「C」

「C」(最終話:第11話)

▼最終話
公麿[ CV:内山昂輝 ]三國[ CV:細見大輔 ]のディール。流石にラスボスとのバトルシーンは、気合いの入り方が違う。アセット同士の戦いも、そしてアントレ同士の戦いも。

一方で、三國の強大な財産を減らすためのインフレ策は、果たしてどこまで効果があったのか?そもそも公麿の資産も日本円だとするならば、公麿にも同じようにダメージになってもおかしくないんだけど。とは言え、俺自身は「結局最後は意地のぶつかり合い」みたいな展開は嫌いじゃない。ちょっとバトルシーンが長くでクドい気もしたけれど、それだけ三國が強大な敵だったという解釈にしておく。

しかし、結局のところ真朱[ CV:戸松遙 ]って公麿にとってのどんな未来だったんだ?三國のQ[ CV:後藤沙緒里 ]は凄く分かりやすかったけど、真朱の方は8話で思わせぶりなカットがあったのに、そこはネタばらし無しのまま。

最後の輪転機が逆転する場面も随分と引っ張った印象があるし、TV未放映の12話があるわけじゃなさそうだし、もう少し張った伏線を回収してくれても良かったように思う。そんな中、羽奈日[ CV:牧野由依 ]との新しい未来は、俺は気に入った。はっきりと見えない顔も含めて、演出も好きだ。

▼「金融」というテーマ
アニメしてはかなり異質。ヤミ金を舞台にした暴力団の抗争が・・・的な使い方じゃなくて、仮想現実というSFとあまりにも身近にある金を結びつける世界観。結論から言ってしまえば、やはりちょっともてあましたよな。最終話の三國との決着が、結局殴り合いだったことがそれを象徴している。挑戦的な作品だったし、新鮮な気分で見る事が出来たから、俺は作品としての評価を下げる必要は無いと思う。ただ「これなら金融じゃなくても、ストーリー成り立つんじゃない?」と言われれば、答えはYesだ。

▼テーマは小難しくても
どんなに聞き慣れない言葉がたくさん出てきても、この作品の主題は公麿の成長だ。それが分かりやすかったからこそ、金融の方がちょっと不発気味でも、俺は十分楽しめたのかなと思う。羽奈日っていうキャラがそれを分かりやすくしてくれた。ここでラブコメなら羽奈日が実は公麿が好きだったりするんだけど、普通に金持ちの彼氏がいて、そして最終的にも公麿になびかないという、ある意味でリアルな展開(笑)。だけど、最初の頃の公麿を考えれば、本気で未来のために三國にぶつかっていった公麿は、本当にたくましくなったと感じた。

▼演出の妙味
この作品、決して作画クオリティがものすごく高かった訳じゃない。だけど、金融街の異質で異様な雰囲気の表現とか、MIDASマネーの一見するとぎょっとしてしまう宗教的な雰囲気の漂うデザインとか、ストーリーを彩る数々の視覚的要素がとにかく上手い。時々3DCG化するアセットはやっぱりちょっと違和感あったけどね。これでリアル世界の背景とか街並みをもう少し頑張ってくれると、さらに良い具合だったのに。惜しい。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「C」(第10話)

今まで何も気にしてなかった公麿[ CV:内山昂輝 ]の黒いカード。確かに今回、ジェニファー・サトウ[ CV:浅野まゆみ ]三國[ CV:細見大輔 ]と戦っているときに映し出された彼女のカードは、金色のカードだった。あの黒いカードに意味があったとはね。

今まで単なる傍観者に見えたジェニファー・サトウだったけど、ここまで自分の感情を表に出す激しいディールを、それも三國と繰り広げるとは予想外だ。しかも自分が捨て石になる覚悟で。最後に残ったカードから聞こえる「bankrupt」の言葉が重い。

そんなジェニファー・サトウの意志までも背負う事になった公麿。色々と小細工はしていても、結局は三國と直接戦うしかない。それは真朱[ CV:戸松遙 ]Q[ CV:後藤沙緒里 ]の対決でもある。

公麿が「未来を守りたい!」と力強く宣言したときは、ちょっと嬉しい気持ちになった。それはすなわち、輪転機の影響でボロボロになっている真朱への気持ちの表れ。最初の頃の無気力な公麿からは考えられない言葉だ。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「C」(第9話)

「未来を守る」という言葉を力強く口にしていた公麿[ CV:内山昂輝 ]三國[ CV:細見大輔 ]という男に出会った事が、結果として公麿を人として大きく成長させたな。今までの公麿だったら、自分の将来はもちろん、日本の未来のことを口にする事は無かったと思う。

もしかするとその大きな理由は、死んだ魚のような目になってしまった羽奈日[ CV:牧野由依 ]を見たからかもしれない。はたまた、自分の父親が連れていたアセットが真朱[ CV:戸松遙 ]そっくりだったからもしれない。そういう出来事が積み重なった結果かも知れないけれど、ともあれ今の公麿だったら、何かやってくれそうな期待ができる。

そして単なるぶっきらぼうなアセットだったはずの真朱も、気がつけばますます女の子になってきてるじゃないか。アントレが成長する事で、そのアントレの未来が少しずつ変わっていく。その結果としてアセットも違う表情を見せるようになるんだろうか。公麿と一緒にいたい、という気持ちをこんなに真朱が全面に押し出してくるとはちょっと意外だ。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「C」(第8話)

あれ、1話どこかで見逃したのか?と思うくらいに急転直下の展開。今まで三國[ CV:細見大輔 ]の「椋鳥ギルド」がやってきた事は何だったのか?公麿[ CV:内山昂輝 ]が気にしてきた「現実世界への影響」がまるでどうでも良い事のように、破滅に急転直下の日本。

なによりも羽奈日[ CV:牧野由依 ]の変わりよう・・。教育実習から戻って、未来の自分への夢を膨らませていたはずの羽奈日が、どうしてあんな無気力状態に。確かに存在が消えていないだけマシかもしれないけれど、江原[ CV:飛田展男 ]を見ていれば分かるように、未来を失った人間の末路には、悲惨の2文字しか浮かんでこない。

今回の演出で特にハッとしたのが、東南アジアの金融街が破綻した時の映像。次々とMIDASマネーへと姿を変えるアセット。そして何か分からない、たこの足のような得体の知れない物がそれを上空から吸い上げ、そして現実世界が崩壊していく。ニュースでは時々耳にする"破綻"という単語。もちろんこれはフィクションなんだけれど、その怖さをまざまざと見せつけられた気分。

そして真朱[ CV:戸松遙 ]は、公麿の父の破産により消えてしまった存在だった、という事なんだろうか?意味ありげな公麿の記憶だった。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「C」(第7話)

総集編というわけではないけれど、Aパートは三國[ CV:細見大輔 ]視点での過去のエピソード。Bパートは真朱[ CV:戸松遙 ]視点での公麿[ CV:内山昂輝 ]の人間観察エピソード。

これだけを7話を見る前に文字面で並べられると、Bパートの方が面白そうに見える。そして実際にはAパートもかなり面白い内容だった。三國のアセット、Q[ CV:後藤沙緒里 ]の容姿は、妹である貴子[ CV:後藤沙緒里 ]そっくり。アセットがアントレの未来を写すという言葉がどういう意味なのか、何となくここにヒントがありそうな気がする。

一方で真朱の方は?最初はフォークだったカップ麺を食べる手段が箸を掴んで食べるようになり、そしてついには普通に箸を使って食べるようになってるじゃないか。テレビの中のキスシーンに興味を示すあたりも、おそらくは普通のアセットでは考えられない行動。この辺が真朱の強さの理由かもしれない。しかし公麿は真朱とのキスであれだけキョドッてしまうとは・・。

一度引き返してまで気に入らない発言をしたアントレを殴りに行くくらいなのに、しかし羽奈日[ CV:牧野由依 ]の事となると一歩引いて自分の気持ちを押し殺してしまう。頼りがいがあるようで頼りない公麿を象徴するようなエピソードだ。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「C」(第6話)

5話からの繋がり、カップ麺を食べる真朱[ CV:戸松遙 ]から物語がスタート。箸の持ち方はおぼつかないけれど、それでもカップ麺を美味しそうに食べる真朱がやたらに可愛い。

さて、今度のディール相手は宜野座[ CV:柿原徹也 ]。真朱の第一印象は、「いいヤツ」。公麿[ CV:内山昂輝 ]の第一印象は「やなヤツ」。まぁ普通は公麿の方だよなぁ。金持ちだけどおごらないように見えて、爽やかイケメンで、世間から必要とされ・・・。こういうリア充は概して妬みの対象になるから(笑)。

それでも、ディール取り消しを持ちかけられた公麿の心は揺れていた。揺れすぎていた。そんな状態でディールに突入したもんだから、策も何もなく真朱が削られる一方。流石にこのときばかりは公麿に怒りを覚えた。傷ついていく真朱を前にして、何をするでもなく叫ぶだけ・・・。まだまだディールと向き合う覚悟が足りないんじゃないかって。

それでも、最後は宜野座の未来に振り回されることなく、自分の現在(いま)と未来を貫けた。いよいよ真朱ともホントの意味でパートナーになりつつあるんじゃないだろうか。

ところで、俺は絶対に羽奈日[ CV:牧野由依 ]の彼氏がいずれディール相手として出てくると踏んでるんだよね。そしてその勝負に勝つという事は、羽奈日とその男を別れさせるきっかけになる可能性があるわけで・・。どうだろう、なかなかに面白いシナリオが出来上がりそうじゃない?

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「C」(第5話)

口では「三國[ CV:細見大輔 ]のようになりたい訳じゃない」と強がっていた公麿[ CV:内山昂輝 ]だけど、少なくとも今回のディールを見る限りでは、三國の戦い方に思いっきり影響を受けている事は確実だ。

とは言え、三國のディールの妙技は、カネという生き物が持っている特性の理解、対戦相手や自分の力量を性格に把握するための分析、さらには緻密さと素早さが求められる状況判断などなど、およそ公麿が持っていないであろう多くの能力があってこそ。それをいきなり公麿が真似しようとしても、そりゃ無理だ。とは言え、その結果が僅差の負け、そしてわずかではあるけども喜ぶべき状況ではない、現実世界への影響。

ギルドへ加入したようなので、仮に大負けしてもその影響は狭い範囲に限定されるのかもしれないけど、やはり公麿には「頭を使って勝つ」というレベルには達していない気がする。今現在、単なる友達でしかない現実世界の羽奈日[ CV:牧野由依 ]に影響が出てないのも当たり前なのにね。

真朱[ CV:戸松遙 ]がフォークでカップラーメンを食べている構図が何気に可愛い。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「C」(第4話)

真坂木[ CV:櫻井孝宏 ]の言う「未来を担保にする」の意味。これまでは公麿[ CV:内山昂輝 ]が勝ち続けていた事もあり、また身近に破産した人がいなかった事もあり、よく分からないままだったんだけど・・。江原[ CV:飛田展男 ]との対決でその事実が明らかになった。

本人が消える、つまり死を迎えるという事態は予測できた事だけれど、本人の記憶はそのままに、現在も含めた未来が改変される事になるとは予想外。それでも、自分の命が取られなかっただけマシと考えるのか、それとも未来という希望を失って生きていくことの方が苦痛なのか。

そんな江原と公麿のディールとは対照的に、実に計算され尽くされたスマートなディールを見せつけたのが三國[ CV:細見大輔 ]だ。相手を破産に追い込まず、ギリギリの差で勝ちきる。三國は複数のアントレを使役しているのか?いつも側にいるQ[ CV:後藤沙緒里 ]の能力は、今回のディールではまだまだ底が見えてない感じ。

俺には三國の戦い方はそれなりに理に適ってると思ったけど、やっぱり公麿は何か納得してないみたい。金の力でねじ伏せているっていう事実が受け入れられないんだろうか?それはともあれ、久々に登場した羽奈日[ CV:牧野由依 ]を見ていると、彼女を他の男に取られたままなのが何故か悔しい。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「C」(第3話)

公麿[ CV:内山昂輝 ]が亡き父親の手帳の何を見て驚いたのか?あのMと数字の組み合わせは、おそらくMIDASマネーの残額だったと思う。俺は最後のページでは残額がゼロになり、そして将来を失ったという事実を知り、公麿が驚いていたんだとばかり思った。だけど実際は違った。

公麿というこの主人。自分の感情を極力表に出さずにため込んで、そして自分は誰の迷惑にもならず自分のために自分の力だけで生きているという盲信を抱く。そのくせ、自分を抱く父親の姿を見て涙してみたり、真朱[ CV:戸松遙 ]にあたってみたり。

そんな公麿が三國[ CV:細見大輔 ]の言葉を聞き、父親が失踪した真実を知り、どういう行動に出るかは注目だった。もしかしたらディールから逃げ出すんじゃないか?金融街とは関わらないようにしようとするんじゃないか?だけど正解はその逆だった。公麿の2戦目、今度は真朱に頼り切った戦いから、少しは変わっているだろうか?

そして金融街にどうやらIMFから送り込まれていると見られるジェニファー・サトウ[ CV:浅野まゆみ ]なる女性。今のところ彼女はストーリーの傍観者の立ち位置だけど、彼女もそのうちに敵になるんだろうか。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「C」(第2話)

公麿[ CV:内山昂輝 ]、ディールデビュー!コンビを組むのは「アセット」と呼称されていた謎の存在、名前は真朱[ CV:戸松遙 ]・・・と公麿は呼んだな。なんか本人的には「そーじゃないけど、まぁいいか!」的なちょっとした苛立ちがあったように見えたんだけど。気にしすぎか?

アセットと聞くと、普通は「資産」とかって意味だと思うよね。オフィシャルサイトによると「今後、ドラマが進むにつれて金融・経済用語が次々と登場する。その意味を考えることが「C」の世界観を深く知る手がかりになる。」とあるので、用語は単に語感が良いから使われてるだけじゃなくて、ちゃんと意味があるという事を意識しておきたい。

真坂木[ CV:櫻井孝宏 ]が言うには、このアセットは未来の一馬の姿を現しているってことだけど、そもそも真朱は女の子だよな?しかも雰囲気が羽奈日[ CV:牧野由依 ]にどことなく似てる気がするんだよね~。まさか公麿と羽奈日の娘か?いやいや、さすがにそれはないか・・。

1話でさりげなく登場していたあの「黒い紙幣」が何なのか、それを説明してくれたのは三國[ CV:細見大輔 ]。これからのストーリーにおいて、三國の存在がカギになる!ってのはまぁこの2話の内容を見ていれば明らかだな。

「C」(@フジテレビ) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation