« 世界でいちばん強くなりたい!(最終話:第12話) | トップページ | 蒼き鋼のアルペジオ(最終話:第12話) »

COPPELION(最終話:第13話)

▼最終話
1話の"パンドラの箱"といい、今回の(おそらく)コッペリオンの宿命(的な内容だと思う)といい、三島教頭[ CV:小山力也 ]は随分ともったいぶるよなぁ。しかもその中身は明かされないまま・・。

想像するに、歌音[ CV:堀江由衣 ]が言っていた「使い捨て」の真実、つまりコッペリオンはある日突然にその寿命を迎えるという話が事実だったんだろう。そうでなければ、息吹[ CV:能登麻美子 ]たちがあんなに悲しい顔をしてる理由がない。

だけど[ CV:花澤香菜 ]が「3人になっちゃった」と言っているところに、小津姉妹と思われる2人の人影。もちろん、葵だって分かって言ってるんだろう。[ CV:戸松遙 ]の想いが通じたかと思うと、最後にちょっとだけホッとした。

▼アレンジされた世界観
原作は未読だけど、冒頭はちょっとだけ読んだ。元々は原作設定そのまま、つまりお台場の原発が爆発して・・という内容で制作が進められていたわけだけど、諸事情でかなり曖昧な脅威と戦うストーリーになってしまった。

結論として、俺はこれも十分にありだと思うね。だってコッペリオン自体、放射能と戦う除染部隊ってわけじゃないし、あくまでも人間の繋がりとか心情描写とか、そういう部分がこの作品にメインなんだってことが、13話が終わった段階でハッキリと分かってるから。

▼荊の理想にお付き合い
3人のヒロイン、荊に葵、そしてタエ子[ CV:明坂聡美 ]が居るわけだけど、もちろんその中心は荊。荊は相当に頼りになるんだけど、その反面でちょっと理想が高すぎる・・。

それは小津姉妹や第一師団に対峙した時に、イヤって程思い知った。だけど改めて振り返ると、こういう全てが破綻している世界観だからこそ、荊のその理想に凄く救われていたかも。これで荊が冷血主義の単なる戦闘マシンだったら・・。いやいや、それはもはや想像できないな。

▼荒廃した首都
敢えて「東京」とか、具体的な地名は出してないんだよね、アニメでは。これも色々と配慮した結果なんだろうけど、そんな中であの荒廃した街の描写は圧倒的。よくぞここまで!という位に手間のかかってる映像。

キャラクターもこれだけ良く動く中で、ちょっと細すぎ?と思う場面は多々あるけど、それでもテレビアニメでこれだけのクオリティで1クールが完成していれば、文句なしでしょう。

COPPELION(@AT-X HD!) / アニメーション制作:GoHands

|

« 世界でいちばん強くなりたい!(最終話:第12話) | トップページ | 蒼き鋼のアルペジオ(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58853951

この記事へのトラックバック一覧です: COPPELION(最終話:第13話):

« 世界でいちばん強くなりたい!(最終話:第12話) | トップページ | 蒼き鋼のアルペジオ(最終話:第12話) »