« 黒子のバスケ(第45話) | トップページ | いなり、こんこん、恋いろは。(第7話) »

東京レイヴンズ(第20話)

夏目[ CV:花澤香菜 ]が女の子だったって事に、陰陽庁はどうしてこだわるのか?いや、どうしてそんなに衝撃を受けているのか?俺は最初はあまり深く考えていなかったんだけど・・。なるほど、ストーリー中盤で「まさか!?」というひらめきが。

ここまでお膳立てされたシナリオで気づかない人はいないだろうけど、種明かしの前に気づかせる仕掛けを持ってくる構成にやられたね。つまり夏目は春虎[ CV:石川界人 ]の存在を隠すためのカモフラージュというわけだ。しかも春虎が夜光の生まれ変わり・・。

だけどそうなると、夏目が受ける精神的なショックの大きさはかなりのものだよね。だって今の今までずっと「土御門本家の娘」として生きてきたわけで、そのアイデンティティが否定されることと同じなんだから。ようやく北斗[ CV:金元寿子 ]の事を打ち明けられたと思った矢先にこれとは。

東京レイヴンズ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エイトビット

|

« 黒子のバスケ(第45話) | トップページ | いなり、こんこん、恋いろは。(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/59226313

この記事へのトラックバック一覧です: 東京レイヴンズ(第20話):

« 黒子のバスケ(第45話) | トップページ | いなり、こんこん、恋いろは。(第7話) »