シャングリ・ラ

シャングリ・ラ:最終話(第24話)

▼最終話
結局、人に用意された理想郷=アトラスは國子[ CV:高橋美佳子 ]にとって窮屈な存在でしかなかったな。アトラスが機能しなくなり焼け野原となった東京。何もないからこそゼロから作り上げていける。それこそが國子にとって、そして残された多くの人にとっての理想郷、シャングリ・ラだったという結論。作中、正直俺にはリーダーとしてのカリスマ性を國子から多く感じる事はなかった。だけど何もなくなった東京をみて「これから」と國子が言ったとき、あぁこいつは器がでかいと初めて感じた瞬間だった。

▼國子は何故戦うのか
この作品、ストーリーの方向性は「正義対悪」の対決なんだけど、どうにも正義側に感情移入しにくい展開が続いた。もちろん正義側=メタルエイジなわけだけど、アトラスから見ればメタルエイジはテロ集団。原作をどこまでトレースできたかは分からないけど、メタルエイジがそこまで強固にアトラスに反抗する「理念」の部分までは、アニメでは描き切れてなかったと俺は思った。つまり対立構図となっている理由が分かりにくいが故、最大のポイントであった國子が戦う姿にも意味を見いだしにくかったということ。そして最後でようやくかいま見えた國子の器。これも途中まではイマイチ共感しづらかったことは否めない。

▼とにかく良く動く
原作イラストから比べても、國子を始めとしたキャラクターの多くは簡素なデザイン、より単調なラインにデザインされていたと思う。これはひとえに文章の中で縦横無尽に動き回る國子を、とにかく躍動的に画面一杯を使って動かしたい!という制作サイドの思惑があったと思う。現に色の塗りも含めて非常に単調なデザインで動きの少ないシーンではのっぺりした感じも。それが動きが出ると大きく変わる。重くて大きいブーメランが画面の奥から國子の力で目の前にドカーンと飛び出してくるような、そんな迫力が生まれる。時間と予算の制約が大きいテレビシリーズの中ではこっちに振って正解だと思う。

▼評価が難しい作品
作品としてのスケールも含めて、始まる前から期待していた作品の1つだったシャングリラ。終わってみてどうか?と聞かれると、なかなか難しい。モモコ[ CV:中田譲治 ]ミーコ[ CV:大塚芳忠 ]のようなネタキャラですら飲み込んでしまう世界観のスケールは凄いと思うし、アトラスにメタルエイジ、美邦[ CV:有賀由衣 ]様ご一行、さらには香凛[ CV:井口裕香 ]と様々な勢力が入り乱れるストーリーは実に緻密。その一方で特定の人物や組織に感情移入して見ることが難しいという側面もあったと思う。強烈な面白さは無いけど、かと言ってつまらないわけでもない。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第23話)

涼子[ CV:五十嵐怜 ]國子[ CV:高橋美佳子 ]の対決でいよいよクライマックスか。そういえばこの二人は1話からの因縁だったか。國子はこの23話の次回予告のように、一貫して「守りたい物」のために行動してきた印象だし、涼子に至っては終始完全な悪者。

國子が涼子を妥当したとして、果たしてその後のアトラスのあり方とか、焼き払ってしまった地上に住めるのか?とか、問題は山積なんだけど、きっと國子ならなんとかしてしまうんだろうな。ここまでキャラクターの行動とか位置づけはシナリオのボリュームが非常に多かったにもかかわらずしっかりした芯があったと思う。だからそんな気がする。どうせ何とかしちゃうんでしょ?という無関心ではなくて、何とかしてくれそう!という期待感を持たせるようなシナリオになると良いな。

ところで、今回は人物の表情の作画が特に気合い入ってました。元々動き重視で、比較的単純な線と塗りののっぺりした感じの絵が多かったんだけど、今回の國子や小夜子[ CV:石塚理恵 ]の表情は良かったです。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第22話)

涼子[ CV:五十嵐麗 ]は実質メデューサの暴走を引き起こした張本人、ということか。涼子の目指す世界、自分だけが生き残り、全ての人類が滅んだ世界。聞けば聞くほど、虚しさを覚える。今のところ典型的な悪キャラの涼子だけに、ここまで徹底的に落ちてしまった理由が何かあるんだろうか?

そんなエピソードが用意されていると、結構深みが出てくるな~という思いと同時に、悪は悪に徹してくれる勧善懲悪ストーリーも俺は嫌いじゃない。これはどっちの方が面白くなるかなぁ。どっちに仕立ててくれるか見物だ。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第21話)

衛星を落としてメデューサを倒すべく、香凛[ CV:井口裕香 ]が奮闘!この一連の流れは手に汗握る、なかなかのハラハラ展開で面白かった。あまり危機感を煽るような演出が少ないので、たまにこういう時間勝負のストーリーが入ってくると、「おっ!?」という意外性も含めて、シャングリ・ラも結構楽しめるじゃん、という気になる。

気が付けばメタルエイジにしっかりと合流した気配のある香凛。メデューサを止めるためにアトラスへ!ということで、目的が急に出てきた感はありますが、これで全てのメインキャラがアトラスを、そして涼子[ CV:五十嵐麗 ]を目指して動き出すか。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第20話)

美邦[ CV:有賀由衣 ]を守って水蛭子[ CV:金田朋子 ]が消滅。いや、ミーコ[ CV:大塚芳忠 ]と言うべきなんだろうか。これでアトラスは固有振動に再び悩まされるのか?

ここまで来てもイマイチはっきりしないのは涼子[ CV:五十嵐麗 ]の目的だよね。日本の実権を握り、アトラスを自分の居城として思いのまま操り、炭素市場を牛耳りたいのか?國子[ CV:高橋美佳子 ]たち地上に住んでいた人がアトラスに反感を抱くのはもっともだけど、結局みんなアトラスに移住したようなもんだし。

となると、やはり「ディグマ」の存在と東京の地下に眠っているという流脈。既に残りあと4話だし、そろそろネタばらししてくれても良い頃じゃない?

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第19話)

あのまま放って置いてもドゥオモは焼失したと思うんだけど、そこに敢えて爆弾を直接落としたのは國子[ CV:高橋美佳子 ]の決意の表れなの?どうも今回のこの國子の行動は理解しがたいものがある。ここに至るまでに築き上げてきた國子という人物像が少々弱いんじゃないだろうか。深みが無いという表現が正しいだろうか。少なくともアニメで1クール以上使って見せられた國子は、俺の中では実に分かりやすい性格の女の子に収まってしまっている。

同時に原爆をも連想させる強烈な閃光を演出しておきながら、建物が一瞬で消し飛ぶわけでもなく普通に形を維持したまま燃え続けるという、なんとも中途半端なこの爆弾投下の見せ方もイマイチ盛り上がらない。普通に燃えるだけなら、それこそ放っておけば燃えるのに。瞬時にその姿を消し飛ばすために、強力(と思われる)爆弾を落としたんじゃないの?

この19話に限って言えば、國子の描き方もそれを盛り上げるはずの演出効果も、いずれにも納得いかない内容だった。ただし。燃え続けるドゥオモの街をバックに流れるMay'nの「キミシニタモウコトナカレ」、ピアノバージョン。これは良かった。それは間違えない。ライブパフォーマンスを彷彿とさせる。(8/13のZepp Toykoライブに参加!最高の盛り上がりでした。)

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第18話)

ちょっと前になるけど10話の感想で「美邦[ CV:有賀由衣 ]小夜子[ CV:石塚理恵 ]の子供に違いない!」と確信したはずが、どうも違う方向に向いてきたな・・。美邦と國子[ CV:高橋美佳子 ]の関係は姉妹なの?となると國子の母親も小夜子ということになってしまうが、小夜子の態度をみるとそうは思えないよなぁ。

となるとやはりこの二人の母親がいったいどんな人物で、アトラスにとってどのような意味を持つのかがポイントなんだろう。人柱がないと支えきれないと言うアトラス、それを解消するためのカギなんだろうか。もう1つは香凛[ CV:井口裕香 ]があざとく目をつけていたの剣。同じ物がおそらく3本。でも国仁[ CV:石井真 ]がさらに國子の兄・・・ってことは無いわけで、この剣の繋がりはどういう関係なのか、香凛のやる気に期待するしかないな。

そろそろ風呂敷は相当に広がってきた感じ。あとはちゃんとたたんでくれることを祈るばかりですが。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第17話)

香凛[ CV:井口裕香 ]大活躍!まさかホントに秋葉原を買い占めていたとは。どこにいるかと思ったら、今はアトラスから地上に降りてきてるのね。それにしても香凛のダメっぷりが凄い(笑)。美邦[ CV:有賀由衣 ]にペコペコする姿は、完全にやられキャラだけど大丈夫か?

そしてカーボニストの時はストーリー上の接点はどこだ?と思っていたんだけど、こういう形で國子[ CV:高橋美佳子 ]と香凛が再び出会うことになるとは。それも香凛はアトラス最大の秘密らしい「AAA」の存在を知っている。基本も応用もとにかく金儲けしか頭にないようですが、図らずしてvsアトラスの構図に完全に巻き込まれてますね。

そのアトラスはどうやら「人柱」で形をとどめておくことができるらしく、凪子[ CV:京田尚子 ]がアトラスの責任者を辞め、今はドゥオモにいる理由もそのあたりにあるのかも。それでも俺の中ではしばらく香凛のターンだね。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第16話)

ストーリーの構図は圧倒的な悪であるアトラス公社の涼子[ CV:五十嵐麗 ]とそれに対峙する人たち、例えば國子[ CV:高橋美佳子 ]率いるメタルエイジとか、という方向で収束してきたかな。涼子が何をたくらんでるのかはっきりしないというベールはまだ残っている物の、こうも構図がはっきりしすぎると後はストーリーのクオリティよりも、登場人物の感情や人同士の繋がりとか、そういった部分が重要になってくる。はっきり言えばそれが薄いとどうにもワクワクしない。

その点では今のところこの作品には多くの未知な要素があって、ディグマ1である美邦[ CV:有賀由衣 ]小夜子[ CV:石塚理恵 ]と共にアトラス公社を離れ、国仁[ CV:石井真 ]も軍を離れた。一方でアトラスから戻ってきた武彦[ CV:堀内賢雄 ]は國子に銃を突きつける。そして香凛[ CV:井口裕香 ]は消息不明。期待しておいて大丈夫ですよね?

それにしてもメタルエイジ総裁としてはまったくと言って良いほど実績を残せていない國子。何をやっても状況はまったく好転しないのに、相変わらずドゥオモに帰れば暖かく迎えられてチヤホヤされる。さすがにちょっとどころじゃなく違和感あるよな。そこまでのカリスマ性を國子に感じる理由は、本編中に描かれていたとは思えない。「設定」で片づけるには少々大きすぎる違和感だと思う。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャングリ・ラ(第15話)

國子[ CV:高橋美佳子 ]モモコ[ CV:中田譲治 ]がアトラスで逃げ込んだ民家は国仁[ CV:石井真 ]の家。そうきたか。アトラスとメタルエイジという対立する関係でしか接点がない二人だけど、年齢が近い上に「自分のやっていることは正しいのか」という自問自答をする国仁の悩みは、國子にも共通してそうな気がする。だからこそ、この出会いは二人にとって良い方に事を運んでくれるきっかけになるかも。

そしてもう一人、カーボニストとしての立場を追われた香凛[ CV:井口裕香 ]。この3人が揃うことになれば涼子[ CV:五十嵐麗 ]に「ディグマ」と称されていた3人が集まることになる。アトラスで何かとてつもないことを企てている気配のある涼子、それに対峙するディグマという構図になるのか?もう少し種明かしの量を多くしてくれた方が嬉しいかなぁ。原作を知らない人には分からない部分が多すぎる。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金