おまもりひまり

おまもりひまり(最終話:第12話)

▼最終話
暴走する緋鞠[ CV:小清水亜美 ]に刀を構える優人[ CV:平川大輔 ]。斬りかかるにしては振りかぶりすぎて隙だらけだぞ?そして緋鞠を抱き留める。これが優人の出した答え。そんな優人に緋鞠も、そしてもちろん凛子[ CV:野水伊織 ]くえす様[ CV:松岡由貴 ]も惹かれていた訳で。戦わないこと、受け止めることも時には勇気ある行動ということ。しかし凛子が想像以上に活躍していてちょっと嬉しい。

▼ラブコメの王道
前半はサービスカットもたくさん入れたハーレム展開で、そして後半はシリアス路線。最後はみんなまとめて優人の元へ。作品の構成としてはラブコメの王道中の王道。清水久[ CV:真堂圭 ]やくえす様は、最初は敵として優人や緋鞠の前に現れ、そして優人の心にひかれ、次第に優人を好きになっていく。なかなか「この子!」と優人が決めないところがもどかしい訳ですが、ま~ラブコメなので仕方ないか。ラブコメは自分の属性にあった子を見つけて、その子目線で見ることが多い。今回は凛子目線で楽しみました。お笑い担当かと思いきや、活躍も結構多かった。

▼特筆すべき点は少ないが
1話の感想では「無理」と書いたけれど、そこまで無理じゃなかったというのが今の感想。ストーリーについては、凛子目線で見るようにしてからそれなりに楽しめた。BGMを後から付けた「あやかしサウンドシステム」については、時々ハッとするようなシーンがあり、結構良かったんじゃない?逆に普通のアニメの作曲家、演出家の力量を改めて感じるきっかけにもなったかな。事前に作られたBGMを場面に合うように、効果的に使うのは相当に難しいだろうな。映像面ではSDアプコンでクオリティも普通。ただ、戦闘シーンでの作画は相当に気合い入ってます。絶妙なパンツの見え方とかも(笑)。

▼キャラクターの魅力
話は前後するけれど、やっぱりラブコメとなれば登場する女の子が魅力的かどうか。これは極めて重要。いろいろな人に受け入れてもらうとすると、ツンデレ、ロリ、幼なじみ・・と様々な設定の女の子が入り乱れることになる。容姿も含めて、これが収拾付かない状態になるか、上手くまとめ上げるかが、作品として面白いかどうかを決める大きな要素。そんな視点でおまひまを見てみると、そこに上手いこと「あやかし」という要素を付け加えてまとめ上げた印象がある。人間はくえす様と凛子、あとはあやかし。時にある程度の集合にまとめられることでストーリーを単純明快に、時にはひとりの人間として心情を深く掘り下げる。そこまで大げさではないけど、多少無茶な設定でもこれで受け入れやすくなる。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第11話)

どうした!本編でパンツが全く見えないぞ。流石にタマ[ CV:水橋薫 ]酒呑童子[ CV:菊池正美 ]との戦いを前にして、演出面でもシリアスモード突入か。

今回も10話に続いて凛子[ CV:野水伊織 ]の頼もしさが光ってたな~。優人[ CV:平川大輔 ]よりも緋鞠[ CV:小清水亜美 ]よりも、真っ先に覚悟を決めていたのは、凛子かもしれない。

そして11話、遂に緋鞠も決意したようだ。優人を守るため、優人の望む緋鞠を捨てる。今回、シリアスモードで描きたかったストーリーの核心が、この緋鞠の決意だったんだと思う。優人との思い出が染みついた地に戻ってきたからこそ、緋鞠は心を決めたんだろうな。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第10話)

優人[ CV:平川大輔 ]の元に全員集合してタマ[ CV:水原薫 ]酒呑童子[ CV:菊池正美 ]コンビとの戦いに備える。甘すぎるんじゃないかと思えた優人だけれど、なんだかんだで優人ならではの優しさ(八方美人と言えなくもない)がなければ、これだけのメンツが優人の元で団結することもなかっただろうな。

そんな優しさ(ヘタレと言えなくもない)がウリだった優人が決意したタマとの戦い。それを無視して一人で抜け出そうとする緋鞠[ CV:小清水亜美 ]、流石にそれはないだろ~と思っていたところに優人登場!なんかすげー格好良く見えるんですけど(笑)。しかも緋鞠に「俺の側にいろ!」と命令。ここまでたくましくなってしまうとは、感無量です。

自分は戦いに参加できないと分かっていながら、料理を作ったり場の雰囲気に気を配る凛子[ CV:野水伊織 ]にも感心してしまった。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第9話)

さすがにTOKYO MXも今回は修正入りまくり(笑)。くえす様[ CV:松岡由貴 ]とのキスはおっけーだったのに、明夏羽[ CV:たかはし智秋 ]とのキスはダメって、これいかに。

さて、8話でくえす様もハーレムに引き込んだ優人[ CV:平川大輔 ]の新たな敵、タマ[ CV:水原薫 ]酒呑童子[ CV:菊池正美 ]が登場。残り話数を考えても、おそらくこいつらとの争いがクライマックスでしょう。

果たしてこいつらもハーレムに加えるのか?それとも鬼切り役としての使命に目覚めるのか。緋鞠[ CV:小清水亜美 ]を守るための決断を迫られそうな優人だけれど、意外と戦いそうな気がする。そしてこんな真面目な内容なのに、もはや笑いを取るためだけのキャラになってしまった凛子[ CV:野水伊織 ]リズリット[ CV:大亀あすか ]が哀れ・・。

7話からソロバージョンに切り替わっているEDですが、果たしてこの二人の出番はあるんだろうか。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第8話)

なにやら決意した雰囲気の優人[ CV:平川大輔 ]。これはしばらくシリアスモード突入なのか?くえす様[ CV:松岡由貴 ]にもかなり厳しい言葉をぶつける優人。もう少しヘタレなキャラだと思っていたけれど、やるときはやるじゃないか!

そこへ来てフラッシュバックする優人の記憶。まさかくえす様を鬼切り役に引き込んだのが優人だったとは。そう考えると、直前に優人がぶつけた言葉のなんと残酷なことか。本当の味方になってくれる人は優人しかいないと、それをよりどころにしてきたくえす様。これで終わってしまうのか・・・な~んて少し重苦しい気分に浸っていたんですが。

ここからが凄い。ツンデレくえす様、まさかのデレモード発動。最後まで対立したままではないと思ってはいたけれど、これで優人ハーレム加入決定ですな。新たな敵候補も少しだけ登場していたし。

今回も凛子[ CV:野水伊織 ]は二軍を脱出できず。吹っ切れたような表情を見せていたけれど、今回は出番ここだけとは(笑)。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第7話)

緋鞠[ CV:小清水亜美 ]くえす様[ CV:松岡由貴 ]のぶつかりはかなり激しくなってきた。こうなるとお笑い部門担当の凛子[ CV:野水伊織 ]リズリット[ CV:大亀あすか ]は出る幕無し・・。

この緋鞠とくえす様の対立を止められるとなると、当然ながら優人[ CV:平川大輔 ]だけだと思うけど、どうにも頼りないんだよな~。過去のくえす様が抱いた感想と全く同じ。優しいのは分かるんだけど、今のところただそれだけの優柔不断な男、優人。

とは言っても、緋鞠とくえす様はそもそも民族対立のような構図なので、これを円満に解決する方法なんてホントにあるのか?という疑問も。いや、そこをラブとコメディの力で解決してこそラブコメ。となれば、お笑い担当の二人にもまだまだ出番は・・・。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第6話)

凛子[ CV:野水伊織 ]、最後だけの登場でホント良かった。凛子が優人[ CV:平川大輔 ]くえす様[ CV:松岡由貴 ](なんか「様」つけないとダメみたい(笑))、そして緋鞠[ CV:小清水亜美 ]とのキスシーンを目撃してたら、きっと卒倒してるぞ。何気に遭遇→大乱闘も期待してたんだけど。

それにしても今回の清水久[ CV:真堂圭 ]とくえす様のバトルは見応えがあった。くえす様も清水久も、まだまだ本気じゃないぜ感出しまくり。すっかり優人にベタ惚れな清水久ですが、これは味方に引き込んでおいて良かったな。

ところで、今回の最大の見せ場だったくえす様と優人の濃厚キスシーン。オフィシャルサイトによると、「一部の局」では映像に修正が入ったそうです。あの程度で?少なくともTOKYO MXはそのままオンエアされていたと思う。となるとテレ玉あたりか?

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第5話)

ついにくえす[ CV:松岡由貴 ]登場。登場人物紹介をよく見てなかったんだけれど、見るからに高飛車そうなその性格。てっきり「敵として現れたあやかしが、優人[ CV:平川大輔 ]の優しさに感化され・・・」という展開を予想していたのに。まさか人間、しかも鬼切り役とは。

そしてこのタイミングでの回想シーン。優人とキスをした女の子がひまり[ CV:小清水亜美 ]ではないと分かった。とくれば、あれはたぶんくえすだったってことだ。なーんだ、つまりハーレム展開には変わりがない訳ね。

ま~それにしても今回は優人を取り合う清水久[ CV:真堂圭 ]リズ[ CV:大亀あすか ]凛子[ CV:野水伊織 ]のおバカなことときたら(笑)。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第4話)

せっかく3話の感想でパンツへのこだわりを賞賛したのに、今回はパンツ小休止だったな。

そしてパンツと並んでこの作品の大きなテーマになるであろう、あやかしに対する優人[ CV:平川大輔 ]の心。確かに先祖はあやかしを斬る役目を持っていた。それでも優人は争いを好まない。いくら自分ではそう思っていても、積年の恨みとばかりに襲ってくるあやかしはどうすることも出来ない。

それでもあやかしが都合良く可愛い女の子ばっかりなところは、流石にゆるさを感じる。たぶん、優人の優しい心に折られていくあやかしが次々出てくるんだろう。その中でも、やはりEDに登場しながらまだ本編では出てきていないくえす[ CV:松岡由貴 ]。彼女が本編に姿を見せると、いよいよシリアス路線に方向転換かな。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり(第3話)

優人[ CV:平川大輔 ]清水久[ CV:真堂圭 ]に言うところによると、「普通の生活がしたいだけなんだ!」だそうです。優人、冷静になれ。緋鞠[ CV:小清水亜美 ]凛子[ CV:野水伊織 ]に囲まれてウハウハ状態の君の生活は、既に普通とは全く違うレベルのものだぞ!

清水久とはもう少し対立が続くかな~と思ってたんだけど、あっさりと優人ハーレムに参加してしまいました。あのキャラはどう考えても敵にしておくにはもったいないからな。制作陣も我慢できなかったに違いない(笑)

それにしてもお色気アニメを名乗るだけあって、特にパンツのデザインには気合い入れまくりだな。基本的にみんないつも違うパンツはいてるし、それだけじゃなくてデザインも毎回違う。そして作画的にも身体のバランスとかを極力崩さないでパンツが見えるような演出とカメラワークにしてる。このこだわりは認ざるを得ない。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金