ささめきこと

ささめきこと:最終話(第13話)

▼最終話
作品の序盤から終盤まで、基本的にストーリーは純夏[ CV:高垣彩陽 ]の視点から、純夏の気持ちを中心に描かれてきた。[ CV:高本めぐみ ]については、純夏の目を通して描かれているイメージが強くて、汐自身の気持ちや感情があまり直接的に描かれたことはなかった。その数少ない汐の心の中が見えたストーリーだった。「着いたら電話する」という何気ない一言だったんだけど、純夏の中ではもちろん、汐の中でもそれはとっても大事な約束だった。まだまだ始まってもいない二人の関係の中では、こんなちょっとした出来事でも一喜一憂してしまうんだな。そしてお互いが同じ気持ちであることがようやく確認できて、この二人はスタート地点に立てたんだと思う。

▼百合というよりもラブコメ
純夏と汐という二人の女の子恋愛を描く。それでも青い花やマリみてなどの100%百合作品と比べると、ラブコメとしての要素の方が強いと思う。物語の中心となる純夏がそもそもオッサン臭い(笑)キャラだし、「愛」という表現よりも「恋」という言葉がしっくりくるストーリーが多かった。好きで好きでしょうがなくて・・・的な話ではなく、何とか汐の気を引こうと試行錯誤している純夏をおもしろおかしく、そして微笑ましく見守るというのが俺のこの作品の見方だった。

▼汐に振り回される日々
最終話の感想のとおり、純夏はモノローグで惜しげもなく自分の気持ちを吐露してくれるんだけど、とにかく汐の気持ちや考えが分からない!本当は純夏の事が好きなのか、はたまた友達としてか見てないのか。そもそも汐には百合属性があるのか無いのか。毎回毎回、純夏と一緒になって汐の気持ちを知ろうと表情を凝視してみたり、言葉尻の意味を深く考えてみたりするんだけど、やっぱり分からない。最初から最後まで、見事に汐にもてあそばれた感じ。それが不快ということは決して無くて、それこそ恋愛を1つのゲームとして楽しむような感覚に近かったのかもしれない。

▼ラブコメ的作画
キャラクターデザインや人間の描き方は、リアリティよりもアニメ的な省略+特徴誇張の路線。それが百合路線よりもラブコメ路線を強く感じる要素になったことは否定できない。決して雑なデザインや作画があったわけではないんだけれど、どうしても俺の中では今以上に踏み込んで作品の世界観に入ることが出来なかったデザインであることも事実。色使いに関して言えば、淡い色と明るい色を丁寧に選んで使っている印象。しかしながら、映像としては画面が全体的にボヤッとしていて、アップコンバート特有のもっさり絵になっているのが残念。ノイズ感はそれほど無いんだけれど、もう少しシャープな絵にして欲しかった。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささめきこと(第12話)

番外編的なストーリー。こういうの好きだな。最初に見つけた本に戻ってくるというパターンなのか?それが今の純夏[ CV:高垣彩陽 ][ CV:高本めぐみ ]の関係を暗示していたりするのか?なんて邪推しながら見てたんだけど、そんな余計は考えは要らなかったみたい。ちょっとワクワクした、日常とはちょっと違う放課後。朋絵[ CV:原田ひとみ ]の言葉がまさにぴったり。俺もすっかり楽しんじゃったよ。

そして次回でいよいよ最終話。遂に次回予告に汐が登場!純夏の感動もうなずけるってもんだ。進路と夏の帰省。あらすじによると最終話にふさわしいもどかしい展開を用意してくれていそう。果たしてこの二人の関係、どうまとめてくるのか。期待したい。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささめきこと(第11話)

遂に[ CV:高本めぐみ ]にまでオッサン臭いと言われたぞ、純夏[ CV:高垣彩陽 ]。汐の言葉はなんでも嬉しい純夏にはまったく応えてませんが。合宿でのハプニングが手の隙間からこぼれ落ちていった純夏ですが、奇跡のプール展開。あずさ[ CV:牧口真幸 ]が一人でブルー入ってるのは気になったけど、どうやら吹っ切れた気配。

そして朋絵[ CV:原田ひとみ ]とあずさの会話でようやくはっきりした。やっぱり汐は純夏の事が好きなんだ。もちろん、この作品での「好き」は恋愛対象として、という意味になる。どうなんだろうなぁ、この二人の関係が進んで欲しいとも思うし、この微妙な関係で揺れる純夏と汐の切ない展開も悪くない。どうまとめてくるだろうか。

それにしても、毎回もう少し作画を頑張ってくれないとなぁ。百合作品はやっぱりビジュアル要素も大事。特に今回は水着のシーンが圧倒的に多いのに、身体のバランスがちゃんと書けてないのはいただけない。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささめきこと(第10話)

相変わらずの純夏[ CV:高垣彩陽 ]の妄想力炸裂![ CV:高本めぐみ ]とは一緒にお風呂にも入ってるのに、水着+オッサン的発想のハプニングに期待するとは・・。

そんな妄想パワーで生き生きとしていた純夏だけど、知らず知らずのうちにあずさ[ CV:牧口真幸 ]の本に対する態度にすっかり魅せられてしまい。真剣に取り組んでいる人には、同じくらいの真剣で返してしまう純夏。やっぱり真面目だなぁ。この真面目なところが良いんだけど。汐の事は本当に好きなはずなのに、それでもあずさを放っておけない。人が良すぎるぞ、汐。汐が「好きな人が出来た」と行ってきたら、あっさりと引いてしまい、後悔しまくる姿が目に浮かぶようだ。

だけどそんな事態はあまり心配しなくて良いのかも。汐は純夏の性格をよく分かってるから、合宿に純夏が来ないだろ事もきっと織り込み済みだったんだろうな。それにしても最後のセリフは強烈だ。純夏の妄想夏休み絵日記の何ページ分に相当するか分からないくらい(笑)。ところで百合の需要ってこんなに女の子側にあるのか?BLならまだしも・・。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ささめきこと(第9話)

あずさ[ CV:牧口真幸 ]のションボリは純夏[ CV:高垣彩陽 ]のせい?ん~、ちょっと違うとは思うけどね。あずさの暴走が原因だとは思うんだけど、そこを突き放せないのが純夏の性格。あずさにとっては過去のトラウマフィードバックからの純夏訪問だもんなぁ。単に趣味が一致しそうな友達が出来て嬉しいのか、それともそれ以上なのか・・。

そして気になったのは、あずさの部屋に[ CV:高本めぐみ ]がいないという事実。どうして来てないの?と思ったら、外から窓を眺めてなにやら寂しそうな表情。こちらも思わせぶりです。百合な三角関係突入なのか?

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ささめきこと(第8話)

あずさ[ CV:牧口真幸 ]純夏[ CV:高垣彩陽 ]のハプニングを見てしまった[ CV:高本めぐみ ]の涙。どういう意味なんだ?汐本人もその場では理解できていなかった気がする。明らかにその後も混乱していた。

純夏の家に行ってから、「純夏が乱暴な男の子に見えたから・・」ということで納得していたけど、ホントにそうなのか?それとも純夏が思うように、心の中には純夏への気持ちが詰まっているのか?何となく、少しだけこの二人の関係が前に進んだような気がして、最後の汐の「バイバイ」の表情とそれを見送る純夏の笑顔が印象的だった。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささめきこと(第7話)

今回は[ CV:高本めぐみ ]は小休止。本領を発揮したのは朱宮[ CV:清水彩香 ]の妹、万奈歌[ CV:竹達彩奈 ]。いや、本領発揮と言うよりも大暴走と言うべきか。こいつ、ホントに小学生か?純夏[ CV:高垣彩陽 ]もなんだかんだで随所で照れまくってるし、朱宮も楽しそうだったし、一応このデートは成功かな。

小休止なはずの汐なんだけど、実は一番印象に残ったのは、公園で藤棚を見上げたときの汐の表情だったりする。その後の言葉は「たいくつ~」だったけど、その表情は単なる退屈とはちょっと違って見えたけどなぁ。それでも純夏と汐の関係が変わることはなく。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ささめきこと(第6話)

5話にも増して純夏[ CV:高垣彩陽 ]の切なさが苦しくもあり、ちょっとおかしくもあり。やっぱり[ CV:高本めぐみ ]にとって純夏は親友か。今回で改めて確信。最後に「待ってるよ」と言った純夏の言葉は、「汐の気持ちが自分に向いてくれるのを待ってる」という意味にも取れる意味深な言葉。いや、その意味を強く感じたと言うべきかな。

しかし今回は汐がせっかく純夏の家にお泊まりだったのになぁ。お風呂では汐の裸をじっくり見る前に湯船に沈み。せっかく同じ布団で寝られるところをわざわざ別々の布団にしてみたり。それでいて一晩眠れないって、どれだけピュアなんだ(笑)。純夏としては成り行きで汐をラブな展開になるよりも、汐が本当に自分のことを親友以上の存在として見てくれて、そして汐から距離を縮めてくれる事を待っているんだろうな。果たしてその日は来るのかなぁ。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささめきこと(第5話)

純夏[ CV:高垣彩陽 ]の妄想は男子と言うよりも、おっさんに近い気がするんですが。包丁で指を切ったときの[ CV:高本めぐみ ]の指パクは、お約束の焼け太り展開か?と思ったのに、まさかこれまで妄想とは。実際は水道水直撃コースという悲しい現実(笑)。朋絵[ CV:原田ひとみ ]みやこ[ CV:斎藤千和 ]も加わってのちょっとしたひととき。何よりも楽しさが前面に出ていた内容だったな。

そんな楽しさの中でも時折見せる純夏の切ない表情。入学式の写真を汐の家で見つけたとき、そしてその写真が例によって爆発した料理で汚れてしまったとき。純夏は不器用なんだけど、ホントに正直だよな。それを変に追い詰めることなく、純夏を癒してあげてる汐。この二人の関係は今の距離感が一番なんだな~と思った。そしてたぶんそれを純夏も感じてる。前に進みたいけど進めば絶対に今の関係は壊れてしまう。どうする純夏。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ささめきこと(第4話)

女子部設立ならず。どうやらマジメに「可愛い女の子を集める部」的な申請をしたようだ。そりゃダメだろ(笑)。きより[ CV:加藤英美里 ]の目を付けていた女の子には、ことごとく気持ち悪がられて避けられるし、こういう所は妙にリアルな世界観だったりする。それが純夏[ CV:高垣彩陽 ]とか[ CV:高本めぐみ ]の女の子好きのインパクトを強くしてるのかも。

ここまでのところ純夏の気持ちはとってもよく分かる。ストーリーが純夏視点で進むし、モノローグも当然のように純夏の心にある本当の気持ちを語ってるので、当たり前と言えば当たり前。そうなるとそろそろ気になるのは汐の気持ちだよね。今回も「純夏がいない部活には入らない」って言ったときは、何故か俺がちょっとキュンとしてしまったじゃないか。本当は純夏に振り向いて欲しいから、他の女の子が好きだって言ってる?ん~、どうだろ。ちょっと都合良く解釈しすぎだろうか。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (5)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金