« リトルバスターズ!~Refrain~(最終話:第13話) | トップページ | 黒子のバスケ(第37話) »

夜桜四重奏-ハナノウタ-(最終話:第13話)

▼最終話
秋名[ CV:梶裕貴 ]には悪いけど、円神[ CV:関智一 ]との対決が一時休戦になって良かったわ。だってあのまま戦っていても、秋名には勝ち目があったようには見えなかったし。

2008年のアニメ化の時にはあまり意識してなかったんだけど、今回は円神の強烈なこだわりのおかげで比泉の「本家」と「分家」、そして元老院に「陰陽道」の存在を最終話でも強く意識させられた。円神の話を聞く限り、やはり秋名と円神はこうなる宿命だったと思うべきなんだろうな。

原作が継続中、かつ2回目の最初からのアニメ化という特殊な作品だけど、これは続編を作りますよ!という意味なのか?円神との決着は着いてないし、ヒメ[ CV:福圓美里 ]との関係も進展してないし、作品としてはまだまだこれからって感じだけどな。

▼俯瞰したストーリー展開
振り返ってみると、秋名にしてもヒメにしても、それぞれ主役のはずなのにあんまり印象がない。2人とも「桜新町」を構成する重要な要素ではあるけど、逆に言うとその1人でしかないとでも言うか・・。

その分、キャラクターへの感情移入はしづらかった。円神のこだわる分家と本家もどちらが良いとか悪いとかっていう印象もないし、人間と妖怪というこの作品の確たる要素においても、どっちが悪でも善でもないって感じ。だけどそれこそが、たぶんこの作品の世界観なんじゃないかと、今は思う。

そうそう、2008年のアニメ化と圧倒的に違う物があるとすれば、それはパンツの量だね(笑)。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

|

« リトルバスターズ!~Refrain~(最終話:第13話) | トップページ | 黒子のバスケ(第37話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58859631

この記事へのトラックバック一覧です: 夜桜四重奏-ハナノウタ-(最終話:第13話):

« リトルバスターズ!~Refrain~(最終話:第13話) | トップページ | 黒子のバスケ(第37話) »