BLOOD-C

BLOOD-C(最終話:第12話)

▼最終話
「人」でもない、しかし「古きもの」ともまた違う。記憶を取り戻した小夜[ CV:水樹奈々 ]は、どうして筒鳥[ CV:宮川美保 ]を助けようとしたのか?どうして全てが終わったあと、涙を流したのか?

それが文人[ CV:野島健児 ]の言う「誰かの暗示」の影響だったとしても、小夜にとってニセの記憶と共に過ごしてきた時間の意味は、大きいということだろう。それにしても、この文人という男。最初から胡散臭さはあったけれど、それだけじゃない。この男、本当に冷淡で残酷だ。

唯芳[ CV:藤原啓治 ]を自らの手で切るしか無かった小夜の気持ち。もう誰も自分の味方をしてくれる人はいない。半ば自暴自棄にも見えた小夜が、浮島を出る決意をしたきっかけは何だったのか?少なくともまだ明らかになっていない小夜に暗示をかけたという人物の話。さらには、文人の目指す物。

全ての材料が整い、そしてストーリーは劇場版へ。TVシリーズ始まった時から劇場版の製作は決まっていたんだと思うけれど、それでも劇場アニメとしてこの続きが見られるかと思うと、これは猛烈に楽しみだ。しかし確実にR15位にはなるだろうな・・。

▼疑惑が積み重なるストーリー
最初は典型的な「退魔物」かと思わせる。しかしこの作品は、そんな単純な世界観じゃない。ストーリーが進むにつれて、段々と疑いの気持ちが大きくなる。小夜が何も警戒しないから、その気持ちはさらに大きくなって・・。その気を持たせつつ、少しずつ真実が明らかになり、それがまた結果的に新たな疑惑に繋がり。

何とも絶妙な具合に人を焦らす展開。何がぶら下がってるのかは分からない紐を、少しずつたぐり寄せるような。もう一気に引っ張っちゃえよ!と何度思ったことか。1クールと言うこともあり、遊びの要素がほとんど無い濃密な展開に、どっぷり漬かってしまった。

▼孤独な存在、小夜
今振り返ってみると、小夜の周りにいた"友だち"は、全て偽りの存在だったわけだ。学校で過ごした時間も、学校の帰り道も、全てが小夜にとって偽りの存在。それを知ったとき、小夜の心境はどうだったんだろうか?海岸へ打ち寄せられた小夜が、一人孤独で絶望の時間を過ごしていたときのことを思うと、言葉が出ない。

▼迫力のバトルシーン
1にも2にも、小夜と古きもののバトルシーンの迫力。この作品の作画の見所だ。最終話の唯芳との戦いは、思わず目を見開いてしまうくらい。最後に押し倒された小夜が反撃に出た瞬間の動き!そのスピードに痺れた。あと忘れちゃいけないのが、絶対にパンツが見えない小夜の鉄壁スカートもね(笑)。

そして映像表現という意味では、まるで人形のように次々と人が殺されていく後半のシーンは、ぼかしが入っているからなんとか見られたものの、もしアレがそのまま放送されていたら、思わず目を背けたくなる。とは言え、単にグロいだけのアニメってワケじゃない。それを理解した上で見る必要がある。その部分だけ取り出して、愚かな議論をする人が出てこないと良いけど。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOOD-C(第11話)

もうなんと言って良いのか、言葉が出ない。香奈子[ CV:宮川美保 ]が怪しいとか、時真[ CV:鈴木達央 ]は何か知っていそうとか、そういうレベルじゃなかった。全てが小夜[ CV:水樹奈々 ]が"主演"の仕組まれた舞台だったとは・・・。

文人[ CV:野島健児 ]が明らかに怪しいという雰囲気は前々からあったけれど、やはりコイツが主犯格か。しかし小夜の回想にあったあの狼男みたいなのは・・誰だ?文人はその隣に居た人影だとすると、まさかの唯芳[ CV:藤原啓治 ]か?

