亡念のザムド

亡念のザムド:最終話(第26話)

▼最終話
ハル[ CV:折笠富美子 ]アキユキ[ CV:阿部敦 ]の姿を見つけたときの反応。大騒ぎして泣きわめく出もなく、感激して抱きつくでもなく、ただ「おかえり」の一言。この作品は大人のラブストーリーなんだな、なんてしみじみしてしまった。実を言うと、まさかアキユキは1000年後まで?と思っていたんだけどね。ナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]がアキユキの背中を押してくれたんだろうか。名前を呼んでくれる人がいるよ、と。

▼難解なストーリー
とにかくこの作品はその世界観も含めて、ストーリーはとっても難しかった。状況説明は基本的にほとんど無いから、ナキアミやアキユキの言葉や行動から全てを理解する必要があったし、過去の回想やモノローグといったストーリーを解説してくれる場面は非常に少なかった。それだけフォーカスはキャラクターに合っていたってことだけど、この作品の舞台設定を簡単に説明して、と言われてもものすごく困る。最後までヒルコの存在やテシクの民の存在、そして胎動窟の意味は分かったようでわからない。アニメってあまり考えずに受動的に見ているだけで良い作品も多いんだけど、ボンズの作品はいつも挑戦的で能動的な見方を要求してくる。これが実に見応えのある作品に仕上がることが多い。ザムドも同様。

▼人の描写
この作品に登場する人物には時に感情移入をし、そして時には違和感を感じる。それはつまり、それだけリアリティのある描かれ方をしていた事だと思う。ストーリーが難解だった分、キャラクターは実に人間的で生々しく伝わってくる物が多かった。いつでも低いトーンで自分の感情を押し殺しているような印象のあったナキアミ。一方でどんな状況に置かれてもとにかくポジティブに思考するアキユキ。そんな二人がいろいろな人との出会い、触れ合い、そして別れを通じて大きく成長していく姿に自分の感情をシンクロさせて見ている自分に気づく。単なるキャラクターではなく、この作品の登場人物はみんなこの作品の世界の中で生きている。

▼HDを使い切る映像クオリティ
とにかく1話を見た瞬間から、作画の丁寧さと背景やメカや小物の書き込みの細かさに圧倒された。そしてこれだけのクオリティの作品が、しばらくの間PS3というプラットフォームでしか提供されていなかったことがちょっと残念。視聴率という概念に縛られてしまう地上波だと、どうしてもお金をかけて映像を作り込むということが難しいんだろうな。あまりお金をかけずに良い作品を見たいという思いはあるけど、良作に対してその価値に見合ったお金を払ってあげたいと思うと、有料配信という方向に制作者が向いていくのも分かる気がする。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第25話)

ナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]サンノオバ[ CV:麻生美代子 ]の再会と後悔と至福。タイトルのとおりナキアミとサンノオバのストーリーなんだけど、とにかくこの二人へのスポットの当て方とサンノオバの口から語られるヒルケン皇帝[ CV:古谷徹 ]を生んでしまったことへの懺悔。今回も例によって野村祐一氏の脚本の力を相変わらず見せつけられた内容。

これまでナキアミがサンノオバやテシクの村と距離を取ってきた理由、それはサンノオバの意向に背いてヒルコを生かそうとしてきたから。ナキアミは自分が御祓を受ける資格はないと理解していた。だけどサンノオバはナキアミの行動や心を理解してくれていた。そして胎動窟に集まった人々を救うため、ヒルケン皇帝を残酷な運命から救う(=葬る)ために自らヒルコとなり・・・。端的に言うと非常に難解なストーリーだったと思う。後半は特に世界で何が起こっているのか?アキユキ[ CV:阿部敦 ]ハル[ CV:折笠富美子 ]はどこへ向かおうとしているのか?などなど、頭をフル回転させていたところでこの強烈な内容。

アキユキは自らの名前をヒルケン皇帝に生きた証として渡した。そしてナキアミは・・・。まさかナキアミがサンノオバから託されたヒルコで自らの身体と共にヒルケン皇帝を葬ろうとしてるのか・・!?この壮大な生と死の物語もいよいよ次回最終回か。果たしてどういう結末になるのか楽しみ。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第24話)

ミドリ[ CV:藤村歩 ]、元に戻ったか~。いやーよかった。ミドリを救ったのは素直になれたハル[ CV:折笠富美子 ]と、ヒルコの扱いにたけたナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]だ。一方でアキユキ[ CV:阿部敦 ]のダメっぷりときたら。

そんなアキユキだったけど、最後は自らの使命、ヒルケン皇帝との戦いに向けて完全ザムド化。今回のザムド化は以前と違って感情にまかせて自らの意志を失った物とは違う。大きさとパワーからして圧倒的にヒルケン皇帝有利ですが、ハルとの約束のためにもアキユキにはしっかりと生きて帰ってきて欲しいです。

ところで、今回ナキアミがミドリに食われたことで結んでいた髪の毛がほどけた。なんか急にナキアミが女の子っぽく見えるように。女の子の髪型効果って凄いな。そしてそれを感じるほどに作画クオリティが安定しているということだ。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第23話)

雷魚[ CV:藤原啓治 ]死す。リュウゾウ[ CV:石塚運昇 ]もそうだったけど、ザムドに出てくるおっさん連中はそろいも揃って格好いいね。やっぱり最後は女のために死んでいく。戦場では最もベタで最も強い生への執着。伊舟[ CV:玉井夕海 ]も女としての自分を見せるしかなかった。

そんな次々と命が消えていく戦場に投下されたミドリ[ CV:藤村歩 ]。ミドリがもう人間の姿に戻ることはないのか?人間としての感情はまだ持ち合わせているのか?いったいミドリが望んでいたのはなんだったんだろうか。アキユキ[ CV:阿部敦 ]ハル[ CV:折笠富美子 ]はあのミドリの姿を見て何を思うんだろうか・・。あまりにも悲しすぎる。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第22話)

アキユキ[ CV:阿部敦 ]リュウゾウ[ CV:石塚運昇 ]、親子揃って同じようなシーンに遭遇。生きる意味とは何なのか?自分が間違ったのか、世界が間違ってるのか。この作品のコアなテーマの1つが「生きる」っていうことだと思うんだけど、それをここに来て改めて問われた二人。

そして同じようにその二人を支えるハル[ CV:折笠富美子 ]とリュウゾウの妻、フサ[ CV:早水リサ ]。結局のところ、この二組のカップルを見て残ったのは、なんともやりきれない思い。対照的だったのは雷魚[ CV:藤原啓治 ]伊舟[ CV:玉井夕海 ]

この二人、ようやく自分の居るべき場所に収まって、そして自分たちが生きていく事の意味を知って行動しているような、そんな頼もしさを感じる。果たして竹原2カップも同じところまでたどり着けるんだろうか。その鍵はやっぱりナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]になるのか?

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第21話)

それぞれの登場人物が、自分の生き方にけじめを付けるべく、自分のこれから生きる道を切り開くべく行動した。そんな印象深いストーリー。

その中でも俺が印象的だと思ったのは極東自自区の垣巣[ CV:松本保典 ]プロイ[ CV:根谷美智子 ]だった。垣巣が「花を枯らさないで」と最後にプロイに贈った言葉。自分の帰りを待っていて欲しい、垣巣にとっての花はもちろんプロイの存在そのもの。

序盤では打算的なキャラなのか?というイメージを持たせつつ、実は自分の感情に素直で情に流されやすいプロイ。自分の感情に素直という点は、ハル[ CV:折笠富美子 ]にも通じるところがある。プロイがハルに冷たい態度だったのは、いわゆる同族嫌悪だったような気がしてきた。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第20話)

20話で強烈なイメージとして強く記憶に残ったのはやはりクジレイカ[ CV:朴ロ美 ]かな。ナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]との関係にしても、テシクの族長という立場にしても、何かちょっと違っただけで、こんな悲壮に満ちた結末を迎えることはなかったんじゃないのか。族長として奉られても、クジレイカの心に満ちた寂しさと孤独感をぬぐい去ることは出来なかった。

このクジレイカの立場とリンクするのがミドリ[ CV:藤村歩 ]。実験体として既に引き返せないところまで来ているのか?親父連中が再び立ち上がろうとしている姿は、ちょっと頼もしく見えた。

そしてハル[ CV:折笠富美子 ]とのツーショットがやはりしっくりくるアキユキ[ CV:阿部敦 ]。あの謎のヒルケン皇帝[ CV:古谷徹 ]といよいよ遭遇なのか?

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第19話)

ハル[ CV:折笠富美子 ]ミドリ[ CV:藤村歩 ]。西村姉妹の実に対照的な姿が印象的な19話。

どっちの選択が正しいのか、ザムドの世界の中ではよく分からない。極東自自区に入隊したあとも女々しくアキユキ[ CV:阿部敦 ]の背中を追い求め、フルイチ[ CV:立花慎之介 ]を破滅に追いやった。ミドリからはそう見えていてもおかしくない。まさかミドリ、フルイチが好きだったのか?

でもハルの視点から見ると、その見方は正しくないはず。アキユキがいなくなったことで感じた自分の弱さを自覚していたからこそ、自ら極東自自区に入って強くなろうとした。アキユキとの再会、そしてアキユキを現実に引き戻したのは、ハルの「強さ」の証だと思う。あとはミドリのこれからが心配でならない。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第18話)

いや~ビックリだ。ナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]ってテシクの郷でも選ばれた存在、敬われる存在だったなんて。所在なさげなナキアミの表情から見ると、ナキアミにとってはその事実はあまり嬉しいことではないんだろう。ましてやかつての友人クジレイカ[ CV:朴ロ美 ]はザムドと化し、村を捨ててまでも北政府と戦おうとしているというオマケつき。ナキアミどーすんだろう。今までザムドを生かすことに執着していたナキアミが、戦争を止めるためにザムドを殺すことになるのか?

そして極東自治区を出たハル[ CV:折笠富美子 ]17話の感想では「これからどーすんの?」と思ったんだけど、ひとまずナズナ[ CV:松木未祐 ](中身はアザミ[ CV:菅沼久義 ])の元へ。ナズナの助言でとりあえず尖端島を旅立つ事にした模様。

次回予告を見ると19話ではナキアミとアキユキ[ CV:阿部敦 ]とは再会できそうだけど、いったいどうやってたどり着いたのか興味深い。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡念のザムド(第17話)

プロイ[ CV:根谷美智子 ]は本当にハル[ CV:折笠富美子 ]の事が嫌いなんだろうな(笑)。だけど、それと同時に自分の気持ちに正直にまっすぐに生きているハルが羨ましいんだと思う。そして自分のように人に媚びて生きていく道を選んで欲しくないから、悪態をつきながらもカギをワザと開けっ放しにした。

「あんた、処女でしょ?」と言われたときのハルの驚きの表情はなかなか意味深だ。ハルって絶対自分には自信を持っているタイプだと思うし、プロイに指摘されていたように「自分は特別」と思っている節は確かにある。フルイチ[ CV:立花慎之介 ]に好きと言われてからの反応を見ていれば分かる。(あれはフルイチが絶対的に悪いんだけどね。)そんなハルに唯一備わっていない女としての武器や魅力。それに気づかされたってことだろうか。

そんなハルは脱獄してどこへ向かうんだ?アキユキ[ CV:阿部敦 ]がどこにいるか分かるんだろうか?ハルとナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]が徐々に前に進もうとしている一方で、アキユキは完全に魂が抜けた状態だぞ。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金