ファントム

ファントム:最終話(第26話)

▼最終話
今の自分の人格を作り上げたサイス[ CV:千葉一伸 ]に対して引き金を引いた江漣[ CV:高垣彩陽 ]。失われた記憶を全て取り戻すことはできなかったけど、故郷であるモンゴルの地にたどり着いた。そしてこれからは玲二[ CV:入野自由 ]と共に生きていける・・。ようやく江漣の前に見え始めた希望の光が一瞬で暗黒の闇と化すような最後の銃声。そんな・・・、そんな終わり方ってありなのか?陰鬱な世界観と絶望的な境遇からスタートしたファントム、最後までその世界観が変わることはなく、それでも続く江漣の人生。何とも重苦しいエンディングとなった。

▼真下監督とニトロプラス
ニトロプラスのゲーム原作を真下監督がアニメ化。カオスヘッドを見ても分かるように元々シナリオのクオリティが高いと想像されるニトロプラスのゲームと、オリジナル作品で評価を高めた真下監督。この組み合わせって果たしてどうなっちゃうの?水と油にならない?という心配は少なからずあった。原作ゲームを未プレイなのでシナリオにどこまでオリジナリティを入れてきたのか定かではないけれど、少なくとも1つの作品としてシナリオと演出、絵のイメージはギュッとまとまっていて、俺の心配は杞憂に終わったことは分かった。ある1日の出来事をじっくり描いたかと思えば、急に数ヶ月の時間が経っているような時間変化の激しさには、少々面食らうこともあったけど、おそらく元々のシナリオのボリュームは相当な物だったんだろう。それを江漣と玲二、そしてサイスやキャル[ CV:沢城みゆき ]美緒[ CV:小清水亜美 ]の心情を上手く入れながら完成させた。

▼自然とスライドする視点
この作品、「あの人は本当はどう思っているの?」という点が、世界観への没入度を深めてくれるポイントだったと思う。前半は江漣に振り回される玲二になって「江漣の心にはサイスしかいないのか?」という疑念を共有。中盤では第三者的な視点から、「玲二はキャルをどうしたいと思っているのか?」という不安にも似た感覚。そして後半は玲二と江漣とキャル、それぞれが何を思い、どういう行動を選択するのかを手に汗握りながら見守る。対象が段々とスライドしていくにもかかわらず、自然とストーリーと共に感情がそちらへ向いていく。説明的なセリフやシーンはほとんど無いこの作品で、これが自然にできていたということは、それだけシナリオも演出も登場人物の描き方も、全ての方向性がしっかり同じ方向を向いていて、そしてクオリティが高かったことの証明だと思う。

▼ハイクオリティな絵を作り出す制作体制
アニメーション制作はBee Train。動画は前半数話にP.A.WORKSが参加し、以降はMSJ武蔵野と杭州飛龍の2つの海外動画請負会社へ一貫して出す体制。これがこの作品のクオリティを維持する上で大きな貢献をしていたと思う。背景の小物、車とかのモデリングされた3DCGと手書きの時の差が激しすぎるシーンが多々あったけど、それ以外のアクションシーンとか人物の作画、動画についてはテレビアニメとしては満点と言っても良いでしょう。特に江漣とか玲二は無表情な事が多くて、それが逆に意志の強さを感じさせることもあったし、何を考えているのか分からない怖さを感じることもあった。26話2クールをとおして非常に高いクオリティを維持。絵は文句なしのレベルです。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ファントム(第25話)

玲二[ CV:入野自由 ]、ついにキャル[ CV:沢城みゆき ]との決着を付けてしまったか。こればかりはサイス[ CV:千葉一伸 ]のせいだけにも出来ない。キャルの問題はやはり玲二が決着を付けなければならない問題だった。でもこういう選択肢、こういう結末しかあり得なかったのか。玲二がキャルを殺し屋として育てると言い出した時から悲劇的な結末は予想できたとは言え、あまりにもやりきれない結末。

そして玲二は江漣[ CV:高垣彩陽 ]との約束を守るため、サイスとの最終決戦に挑むのでした。となると美緒[ CV:小清水亜美 ]は待ちぼうけになってしまうのか?いや、美緒の行動力を考えると、平気で追っかけてきそうな気もするが。とにもかくにも、まずは玲二にサイスとの決着を付けてもらうか。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ファントム(第24話)

キャル[ CV:沢城みゆき ]江漣[ CV:高垣彩陽 ]の対決が近い。しかし、この状況を作りだした元凶のサイス[ CV:千葉一伸 ]自身は既にこの二人には興味がない。死と絶望のみをもたらすという殺人兵器と化した少女を作り出すという目的が、どうやら達せられる間近のようだ。

美緒[ CV:小清水亜美 ]を幽閉しながら、玲二[ CV:入野自由 ]の名前を呼んで流す涙。それでももう玲二の元へ戻ることが出来ない悲しみ。玲二がキャルを弟子として育てると決めたとき、悲しい結末が待っていることは予想できたけれど、まさかここまでとは。江漣とキャル、どちらかを選ぶことが玲二にできるのか。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファントム(第23話)

リズィ[ CV:渡辺明乃 ]キャル[ CV:沢城みゆき ]に殺された。悪人のはずなのに、意外と人情深いところを見せてくれていたリズィの存在は、今までいろいろなところで 重要だったはず。いわば緩衝材の役割を果たしていたんじゃないかと。

そのリズィがいなくなってしまったことで、玲二[ CV:入野自由 ]とキャル、そしてサイス[ CV:千葉一伸 ]が直接ぶつかる状態になってしまいそう。その結果、キャルがどういう行動に出てしまうのか。組織を裏切り、完全に玲二への私怨で動き出したキャル。玲二にかまって欲しいという本心も見え隠れするが、美緒[ CV:小清水亜美 ]が再び彼女を変えてくれる可能性も感じる。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファントム(第22話)

リズィ[ CV:渡辺明乃 ]キャル[ CV:沢城みゆき ]に対する不安。「焦燥感」。この言葉が確かに今のキャルにはピッタリ。結局、キャルも本当は玲二[ CV:入野自由 ]に助けて欲しかったんだ。既にどうしようもないところまで突き進んでいるキャル、もし玲二と江漣[ CV:高垣彩陽 ]を殺したとして、その後はどう生きるつもりだったのか?

玲二と江漣というターゲットであり、玲二という唯一の心のよりどころが無くなってしまったら、きっとキャルは抜け殻のようになってしまうんだろうなぁ・・。それを分かってキャルを利用しているサイス[ CV:千葉一伸 ]。最終回までには悲惨な末路を用意して置いて欲しいです。是非。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファントム(第21話)

まずは玲二[ CV:入野自由 ]の周りの人間から。それがキャル[ CV:沢城みゆき ]の狙いのようだ。サイス[ CV:千葉一伸 ]が「何もしていない」というキャル。それはつまり、一番恐ろしいのは人間の持つピュアな憎悪の感情、ということになる。

でも、そんな純粋な感情を持つことが出来るキャルだからこそ、まだ救われる可能性がある気がするんだけど。ダメかな?やっぱり玲二、江漣[ CV:高垣彩陽 ]、キャルの3人ともにむなしい結末を迎えてしまうんだろうか。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファントム(第20話)

2年でそこまで成長するんですか!公園で赤いバイクから銃撃された瞬間、「まさか、キャル[ CV:沢城みゆき ]?でもあの胸は違うか・・」とその線は切ったはずなのに。新しくなったOPの金髪長髪のおねーちゃんは誰?と思ってたんだけど、あのキャルが・・。というか年齢設定どーなってんの?(笑)

玲二[ CV:入野自由 ](今週からEDテロップが漢字になったので。)が高3で18才として、2年前が16才。そのとき、キャルの年齢は良くわかんなかったけど、俺はてっきり12才くらいかと思った。しかしどう見てもバイクを乗りこなす今のキャルは20才前後に見えるよなぁ。これもサイス[ CV:千葉一伸 ]の仕組んだ「何か」なのか・・。

とにかく全てが急激に方向を変えて、状況を理解するのがようやくの20話。梧桐[ CV:志村和幸 ]の回想だけの登場かと思っていた娘の美緒[ CV:小清水亜美 ]がストーリー上、ここまで重要なキャラになるとは。ゲストにしてはデザインがしっかり起こしてあるので、記憶に残っていたあの子がねぇ。

ひとまずキャルの狙いは玲二じゃなくて江漣[ CV:高垣彩陽 ](エレンも漢字で。)なのかな?きな臭い雰囲気は少し落ち着いた一方で、あのキャルがこんなになってしまうなんて・・。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファントム(第19話)

レイジ[ CV:入野自由 ]キャル[ CV:沢城みゆき ]の関係に重きをおいた総集編。最後の数分が今後のストーリーの方向を暗示する重要な新作カット。

やはりというべきか、暗躍するサイス[ CV:千葉一伸 ]はキャルの存在に目をつけていた。あの爆発にキャルが巻き込まれていなかったのは、予想どおりとはいえ安堵。それでもそこにレイジが帰ってくることはなく、現れたのはサイス。

キャルがサイスの「レイジは裏切った」という言葉を単純に信じるんだろうか?それでも今のキャルの精神状態を考えると、おそらくサイスの言っていることの真偽は重要じゃなくて、もう一度レイジに会いたいという想いが強いに違いない。そのレイジはエレン[ CV:高垣彩陽 ]と共にメキシコへ・・。悲劇的な結末の雰囲気を感じずにはいられない。なんとか回避を・・。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ファントム(第18話)

エレン[ CV:高垣彩陽 ]が再びファントムとして生きることを選んだ理由は、サイス[ CV:千葉一伸 ]の存在ではなかった!インフェルノの中で生き続けるレイジ[ CV:入野自由 ]、そのレイジに教えられた生きることの意味を抱き続けて。レイジとエレンの再会でいったいどうなってしまうのかと心配していたけれど、拍子抜けするほどあっさりとレイジの元にエレンが戻ってきた。

一方でレイジが勝手に死んだと決めつけてしまったキャル[ CV:沢城みゆき ]の存在が気になる。そう、サイスはレイジに元にエレンを送り込めば戻ってこないことをある程度予想していたと思う。そこに敢えてエレンを送り込み、サイスの言う「完全体」のファントムをこの二人の元に送り込む・・。そんな企みをサイスが持っていたとすると、そこに送り込まれるのはキャルってことになりはしないのか。

レイジを慕い、レイジに着いていくことを誓っていたキャル。強い愛情ほど裏切られたときに大きな憎しみに変わる。決してレイジは意図的にキャルを見捨てたわけではないけれど、キャルがどう理解しているのかは別。それをあざとくサイスは利用してきそう。とにかくむかつくヤツだ。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ファントム(第17話)

サイス[ CV:千葉一伸 ]とインフェルノ、そしてクロウディア[ CV:久川綾 ]、さらにはレイジ[ CV:入野自由 ]。いろいろな人や組織の思惑が乱れ飛び、ファントム対サイスという単純な構図に思われた作品の世界観は混沌の様相をていしてきた。その混沌の中心がやはりサイスであることは間違えなさそう。

何よりレイジを大きく混乱させたのはエレン[ CV:高垣彩陽 ]との再会。まるでレイジの混乱を見透かしたように「過去も昔もアイン」と言い切ったエレン。そして部屋の爆破で消息不明のキャル[ CV:沢城みゆき ]。こうなってくると果たして何がレイジにとって正解だったのか、なるべくして人の道を外れてしまった運命なのか、俺にもどうしたら良かったのにと言うことすらできないくらいにレイジの困惑と狼狽を感じ取れる。どうするんだ、レイジ。

ところで、いつ突っ込もうかと思いつつ流していたレイジの愛車、アルファ159。3DCGで緻密にモデリングされた159が登場するシーンと、手書きの原画と思われる159”風”の物体が登場するシーンでクオリティの差がありすぎる。というか手書きのシーン、159と言うにはムリがありすぎるシーンが多すぎ。さすがにちょっと白けるんですけど。銃にはこだわるけど車は適当ってことでしょうか。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (4)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation