大正野球娘。

大正野球娘。:最終話(第12話)

▼最終話
朝香中との試合、いくら小梅[ CV: ]たちが猛練習をこなしてきたとは言え、さすがに勝つのは難しいかなと思っていた。それでも自然と桜花会を応援してしまう。晶子[ CV:中原麻衣 ]のピッチングに思わず熱が入り、同じ男の立場としては朝香中を応援してもよさそうなもんだけど、そんな気は全く起きなかった。合唱部の部員が早退してでも応援したくなった気持ちもよく分かった。最後は小梅の家族も応援に来てくれたし、ちゃっかり三郎[ CV:日野聡 ]ともラブラブに。しかし三郎は20歳設定で小梅が14歳か・・。ま、大正時代設定ですからアリって事で(笑)。

▼単純が故の面白さ
最初は全く期待してなかった。大正時代でしかも女の子が野球?よく分からない設定だなぁ。キャラありきのストーリーになるのか?という軽い気持ちで見始めたんだけど、回を追う毎にすっかり桜花会の野球に魅せられてしまった。変にキャラクターに媚びることなく、単純に野球に打ち込む女の子の姿を想像以上に真剣に描いてくれたことが面白さの理由だと思う。大正時代をどの程度再現していたのかは分からないけど、少なくとも今よりは遥かに男女の差が意味を持っていた時代だろうし、ましてや現代でも女子の硬式野球は一般的なスポーツではないことを考えると、小梅たちの置かれていた境遇はかなり特殊と言える。ちょうど9人集まるあたりはフィクションが故のご都合主義と見えなくもないけどね。

▼小梅と伊藤かな恵のハマり具合が凄い
他のキャラクターはさておき、小梅についてはもはや伊藤かな恵以外のキャスティングはあり得ないでしょ!という位に凄いハマり具合だった。小梅はこの作品の中でも数少ない笑いを提供してくれるキャラクターだったんだけど、「えぇ!?」とか「はぁ。」とかのちょっとした反応と相づちが、小梅の天然キャラを実に見事に表現していた。もうみんなどんどん小梅に無茶振りして!と言いたくなるほど、小梅の反応が楽しくて仕方なかった。ドラマCDでは高橋美佳子が演じていたらしいが、この役については絶対伊藤かな恵の方がハマる。再オーディションして正解だ。(個人の感想なので高橋さんファンの方お許しを・・。彼女を悪く言っている訳ではありません。)

▼野球にこだわった作画は見所あり
俺は特別野球が好きなわけじゃないけど、この作品でのピッチングやバッティングといった野球の動きは、実にリアルに作画されていると感じた。晶子も最初はへっぴり腰でいかにも女の子という感じの投げ方だったのに、最後にはサイドスローでしっかりと投げるようになっていて、練習で段々と上達していく様子も絵からうかがい知ることが出来た。キャラクターの作画も問題なく安定していたし、映像的にも見所は多い作品だった。難癖を付けるとすれば、サイドカットで派手に切り落とされたサブ主役級のメンバーと悪しきTBSのコンバートによりボケた輪郭という映像クオリティの低さか。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

大正野球娘。(第11話)

小梅[ CV:伊藤かな恵 ]晶子[ CV:中原麻衣 ]、間に合ってよかったな~。すっかり第三者視点でハラハラを楽しんでしまった。間に合うって分かっているはずなのに、次々降りかかる災難。やりすぎると冷めるし、少なすぎると予定調和っぽすぎて退屈する。その間の実に微妙なバランスで楽しませてくれた11話。それにしても小梅の親父は典型的な頭の固い頑固親父だことで。

試合は今のところ桜花会優勢で進んでますが、そう簡単に勝たせてくれるわけはないよな。好調な晶子だけど、桜花会は他にピッチャーいないし、晶子が打ち込まれ出してからが本当の勝負だな。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (7)

大正野球娘。(第10話)

女の子いっぱいのアニメで合宿といえば?そう、温泉。もうちょっと夏休みモード全開かと思ったんだけど、そうでもなかったな。温泉も近年のアニメにしては珍しく湯気が非常に少ない(笑)。プラスアルファで肝試し。それにしてもアンナ先生[ CV:新井里見 ]、レクリエーションは良いんだけど発想が和風すぎます。

そんな肝試しも温泉も、そして野球の練習でも今回の主役は鏡子[ CV:牧野由依 ]。あこがれの[ CV:甲斐田裕子 ]先輩の気を引こうと頑張るわけですが、基本は空回り。そこから最終的には野球を頑張るという方向に向くところがこの作品の最大の特徴だ。

みんなこれだけ頑張ってるんだし、是非試合には勝ってもらいたい。もちろん真剣勝負でね。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正野球娘。(第9話)

今回の大いなる勘違いは、過分に小梅[ CV:伊藤かな恵 ]が突っ走ったからだと思うんだけど(笑)。周りの人たちはきっと悪くない!そんな状況で絶望する三郎[ CV:日野聡 ]が面白すぎるんですが。気が付けば、すっかり小梅のキャラクターにはまってきてるな。8話にも増して、伊藤かな恵もはまってきてる。

と言いつつも。この9話での俺の最大のツボは、「ホームラン打つぞぉ~!」と張り切る[ CV:甲斐田裕子 ]を「それしか言えないの?」とバッサリ切り捨てる[ CV:喜多村英梨 ]の図でした。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大正野球娘。(第8話)

野球は少々お休み。今回は小梅[ CV:伊藤かな恵 ]の一人舞台!というよりも、伊藤かな恵のハマり具合が凄かった。素で嫌がる様子とか、ちょっとだけ間の抜けたようなあの返事。小梅のキャラクター性にピッタリだ。最初は「良くわかんないテーマのアニメだなぁ」と思ってたんだけど、ここまで楽しめるとはなぁ。川に飛び込むときの完全に固まった表情の小梅が最高でした。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正野球娘。(第7話)

晶子[ CV:中原麻衣 ]のピッチングフォームも随分板に付いてきたじゃないか。野球は全く詳しくないからわかんないんだけど、晶子のあの握りはナックル?無回転ボールってことかな?結局最後には[ CV:甲斐田裕子 ]にかっ飛ばされてるし(笑)。辻打ちに辻投げ、そして小梅[ CV:伊藤かな恵 ]を取り合う晶子と巴。相変わらずストーリーのテンポも良くて、平和で微笑ましい展開で、どういう方向に行くのか心配していたんだけど杞憂だったかも。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正野球娘。(第6話)

再びストーリーがテンポアップ。小学生チームとの練習試合で次々とチームと個人の問題点と課題を見つけだす乃枝[ CV:植田佳奈 ]。都合の良い展開ではあるけれど、俺としてはこういうサクサク進むストーリーが何より好きだし、変な小細工無しに日々成長していくチームの様子は痛快。

そんな中でどうしても目に付くのは晶子[ CV:中原麻衣 ]のいわゆる「女の子投げ」なんだけど、次回予告の映像ではかなり改善してる気配?さすがに男子野球部に最終的に勝てるかどうかは怪しいけど、段々と桜花会を応援してる気分で見るようになってきてる気がする。

それにしてもまさかアンナ先生[ CV:新井里見 ]が1話で帰ってくるとは・・。もっとしばらく登場しない物かとばっかり思っていた。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正野球娘。(第5話)

最後の一人、胡蝶[ CV:後藤沙緒里 ]が野球部加入!これで9人か。単純に部員を揃えて練習して、それで試合!という流れではなく、いきなり練習試合をやって、それでこの流れ。前にも言ったけどこの作品のテンポの良さは、見てて心地良い。ストーリーにいい具合に起伏がつく。

今までセーラー服と和服でプレイしていたけれど、今回からはちゃんとユニフォームも手に入り、段々と野球らしくなってきた。そんな折り、どうやら6話ではカートランド先生[ CV:新井里美 ]がしばらく居なくなってしまう様子。この先生がいないと練習も前に進まないぞ。どうする?唯一練習メニューを作れそうなのは乃枝[ CV:植田佳奈 ]かな?

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正野球娘。(第4話)

4話で今までの展開テンポがスローダウン。ここまで一気に来たからね。あらためて小梅[ CV:伊藤かな恵 ]たちの覚悟を問うための意味あるインターバル。こういう風にストーリーのテンポに緩急をつけてくれると、小梅や晶子[ CV:中原麻衣 ]のそのときのテンションがよく分かるし、「あれ、何かあった?」という気づきもある。面白くする見せ方としては実によくできてるな。

3話で野球部を抜けそうな、それでいてこれは戻ってくるフラグ立ってるな?という雰囲気のあった鏡子[ CV:牧野由依 ][ CV:甲斐田裕子 ]の働きと小梅の頭の回転の良さも手伝って予定どおりに復帰。巴って思慮深くはないけど、憎めないキャラだな。こういうキャラは好き。

ところがそんな気配もフラグもなさそうだった新聞部かけ持ちの記子[ CV:藤村歩 ]がまさかの退部。おいおい、結局また1人足りないぞ。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正野球娘。(第3話)

早くも練習試合!2話にも増してテンポ早いな。この作品、どこが見せ場なのかイマイチよく分からなかったんだけど、これだけいろいろなイベントを凝縮して見せてくれると結構いけるかも。

当たり前だけどちょっと練習しただけで日々野球を続けてきた野球部と、それも体力に大きなさがある男子に勝つのは当然ムリだ。1回で11点を取られて終了。この辺のシビアな展開が現実的だ。晶子[ CV:中原麻衣 ]の投げ方も「女の子投げ」が抜けて無くて妙にリアル。もっとキャラ依存な展開で押すのかと思っていたんだけど、時代背景も含めて逆境に立ち向かっていく桜花会の行く末は、現代社会に通じるところがあるかも。

方向性としては予想どおりだけど、テンポの早さが良い感じなので鏡子[ CV:牧野由依 ]の騒動がどう描かれるのかは少し注目してみる。

大正野球娘。(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation