« いなり、こんこん、恋いろは。(最終話:第10話) | トップページ | 咲-Saki- 全国編(第11話) »

ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル(第11話)

もしかしたらもよよん[ CV:竹達彩奈 ]と戦うような事態は避けられるんじゃないか?もよよんが江来利[ CV:井上麻里奈 ]の意識を戻したときには、そんな希望も少しだけ残ってたんだけどな~・・。

もよよんが持っている力も同時に明らかに。最初、江来利の心電図が止まったときは、もよよんがとどめを刺したのかと勘違いしてしまった。そうではなくて、もよよんが時間を止めたというのが正解みたい。しかしその力、本当に自由にいつでも使えるなら、ちょっと反則すぎないか?

最終話目前のクライマックスなのに、今回は作画が残念な事に。作画崩壊とかじゃなくて、もう完全に作画が間に合ってないが故の止め絵という酷さ。序盤からちょくちょくそんな場面が出てきて、柄工双[ CV:小西克幸 ]が絶命する壮絶な場面も訳の分からない状態に。

ここまでストーリーを台無しにしてしまうとはね。

ウィザード・バリスターズ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ARMS

|

« いなり、こんこん、恋いろは。(最終話:第10話) | トップページ | 咲-Saki- 全国編(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/59380734

この記事へのトラックバック一覧です: ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル(第11話):

« いなり、こんこん、恋いろは。(最終話:第10話) | トップページ | 咲-Saki- 全国編(第11話) »