« 咲-Saki- 全国編(第2話) | トップページ | 桜Trick(第2話) »

黒子のバスケ(第39話)

黒子[ CV:小野賢章 ]がこれほどまでに感情を表に出して悔しがっている場面を、まさか見るときが来るとはね。だけど相手は桐皇、しかも青峰[ CV:諏訪部順一 ]だよ?バニシングドライブだって、当然通用しない前提で準備をしているものかとばかり。

そんな黒子にとって、おそらく今一番頼もしい存在であろう火神[ CV:小野友樹 ]。確かに以前の火神なら、青峰に必要以上の対抗心で挑む余り、冷静さを失っていたと思う。それがどうだ。俺に任せろと言わんばかりの火神の格好良さときたら。

しかし冷静になって戦力を分析してみれば、やっぱり誠凜が圧倒的に不利なのは間違いない。何よりも青峰。青峰をどう封じるのか。それこそかつての火神よろしく、感情的な反応を引き出せれば、むしろこっちの物なんだけど・・。

黒子のバスケ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

|

« 咲-Saki- 全国編(第2話) | トップページ | 桜Trick(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58953010

この記事へのトラックバック一覧です: 黒子のバスケ(第39話):

« 咲-Saki- 全国編(第2話) | トップページ | 桜Trick(第2話) »