おおかみかくし

おおかみかくし(最終話:第12話)

▼最終話
ウサエルに夢中の[ CV:伊勢茉莉也 ]。ケーブルテレビの番組に出たくて仕方がない眠。番外編、特典映像と言っても良いようなこの12話の主役は眠。メインストーリーでのクールなイメージがあるからこそ、ギャップが凄すぎる。喫茶店で「シタビラメのムニエル」とか意味が分からん(笑)。BGMとか演出とかを本編そのままに使っているおかげで、ぶっ飛んだ内容に拍車がかかる。博士[ CV:小林ゆう ]も基本的にボロクソ言われてて笑った。面白かったから良しとするか。

▼ゲーム原作の割には
ゲーム原作のアニメ化の場合、どうしてもその膨大なシナリオを1クール、2クールの中に押し込めるので、テンポは良いんだけれど少々忙しい印象になることも多い。おおかみかくしもそんなテンポでの進行になるかな?と思っていたんだけれど、これが想像以上にゆったりした時間の流れ。というよりも、ストーリーのボリュームがそれほど多くなかったかな。嫦娥街とそこに住む嫦娥狼の存在。これがこの作品のコアとなる部分なんだけれど、俺の中では思ったほど盛り上がらなかった。昭和58年(1983年)という時代設定もあんまり生かされていない。つまんなくはないんだけれど、次回が楽しみになるようなワクワクする展開までは達していなかったな。

▼幼く見えるキャラデザ
博士はもちろんのこと、五十鈴[ CV:加藤英美里 ]かなめ[ CV:渕上舞 ]も高校1年生という設定にしては、少々幼い。ストーリーがホラーストーリーであり、恐怖という感情が常につきまとう展開だっただけに、ここはもう少しリアル路線でも良かったんじゃないか。PEACH-PITのデザインを大きく崩せないというのは分かるけれど、眠の抱えている嫦娥街のしきたりや神落としの残酷さというストーリーとのバランスは、やっぱり合ってなかったと思う。

▼見所のある映像演出
この作品の映像的な見所は、何気にEDかもしれない。狭い路地にカメラが入り、次々と現れる主要な登場人物。最後の角を曲がった先に待っていたのは、狩り人である眠。ストーリー序盤でも多用されたこの路地演出。ここには昭和53年という時代設定が見事に生かされていたと思う。あのスピード感と緊迫感は、アニメならではの上手い演出だ。作画・動画のクオリティについても、テレビシリーズとしては標準クオリティかな。デザインがどうしても俺好みじゃないので、評価が微妙になってしまうな。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおかみかくし(第11話)

次回は番外編的な内容になるので、ストーリーは今回で実質の最終話ということになる。この実質最終話の11話で、どうにも納得しづらいのは博士[ CV:小林ゆう ]賢木[ CV:遊佐浩二 ]に対して言った言葉だ。

婚約者を[ CV:伊勢茉莉也 ]に殺され、失意が殺意と恨みになって今回の事件のきっかけを作った賢木に対して、婚約者の死を「不幸だった」の一言で片付けてしまえるのは、やはり博士がまだまだ子供だと思ってしまった。そんな言葉で全てを飲み込んで納得できるなら、こんな事件を起こそうと思うのか?その辺をもう少し博士には考えて欲しかった。

結果として、賢木は香織[ CV:後藤邑子 ]と共に谷底へ・・。結局のところ香織と賢木の婚約者・三重子は、容姿が似てるだけの人だったってこと?だとするとちょっと期待しすぎたかなぁ。博士の「蜜」も防ぐ薬が開発されたってことで良いんだろうか?眠も五十鈴[ CV:加藤英美里 ]も博士の側にいて、なんともないみたいだけども。

実質の最終話であることを考えれば、少々消化不良感は残ったな。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおかみかくし(第10話)

普通はお祭りとくれば、何かを祝う物であってもう少し華やかな雰囲気があるはず。それがこの八朔祭りには全く感じられない。これから起こる出来事を予感させるからなのか、それとも過去から引きずる嫦娥狼所以なのか。何かあるんじゃないかと思わせる危うい空気が漂う演出は見事だ。

そしてめまぐるしく敵対関係が入れ替わるスピーディーな展開も、この10話の大きな流れの1つ。そして再び博士[ CV:小林ゆう ]の前に元気な姿を見せた五十鈴[ CV:加藤英美里 ]と、博士を守ろうとする[ CV:伊勢茉莉也 ]。この二人は、古くさいしきたりを守ることよりも今を生き、そして目の前の大切な人を守るという選択をしたようだ。

一時は博士や眠に向けられた敵対の目は、賢木[ CV:遊佐浩二 ]の私怨に満ちた愚行により、一時的に町を結束に向かわせる。この賢木を殺してしまえば、それはある意味で古くからのしきたりを肯定するに近い意味を持つ気がする。どうする、眠。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おおかみかくし(第9話)

博士[ CV:小林ゆう ]にカマをもって襲いかかる[ CV:伊勢茉莉也 ]!はは~ん、これは夢オチだな。そして夢が覚める。やっぱりね。と、そこには上気した表情で迫る眠。おいおいおい!と思ったら二段夢オチ。すっかりやられました。

嫦娥町の秘密はかなめ[ CV:渕上舞 ]の活躍と、この手の作品の主人公にしてはなかなか察しの良い博士のおかげで既に見えていた。そして今回、「蜜」の意味が眠の口から語られる。足をモジモジしてるあたり、既に限界突破が近そうな眠だったけど、流石に櫛名田家で「狩り人」を勤めているだけのことはある。一誠[ CV:岡本信彦 ]五十鈴[ CV:加藤英美里 ]とは違って、陥落を免れる。

一晩たったら何故か博士と一緒にいても平気になってるのはちょいとご都合主義ですが、博士・眠の拉致監禁事件をきっかけに、嫦娥町の対立の構図が一気に変わってしまった。カミビトvsオチビトの構図から、強硬派vs穏健派の対立に。どんどんと救いようのない方に進んでいくような、このドロドロ感がたまらん。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおかみかくし(第8話)

嫦娥狼と呼ばれた人狼の存在、そして「蜜」と称される博士[ CV:小林ゆう ]の存在。ストーリーの核となりそうな大きな背景が見えてきた。その嫦娥狼を束ねるのが[ CV:伊勢茉莉也 ]の家、櫛名田家というわけだ。

どうやら櫛名田家は一枚岩という訳ではないみたいだし、香織[ CV:後藤邑子 ]は嫦娥狼と深い関わりがありそうだけれども、櫛名田家とは距離を置いているように見える。そしてとにかく櫛名田家に深い憎しみを抱いている賢木[ CV:遊佐浩二 ]

序盤ではキャラ先行でストーリーがついてきてないと思ってたけれど、徐々にストーリーが追いついてきて面白くなってきたぞ。「蜜」である博士と蔵に閉じ込められたわけで、このままではやばいんじゃない?

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおかみかくし(第7話)

かなめ[ CV:渕上舞 ]の存在は、この作品の大きなポイントの1つだと思っていた。くったくなく博士[ CV:小林ゆう ]に近づいてくる様子から、果たして味方なのか敵なのか、半信半疑にならざるを得なかった。そして今回、そのかなめが嫦娥町の真実に近づいてしまったがために拘束されたとなれば、博士の味方だと思って間違えないだろう。

博士はかなめが学校を休むようになれば、やはり[ CV:伊勢茉莉也 ]に殺された可能性を疑うはず。そんなタイミングで、博士への協力を求める賢木[ CV:遊佐浩二 ]の登場ときた。もちろん、未だかなめの身に起こった出来事を知らないわけで、博士は賢木を自分の味方だと認識しているだろう。

でもちょっと待て。そういう意味ではコイツも相当に怪しいぞ。明らかに香織[ CV:後藤邑子 ]に因縁があるみたい。それでも思い出すのは香織との学生時代の楽しいひととき。腕のアザ(?)も意味深だし、香織の存在からも目が離せなくなった。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおかみかくし(第6話)

これで1話の冒頭と繋がるのか?少し違う見せ方だったので、もしかしたらこれよりも先のシーンかもしれない。博士[ CV:小林ゆう ]が嫦娥町の「おきて」の一部を垣間見て、そして[ CV:伊勢茉莉也 ]を「狩り人」として認識。結構ここまでのボリュームが多かった気がするけど、実はまだ半分残ってるんだな。

節々の会話から、どうやら博士が「蜜」と呼ばれる存在であり、それが10万人に一人という希な存在であることも分かった。そして明らかにこの蜜に五十鈴[ CV:加藤英美里 ]がやられてしまっている。眠の役割はこのおかしな状態になってしまった町人を狩ることなわけで、普通に考えるともう五十鈴が助かる可能性は小さい。博士から引き離しておけば、元に戻るんだろうか?

EDのキャストで「強硬派」と「穏健派」というクレジットがあったので、どうやら嫦娥町全体でも意見が割れているみたい。五十鈴も博士も、そして眠も、この後は大人たちの醜い争いに巻き込まれていくことになりそうだな。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおかみかくし(第5話)

鎌で自我を失った嫦娥町の町民を次々と手にかけていく少女。まぁ明らかに[ CV:伊勢茉莉也 ]だった訳ですが、ストーリー上でその真実が明かされる。ここについては驚きはない。

そして結局一誠[ CV:岡本信彦 ]は殺されてしまった。その一誠にキスをされた後輩の女の子。なんでも「カミビト」なる存在になってしまったらしい。なるほど、それで「恋愛禁止」な訳ね。なるほどと言いつつ、カミビトが何でダメなのかはよく分からないんだけれどね。

どうやら嫦娥町のしきたりに対して、五十鈴[ CV:加藤英美里 ]はかなりストレスを溜めているみたい。そりゃ兄が殺されたともなれば、心穏やかでないのは当たり前。最初は何となくわざとらしい、何かをたくらんでいるようにも見えた五十鈴だけれど、数少ない博士[ CV:小林ゆう ]の味方なのかも。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (1) | トラックバック (2)

おおかみかくし(第4話)

毎回、謎の少女([ CV:伊勢茉莉也 ]?)に殺される嫦娥町の住人。何せストーリーに登場しない人が毎回殺されるもんで、これがより一層嫦娥町の謎を色濃くしていた。今回、その殺される理由が判明。どうやら、誰かを好きになるのがNGらしい。しかしそれくらいで殺さなくても・・・。嫦娥狼の血を守るため?

そろそろ五十鈴[ CV:加藤英美里 ]のキャラが鬱陶しくなってきた所だったので、今回の小休止(=出番ほとんど無し)については望むところ。一方でストーリー自体は相変わらず未知の部分が多い。そんな中で、遂に博士[ CV:小林ゆう ]がその現場に居合わせる。いよいよストーリー本格始動か。大学院の研究と言っているあの男。どうやら何か知っている気配。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おおかみかくし(第3話)

「よりによってはっさくが不作の今年に」。この言葉と一誠[ CV:岡本信彦 ]の行動で、ようやく少しだけ嫦娥町の真実が見えた。嫦娥狼が関係しているのか、それとも何か怪しげな新薬の影響かは分からないけれど、この町にはかなりの数、自らの理性を維持できなくなる状態の人がいるみたい。

そしてそれを抑える力がはっさくにある、というわけだ。だから博士[ CV:小林ゆう ]が車中で暴れて、はっさくの芳香剤を蹴り飛ばしたときに一誠が正気に戻ったと推測される。そして単に嫦娥町がどうこうというだけではなくて、博士の存在についても何か裏がありそうな気配。あの採血がいかにもそれを思わせる。

それにしても一誠の車。敢えて(カローラ)レビンではなく、リトラクタブルヘッドライトの(スプリンター)トレノを持ってくるあたりが実にマニアック(笑)。そういえば時代設定は80年代だったっけ。この車、今買おうとすると15年も前のモデルで、しかも20万キロとか走ってるのに平気で60万とか70万もするプレミア車です。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金