、ヒロインの押しが強すぎてそんなのどっかに吹っ飛んでるし。

▼ストーリーに引きずられ
作画も特別悪かったとは思えない。バトルは3DCG中心の演出でスピード感もあって良かった。だけどやっぱり作品の内容がついてこないと、作画も「良かった!」とは思いづらいんだよな。楯無なんか、良い具合の魔性キャラだったとは思うけど・・。

これでも作品としてのセールスは悪くないみたいなので、3期もあるんだろうか?原作が路線修正してない限り、3期も2期と同じような感じになりそうだ。

インフィニット・ストラトス2(@TBS) / アニメーション制作:エイトビット

|

« 蒼き鋼のアルペジオ(第11話) | トップページ | ストライク・ザ・ブラッド(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58800119

この記事へのトラックバック一覧です: インフィニット・ストラトス2(最終話:第12話):

« 蒼き鋼のアルペジオ(第11話) | トップページ | ストライク・ザ・ブラッド(第12話) »