« WHITE ALBUM2(第12話/最終話:第13話) | トップページ | 世界でいちばん強くなりたい!(最終話:第12話) »

<物語>シリーズ セカンドシーズン(第22話/最終話:第23話)

▼第22話/最終話
[ CV:神谷浩史 ]ひたぎ[ CV:斎藤千和 ]の恋の物語・・・だと思っていた「恋物語」の行方はしかし、貝木[ CV:三木眞一郎 ]という詐欺師のなれの果てのエピソードに。

暦はかろうじて最後に出ては来たけれど、ストーリーの主軸はあくまで貝木。そして撫子[ CV:花澤香菜 ]。これで撫子に暦とひたぎが殺されるという、あのせい惨な囮物語の結末が上書きされたってことで良いのか?

これで終わればまぁ一件落着ってオチだったけど、まさか貝木が最後に殺されてしまうなんて。ひたぎにとっても決して気分の良い幕切れとは言いづらいだろ。過去の恨みがあるとはいっても、その対象が赤の他人に殺されてしまうとなると・・。誰をどう恨んで良いのか分からない複雑な心境だよな。

▼さらに独特の世界観
各キャラクター、ヒロインたちにフォーカスした今回のテレビシリーズ。一応、オフィシャルサイトでは「花物語」がまだグレーアウトされているので、もう1つ残っていると思うけど、一応これで物語シリーズの映像化が一段落というわけだ。

その映像表現も相まって、俺が感じたのは「異質」な世界観。表現したいことは分からなくもないけれど、アニメ的な面白さって意味では、物足りなさを感じる。原作小説で、文章で読むことでもう少し違うイメージが描けるのかもしれないけど、これまでアニメ化されたシリーズと比べてしまうと、どうしても見る人を選ぶと思うね。

▼ヒロイン不在
それぞれの"物語"には一応のヒロインがいるわけだけど、どうにもその印象が薄い。俺の中では、やっぱり暦ってキャラクターが中心にいて、その暦と絡むヒロインの心情描写なりがこの作品の見所だと思っていたから、暦の影が薄いと自然とヒロインも薄くなる。

こればっかりは人それぞれの楽しみ方なので、暦という存在から切り離されたそれぞれのヒロインの姿を見てみたい!という考え方もあるよね。結局、一番印象に残ったのは撫子なんだけど。それもこれまでのエピソードとはかなり違う意味でね。

▼ちょっと大人しめ?
新房監督とSHAFTの組み合わせによる映像化。今更この独特の映像世界にケチをつけるひともいないだろう。俺の物語シリーズの印象は、この映像あってこそだしね。クオリティも2クールのテレビシリーズも何とか乗り切った。

相変わらずやり過ぎ?と思うところはあるし、序盤は挟み込まれるテキストのカットを一時停止で一生懸命読んだりもしていたけど、後半になるとそれもダルくなって俺は読み飛ばしていた。あれを読むとまた少し、それぞれのキャラクターの心情が分かったりするんだけど・・。そこまでしなくて良いかなって内容だったしね。

<物語>シリーズ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:SHAFT

|

« WHITE ALBUM2(第12話/最終話:第13話) | トップページ | 世界でいちばん強くなりたい!(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58847734

この記事へのトラックバック一覧です: <物語>シリーズ セカンドシーズン(第22話/最終話:第23話):

« WHITE ALBUM2(第12話/最終話:第13話) | トップページ | 世界でいちばん強くなりたい!(最終話:第12話) »