CANAAN

CANAAN:最終話(第13話)

▼最終話
ユンユン[ CV:戸松遙 ]頑張った!さすがに今回の爆弾はちゃんと爆発。マリア[ CV:南條愛乃 ]が助からない事はないと信じていても、あの絶望的な状況でどうやって?まさかユンユンが電車から転げ落ちて助けに来るとは。そしてカナン[ CV:沢城みゆき ]アルファルド[ CV:坂本真綾 ]の決着は着いたようでこれからも続く。電車から落ちてさすがに死んだか?と思ったんだけど、アルファルドは自らの腕と一緒に、シャム[ CV:大塚明夫 ]との関係の象徴だった入れ墨を体から消した。まだまだ終わらない、そんな想像を楽しませてくれる最終話。

▼カナンとアルファルド
希望の象徴、カナン。孤独の象徴、アルファルド。カナンがマリア[ CV:南條愛乃 ]の存在によってシャムの亡霊から解き放たれ、自らの生きる意味を探し始めた。それに対してアルファルドはシャムの存在、そしてシャムが残した希望であるカナンに縛られていたんだと思う。究極的にはアルファルドはカナンがうらやましかったんだろうな、と。自分もシャムの存在から早く抜け出したいのに、断ち切ることが出来ない未練。そんな自分の中の醜い感情、しかしながら素直な感情を否定していたのかもしれない。だけど、最終話でそれは大きく変わった。カナンの元へ入る依頼の電話。「片腕の女」。もう過去のアルファルドとは違う。何となく嬉しそうな表情をしたカナンが印象的だった。

▼物語と登場人物
カナンとアルファルド、そしてマリアに注目すると、この作品は実にクオリティの高いキャラクターを用意していたと言える。カナンもアルファルドもどこか大人になりきれない、極端な性格を持っていたし、カナンの言う「マリアの色」は明らかに他の人とは違って輝いていた。一方でそれを盛り上げるための舞台、CANAANの場合はウーアウイルスがそれなんだけど、ここにはもうひと味スパイスがあっても、という気もする。確かに物語も面白いんだけど、次回が気になるというワクワク感は物語そのものから感じる部分よりも登場人物から感じる部分が圧倒的に多かった。でも、この作品の場合はキャラクターの方のクオリティが圧倒的だから、これでも良いのかも。物語でキャラクターを潰してしまうよりはよっぽどね。

▼最高品質の絵
アニメーション制作はP.A.WORKSです。今回どれほどの制作期間があったか定かではないけど、とにかくテレビアニメとしてのクオリティは文句なしです。激しいアクションシーンや、雑踏、砂漠、秘密基地?といろいろな場所が舞台になっていたにもかかわらず、作品としての一貫性を失うことのない絵。綿密に研究して動かしていると思われるカナンやアルファルドのしなやかな動き。アニメーションでありながらも、筋肉の付き方とか関節の動く範囲とか、真面目に動画を作ろうという意気込みがないとこういう絵にはならない。途中で海外請負会社への委託も何話か入ってますが、その部分のクオリティコントロールもちゃんとできていた。CGとの組み合わせ方も文句なし。次回のP.A.WORKSの制作作品が楽しみ。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANAAN(第12話)

まさかアルファルド[ CV:坂本真綾 ]マリア[ CV:南條愛乃 ]を撃つとは・・。銃声だけの演出で誰か他の人の発砲かと思ったのに、左の脇腹を撃たれて結構やばい。アルファルドはマリアの命を危険にさらすことで、カナン[ CV:沢城みゆき ]の力を引き出したいんだろうか。

結局のところ、アルファルドはシャム[ CV:大塚明夫 ]の存在に捕らわれてそこから抜け出すことが出来ない。アルファルドが舞台に列車を選んだ事からもそれを感じる。一方のカナンは今、マリアという存在のおかげでようやくそこから抜け出そうとしている。そんな転機なんだろうと思う。爆弾とかは少々演出過多な気もするが、マリア自身も自分がカナンを必要としている自分を、素直に見つめる機会になったんだろうか。まずはあと30秒なので何とかしてください。(まさか今回も爆発しない爆弾?)

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANAAN(第11話)

リャン・チー[ CV:田中理恵 ]の狂気に満ちたアルファルド[ CV:坂本真綾 ]への愛情。それをやりきれない気持ちで見つめるカミングズ[ CV:大川透 ]。この人、意外とまともというか人情に厚い人なんだよな。最後、自らの手でリャン・チーを殺さなければならなかった、この絶望感は相当なものだろう。

そしてサンタナ[ CV:平田広明 ]と共に死を選んだハッコー[ CV:能登麻美子 ]。ハッコーが死を選んだ理由を、まだカナン[ CV:沢城みゆき ]は理解できていないみたい。

それをカナンが理解できるとすれば、やはりマリア[ CV:南條愛乃 ]の存在。そのマリアもまずはカナンにカメラを向けて1枚写真を撮った。撮ることが出来た。だいぶ強くなってきた。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANAAN(第10話)

ハッコー[ CV:能登麻美子 ]の気持ちをもてあそび、サンタナ[ CV:平田広明 ]を死に追いやったリャン・チー[ CV:田中理恵 ]。狂信的にアルファルド[ CV:坂本真綾 ]の名前を口にする彼女もまた、ウーアの間接的な犠牲者なのか?

いや、リャン・チーは根っからの歪んだ根性も持ち主、おそらく形はどうあれ、多くの犠牲者を生むことには違いない。リャン・チーに対してはとても同情の念を持つことが出来ない。いや、確かにさりげなくアクエリオンなところ(1万2千年前ね。)には思わず突っ込みましたが・・。

一方でお留守番だったはずのマリア[ CV:南條愛乃 ]ユンユン[ CV:戸松遙 ]。マリアの肩ポン→4人で潜入の流れから、腹パンチでおねんねか?と思ったが、あやとりだったか。まぁお約束として、明らかにこの二人は巻き込まれますね。トラブルに。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANAAN(第9話)

共感覚を失って人としての感情をようやく理解しようとし始めたカナン[ CV:沢城みゆき ]。その中心はやっぱりマリア[ CV:南條愛乃 ]ユンユン[ CV:戸松遙 ]が死に急ぐ姿を見て止めた理由も「マリアが悲しむから」。マリアが感情豊かな子で良かったな~。

少しずつ自分の心の壁を取り払おうとするそんなカナンに対して、未だに冷徹一直線なのがアルファルド[ CV:坂本真綾 ]シャム[ CV:大塚明夫 ]を失ったことをカナンのせいにしているだけなのか?シャムに対して特別な想いがあったのか?そこまでアルファルドを突き動かす物は何なんだろうか?

今回は絵コンテに西村純二氏が参加。true tearsが縁での参加でしょうか?この9話は特にアルファルドへのスポットのあて方が特徴的だったと思います。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANAAN(第8話)

カナン[ CV:沢城みゆき ]の共感覚が失われた。一時的な物か恒久的な物かはさておき、言葉や表情ではなく、色で人を見ていたカナンには違う世界に来たような感覚のようだ。ここからはマリア[ CV:南條愛乃 ]の出番!人との接し方、仲良くなり方に関してはマリアの方がカナンよりも数段上、なにより図々しいからね(笑)。今のカナンの心を解きほぐせるのはマリアしかいない!

ストーリーは徐々にウーア・ウイルスに接近。「消えた村」の存在と実は深い関わりのあることが分かったサンタナ[ CV:平田広明 ]ハッコー[ CV:能登麻美子 ]が何故サンタナと行動を共にしているのかはよく分からない。さらにハッコーはカナンの事を知っているみたいな様子。

個人的にはハッコーとカナンが一悶着あり、御法川[ CV:浜田賢二 ]が駆けつけたときも、おそらく車中で爆睡していたであろうマリアの姿を想像して思わず笑いが。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANAAN(第7話)

いろいろなところで時間との戦いがあり、実にスリリングな展開で手に汗握った。中でもクローズアップされていたウーアウイルスの感染とワクチン、そして爆弾投下までの合衆国の動き。そして何を考えているのかさっぱり分からないアルファルド[ CV:沢城みゆき ]の思惑。アルファルドは単にウーアウイルスの力を見せつけたかったのか?それとも自分たちの力を誇示することで、何か先に見ている物があるのか?単にシャム[ CV:大塚明夫 ]に対する恨みって事はないよな、さすがに。

そしてもう1つの戦いはもちろんマリア[ CV:南條愛乃 ]を救出に来たカナン[ CV:沢城みゆき ]。ココで普通のアニメなら「大統領救出!」みたいな任務を背負ってくるわけですが、カナンの場合はマリア以外眼中無し。共感覚の見せ方にも迫力があって、今回はカナンはより一層格好良かった。どうやら能力の使いすぎでちょっと危ない感じもしたけど。

そして会場からは遠かった物の、新たにウーアウイルスへの何らかの関与が発覚したサンタナ[ CV:平田広明 ]。となるとハッコー[ CV:能登麻美子 ]の「アザ」がウーアウイルスによるものと知っているわけで、こいつも何かを隠している訳か。ウーアウイルスを中心にして、散らばっていた登場人物が徐々に集合しつつあるね。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANAAN(第6話)

ハッコー[ CV:能登麻美子 ]のボナー能力炸裂!戦場となった故郷の記憶、戦争の辛い経験が彼女を無口にしてしまったのかな?と思わせておいて、その強烈な言葉の能力が故に、言葉を自主的に発していなかったとは。ハッコー自信も自分の能力は分かっていて、可能性としてはその能力が故に追われていることも否定できないぞ。ユンユン[ CV:戸松遙 ]同様、次々と重要キャラがストーリーに参戦してきて、段々と深くなってきた感じ。

一方でマリア[ CV:南條愛乃 ]はまたもや捕まり、カナン[ CV:沢城みゆき ]をおびき寄せる餌にされる始末。リャン・チー[ CV:田中理恵 ]が「触覚女!」と呼んでいたのには、思わず笑いが。

リャン・チーはアルファルド[ CV:坂本真綾 ]への愛という歪んだ動機、個人の欲望で動いていた。それはシャム[ CV:大塚明夫 ]がアルファルドに言っていた「個人の欲望で動いたら終わり」というその姿、まさにそのものだ。最終的に感情が爆発して暴走しそうな気配のあるリャン・チーは、アルファルドにもカナンにも、そしてマリアにも危険な人物になりそう。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CANAAN(第5話)

090802canaan

OP買いました。ジャケットイラストのポストカード付きです。

重い展開が多くなりそうなCANAANの中のムードメーカー的存在かと思っていたユンユン[ CV:戸松遙 ]。その側面も引き続き持ってるんだろうけど、結構重要な位置づけだったな。マリア[ CV:南條愛乃 ]を思わず助けて素敵な自宅にご招待。かと思えば「ボナー」としてアルファルド[ CV:坂本真綾 ]の片棒をかつがされる。非常に微妙な立ち位置。

何が微妙かと言えば、間違えなくマリアと仲良くなってしまったことだな。マリアの仲良しオーラに取り込まれしまったら、そう簡単にマリアを裏切れない。そうなるとカナン[ CV:沢城みゆき ]とも仲良くしないとマリアが・・。一方でリャン・チー[ CV:田中理恵 ]からは「コマ」としか扱われていない。薬が必要が故のようだけど、リャン・チーには頭が上がらない。

アルファルドとカナン、そしてマリア中心のストーリーは変わらないんだけど、このユンユンの存在は間違えなくポイントの1つになってくるだろうな。

(※8/3追記:第3回の「マリアとユンユンの上海飯店で会いましょう」で映画化がさりげなく発表されました。実写?アニメ?となるとこのアニメも完結しないのかな?続報が楽しみ。)

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (3)

CANAAN(第4話)

3話の感想で「カナン[ CV:沢城みゆき ]の共感覚はウーア・ウイルスの影響か?」と予想したけれど、4話で描かれた過去のエピソードを見ているとそうでもないのかも?最初からカナンが共感覚を備えていた様子も伺えるし、もしかすると戦場でウイルスが使われたのかもしれない。カナンの力の源はまだ分からないまま。

そのカナンにとって家族も同然だったシャム[ CV:大塚明夫 ]とシャムを殺したアルファルド[ CV:坂本真綾 ]。今のカナンの行動の源、こと「蛇」に対する対抗心はこの出来事が大きなきっかけとなっているようだ。恨みから行動することの危うさをシャムから伝えられていたはずなのに、マリア[ CV:南條愛乃 ]との関係に距離ができてしまうことの恐れから、感情的な行動に突っ走る。

このカナンの行動は非常に人間的だ。マリアのカナンは普通の女の子!という思いこみは、彼女の強い願望であったにすぎない。感情表現という意味では未熟さを感じるカナン、一方で自分の感情にストレートで一直線なマリア。この二人の出会い、そして結びつきは運命的な物に思う。すれ違った二人がどうやって距離を縮めるのか、なにより今起こっている「蛇」との戦いがどう収束を迎えるのか。今後のストーリーに大きな期待を抱かせる第二のプロローグといったところか。

さて、この4話は再び国内制作に戻りました。作画監督に堀内博之氏を迎えるという強力な体制のもと、P.A.WORKSの原画・動画スタッフとBEE TRAINProduction I.Gといった普段はP.A.WORKSが制作に携わる大手制作会社の力も借りて、相変わらずの超絶クオリティを見せつける。こういう真面目にアニメーションを制作している会社は絶対に評価されるべきだし、相応の対価を得て欲しいものだ。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

| | コメント (0) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation