« ゴールデンタイム(第14話) | トップページ | ノラガミ(第3話) »

ウィッチクラフトワークス(第3話)

多華宮[ CV:小林裕介 ]が受けた傷を綾火[ CV:瀬戸麻沙美 ]が"代理"となってそれを背負う。その原理は分かったけれど、そこまでして綾火が結んだ契約とは何なんだ?そう、それが肝心の部分なんだけど。

シックス[ CV:釘宮理恵 ]に刺された傷はかなり深かったようにも見えるけど、綾火は大丈夫だったのか?たぶんあのバスの中の出来事も含めて、全てが幻影だったってことだとは思うけど・・。貧血ってことは、それでもかなり出血はしたのかも。

そんな綾火に守られてかなり安全な場所にいるはずの多華宮だけど、これだけ綾火の件で周りのひとに煙たがられてる多華宮だけど、それでもやっぱり困ってる人を助けずには居られないんだなぁ。大して強くもないのに。あと、あのギャル風の女たちは、明らかに魔法使いじゃなかったと思うけどね(笑)。

ウィッチクラフトワークス(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« ゴールデンタイム(第14話) | トップページ | ノラガミ(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58975866

この記事へのトラックバック一覧です: ウィッチクラフトワークス(第3話):

« ゴールデンタイム(第14話) | トップページ | ノラガミ(第3話) »