« 黒子のバスケ(第35話) | トップページ | 東京レイヴンズ(第10話) »

COPPELION(第11話)

コッペリオンは不死身の存在―。どこかでそんな希望的観測があったのかもしれない。しかも黒澤[ CV:鈴村健一 ]はその思わせぶりな登場場面からして、こんなに強い信念を持ってるヤツだとは想像も出来なかった。

[ CV:戸松遙 ]を残して電車の様子を見に行った時点で、もうかなりヤバいフラグが立っていたし、何よりも本人が何かを察知していたかのような、覚悟を決めたと言わんばかりの態度だったのがダメ押ししたな・・。

これだけの犠牲を払ってなんとが脱出したんだから、まずは無事に逃げ切ってそして息吹[ CV:能登麻美子 ]には何とか元気な子供を産んでもらいたいけど・・。タエ子[ CV:明坂聡美 ]がメス的な物を手に持っている予告はちょっとそれを不安にさせる。

COPPELION(@AT-X HD!) / アニメーション制作:GoHands

|

« 黒子のバスケ(第35話) | トップページ | 東京レイヴンズ(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58746087

この記事へのトラックバック一覧です: COPPELION(第11話):

« 黒子のバスケ(第35話) | トップページ | 東京レイヴンズ(第10話) »