クロスゲーム

クロスゲーム(最終話:第50話)

▼最終話
47話、ピッチング練習をする[ CV:入野自由 ]青葉[ CV:戸松遙 ]。光が嘘と宣言して誓った内容は3つ。160km投げる、甲子園に行く、そして青葉が好き―。光がホームランを打った瞬間、甲子園出場を決めた瞬間。青葉はどんな表情なんだ?それに対する答えは無かった。最大の見せ場の1つを想像に委ねるという何とも絶妙な演出。ここまで積み上げてきた青葉と光の関係、そして若葉[ CV:神田朱美 ]あかね[ CV:神田朱美 ]の存在があってこそ、成立する演出だったと思う。人前ではばかることなく、光の胸で泣く青葉の姿を見て、肩の力がスッと抜けたような安心感。最後の喫茶店での一コマも、クロスゲームらしい小技の効いた展開。

▼あだち充作品
俺の中で「タッチ」という作品の影響力は相当に大きい。初めて見たのは日テレで夏休みに再放送していた頃だけれど、達也と和也、そして南という3人の登場人物の恋物語に夢中になった。単にストーリーが面白いだけじゃなくて、達也の言葉の使い方とか試合の演出とか、野球に興味がない俺でものめり込める分かりやすい面白さがあった。そして今回のクロスゲームのアニメ化。原作は未読だったため、ストーリーや登場人物に対しては何の先入観も持たずに見ることが出来た。そしてタッチの時代から変わることのない、相変わらずのこの見せ方。間の使い方。思わせぶりな光の言葉。既に1話の時点で「俺が待ってたのはこれだ!」と断言できるクオリティ。最終話と原作の終了したタイミングから考えると、アニメのエンディングはオリジナルなのかもしれない。それでもあだち充作品の雰囲気を壊すことなく、甲子園での星秀の活躍を想像に委ね、光と青葉の関係が1つ上のステップに上ったところまでを描ききった。原作とアニメオリジナルストーリーの融合が見事に成り立っていたと思う。最終巻の17巻が発売されたら、全巻買ってみようかな。

▼光と青葉
ストーリーの中心は野球と恋愛。だけどやっぱり俺の中では後者をイチオシしておきたい。光はまだ若葉のことが好きなんだろうか?青葉は光の事を好きっぽいけど、どうなの?そんなもどかしい二人の関係が、一歩進んだように見えてはまた少し戻る。何度も言っているけれど、やっぱりお互いの言葉や態度という微妙な距離感を巧みな演出で表現しているところが、この作品の素晴らしいところだ。光は直接的に物を言わないけれど、なんとなくそれを醸し出す。青葉の態度はかなりぶっきらぼうに見えるけれど、周りの人から見ればそれは光だけに見せる青葉の素の部分だったりする。そんな様々な要素を少しずつ少しずつ積み上げて、そして最後には・・・やっぱり青葉はちょっとツンデレ(笑)。好き!って気持ちがストレートに決して前に出てこないのに、恋愛ストーリーが成立してしまうこの構成。実に見事だ。

▼原作に忠実な作画
1年50話の長きにわたって、かなり安定した作画を見せてくれたSynergy SP。グロス請けの回も結構多かったけど、比較的クオリティコントロールが出来ていたと思う。ちなみに、グロスの回は耳が必要以上に大きいのですぐ分かる。H2のアニメ化ではそのキャラデザにがっかりさせられた経験があっただけに、今回のこのクオリティと原作再現度の高さには大満足。野球のシーンも必要十分な作画で、ピッチングとかバッティングの動き・フォームもそれほど不自然さは無かった。素晴らしいストーリーをもり立てる素晴らしい作画だった。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第49話)

[ CV:入野自由 ]が打席に入るまでの数々の演出で、何となく予感があった。試合を決めるのはやっぱり光なんじゃないか、と。そして光の打席。座席にボールが当たる。ここで49話は終了。でもこれはファールじゃないと思う。おそらく光の試合を決める可能性があるホームラン!

投手戦の様相がますます濃くなってきた試合終盤。光のボールは未だ160kmには届かず。されど試合は星秀優勢で最後のバッター。こんなにあっさり試合が決まってしまうのか?そんな疑問と共に、これで試合を終わらせて星秀を甲子園へ!という気持ちも。延長戦に突入することが決まった瞬間、この試合が続く事への喜びとガッカリが同時にやってくる。この緊張感、たまらん・・・。

そして次週50話。1年にわたって続いてきたクロスゲームも遂に完結か。おそらく原作とは違うエンディングが用意されているんだと思う。ここまでの演出を見ていると、もしかすると星秀が勝たない可能性もまだ残されているんじゃないか。そんな不安さえ感じさせる全く予想できない展開。たぶんあだち充作品が好きな人ほど、随所にちりばめられた無数の「言葉」を深読みしてしまうんじゃないだろうか。そして光と青葉[ CV:戸松遙 ]。こちらにも何らかの決着が着くはず。

結末が見たいと同時に、終わってしまう事への残念な気持ちが入り交じった複雑な思いだ。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第48話)

4クールに渡って放送が続いたクロスゲームもいよいよフィナーレ間近。50話が最終話と確定しました。となれば、この星秀と竜旺の地区予選決勝が、この作品のピークでありクライマックス。

予想された展開とは言え、案の定この2高の対戦は息詰まる投手戦に。最初からガンガン飛ばしている[ CV:入野自由 ]のピッチングを見れば、この試合で何を狙っているかすぐに分かる。たぶん160km。本気で光は狙ってると思う。もちろん、買って甲子園に行くことは当然としてね。

そしてそれは次回予告で何となく明らかにされる。青葉[ CV:戸松遙 ]の「160kmを投げると(光が)約束してくれた」という言葉だ。これはおそらく、47話で途中で終わってしまった、光と青葉の会話の続きでかわされた言葉じゃないかな。

光が160kmのボールを投げると言うことは、青葉が小さい頃から口にしていた「160km投げられる人が好き」という言葉に当然繋がってくる。そしてストーリーはおそらくそういう方向に向かい出すんだと思う。あと2話、そこに詰まってるあだち充の世界観を存分に楽しみたい。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第47話)

[ CV:入野自由 ]青葉[ CV:戸松遙 ]のピッチング練習。「じゃあ、私とは?」と聞いた青葉に光が「嘘ついても良いか?」と応える。46話の気になる次回予告の真実がここに。青葉が真剣な表情をして光に向き合ったシーン、思わず手をギュッと握ってしまうくらい力が入る。

少なくともこの47話で、その内容は明かされなかった。ただ、「光は嘘を付くのが上手い」という話題をこの47話では序盤から引っ張り、そしてこのシーンを迎えた。光が言った「嘘ついても良いか?」という言葉自体が嘘ってことか?それともその後の青葉への応えが嘘なのか?

たぶん青葉はそれを分かっていたに違いないんだけれど、内容が分からないだけにもどかしいと同時に、最終話に向けてこの二人、そしてあかね[ CV:神田朱美 ]との関係がどうなってしまうのか、全く答えが見えない。どうなっちゃうんだろ。

それでも光と紅葉[ CV:下屋則子 ]のちょっとした勘違いから、いよいよ甲子園をかけた竜旺との決勝戦が始まる!しばらくは野球に集中だな。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クロスゲーム(第46話)

先週のサンデーで原作が連載終了を向かえたようです。原作は未読なので状況は全く分からないけれど、おそらくアニメは3月末、竜旺との決勝戦を最後にストーリーが完結するように構成してあるんじゃないでしょうか。とは言え、原作が終わったことでもう2クールくらいの延長があってもおかしくないので、そこはテレ東の英断に期待しつつ。

今回は西倉との準決勝だけど、野球の方は今の[ CV:入野自由 ]と互角に戦えるチームなんて竜旺以外にあり得ないと思うので、ここまでは安心して見ていられる。8回表に一挙6点。しかも画面的にには今までの押さえ込まれていた演出と何も変わらず。いや~、相変わらず上手い見せ方してくるな。

そして野球が危なげないとなれば、気になるのは光とあかね[ CV:神田朱美 ]、そして青葉[ CV:戸松遙 ]の関係。あかねの手術はうまくいくと思うんだけれど、なにせあだち充原作なので、何が起こるかは分からない。そして気になる次回予告。もし光と青葉の会話がそのまま一連の物であれば、光が言った「青葉を二度も泣かせない」と言った言葉は「青葉の方が好き」という意味に取れるけど・・。

おそらく違う場面のセリフをいくつかつなげてるんだろうな。今までずっとそういう次回予告の作りだったし。いや~、ホントにどうなっちゃんでしょう。来週はお休みです。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第45話)

予選を勝ち進む星秀。それと時を同じくして入院してしまうあかね[ CV:神田朱美 ]。病院の窓から夏の空を眺める光景。何かいやな気配もしてしまいますが、まさかね?大丈夫だよね?

その星秀の快進撃をもたらしている大きな要因は、間違えなく[ CV:入野自由 ]のピッチング。156kmのボールって、野球素人の俺が見ても分かるくらいにとんでもない数字。まだ高校生ですよ?青葉[ CV:戸松遙 ]の好きなタイプ「160kmのボールを投げる人」まであと少しじゃないか。

青葉ももちろんそれに気づいていたわけだけど、あのとき青葉はどういうつもりでそう答えたんだろうか。そんな球を投げられる人が自分の周りにいるわけがないと思っていた?それとも光に期待していた?おそらく後者はないよなぁ。となると、もしも光が160kmのボールを投げてしまったら、青葉の気持ちはどう動くんだろうか。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第44話)【修正あり^-^;】

星秀と瀬名の2回戦は、[ CV:入野自由 ]三木[ CV:宮崎寛務 ]の息詰まる投手戦!光と三木はまったくタイプの違うピッチャーだったけれど、最後までどっちに軍配が上がる分からない位の緊張感。決して動きは派手じゃないし、必要以上の時間の使い方をしないにもかかわらず、これだけ試合の緊迫した雰囲気が伝わってくるのが凄い。

そして、明らかに変わってきているのは青葉[ CV:戸松遙 ]だと思うんだよね。光が段々と若葉[ CV:神田朱美 ]の描いていた理想に近づいていくに従って、自分は星秀の野球部で何をして行けばいいのか。光をどういう対象として見ていけばいいのか。そんな風に考え出してもおかしくない。

10020701【後日追記】初稿における「三谷」の件は自分の理解不足でした。三木(瀬名)も三谷(星秀)も宮崎寛務さんが声を当てているため、テロップでは三谷のキャストが優先され、三木はテロップに名を連ねていなかったというのが真実でした・・・。お詫びいたします。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第43話)

いよいよ夏の甲子園、予選が始まった!初戦ともなると少しは苦戦するかと思ったんだけど、思えば[ CV:入野自由 ]ももう3年生か。無難にコールドゲーム、無失点。となれば、やはり青葉[ CV:戸松遙 ]とのデートの約束がポイントだ。

正確にはデートの約束をしたわけじゃない。これが毎回ニンマリしてしまうあだち充作品の「言葉遊び」の真骨頂。もし光が「10奪三振でデート」と言っていたら、青葉はデートに応じていた気がする。でも光がそんなこと言うわけない。光や青葉の確立されたキャラクター性も面白いし、二人の間に流れる独特の、そして長年をかけて気づいてきた信頼関係が垣間見えるところが、実に面白い。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第42話)

そうか、青葉[ CV:戸松遙 ]は日本代表じゃなくて、星秀で甲子園を目指す道を選んだか。俺には、青葉の中に日本代表で投げるという選択肢がまだ残っていると思っていた。いや、たぶん選択肢として残ってはいたんだと思う。だけど、今の青葉が選んだのは甲子園。

その理由がなんだったのか。若葉[ CV:神田朱美 ]との約束なのか、[ CV:櫻井孝宏 ]が気になっているのか。やっぱり一番の理由は[ CV:入野自由 ]なんじゃないか。

何となく俺の希望的観測も含まれてるけれど、青葉にとっては「光が甲子園のマウンドで160kのボールを投げる」瞬間を見届けることが、最大の目的になっているような気がする。青葉の言葉や行動には、常に若葉の存在を意識していることを感じさせる。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第41話)

6月か。いよいよだ。甲子園に向けた夏の予選。相変わらず間の作り方、間を使った場面の繋ぎ方が上手い。実際はどうだか分からないけれど、[ CV:入野自由 ]の心の中では勝負への意気込みが高まってるんじゃないだろうか。それと同時にあかね[ CV:神田朱美 ]青葉[ CV:戸松遙 ]との関係も・・・。どうなんだろう。

今回はそんな甲子園に向けた高揚感もさることながら、誕生日と脚立絡みの掛け合いが実に面白かった。このあたりの絶妙さ。たまらん。そんな内容ながら、41話にして作画クオリティが少々残念な事に。年末進行の影響だろうか。あだち充作品の雰囲気は作画クオリティも含めての物だから、この先は挽回して欲しい。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation