リストランテ・パラディーゾ

リストランテ・パラディーゾ:最終話(第11話)

▼大人の雰囲気
1話から11話まで、全てのストーリーに通じて言えるのがこの雰囲気。アニメの場合、目に見える映像を伝えるのは簡単だけど、場の空気とか作品全体の雰囲気を伝えるのって意外と得意じゃない。絵が止まっていると実写とは違って明らかに違和感を感じてしまうわけだし、音楽の使い方とセリフの使い方も実写とは大きく違う。この作品はそういった要素全てを上手く利用し、カゼッタ・デッロルソのお店に漂う大人な空気、そしてニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]の持つ若さのエネルギー。そんな雰囲気を丁寧に作り上げていた。

▼愛
この作品のテーマを一言で言うなら愛だろう。それはニコレッタのクラウディオ[ CV:山野井仁 ]に対する愛であり、最終話で一気に爆発したオルガ[ CV:寺田はるひ ]のニコレッタに対する愛、そしてロレンツォ[ CV:乃村健次 ]のオルガに対する愛。それぞれ表現の仕方は人それぞれながら、まったり雰囲気のこの作品においてそれと相対する熱い展開を常に見せてくれた。

▼キャラクターの使い方
表現の仕方はひとそれぞれ、簡単に書けるけど映像にするのは意外と難しいんじゃないかと思う。それだけこの作品は登場人物の性格付けが分かりやすかった。分かりやすい=単純という訳ではなく、ルチアーノ[ CV:立川三貴 ]ジジ[ CV:喜山茂雄 ]などのエピソードが面白かったし、いろいろな性格とバックグラウンドを持っている登場人物がスッと違和感なく画面に収まっている感じ。

▼ジャンル分けが難しい
この作品の原作は漫画ですが、あまり見たことがないジャンルの作品だった。「老眼鏡の紳士たちが・・」みたいな前書きを見てしまうと、流行の腐女子向け作品に新たな分野か?と先入観を少し持ってはいた。実際はそんなことは全くなくて、雰囲気を作ることでストーリーを作り上げ、そしてキャラクターがそれに華を沿える実に大人なアニメになっていた。料理のことは全然知らないけど、プロが監修しているようで「なんか本格的っぽい!」という雰囲気作りに一役。俺は録画で見たけど、オンエア時間に生で見るには実にちょうど良い内容だったと言えると思う。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第10話)

ニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]の視点から言えば、大人の余裕と重ねた齢の意味を見せつけられた、という所でしょうか。実際にニコレッタが見ていたわけではないけど、もしこの様子をニコレッタが見たら、まだまだ自分はかなわないと思ったに違いない。

1つ目はクラウディオ[ CV:山野井仁 ]ガブリエッラ[ CV:渡辺美佐 ]。この二人の関係は俺にもよく分からない。離婚したからには、もう少しギスギスした関係になっても良さそうなのに、ものすごく成熟した関係に見える。おそらく結婚生活でもこの二人の関係はこんな感じだったんじゃないんだろうか。

そしてもちろんルチアーノ[ CV:立川三貴 ]サヴィーナ[ CV:よのひかり ]。男と女がいてそこに恋が生まれて。おそらくニコレッタの中ではそれが自然な男女の関係と思っているんじゃないだろうか。それをひっくり返すルチアーノ。それはサヴィーナに夫がいたから?ルチアーノの中では無くなった奥さんがまだ生きている。いろいろな愛の形を理解したニコレッタでした。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第9話)

ここまでは比較的平穏な人生のキャラクターにスポットが当たっていた。9話はそれとは少し違う人生を歩んできたテオ[ CV:上田燿司 ]の物語。途中でニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]が自分に言い聞かせるようにしていたけど、誰だって最初から成功する訳じゃない。いろいろな挫折や苦悩を乗り越えて、そして「他人を思いやる」という大切な物に気が付いて、大きく成長する。ニコレッタの負けず嫌い、ポジティブな性格と共に少し考えさせられる内容。そしてそんなテオとヴァンナ[ CV:沢海陽子 ]の過去の関係、そして今の関係。これだから人生は面白いんだよ!というメッセージを強く感じました。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第8話)

クラウディオ[ CV:山野井仁 ]の過去、そしてフリオ[ CV:西松和彦 ]の過去。対照的だった二人。人生の成功者と負け組だった二人。それが今ではデッロルソでシェフとカメリエーレ。全く違う人生だった二人が求めた「心の安らぐ場所」が同じ店だった。ストーリー自体は説教臭いかも知れない。「若い頃の失敗や挫折でくよくよしててもしょうがないぞ!」という人生の先輩からのアドバイス。それをサラッとスマートに、だけど人間味のある色の着いた物語で見せてくれるのがこの作品の良いところ。

もちろん、ニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]がこれから身をもって「失敗」「挫折」を味わってくれることでしょう(笑)。それでもくじけない、折れないニコレッタの頑張りにも救われる。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第7話)

ニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]クラウディオ[ CV:山野井仁 ]のデートは少し思っていたのと違う展開で実現。いかもフランチ[ CV:木村はるか ]も一緒と言うことで、ニコレッタは夫婦でのお買い物気分だったに違いない。そのフランチの誕生日パーティという実に平和で穏やかな内容。心が落ち着いている時に見ると、至極のまったり気分が味わえる。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第6話)

今回のストーリーは「ガゼッタ・デッロルソ」が中心ではなく、いい具合にストーリーの引き立て役に。ルチーア[ CV:浅野まゆみ ]とその夫のストーリーが進行しつつ、ニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]はニコレッタで年の差夫婦ヴィート[ CV:黒田崇矢 ]マリーナ[ CV:本多陽子 ]に興味津々のご様子。最近はニコレッタの恋愛模様が少しお休みしてますが、次回はいよいよ?と言って良いのか。クラウディオ[ CV:山野井仁 ]とデートのようです。少しは恋愛スキル向上してるか?

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第5話)

ジジ[ CV:喜山茂雄 ]の過去のストーリー。同時にロレンツォ[ CV:乃村健次 ]の過去も明らかになった。ロレンツォが子持ちとの結婚を嫌がった理由は、やはり自分の過去の経験からなのかな?と見ていて思ったんだけど、ニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]も同じ事を思ったようだ。ということは、実はもっと裏があるのかも?

ニコレッタの恋模様は少しお休み中なので、ストーリーとしてはだいぶ落ち着いている流れ。決して見せ場やヤマ場があるわけじゃ無いんだけど、ゆったりとした時間の中で静かに見ることが出来る。人物とかストーリーとかの単体だけじゃなくて、作品としての世界観構築がちゃんとできているってことだ。そうじゃないと、単なる退屈な展開で終わってしまう。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第4話)

今回はガゼッタ・デッロルソの開店当時のお話。現在と過去のシーンが頻繁に入れ替わる構成で、集中してみてないとどっちの時代の話なのか一瞬分からなくなります。演出手法としては良くある方法なんだけど、もう少し親切に分かりやすくしてくれても良いのにな。漫画だと吹き出しを変えるとかコマの外を黒く塗りつぶすとか。アニメなら画面の周りのフォーカスをワザと外したり、音声にエフェクトを少しだけかけたり。

今回の開店に至るまでのエピソードでは、今までニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]の目をとおして描かれていたオルガ[ CV:寺田はるひ ]のまた違った一面、本来の姿が少しだけ垣間見えた。オルガとロレンツォ[ CV:乃村健次 ]の夫婦の姿は日本人から見るとあこがれの対象になりそうな、ヨーロッパ(ことイタリア)の夫婦に求める理想像なんじゃないだろうか。お互いがお互いを気遣うんだけど、過度の干渉は決してしない。常に相手の立場で物を考えている。実際に統計データでもイタリアの離婚率は日本の半分くらいらしく、理想が生み出した虚像というわけでもないようです。

そんな二人の成熟した関係を見せられると、ニコレッタがクラウディオ[ CV:山野井仁 ]に対して抱く恋心はまだまだ幼いな~と思ってしまう。もしかして意図的にそこに気付かせる内容になっているのか?ニコレッタとクラウディオの関係が進展することがあるとしても、そこにはまだまだ大きな壁がありそうだよね。特にニコレッタの方に。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第3話)

OPのクラウディオ[ CV:山野井仁 ]のくだりはすっかりだまされました(笑)。こういう細かい演出も憎いね。

それにしてもニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]は恋多き女だ。母親のオルガ[ CV:寺田はるひ ]に文句を言いにきたはずなのに、今ではすっかりクラウディオへの想いが恋かどうか相談する始末。このままだと、そのうちクラウディオに会えたことを感謝しだすんじゃないのか?そんなニコレッタの単純だけど一途な性格がこの作品の雰囲気を作り出している。がんばれ!と応援したくなるような、そんな感じです。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ・パラディーゾ(第1話)

090412_7 原作は全く知らないんだけど、絵の雰囲気とWebサイトの世界観説明を見て、今期注目作にしていた作品の1つ。蓋を開けてみてどうだったか?

結果から言うとこれは面白い。ニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]の一直線で直球勝負な性格と、年を重ねて落ち着きのあるクラウディオ[ CV:山野井仁 ]。この二人の恋愛ってホントに成立するのか?ホントに大丈夫?とついつい心配して見てしまう。

そんなニコレッタの日々の出来事がこの作品の中心なんだろう。なにせニコレッタの性格が面白くて見てて飽きない。ガゼッタ・デッロルソの従業員にもそれぞれにドラマがありそうだし、そんな中に解き放たれるニコレッタがどんな騒動を巻き起こしてくれるのか?そんな期待がもてる作品。フジテレビのお馴染みの都合による2話までの一挙放送も作品の面白さを理解するという意味では、実は効果的だったかも。

映像面では街並みや店舗内を3DCGで表現しているが、ライティングの上手さだろうか、意外なまでに違和感なく楽しめる。制作の「david production」は今まで見たことのない制作会社なので、この作品が処女作ということになるのだろうか。キャラクターの表情なんかの描き方も特徴的で丁寧だと思うし、イタリアが舞台ながら柔らかい日本的なキャラクターの表情を上手く作ってると思う。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金