BRAVE10

BRAVE10(最終話:第12話)

▼最終話
才蔵[ CV:小野大輔 ]を始め、勇士全員がボコボコにされた11話から一転。全員がまさかの形勢逆転。あの状況からどんな一発逆転が用意されてるかと思いきや、蓋を開けてみれば何ともヒネリのない・・。

せめて、甚八[ CV:中井和哉 ]アナスタシア[ CV:浅川悠 ]を味方に付けて助っ人に登場とか、違うパターンの勇士も用意しておけば、もっとメリハリのある内容になったはずなのに。もったいない。

原作コミックスは8巻で完結しているみたいだけれど、これで原作のストーリーを最後までやったのか?だとすると、原作から既に風呂敷を広げすぎたんだろうなぁ。伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]も助かったし、幸村[ CV:森川智之 ]の元には"日常"が戻ってきて、一件落着。

確かにストーリーは完結してるんだけど、そもそも言うほど何も始まってないような、消化不良の感がある。

▼テンポの良いストーリー
これは1話を見た時からずっと感じていたことだけれど、やはり原作が完結しているという点が大きいのかな。いわゆる戦国時代をテーマにした並み居る作品には、どうにも途中の展開がダルくて飽きてしまうことも多いけれど、そういった中だるみはこの作品では感じなかった。

とは言え、伊佐那海の存在だけで面白く見られたのは序盤まで。やはり途中からはかなり平坦な道のりだったかなぁ。バトル自体も悪くないと思うんだけど、如何せん、才蔵がちっとも強くないから見てても爽快感が全然無いし。

▼安定しないキャラクター性
その平坦なストーリーに加えてだ。俺には才蔵の位置づけが、ストーリーの都合に合わせてふらふらと揺れて安定していないように見えた。これだとなかなか作品に没入できないんだよね。

最初は「クールで強い」キャラクターのように振る舞わせておきながら、結局、たいしたこと無さそうな相手でも才蔵はいっつも苦戦。いつのまにか、「情に厚い努力家」的な位置づけに。いやいや、才蔵に期待するのはそういうポジションじゃ無いでしょ・・。そもそもこれまで人を信用してこなかった才蔵が、そこまで伊佐那海に入れ込む動機が、まったくうかがい知れないのは残念だ。

▼暑苦しい作画
この作品のターゲットがヲタ向けなのか腐ってる人向けなのかはよく分からないけど、腐ってる人向けだとすると、これまだ随分と鬱陶しいくらいに線が太くて、濃い作画。伊佐那海はさておき、アナスタシアとかは「可愛い」とか「セクシー」を通り越して、「ゴツい」と表現したくなる。

そんな厚ぼったいキャラクターが、その線のイメージとは全く違うスピードで画面を動き回るんだから、迫力という意味ではかなりもレベルだ。武器の大きさとか重さの表現もかなり気を遣って描いてる感じだったし、バトルという作品の最大に見せ場を演出するには、十分すぎる作画クオリティだった。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第11話)

鎌之介[ CV:高城元気 ]は"そういう"キャラ設定ってことは100歩譲って良しとしよう。しかしだ、今回のこれはダメだ(笑)。まさに誰得。ドレスまでは200歩譲って良しとしても、あの風呂はダメだ、風呂は。あの泡の付き方はもっとダメだ。

その鎌之助と甚八[ CV:中井和哉 ]が倒れ、幸村[ CV:森川智之 ]の勇士も壊滅寸前。甚八の威勢の良さからして、もう少しアナスタシア[ CV:浅川悠 ]と良い勝負になるかと思ったのになぁ。

そして伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]は、半蔵[ CV:櫻井孝宏 ]の思惑通り、イザナミノミコトの力を解放。才蔵[ CV:小野大輔 ]の味方って雰囲気でも無いし、半蔵の言うことを聞くとも思えない。どうなってしまうんだろうか。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第10話)

伊賀異形五人衆、この強さは反則だ。才蔵[ CV:小野大輔 ]半蔵[ CV:櫻井孝宏 ]と1:1だけど、それ以外は複数の勇士を同時に相手にしても、尚圧倒的な戦力差。

強さはもちろんなんだけど、俺は[ CV:置鮎龍太郎 ]佐助[ CV:柿原徹也 ]が相対した灰桜[ CV:岡崎未恵 ]。彼女のインパクトが強烈だった。

何が強烈って、「微妙にデカいカマキリ」が実に気持ち悪い(笑)。灰桜が鎮座して登場した巨大グモ、あれくらいの大きさだとリアリティが無いから、「そういう物体」としてスルーできるんだけど、バッタにチョウ、アリが普通の大きさなのに、何故あのカマキリだけあのデカさ。別に虫は嫌いでも好きでも無いけど、あれはさすがにちょっとゾッとした。

あとは清海[ CV:田中一成 ]があまりにもあっさりとボコボコにされたのは、ちょっとガッカリだったかなぁ。脳味噌は足りなくても、力勝負ならもっと張り合えると思っていたのに。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第9話)

8話の予告映像でそんな雰囲気ではあったけれど、これでアナスタシア[ CV:浅川悠 ]は離脱確定かなぁ・・。せっかくのお色気担当がいなくなって、あとは基本、むさいおっさんばっかりとか、誰得状態なんですが。

しかし、幸村[ CV:森川智之 ]の言う「勇士」の属性に水と氷は必須なワケで、じゃあアナを呼び戻して説得でもするかと言えば、六郎[ CV:神谷浩史 ]佐助[ CV:柿原徹也 ]が賛成するとは思えないし。

日本の古史をベースにした作品はどうしても苦手だから、そろそろ退屈になりそうな雰囲気だったけれど、今回のアナの行動のおかげで、ストーリーに再び渇が入った。伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]に溜まった"闇"の力もそろそろ爆発しそうな気配。とは言いつつも、あと残り3話。ちょっと尺が足りない気が。分割2クールなのか?

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第8話)

[ CV:置鮎龍太郎 ]さん、おかえりなさい!いや~、やっぱ俺、この人好きだわ。しかも根津甚八[ CV:中井和哉 ]という新たな勇士を引き連れて。いや、引き連れるまでにはなってないか・・。

しかし、伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]がここまでガキ扱いされるのも、珍しいが故に面白い(笑)。貧乳呼ばわりもそんな気にしないかと思いきや、伊佐那海もそれなりに気にしていたようで。金髪巨乳の方は、逆にこの場にいたら筧をボコボコにしそうな気もするけど。

幸村[ CV:森川智之 ]が10人の勇士を集めた一方で、政宗[ CV:子安武人 ]は策に走る。家康[ CV:石塚運昇 ]を上手いこと言いくるめた事で、結果として幸村を殺す理由が出来た訳か。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第7話)

幸村[ CV:森川智之 ]政宗[ CV:子安武人 ]、初顔合わせにして既に因縁の対決とも言うべき雰囲気。政宗の挑発に幸村がどう応じるのか。扇子を取り出した幸村もさすがだけど、そこで頭に血が上らなかった政宗も流石。

もちろん、幸村がホントに転けた訳じゃないことは、政宗も分かってはいた。あの場にいた何人かはそれを察していたんだろうけれど、三成[ CV:緑川光 ]の切り返しもまた、見事だった。おかげであの場は、家康[ CV:石塚運昇 ]のメンツも守られた。

そんな幸村と政宗の迫力に押されて影が薄くなったけど、弁丸[ CV:橘田いずみ ]という新たな仲間?が加わった。これでショタ属性も確保。せっかくだから、もう少し活躍の場を与えてあげても良かったのに。まぁ、これからかな。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第6話)

これは一応、お約束に分類される「温泉の回」って事になるのか?新キャラ、清海[ CV:田中一成 ]が大暴れしてくれたおかげで、シリアスムードがすっかり何処かに吹っ飛んだ後のお約束。なんかいつものBRAVE10らしくないぞ。

とは言え、女性キャラは伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]アナスタシア[ CV:浅川悠 ]の二人だけ。となれば、必然的に才蔵[ CV:小野大輔 ]幸村[ CV:森川智之 ]がメインという、腐女子バンザイな展開に。

ところで、十蔵[ CV:置鮎龍太郎 ]はホントにどこか行ってしまったのか?今回も清海に銃身を曲げられて落ち込んでたりするし、俺としては愛すべきダメキャラだと思っていたのに。残念。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第5話)

これまでは幸村[ CV:森川智之 ]の取り巻きの一人くらいにしか思ってなかった佐助[ CV:柿原徹也 ]だけど、今回は格好良かった!

モロに図星を突かれた才蔵[ CV:小野大輔 ]の怒りを見て、むしろ痛快に思ったくらいだ。俺は最初、才蔵っていうのはとにかく無敵の強さを誇る殺人マシーンかと思っていたけれど、実際には全然違った。そもそも、毎回ボコボコにされて、なんとか勝ってきてる状態だしね。

気づいてみれば、伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]も才蔵も見た者同士。自分の弱いところに背を向けていただけってことか。勇ましいだけの主人公なら少し距離を置いて見てしまうけれど、才蔵の場合は自分とまったく似つかないながら、その弱さには親近感を持てる気がする。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第4話)

いつもは少しばかり鬱陶しい気もする伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]だけど、今回ばかりは少し彼女に同情してしまうな。今の伊佐那海にとって、出雲の地に足を踏み入れる事は、そうとうな勇気が必要だったに違いない。

それと同時に、おそらくは才蔵[ CV:小野大輔 ]と一緒だからというのも大きな理由なんだろう。いつの間にやらすっかり信頼されてしまったなぁ。尺が限られているとは言え、この二人の信頼関係が出来上がっていく様子は、もう少しじっくりと描いてくれても良かったのに。

予想通り鎌之介[ CV:高城元気 ]の助けもあり、死にそうになりながらも何とか伊佐那海を守った才蔵だけど、そこはヒロインの宿命。次の相手は伊達政宗[ CV:子安武人 ]だそうで。

彼女のかんざしが何か大きな力を持っていると知れ渡りつつある以上、これからもこのお約束の展開は続きそうだ。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAVE10(第3話)

いつの間にか伊佐那海[ CV:佐藤利奈 ]にすっかり懐かれてる才蔵[ CV:小野大輔 ]。なんだかんだ言って伊佐那海を放っておけなくなってる時点で、もう才蔵の負けだな、これは・・。

次回予告では、伊佐那海が鎌之介[ CV:高城元気 ]に連れ去れる画があってそれが気になっていたんだけど、どうやら鎌之介は家康の手先という訳ではないみたい。早くも伊佐那海が敵の手に渡るんじゃないかと思いきや、今回は無事才蔵の元へ。ヒロインとは思えないほどボロボロだけど。

才蔵との戦いの結末は、おそらく本人にとって相当な屈辱だったと思うんだけど、オフィシャルサイトではそれなりに重要なキャラクターみたい。あんまり性格も良く無さそうだし、"正義の味方"とはほど遠い印象だけどなぁ。

それよりも、才蔵と伊佐那海にすっかり振り回されてる十蔵[ CV:置鮎龍太郎 ]の方が、良い味出してて面白そうだ。

BRAVE10(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオさきまくら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金