« 黒子のバスケ(第46話) | トップページ | いなり、こんこん、恋いろは。(第8話) »

東京レイヴンズ(第21話)

今の春虎[ CV:石川界人 ]には、何を言っても無駄か。夏目[ CV:花澤香菜 ]北斗[ CV:金元寿子 ]、それこそ2人を同時に失ったに等しい。

だから鈴鹿[ CV:佐倉綾音 ]だって今の春虎には恐怖を感じていた。冷静に考えれば「自分が犠牲になって夏目を転生させる」ことがどれだけ無意味なことか、分かるはずなのに。今の春虎にはそう考える余裕もない。

となれば、それはやっぱり双角会(もう消滅したに等しいか?)にとって、夜光の生まれ変わりである春虎の力を狙うのは今が好機ということになる。こんな大事な時なんだけど、京子[ CV:喜多村英梨 ]が感じたのあ違和感はなんだ?

ちょっとした演出だったが故、むしろこの先のストーリーと深く関わっているんじゃないかと勘ぐりたくなる。

東京レイヴンズ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エイトビット

|

« 黒子のバスケ(第46話) | トップページ | いなり、こんこん、恋いろは。(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/59264989

この記事へのトラックバック一覧です: 東京レイヴンズ(第21話):

« 黒子のバスケ(第46話) | トップページ | いなり、こんこん、恋いろは。(第8話) »