しかし香奈子やねね[ CV:福圓美里 ]のの[ CV:福圓美里 ]、時真と優花[ CV:浅野真澄 ]逸樹[ CV:阿部敦 ]の対立を見ても分かるように、彼らも決して一枚岩じゃない。

結局、小夜はほとんど喋ることなく、蘇る記憶と現実に震えるばかり。あっという間に終わってしまった11話。小夜が人間ではないのでは?という予感はあったけれど、ここまで小夜にとって過酷な状況が待っているとは。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BLOOD-C(第10話)

「人間の傀儡」―。小夜[ CV:水樹奈々 ]の前に現れた古きもの[ CV:佐藤利奈 ]が口にした言葉。そして筒鳥先生[ CV:宮川美保 ]の突きつける、白紙の伝記という事実。遂に外堀が埋まってきた感じだ。

そして以前から怪しい雰囲気だった文人[ CV:野島健児 ]も思わせぶりな事を言い始めた。あのギモーブの赤い色は?そもそも、あのギモーブはどんな味がしているんだ?これだけ材料が揃ったんだ。小夜がおそらく人間ではないのは、もう間違いないと見てよさそう。

唯一、小夜の事を何か知っていそうな気配のあった時真[ CV:鈴木達央 ]も、よせばいいのにあの状況で境内に戻ってきて古きものの犠牲に・・・。かと思えば、ねね[ CV:福圓美里 ]のの[ CV:福圓美里 ]が!?

ますます混乱してきた。何がどうなってる?

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOOD-C(第9話)

クラスで唯一人生き残った逸樹[ CV:阿部敦 ]。まるで小夜[ CV:水樹奈々 ]が「古きもの」を倒すのを待っていたかのように姿を見せた、筒鳥先生[ CV:宮川美保 ]

単なる外野かと思っていたけれど、明らかに何か小夜の事を知っていそうな雰囲気のある時実[ CV:鈴木達央 ]。その時実との会話を遮るように現れた唯芳[ CV:伏原啓治 ]。全ての人が疑わしく思えてくる。まさに疑心暗鬼。

こんな状況で、今まで考えもしていなかった事が頭をよぎる。それは今回、クラスメイトをほぼ皆殺しにした「古きもの」と小夜の会話で、ふと思った。もしかして・・・小夜自身も「古きもの」って事はあり得るのか?もしそうだとすると、小夜の守るべき者は本当に人間なのか?

今回もせい惨な画が多くて、そろそろ小夜に真実を思い出して欲しい・・・。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BLOOD-C(第8話)

「もう誰も死なせはしない!」って勇ましくおっしゃってますが、小夜[ CV:水樹奈々 ]さん。既にクラスの何人かがお亡くなりになってますが・・・。

のの[ CV:福圓美里 ]ねね[ CV:福圓美里 ]のときもそう。パン屋の時もそう。「古きもの」と戦うことに使命感を感じてはいるものの、どうも本当に誰かを守ろうとしているのかどうか、小夜の行動には疑問が多い。

少しずつ想起されつつある小夜の記憶。実験、その勝者と敗者。そして褒美と罰。もう実験は終わった結果が今の小夜なのか?それとも今が実験の最中なのか?[ CV:福山潤 ]が小夜に思い出させようとしていることこそが、まさにそれなんだろう。

誰が味方で誰が敵なのか、全てが疑わしくなるような状況。本当に小夜の味方になってくれる人は唯芳[ CV:藤原啓治 ]文人[ CV:野島健児 ]ではなくて、時真[ CV:鈴木達央 ]なんじゃないだろうか。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOOD-C(第7話)

CLUMPの関わった作品では、外せないキーワード。「願いをかなえる店」、そして「対価」。このBLOOD-Cでは、[ CV:福山潤 ]の口から語られたその言葉には、何の違和感も無かった。

犬の言う「隠した悪意」が、強烈にストーリーの伏線として頭に残る。その言葉を聞いた小夜[ CV:水樹奈々 ]の後ろには、思わせぶりに文人[ CV:野島健児 ]の店が・・・。

白昼、田んぼの真ん中に出現した古き物[ CV:三宅健太 ]の言葉もまた、思わせぶり。まるで唯芳[ CV:藤原啓治 ]ですら、何か小夜に悪意を隠しているかのように聞こえる。

その古き物と小夜の戦いを目撃した時真[ CV:鈴木達央 ]。彼は最初から何か知っているのかと思っていたけど・・。しかし、小夜とかつて何らかの関係があったことは確かなような。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOOD-C(第6話)

思わず言葉を失ってしまった。まさか、ねね[ CV:福圓美里 ]が・・・。こうもあっさりと「古きもの」に喰われてしまうとは。それだけじゃない。立て続けにのの[ CV:福圓美里 ]までも・・。

こうなると、小夜[ CV:水樹奈々 ]の置かれた状況に、次々と疑問符が。「古きもの」にあそこまで破壊された建物が、たった1日で完全に元通り?そもそも「古きもの」の死体とか、あれだけ飛び散った血が、どうしてあそこまで綺麗に片付いているのか。

小夜自身の身体もそうだ。足の擦り傷は残っていたし、確かに痛みも引いていなかったみたい。一方で、ツメのような物で突き刺されていた背中は?あの様子だと、背中の傷はもう治ってたように思える。やはり唯芳[ CV:藤原啓治 ]は、何かを隠しているな。

常に小夜が口にする「約定」という言葉。遂に口を開いた謎の[ CV:福山潤 ]の「誰との約束なのか?」という問いかけ。徐々に、物語が真相へ近づいている気配だ。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOOD-C(第5話)

油断していた。昼間なら「古きもの」が出てくるわけがないと思っていた。香奈子[ CV:宮川美保 ]の怪談中に倒れた小夜[ CV:水樹奈々 ]を見舞いに来たねね[ CV:福圓美里 ]。まさかその背後から、突如として現れるとは・・・。思いっきりビビってしまった。

いつもなら、序盤は小夜のお馴染みの歌から始まるはずのBLOOD-C。今回は何か良くない事が起こりそうな、そんな雰囲気を漂わせるBGM。この時点で、もう既に何かが始まっていることをうかがわせる。今更ながら古きものとの戦い、小夜の本領発揮は目が赤く細くなってから。少なくともある程度の血を浴びてからじゃないと、小夜の力は発揮されない。

少しずつ小夜の中で蘇りつつある過去の記憶。その記憶の視界に広がる血。この小夜の異変、小夜の周りにいる何人かの人がどうやら気づいている気配。父唯芳[ CV:藤原啓治 ]はもちろんのこと、冒頭の怪談話を敢えてしたように思えた香奈子。そして文人[ CV:野島健児 ]時真慎一郎[ CV:鈴木達央 ]もの二人も、何か知っていそう。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BLOOD-C(第4話)

「憎悪を愛情と信頼で上書きする」

作中、所々で挿入される謎のモノローグとクラゲのように浮き沈みする、"血"が入っていると思われる容器。あの声の主は・・文人[ CV:野島健児 ]か?そして小夜[ CV:水樹奈々 ]の脳裏にフラッシュバックする光景―。

これで確実だ。ほぼ間違いなく、小夜の過去の記憶は封印されている。その記憶が"古きもの"に関係しているであろうことは言うまでもないだろう。そして父唯芳[ CV:藤原啓治 ]は、その事実を知っている。

そう気づいた途端に、小夜を取り巻く日常が何か異様な光景に見えてくる。だめ押しは遅刻ギリギリで登校した小夜の耳に入ってきた言葉だ。これまでは小夜の夜のお勤めはありつつも、ルーティーンで流れてきたストーリー。いよいよ、物語の核心が迫ってきてる感じだ。そしてそれは、これまでのように平和な日常が続かないことを暗に予感させる。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BLOOD-C(第3話)

夢遊病のようにふらふらと電車の中に吸い込まれていく、鶯商店の主人。それを見送る小夜[ CV:水樹奈々 ]―。俺はもう既にこの主人が人間としては死んでいるものかと思っていた。それだけに、我に返った瞬間「古きもの」にミンチにされて食い殺さるなんて・・。

そしてその様子を冷静に観察していた小夜。この残酷なまでの冷静さも、ある意味で小夜の強さなんだろう。普通なら、見知った人が殺されようという瞬間を、あそこまで何事も無かったかのように見送る事なんて出来ないはず。とは言え、もし小夜が全く心を痛めていないとすると、それはそれで小夜の怖さでもあるような気がする。ホントにそこまで人間は残酷に徹する事ができるんだろうか?

そんな小夜の周りの人たち。小夜が警戒心の欠片も抱かないもんだから、逆に全てが怪しく見えてしまう。今回の怪しさNo.1は、筒鳥先生[ CV:宮川美保 ]。彼女のあの言い方、小夜は何も感じていなかったけれど、どう考えても「古きもの」と戦っている小夜を知っているという口ぶりだよね。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation