テガミバチ

テガミバチ REVERSE(最終話:第25話)

▼最終話
カベルネとの最終決戦も早々に決着。それよりも後日談に重きを置いた構成。もう少しラグ[ CV:沢城みゆき ]が苦戦するかと思ったけれど、この作品の見せ場は鎧虫とのバトルシーンよりも、やっぱり人間ドラマだから、この構成は正解だったんじゃない?

ラグと暫しの別れとなるそのとき、ゴーシュ[ CV:福山潤 ]が口にした言葉が印象的だった。「自分はラグがいたから救われた―」、ゴーシュの背中を追ってテガミバチになったラグが、ゴーシュの背中を、そして未来を後押しした。ラグやシルベット[ CV:水樹奈々 ]の知っているゴーシュは帰ってこなかったかもしれないけれど、ラグとゴーシュ、いやノワールとの絆はさらに深まった。

ゴーシュとの別れの時、ラグが大泣きしなかったのも印象的だ。あの泣き虫のラグはどこへやら。カベルネから人工太陽を守り、そしてノワールの生きる道を照らしたラグの心。優しさと、そしてこの第2期シリーズでは強さを身につけたラグ。その成長を全50話でじっくりと楽しませてもらいました。

▼成長したラグ
1期のストーリーには、「ゴーシュを見つけるんだ!」というラグの強い気持ちはもちろん、ゴーシュの手がかりに少しずつ近づいているんじゃないかという希望があった。一方でこの2期はどうだろうか?ゴーシュが生きている事が分かった!これだけで相当に嬉しい事実だったはずなのに、それが結果として絶望に向かって突き進んでいるような気分。それでも、最終話の感想の通り、成長したラグの前向きな気持ちに救われた。ラグがビーとしても人間としてもどんどん大人になっていく様子は、とにかく頼もしいの一言だ。

▼シナリオのクオリティ
やはり話数が多くなると、どうしてもシナリオの質が気になる。決して低かった訳じゃないんだけど、密度という意味では1期よりもパワーダウンしていたような気がする。ゴーシュと再会してしまったということもあるんだけど、それ以外の1期で見られた多様な価値観と思惑が交錯するが故の面白さが少し影を潜めてしまったのは残念だ。

▼引き続きの安定作画
1期はもちろん、この2期も作画面では極めて安定。基本的に夜しか舞台の無いこの作品の世界観を、雰囲気を暗くしすぎる事なく、しかし底冷えがするような木枯らしが時には吹きすさぶ。単調になりがちな薄暗い作品の世界観を、丁寧な作画でカバー。バトルシーンでもキャラクターの動きはしっかりしてたし、引き続きテレビシリーズの作画のお手本のような作品だった。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第24話)

何処かへ行ったっきり行方知れずだったラルゴ[ CV:小西克幸 ]。マカとニッチの姉[ CV:小山茉美 ]を連れてくる算段だったとは!ここにラグ[ CV:沢城みゆき ]ニッチ[ CV:藤村歩 ]、そしてゴーシュ[ CV:福山潤 ]が加わり、万全の体制と思いたかったが・・。

やはりというか、そう簡単にはカベルネは倒せないか。シッポだけがバラバラになって倒れたカベルネを見て、これは明らかにまだ仕留め終わってないぞ!という雰囲気だったけど、案の定。結果としてリバースとロレンス[ CV:遊佐浩二 ]を追い詰める事は出来たんだけど、それ故にロレンスが自らの心をカベルネに食わせるという暴走。もう万事休すという状況に見えるけど・・・。

いよいよ次回でクライマックス、最終話。原作がまだ続いている作品というだけに、ラグとゴーシュの二人の関係がどう描かれるのか?人工太陽は落とされるのか、それとも大どんでん返しが待っているのか?2期50話という比較的長い時間をかけて丁寧に描かれてきた物語ということもあり、そのフィナーレには期待がかかる。ゴーシュが再びテガミバチとなることは無かったとしても、せめてシルベット[ CV:水樹奈々 ]とは・・。そう願ってやまない。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第23話)

目の前にいる人は、ラグ[ CV:沢城みゆき ]にとっては間違えなくゴーシュ[ CV:福山潤 ]という人なのに、もうその人の心は戻らない―。ラグがゴーシュに「ノワール」と呼びかけたという事は、少なくともその現実を受け止めたということだ。シルベット[ CV:水樹奈々 ]との約束、そしてラグがビーになった理由。いろいろな物がラグの心から、抜け落ちてしまうんだろうか。

ノワールもまた、自分がゴーシュという人間であったという事を少しずつ受け止めているように感じる。今のノワールには、ロダ[ CV:堀江由衣 ]を始めとした精霊になれなかった者を助けたいという気持ちしかない。それでも、ラグに銃口を向けたかつてのノワールとは違う。ノワールとしての心が今のノワールにはあると信じたい。

そしてカベルネを迎え撃つラグ、ザジ[ CV:岸尾だいすけ ]、ゴーシュ。「人工太陽を落とさせない」という目的は同じだけど、羽根のもげたトンボだったはずのカベルネがいつの間にかすっかり陸生型に進化してるし・・。流石にそう簡単には勝てないか?ステーキ[ CV:永澤菜教 ]の異変がカベルネを倒すカギになりそうな、気になる前兆で次回へ!s

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第22話)

シルベット[ CV:水樹奈々 ]の元へ再び姿を見せたゴーシュ[ CV:福山潤 ]。と言っても、ゴーシュの意志でシルベットに会いに来たわけではなく、たまたま出会ってしまっただけ。

ゴーシュがシルベットの事を覚えていない―。今回のゴーシュの言葉は、ゴーシュを演じるための言葉でもなく、リバースのノワールとしての言葉でもなかったと思う。今のゴーシュという人間の全てをさらけ出していたと信じたい。となると、やっぱりラグ[ CV:沢城みゆき ]の手紙弾は、一時的な効果しかなかったのか・・・。その事実を突きつけられて、流石にちょっとガクッと来た。

だけど、果たしてゴーシュがかつてのノワールだったとしたら、シルベットに対して自分の今の素直な気持ちを吐露しただろうか?ゴーシュでもノワールでもない、今の彼には間違えなく"心"が生まれている。だからこそ心弾が撃てたと思うし、ラグたちの前に再び姿を見せたんだと思う。再びラグたち、過去の自分を知る人たちと向き合うために。

そんなゴーシュの決意とは裏腹に、カベルネはカリブス[ CV:井上和彦 ]たちの手によって別の場所へ。ハチノスに集まっていた「精霊になれなかった者」たちは・・・彼らもリバースの一員だったとでも?ますますラルゴ[ CV:小西克幸 ]がハチノスにいない理由が気になる。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第21話)

リバースの、そしてロレンス[ CV:遊佐浩二 ]の真の目的を知り、詰め寄るゴーシュ[ CV:福山潤 ]。もしゴーシュが、本当にロレンスが志を持って"精霊になれなかった者"を集めていたと信じていたとすれば、相当のお人好しと言わざるを得ない。その結果、ここまでゴーシュを信じて支えてくれたロダ[ CV:堀江由衣 ]に危険が迫っているんだから。

カベルネはユーサリセントラルを目指し、そしてロレンスの計画は実現に向けて着々と進む。アリア[ CV:小清水亜美 ]は「こんな時に出張だなんて・・」と嘆いているけれど、おそらく、いや確実に館長のラルゴ[ CV:小西克幸 ]はロレンスの目的を分かった上で、動こうとしてる。何もかもを知っていそうで、あまり多くを語る事のないラルゴだけに、逆に期待してしまう。

そのカベルネを止めるべく動いているラグ[ CV:沢城みゆき ]たち。ラグを送り出したときのシルベット[ CV:水樹奈々 ]の表情が、彼女の複雑な心の内そのものだったんだろうな。ゴーシュには帰ってきて欲しい、でもそのゴーシュのためにラグが危険な目に遭っている。そして彼女にはどうする事も出来ない・・。

そんなシルベットの強い気持ち、強い心がカベルネを呼び寄せてしまわないか、心配だ。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第20話)

今までサニー[ CV:倉田雅世 ]の世話をずっとしてきているコナー[ CV:菅沼久義 ]の方が、サニーの事をずっと理解しているのかもしれない。それでも、ラグ[ CV:沢城みゆき ]がサニーに心が残っていることを強く訴えかけた理由。それはもちろん、ゴーシュ[ CV:福山潤 ]のことがあるからなんだろうな・・。

結果として、サニーにはまだ心が残っている事が分かった。だから、コナーの言う「最期」を迎える可能性は、少し低くなったのかもしれない。だけどよくよく考えてみれば、それってゴーシュにも同じ事が言える?もしゴーシュの心が完全に残っていなければ。"ノワール"としての今を生きているゴーシュではあるけれど、かなり危険な状態なのか?

サニーがクッキーを食べるニッチ[ CV:藤村歩 ]やラグの姿を見て微笑んだ瞬間。コナーに釣られてボロ泣きのラグを見て、久々にテガミバチらしいエピソードだな~と、ちょっとしみじみ。そしてその瞬間に思い出した。そういえば、シルベット[ CV:水樹奈々 ]のスープ・・・。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第19話)

ゴーシュ[ CV:福山潤 ]ラグ[ CV:沢城みゆき ]にばかり注目していたけれど、今回はザジ[ CV:岸尾だいすけ ]ジール[ CV:櫻井孝宏 ]の心のぶつかり合いは熱かった!

もしかしたらリバースの考えも間違っていないのかもしれない、と思い始めた矢先の今回の出来事。自分たちの目的のためなら、仲間だったはずのジールを撃ち抜く事すらいとわない。たとえどれだけ政府が悪だったとしても、これじゃあ彼らの掲げる理想もアカツキと何が違うんだ?ようやく俺も目が覚めた気がする。リバースの存在は、決して平和をもたらす物では無い。

そして再び姿を消したゴーシュ。ラグがゴーシュの心弾銃を使って放った心弾。今度こそは、ゴーシュの心に届いたと信じたいけれど・・・。カベルネという手段を失ったロレンス[ CV:遊佐浩二 ]がどういう行動を取るだろうか。こういう男は、自暴自棄になったときが一番危険そうだ。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第18話)

「妖精になれなかった者」の死体の山から、幼い二人の子どもを救い出すゴーシュ[ CV:福山潤 ]。いや、ノワールなのか?今回のゴーシュの行動は、かすかにかつてのゴーシュの姿を想像させる。むしろゴーシュがノワールのフリをしているのでは?そんな良い方向に解釈したくなる。

ゴーシュは「処理マシーン」に対して普通の銃を使っていた。ラグ[ CV:沢城みゆき ]同様に、心に迷いがあるから心弾銃が使えないのでは?と思いたいけれど、おそらくは単に物理的損傷を与えるための手段として、選択しただけなんだろうな。一方でラグの方はちょっと深刻んかもしれない。ニッチ[ CV:藤村歩 ]がいてくれるので、鎧虫との戦いという点においては、ひとまず安心していられるけれど・・。

ストーリーは徐々にリバース側の視点になってきていると思う。そしてもはやどっちが正義でどっちが悪、という単純なレッテルを貼り付ける段階を越えている。第三者としてみていても、果たしてどうすればこの作品の世界に平穏が訪れるのか、正解が全く見いだせない。ラグの感じている迷いは、それ以上の物なんだろうか。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第17話)

相変わらずゴーシュ[ CV:福山潤 ]の事になると周りが見えなくなるラグ[ CV:沢城みゆき ]。ラメントの町(10話)ではあれだけ女装を嫌がっていたはずなのに、シルベット[ CV:水樹奈々 ]の服を脱がせてまで、身代わりになるとは。

しかし驚いたのはニッチ[ CV:藤村歩 ]の行動力!馬車に揺られるラグのシーンで、一瞬だけチラッとニッチの姿が見えたから、何処かにいるんだろうとは思っていたけども。まさか車いすに"擬態"していたとは。ニッチの髪の毛、こんな使い方もあったのか。

そんな苦労をしてたどり着いたはずのゴーシュは・・・やっぱりノワールなのか?ラグにはワザと弾を当てていないようにも見えたし、ニッチを檻から出すためにも見えた。事態を収拾するために柱を意図的に倒したようにも。そしてジギー[ CV:中井和哉 ]にも直撃を外した。ロダ[ CV:堀江由衣 ]にはゴーシュの心が見えているんだろうか?

ところで、ここのところすっかりテガミバチのサービスカット担当になってきたアリア[ CV:小清水亜美 ]。今回も見事にやってくれました(笑)。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE(第16話)

ゴーシュspan class="cast">[ CV:福山潤 ]が姿を消した理由は何なのか。ゴーシュとしての記憶は間違えなく戻っているはずだけれど、それはあくまで記憶だけ、肝心のゴーシュの心は、まだ彼の身体に戻っていないという事なんだろうか。はたまた、人工太陽と共に世界に飛び散ったゴーシュの心は、もう戻る事は無いという事実を突きつけられているんだろうか。

リバースの唱える政府への批判。それは分からないでもない。だけど、ゴーシュの今回の行動を見ていると、流石にちょっと腹立たしい気持ちになってくる。あれだけラグ[ CV:沢城みゆき ]シルベット[ CV:水樹奈々 ]に支えられているのに、どうしてその二人の前から姿を消す必要があるのか?

もし彼が本当にゴーシュとしての心を取り戻していて、それでもハチノスに残る事が出来ないという決心をしたのであれば、シルベットとの再会は避けたんじゃないだろうか?一方でロダ[ CV:堀江由衣 ]に対しては、自分の身を挺してでも守ろうとする。シルベットやロダが何か悪い事をしたのか!?そう問い詰めたくなるほど、ゴーシュの行動には納得がいかない。

それにしても、ニッチ[ CV:藤村歩 ]は随分と頼もしくなってるな。単に"戦闘能力が高い"という意味だけじゃなくて、ラグのディンゴとして、ラグの心に敏感に反応している。

テガミバチ REVERSE(@テレビ東京) / アニメーション制作:studioぴえろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation