ペルソナ4

ペルソナ4(最終話:第25話)

▼最終話
足立[ CV:真殿光昭 ]の言葉に、俺だったらちょっとグラッときちゃいそうだよな~。現実の世界なんて、結局のところ"成功"できる人なんて、ほんとに一握り。あとは結局のところ、その他大勢でしか無い。そしてそこには、確かに何の救いも無いように思えてくる。

そんな足立の言葉を、しかし強い意志で押し返せるのが今の[ CV:浪川大輔 ]なんだよな。しかも、足立の事を排除しようとしている訳では無くて、足立にもう一度、現実で生きる意味を与えて、そして罪を償わせようとしている。最初はパッとしない主人公だったはずなのに、悠の成長は実にたくましい。

ストーリーとしては綺麗にまとまったけれど、俺としてはもう少し後日談も欲しいな~と思っていたところ、どうやらパッケージ版は「ディレクターズカット」ということで、この25話のアフターストーリーがあるようです。

▼ゲームらしい世界観
1つの事件が解決すると、また新たな謎が生まれる。そこに新たな登場人物が次々と絡んで、ストーリーの厚みが増してくる。この相乗効果でますます作品の世界観に引き込まれていく。そんなポジティブな連鎖を、存分に楽しませてくれた。

しかも、積み上げてきた伏線を後半でしっかりと回収。最近はやりっぱなしの作品も多いだけに、やはりこれはゲームならではの密度の濃さだと思う。納得感のあるシナリオ、そして起承転結を積み上げていくテンポの良いストーリー。2クールが短く感じる位に、とにかく良く出来た作品だった。

▼登場人物の心の闇
悠はもちろんのこと、多くの登場人物が、何らかしらの闇を心に抱えている。完全無敵のヒロインも、勇気溢れるヒーローも、この作品には登場しない。むしろ欠点や後ろめたさがあるキャラクターだからこそ、身近に感じるのかもしれない。

そして同時に、悠を始め多くのキャラクターがどんどん成長していく様子が、手に取るように伝わってくる。以前と同じような場面に遭遇しても、悠が勇気を持って立ち向かっていく様子を見ていると、その頼もしさに頬が緩む。

▼独特の色彩
とにかく色の使い方が独特。そして衣装やプロップ(小物)のデザインが秀逸。ゲームの雰囲気をそのまま再現しているんだと思うけど、これは大正解だな。テレビの中の独特の空間の表現とか、アニメならではの部分も、ペルソナやシャドウとの違和感もなく。ところどころ作画のクオリティに注文を付けたい場面が見受けられたのはちょっと残念。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第24話)

足立[ CV:真殿光昭 ]だったか・・。うだつの上がらないあのキャラは、完全に作ったキャラクターだったということになる。直斗[ CV:朴ロ美 ]の感じていた違和感。ちゃんとストーリー上は伏線が張ってあった訳だけど、これは気がつかないわ。

それにしても、足立の吐く言葉に説得力の無いこときわまりない。今やステータスもMAXに達した[ CV:浪川大輔 ]が、あの程度の"戯れ言"に惑わされる訳が無い。

そして同時に、いつも通りの冷静さとたもっている悠。山野アナ[ CV:甲斐田裕子 ]小西[ CV:なかせひな ]に対する罵詈雑言、そして所業。あんな物を見せられてしまったら、俺ならとても冷静でいられる自信が無い。

だからこそ、悠が足立にどのような形で罪を償わせるにしても、今は悠を信頼して任せておける。たぶん、みんな同じ気持ちだと思う。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第23話)

[ CV:浪川大輔 ]を知っていて、最初に殺された二人とも親交があって、そして悠たちを常に監視していられる人・・・誰だ?全く見当が付かないぞ。何となく、悠には心当たりがあるような、そんな反応だったんだよな。

堂島[ CV:石塚運昇 ]ってことは無いだろうし、足立[ CV:真殿光昭 ]はそんな野心があるタイプには見えないし・・。後は今回のストーリーの流れから、クマ[ CV:山口勝平 ]が浮上する。

でもなぁ、それはもっとあり得ない気がする。菜々子[ CV:神田朱美 ]をずっと悲しんでいたのは事実だし、それと時を同じくして姿を消してしまった。確かに怪しいんだけど、クマが本当の犯人とは思いたくないという気持ちの方が強い・・。

幸い、菜々子が奇跡的に息を吹き返した。悠も今は冷静な判断ができるようになっているはず。まずは悠の次の動きを見極めだな。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第22話)

どうして。どうして菜々子[ CV:神田朱美 ]が―。

[ CV:浪川大輔 ]だって、その答えを持っているワケじゃない。だけどこの状況は、誰かにあたるか自分を責めるかでもしていないと、とてもじゃないけれど受け入れられない。少なくとも、俺にはこの理不尽な死は、到底すぐに受け止められるはずもなく・・。CMに入ってからもしばらく呆然としていた。

確かに生天目[ CV:服部浩司 ]は捕まえたけれど、結局、マヨナカテレビの世界はなぜ存在しているのか?そもそも誰が創った物なのか?という問いには、答えが出ていない。単に生天目を拘束しただけでは、事態は何も解決していなかったと考えるべきだったんだろう。

自分の立場に置き換えるととても言えた義理じゃないけれど、ここはやはり「冷静」が重要だ。悠に限ってそれは無いと思うけれど、ここで怒りにまかせてもおそらく何も解決しない。こういうとき、直斗[ CV:朴ロ美 ]の存在は、実に頼もしく見える。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第21話)

事件の真犯人は、生天目[ CV:服部浩司 ]で決まりなんだろうか?そうであってもなくても、それ以上に新たなターゲットが菜々子[ CV:神田朱美 ]っていう事実の方が、衝撃的だった。

確かに菜々子が父親である堂島[ CV:石塚運昇 ]の事で、いろいろと悩んでいそうな気はしていた。しかしそれが、マヨナカテレビに落とされてしまうほど深刻な物だとはなぁ。いや、その基準があくまで生天目の独断であると思われる以上、それはあまり気にすることじゃないんだろうか?

しかしだ、単なる誘拐が目的なら何もあのテレビの世界に落とす必要は無い訳で、そこには絶対に意味がある。そう考えると、やっぱり菜々子の本当の心は、俺も全然理解出来てなかったってことなんだろうなぁ。おそらく俺以上に、身近にいたはずの[ CV:浪川大輔 ]のショックは大きいはずだ。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第20話)

文化祭も終わり、天城屋で仲良く裸のお付き合い―番外編ムード漂うストーリーの緊張感を一気に高めたのは、[ CV:浪川大輔 ]に届いた手紙の内容だ。そして改めて、事件はまだ終わっていないということを思い知らされる。

おそらくは最終話に向けた最後のシナリオの入り口を、もうすぐくぐることになるんだろう。今回はいわばその前夜祭みたいなもの。いわくつきの部屋に泊まることになったり、お約束の温泉があったり、この手の外せないエピソードを演じさせると、悠の微妙にずれた反応が実に面白い。湯飲みをワイングラスよろしく、グルグル回すヤツなんて、初めて見た(笑)。

そして、久々に揃ったイゴール[ CV:田の中勇 ]マーガレット[ CV:大原さやか ]なんだけど・・。マーガレットさーん、その歌、イゴールさんが凄い目で睨んでますけど。この二人の漫才も、ストーリーがシリアスに入れば見られなくなりそうだし、今回で見納めか?

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第19話)

いつもなら最後に物申すところだけど、今回はあまりに目に余るので最初に言ってく。ちょっと作画のクオリティが低すぎます。最近、徐々に怪しくなってはいたけれど、キャラデザとの乖離はもちろんのこと、1話の中でのクオリティもバラバラ。

さて、話をストーリーの方へ。いろいろな人にスポットの当たるシナリオだったけれど、美味しいところを持っていったのは、マーガレット[ CV:大原さやか ]だったな。出張って言うからどこへ言ってるのかと思いきや、まさかそこにいたか(笑)。

そしてちょっと残念だったのは、直斗[ CV:朴ロ美 ]のミスコン逃走。クマ[ CV:山口勝平 ]が「水着」とか言い出さなければ、スカート(もちろんミニスカ)の直斗が見られたかもしれないのに。

それにしても、何から何までやる気満々の[ CV:浪川大輔 ]が凄い。もうアイキャッチのパラメータもほとんどMAXだし、ホントに悠は最初の頃とは別人のようだ。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ペルソナ4(第18話)

第三者の視点で俺が見ていても、堂島[ CV:石塚運昇 ]奈々子[ CV:神田朱美 ]は、とてもじゃないけど「親子」と呼ぶにはほど遠い印象だった。[ CV:浪川大輔 ]は俺以上に、その気持ちが強かったはずだ。

それにしても、相当にカリカリしていた堂島に、あそこまで思っている事を堂々と言えるなんて。ひょうひょうとしてはいるけれど、やっぱり悠は大したヤツだ。だからこそ、奈々子はもちろんのこと、雪子[ CV:小清水亜美 ]りせ[ CV:釘宮理恵 ]からも頼りにされるんだな。

しかし、堂島も「殺人事件」の犯人に納得していないと言うことは、どこかで悠たちとぶつかる可能性もある。いや、むしろ巻き込まれるという言い方の方が良いだろうか。少なくともペルソナで戦うというマヨナカテレビの世界の常識においては、堂島よりも悠たちの方が長けている訳で。

今回のひき逃げ事件、そして奈々子の母親の事件。さらにはマヨナカテレビに絡む殺人事件。時間軸も全然違うし、性質も全然違うけれど、やはりこれらは繋がっていると理解するべきなんだろうか?

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第17話)

りせ[ CV:釘宮理恵 ]のペルソナ、ヒミコの分析に[ CV:浪川大輔 ]が応える。次々とペルソナを切り替えて繰り出される技を、これまた次々とかわす直斗[ CV:朴ロ美 ]のペルソナ、スクナヒコナ。

久々に派手なバトルということもあったけれど、悠たちもだいぶ習熟してきた感じ。それも相まって、今回のペルソナバトルはかなりの見応え。結果として、直斗を仲間に加えることが出来たのも大きい。どうせなら直斗が女の子らしい格好をしてるのを見たかったとか、りせの言う「意外な数字」がなんなのかを見たかったとか、贅沢を言っちゃいけない。

しかし"事件"という観点からは、実は何も解決してないし、進展もさほどしていない。直斗の分析で「テレビの中で死ぬと現実の世界では高所に吊された死体となる」という事が分かっただけでも、進展したと言うべきだろうか。堂島[ CV:石塚運昇 ]は何となく、何か掴んでいそうな雰囲気だけど。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4(第16話)

直斗[ CV:朴ロ美 ]が敢えて自らをテレビに露出した理由。マヨナカテレビにその姿が映し出された瞬間、「なるほど!」という納得感。しかしだ、まさか直斗が「女の子」とは・・・。これはあまりの予想外の展開に、流石に驚いた。

16話のシナリオで「上手いな~」と思うのは、[ CV:浪川大輔 ]たちが気がつく前に、直斗がテレビに出ていた理由を俺たち見ている側に敢えて気づかせる演出になっていること。与えられた情報とは言え、自分の考えが悠たちとリンクした瞬間、作品への没入度が一気に上がる。

しかし、直斗はどこまでが計算の内なんだろうか?マヨナカテレビの事は知らないにしても、テレビに出れば事件に巻き込まれることは分かっていた。そして自分が誘拐されるようなことがあったとしても、悠たちが助けに来るという確信があったんだろうか。それが目的で、悠たちに近づいていた?

悠に聞きたいことは多々あれど、まずは久々にペルソナバトル。のはずなのに、「老化」の2文字に女の子3人が完全に及び腰(笑)。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金