アスラクライン

WHITE ALBUM2(第7話)

OPは雪菜[ CV:米澤円 ]の唄う「届かない恋」をオーバーラップしてくるとばかり思っていたのに、本編でもSound of Destinyを唄ったところで音楽室の方に場面転換してしまった。一番聞きたい、そして見たい場面だったのに何故なのか?たぶん理由があるんだと思う。

雪菜が春希[ CV:水島大宙 ]に自分の気持ちを告げ、そして春希がそれに応える意味でキスをしてしまった。してしまった、という表現にしたのには意味がある。雪菜と春希、そして冬馬[ CV:生天目仁美 ]の関係が"友だち"でいられなくなった瞬間だから。

冬馬は雪菜に「恋なんてしたことない!」と言っていた。だけどこれをきっかけに雪菜と春希の関係が友だち以上になることは確実。それを遠目で部外者としてみることが、果たして冬馬には耐えられるんだろうか?冬馬だって、もう春希のいない生活は想像できないレベルで春希の事が好きなはずだ。

WHITE ALBUM2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトルバスターズ!(第10話)

西園美魚[ CV:巽悠衣子 ]。今どきのゲームやラノベではあまりお目にかかれない、正統派の病弱ワケあり少女ってイメージなんだけど、実はちょっと天然入ってる?おむすびとおにぎりの説明で真面目な顔しで困ってる美魚が、そのイメージとズレてて笑っちゃったよ。

しかし日傘を差してる割には、普通に顔に日が当たってるし、特にあの傘に何か意味がある訳じゃないのか?だとすると、「無くなった本」もそうなんだけど、彼女の"物"に対するこだわりが、今の彼女の性格に何か関係があるんじゃないかって気がするけど。

それにしても、理樹[ CV:堀江由衣 ]は、こういう影のある女の子とのエンカウント率が、ま~実に高い(笑)。彼女が活発に野球をする姿はちょっと想像出来ないけど、それでも今のボッチな状況は、もしかしたら理樹と一緒ならなんとかなりそうな気がする。

リトルバスターズ!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアントキリング(第22話)

ハーフタイムのロッカールーム。前半終わって2-0、しかも完全に崩されての2失点に対してETUは終了間際の世良[ CV:川野剛稔 ]のシュート1本のみ。そりゃ雰囲気も悪くなる。だけどこの大阪戦、どうやらまだETUのイレブンは死んでないようだ。黒田[ CV:伊藤健太郎 ]の怒りは、自らのプレーに対する怒りでもあり、それが杉江[ CV:桐井大介 ]にも伝わった。

後半開始早々のDF陣のプレー。対大阪戦ということもあり、さらには窪田[ CV:山中真尋 ]という独特のリズムでボールタッチする選手がいたこともあり、前半は必要以上に相手を怖がっていた。確かに後半も攻め込まれる展開が続く可能性はあるけれど、その弾き返したボールをスピードのあるカウンターにつなげられれば、一気にETUのチャンスになる。その可能性が生まれるためにも、黒田&杉江のCBコンビが息を吹き返したのは頼もしい。

となれば、後はFW陣。夏木[ CV:楠大典 ]と世良の2TOPを選択した達海[ CV:関智一 ]。前半は全く見せ場がなかった二人だけれど、後半は・・・どうやら夏木のプレーが鍵になりそう。復帰した当初はあんなに生き生きと、そして堂々とプレーしてたのになぁ。どうも今の夏木のプレーはスケールが小さいように見える。

ジャイアントキリング(@BShi) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(第11話)

ローマ人のアーイシャ[ CV:宮原永海 ]がしゃべっていた言葉。カナタ[ CV:金元寿子 ]が「ローマ語」と言っていたこの言葉、なんとなくドイツ語かな?と思って聞いていたけれど、なんせ何を言ってるのか全然分からない。途中で「ダンケ!」と言っていたので、あ~これはドイツ語なんだろうなと。ドイツ語が分かる人にとっては、ユミナ[ CV:福圓美里 ]が登場する前から、彼女の言っていた内容が分かっていたんだろうか。

アーイシャの保護と時を同じくして、1121小隊の前にヘルベチア軍のホプキンス[ CV:内田直哉 ]登場。明らかに過去に因縁がありそうなノエル[ CV:悠木碧 ]。アーイシャが進軍してきたローマ軍の斥候だったかどうか。彼女の言葉を信じるのであれば、カナタが目にしたあの「天使」を見に来たと言っているが・・。

フィリシア[ CV:遠藤綾 ]の戦場での過去、そしてリオ[ CV:小林ゆう ]との別れを通じて、急激に現実味を帯びてきたこの作品の中での戦争という言葉。この作品の大きなテーマでもあるはず。あまり直接的に描かれないストーリーのおかげで少々わかりにくさがぬぐえないここまでの内容。伏線もたくさん張られていたと思うし、最終話でどこまでスッキリさせてくれるかな。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キディ・ガーランド(第22話)

21話を見終わった後には、リトゥーシャ[ CV:今野宏美 ]あたりからGソサエティが内部崩壊するんじゃないかと思っていたけど、意外にもリュビス[ CV:斎藤楓子 ]から地盤沈下が始まった。それでも家族を心配して泣きじゃくるリトゥーシャを見ていると、やっぱりこの子はGソサエティにいてはいけないと思った。たぶんアスクール[ CV:内田彩 ]も同じ心境だったはずだ。

それでもガクトエル[ CV:日野聡 ]は全く動じず。結局内部崩壊どころか、時間が凍り付いた空間はふたたび動き出す。そしてエクレール[ CV:永田亮子 ]リュミエール[ CV:平野綾 ]が復活!あれ、イヴェール[ CV:水橋かおり ]ゾマ[ CV:瀧澤樹 ]がエクレール&リュミエール説は?(笑)

これでガクトエルについて行ったごくわずかなメンバーとESメンバー+シャドウワーカーの構図になり、一気にガクトエル自身は追い込まれた。追い込まれたが故に、何をしでかすのか分からない状態という訳か。エクレールとリュミエールが戻ってきたので、登場人物が一気に増加。さて、ストーリーをどうまとめてくるのか。なかなか面白くなってきてると思うので、楽しみだ。

キディ・ガーランド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ひだまりスケッチ×☆☆☆(第9話)

そこは確かにひだまり荘なんだけど、見たことない人が二人。舞台はゆの[ CV:阿澄佳奈 ]宮子[ CV:水橋かおり ]がやまぶき高校に入学するちょっと前。そしてこの二人は、みさとセンパイ[ CV:小清水亜美 ]リリさん[ CV:白石涼子 ]

なんだろう、初めて見たはずなのにこの違和感の無い光景は。まるでゆのと宮子を見るヒロ[ CV:後藤邑子 ]沙英[ CV:新谷良子 ]にようなみさとセンパイとリリさん。そうか、これがずっとずっと続いてきているひだまり荘の日常なんだな~。思わずしんみり。

Bパートはゆのが珍しく大暴れ(笑)。なずな[ CV:小見川千明 ]お勧めの手のツボは、眠いときに押すと良いって聞いたこともあるような気がするんだけれど。俺の勘違い?仕事中とか頑張って押してるのに。

ひだまりスケッチ×☆☆☆(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:SHAFT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム(第43話)

いよいよ夏の甲子園、予選が始まった!初戦ともなると少しは苦戦するかと思ったんだけど、思えば[ CV:入野自由 ]ももう3年生か。無難にコールドゲーム、無失点。となれば、やはり青葉[ CV:戸松遙 ]とのデートの約束がポイントだ。

正確にはデートの約束をしたわけじゃない。これが毎回ニンマリしてしまうあだち充作品の「言葉遊び」の真骨頂。もし光が「10奪三振でデート」と言っていたら、青葉はデートに応じていた気がする。でも光がそんなこと言うわけない。光や青葉の確立されたキャラクター性も面白いし、二人の間に流れる独特の、そして長年をかけて気づいてきた信頼関係が垣間見えるところが、実に面白い。

クロスゲーム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:Synergy SP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン2:最終話(第26話)

▼最終話
操緒[ CV:戸松遙 ]には「ヘタレ童貞!」とか凄い暴言を食らってましたが、智春[ CV:入野自由 ]は頑張った。塔貴也[ CV:川田紳司 ]が最後には助かってしまうところが個人的には少々納得はいかないけれども、智春の目的が塔貴也を葬り去ることではなく、二巡目の世界の今と未来を救うことだったわけで、その中には当然のように塔貴也のこれからの人生も含まれていたんだろう。智春という主人公の性格を考えれば、ここまで大きな物を背負いながら身内と戦わなくてはならないという状況を、よく乗り越えたと褒めるべきかな。

▼2ndシーズンとして
1stシーズン終了から3ヶ月の間があり、基本的には1stを見ていない人はお断りな展開。だったら分けなくても良いのにと思いつつ、1stからの不安定な作画が少しでも解消されればと思っていた。そういう意味ではデザインの雰囲気が少々変わってしまったりで残念な面もあったかな。とにかく登場人物が多くて、中心はもちろん智春と操緒、そして[ CV:野中藍 ]なんだけど、それ以外にも洛高メンバーがたくさん登場するので、覚えるのはかなり大変だった。それでも2ndシーズンは1stに比べてすんなりと人の名前と顔、ストーリー上の立ち位置が入ってくるようになった。それだけストーリーの中身が濃くて面白かったということもあるし、それぞれの登場人物の描き方が上手かったんだと思う。

▼3DCGとの融合
2DCGである通常のアニメーションと、3DCGであるアスラマキーナの融合。一昔前のアニメでは2DCGと3DCGを同じ画面には出せなかった。そこから少し進むと同じ画面に登場するものの、明らかに違和感ありまくりの絵になっていた。最近ではこの性格の異なる2つのCGがいとも簡単に同じ画面に同居している。そして今作でも同様。そして3DCGの動かし方もだいぶこなれてきている気がする。最終話でのアスラマキーナの戦いはかなりの迫力があったし、それでいて見た目の不自然さも皆無。もちろんサンジゲンのCG制作の力量も考慮しないといけない。2DCG(通常のアニメ絵部分)の作画クオリティには少々注文を付けたいけど、3DCGは文句なしのレベルだと思います。

▼近年まれに見るハッピーエンド
最終話、主要な登場人物は全て助かり、それぞれに自分たちの生活を取り戻した様子が描かれていた。最近のアニメでは世情を反映してなのか、どうしても重い方へエンディングを持って行こうとする傾向があったと思う。俺は重い方の展開がかなり好きではあるんだけど、やっぱりたまには純粋なハッピーエンドも欲しいよね。アスラクライン2の終わり方はハッピーエンドと言って良かったと思う。操緒は再び人間としての身体を取り戻すことが出来たし、冬琉[ CV:甲斐田裕子 ]も消滅を免れた。朱浬[ CV:田中理恵 ](朱莉なのか?)も助かったし、[ CV:野中藍 ]も非在化の心配が当面なくなった。そうそう、アニア[ CV:矢作紗友里 ]も元通り縮んだしね(笑)。

アスラクライン2(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:セブン・アークス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン2(第25話)

二巡目の世界で朱浬[ CV:田中理恵 ]を演じていた紫浬[ CV:田中理恵 ]。暴走する塔貴也[ CV:川田紳司 ]に対して智春[ CV:入野自由 ]が怒りをぶつけた言葉。「過去があるから未来がある。過去を捨てた人に未来はない。」

紫浬の今までの苦しい胸の内は、この智春の言葉に全て凝縮してたんだろうな。もちろん紫浬だけじゃない。洛高の生徒会の面々は、みんなそれぞれに辛い過去を抱えて戦ってきた。過去を否定し、そして捨ててしまうような塔貴也の行動には賛同しない。智春がこれまで経験してきた出来事も含めて、それを納得させられるだけの過去を持っている。それを積み上げてきたのは1期からのストーリーとシリーズ構成。ここでようやくそれが花開いた。

非在化し始めた二巡目を止められるのか。圧倒的な力を持つ塔貴也に勝つ術はあるのか。そして智春、操緒[ CV:戸松遙 ][ CV:野中藍 ]の関係は。まだまだ最終話まで目が離せない要素がたくさん。

アスラクライン2(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:セブン・アークス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン2(第24話)

1巡目に戻ってきて智春[ CV:入野自由 ][ CV:野中藍 ]の契約完了か。これで智春がアスラクラインになったと同時に、奏の非在化の心配がようやく収まった。一応祝福しているらしい操緒[ CV:戸松遙 ]なんだけど、「最後は私の所に戻ってくるよ」と呟いていた。やっぱり操緒は智春に対する気持ちを諦めきれない、と考えるべきか。

そしてアニア[ CV:矢作紗友里 ]の見立てではあと数日大丈夫だったはずのブラックホールの暴走。塔貴也[ CV:川田紳司 ]の驚異的な能力が三巡目の扉を予想よりも相当早く開いてしまった。いよいよ最終決戦なのか。二巡目の世界の非在化を止めるには、やはり智春が三巡目の世界まで行かないとダメなのか?三巡目の世界がどんな世界なのかは、凄く見てみたいけど。

果たして三巡目の世界では、智春と操緒と奏はどんな関係なんだろうか。ここで操緒と智春が恋人同士だったりすると、これまだ操緒の感情が微妙な事になりやしないのか。そして三巡目の世界に今の智春が行くと、再び悪魔になってしまうわけで、つまり奏の非在化が再度進行する?そうすると奏は連れて行けないことになるけど、一度契約が成立しちゃえば大丈夫なのかな。

アスラクライン2(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:セブン・アークス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation