C3

ステラ女学院高等科C3部(第12話)

あれほど自暴自棄になっていたゆら[ CV:牧野由依 ]はいったいいずこへ・・・。だけど俺がずっと「見たい」と思っていたC3部って、たぶんこういう内容なんだろうな。こんな超展開じゃなければきっと楽しかったに違いない。

最後はそのら[ CV:沢城みゆき ]がゆらに一発ビシッと言ってくれるはず!と期待してたのに、何があったか知らないけどゆらが勝手に完全復活しちゃいました。あれだけ重苦しいエピソードで構成してきた意味は、いったい何だったんだろ。

それでも最後の最後まで後味の悪い雰囲気で終わるより、ゆらがC3部も部員と仲直りできて、もう1度サバゲーの楽しさ、面白さを認識してくれたってことに安堵すべきかな。友情とか信頼関係とか、本当はそういうテーマを描きたかったんだろうけど、消化不良どころか口にすら入ってきてない気がするよ。

・・・で、これで終わりじゃないの?完全に最終話の雰囲気だったじゃないか。「

ステラ女学院高等科C3部(@TBS) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステラ女学院高等科C3部(第9話)

鬱展開―とまでは言わないけど、ゆら[ CV:牧野由依 ]と他の部員との距離感が徐々にイヤな感じになってきてるよね。それもこれも、ゆらのゾンビ行為が原因だから、事項自得と言えばそれまでだけど・・。

[ CV:瀬戸麻沙美 ]が「ゆらが不正をした」と言ってくれれば、ゆらにとっては実は一番精神的に楽な結果なんだろうな。それを分かっていて、凜は敢えてゆらを縛ろうとしているのか?

復帰したそのら[ CV:沢城みゆき ]なら、バラバラになりかけてる今のC3部を何とかしてくれると期待してたんだけど、どうもそういう雰囲気でもないし、作品として迷走してしまってる感が色濃くなってきてる。

ステラ女学院高等科C3部(@TBS) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステラ女学院高等科C3部(第7話)

このままだとC3部が空中分解しちゃうんじゃないか。ゆら[ CV:牧野由依 ]の空回りする"やる気"を見てると、そんな心配が頭をよぎる。ゆらの気持ちはよ~く分かるんだけど・・。

しかも今回はゆらの行動が1つの原因となって、そのら[ CV:沢城みゆき ]をケガさせてしまったすぐ後。このまま自分を責めて心を閉ざしてしまうヘタレ主人公よりは、まだ覇気がある部分は悪くはないと思うんだけど。

とは言え、やっぱりそのらのリーダーシップがないと、試合に勝つのは難しいんじゃないかなぁ。そのくらいそのらの影響力って大きいと思うんだよね。特に精神的な支えとしての。今のゆらには、そういう面でチームを支えるまでのカリスマ性はないと思う。

ステラ女学院高等科C3部(@TBS) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステラ女学院高等科C3部(第4話)

今回はいつにも増してファンタジー的な要素の濃いエピソード。サバゲーっていう現代の"遊び"と、ゆら[ CV:牧野由依 ]が見た源平合戦の丁次郞[ CV:羽多野渉 ]は確かに重ならなくもないけど・・・。さすがに無理があるんじゃないの?

そのら[ CV:沢城みゆき ]の言う修行は、階段を上っている時点では当然最初は体力作りの既定路線だとばかり思っていたけど、意外にもこういう精神的な部分を責めてきた。だけどゆらへの修行となると、実は正しいのかもね。

髪の毛を短くしてからはだいぶ前向きになっては来てるけど、やっぱりあの"妄想"が発動するうちはまだまだネガティブな感情の方が大きいって事だと思うし、そういうゆらの性格を考えると精神的に強くなるっていうのはかなり重要な気がする。

ステラ女学院高等科C3部(@TBS) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

C3 -シーキューブ-(最終話:第12話)

▼最終話
原作ラノベは続刊中ということで、「終わり」という印象はあまり無かったな。というより、結局まだ何も終わってないわけだ。せめてフィア[ CV:田村ゆかり ]の呪いが少しでも軽くなったとか、何か分かりやすい指標があれば、一区切りっていう印象もあったかも。

そんなわけで、特に最終話らしい展開と言えば、アリス[ CV:田中理恵 ]との戦いが一時休戦となったことか?相変わらず見てて痛くなるシーンだらけのエグいバトル。特に錐霞[ CV:喜多村英梨 ]の腹に手を突っ込んで内蔵を握るシーンとか・・・。あれだけデフォルメされてるのに、思わず目を背けたくなる。

しかし改めて考えてみれば、あれだけアリスに挑発されていたフィアが、最後まで自分を保ったまま戦い続けれたってことは、大きな前進なのかも。そしてそれが「呪い」の軽減と考えるならば、フィアが人間としての心と感情を持ち続ける限り、そしてそれを春亮[ CV:梶裕貴 ]が支え続ける限り、いつかは完全に呪いが消える日が来るんじゃないかと思えるシナリオだった。

▼重くて痛い
心にズシッと来るような、そういう重いストーリーは大好きな俺だけど、この作品には参った!何よりも重いだけじゃなくて、痛いんだよね。それも精神的なものじゃなくて、物理的な・・。残念ながら痛めつけられて大喜びという特殊性癖は持ち合わせていないので、最終話もそうだったんだけど、ちょっと見ているのが辛くなるようなシーンが多かった。作品として描きたいところだってのは分かった上でも、かなり堪えた。

▼無邪気さ故の残酷さ
普段の明るくて元気なフィア。そんなフィアと正反対の拷問具形態。このギャップが、フィアというキャラクターの二面性を際立たせる。あのフィアがなんで!?という半ば憤りにも似た感情を抱かざるを得ない、完全にキレた時の所業のムゴさ。このバランスにかなり心かき乱された気がする。そしてそれを田村ゆかりが見事に演じきっていたと思う。

▼綺麗なビジュアルもまた
平和な日常において、この作品のキャラクターたちはみんな輝いていると思う。フィアの綺麗な水色の髪の毛もそうだし、春亮の家の庭の花だってそう。だからこそ、それが壊され汚されていくシーンが痛々しく思えてくる。そんな作品の世界観を十分に演出してくれるビジュアルのクオリティ。キャラクターの作画も安定水準だったし、エフェクトの使い方も綺麗で良かった。

C3 -シーキューブ-(@AT-X HD!) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

C3 -シーキューブ-(第11話)

まずは黒絵[ CV:小倉唯 ]が今回の連続殺人事件と直接関係ないことが分かって、一安心。フィア[ CV:田村ゆかり ]があそこまで黒絵に対して怒りの感情を見せたのは、もし黒絵が殺人事件と関係があるならば、「呪いが解けた」という黒絵の言葉に疑いを持たざるを得ない状況だったからなんだろうな。

当の黒絵自身、必死で弁解するような素振りも見せないし、日村[ CV:三木眞一郎 ]に「助けてくれたらお触りまで許す」とか、半ば冗談なのか本気なのかよく分からない言動。ある意味、落ち着いてるとも言えるけど、微妙にズレてる気もする・・。

その黒絵と共にアリス[ CV:田中理恵 ]に監禁された春亮[ CV:梶裕貴 ]錐霞[ CV:喜多村英梨 ]。いつもは自分の心の内をあらわにすることのない錐霞だけど、日村の車から無理に脱出してきたところをみると、彼女も春亮のために戦うという決心が付いたんだろう。

ところで、もし錐霞の呪いが解けたとすると、待っているイベントは何か?俺は当然のように、"水着回"だと思うんだど・・って、もうそんなに放送が残ってないか。

C3 -シーキューブ-(@AT-X HD!) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C3 -シーキューブ-(第10話)

「これからいけないことをする―」的な事を言われたら、ましてや錐霞[ CV:喜多村英梨 ]の"下着姿"の扇情的なことを思えば、何ともいけない想像をしてしまうわけですが、まぁそんな訳もなく。自らの指を折っていく錐霞のあまりにも痛々しい姿は、思わず目を背けたくなる。

春亮[ CV:梶裕貴 ]の協力して欲しいというお願いを断り、さらにはそんな自らが受ける呪いのはけ口のように春亮を使う。にもかかわらず、春亮の錐霞に対する態度は、優しさにあふれてるじゃないか。おそらく錐霞は、自らの醜態を見せることで、春亮が自分から遠ざかってくれることを期待したんじゃないか?結果は真逆になってしまったけどね・・。

そして殺人事件の方だ。フィア[ CV:田村ゆかり ]の推理が外れていて欲しいとは思うけれど、確かに黒絵[ CV:小倉唯 ]には疑わしい条件が揃ってしまっている。アリス[ CV:田中理恵 ]が実行犯なのは確実なんだろうけど。

C3 -シーキューブ-(@AT-X HD!) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C3 -シーキューブ-(第9話)

フィア[ CV:田村ゆかり ]の触手、もとい髪の毛プレイと共に新キャラ黒絵[ CV:小倉唯 ]の登場。その外見と小倉唯のCVのマッチングが奇跡的すぎて困る。そのうちバスケでも始めるんじゃないか?

そして黒絵が新たな敵キャラと思しきアリス[ CV:田中理恵 ]を引き連れてきた。黒絵というクッションが挟まってるとは言え、ストーリーの展開としては少々唐突な感はするけどね。1クール作品としては珍しくOPも新しくなり、ここから物語が転換するということの示唆ではありそう。

その一因になりそうなのは、やはり錐霞[ CV:喜多村英梨 ]だよな。OPが喜多村英梨ってこともあるし、春亮[ CV:梶裕貴 ]をだいぶ意識している様子もあるしね。

このは[ CV:茅原実里 ]やフィアのコスプレというオマケもついて、久々に少しゆったりした気持ちで見られたエピソードだったかな。

C3 -シーキューブ-(@AT-X HD!) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

C3 -シーキューブ-(第8話)

フィア[ CV:田村ゆかり ]が本気でサヴェレンティ[ CV:井口裕香 ]を破壊しようとしているはずがない。そう理解はしていても、拷問モードに突入したフィアの迫力には、圧倒されてしまうな。もう誰も口を挟む余地が無いくらい、まくし立てるように絶望へ誘う言葉が次から次へ。

敢えて春亮[ CV:梶裕貴 ]には告げずに、フィアとこのは[ CV:茅原実里 ]、そして錐霞[ CV:喜多村英梨 ]の3人で立案した計画。春亮に最初に内容を言っちゃうと、バレバレの演技になりそうだしな~。今回はその選択が吉と出たな。

しかし蓋を開けてみれば、吸われたのは生気ではなく"恋心"ときたか。これまた何ともむずがゆい種明かし。このはが狙われた理由も、なるほど納得。普段から「春亮くん大好きモード」なんだから、そりゃ狙われますな。線画調の演出が、なにやら妙に艶っぽさを感じさせる。なんかこのはだけ、一足先に大人になっちゃったような気分だ。

C3 -シーキューブ-(@AT-X HD!) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

C3 -シーキューブ-(第7話)

サヴェレンティ[ CV:井口裕香 ]白穂[ CV:斎藤千和 ]が・・逆だったってことで良いのか?サヴェレンティの振る舞いの方が人間らしかったし、冷たい表情の白穂の方がいかにも人形っぽかったのに・・。6話のEDテロップも、当然グルか。

となると、元サヴェレンティ(つまり白穂)の言う「解かれたくない呪い」という言葉の重みも、少し印象が変わってくる。白穂自身の感じている絶望感は、俺が思っているよりもずっとずっと大きいんじゃないだろうか。結局彼女は、自分がサヴェレンティに殺されることを半ば期待していたのでは?とさえ、感じてしまう。

ところで。生気を吸われて寝込んでいるこのは[ CV:茅原実里 ]の胸!胸!胸!大事だと思うので3回書いてみました。春亮[ CV:梶裕貴 ]の反応もこれまた良い具合で、実に面白い。なにせ最後のオチが「刀になる」だからな。パンツはちゃんと履いてたらしい(笑)。

C3 -シーキューブ-(@AT-X HD!) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金