デュラララ!!

デュラララ!!(最終話:第24話)

▼最終話
杏里[ CV:花澤香菜 ]を巡る正臣[ CV:宮野真守 ]帝人[ CV:豊永利行 ]の親友対決、決着は着くのか!?最終話の大きな興味の1つだったんだけど、正臣は今回の騒動を通じて改めて沙樹[ CV:福圓美里 ]に対する自分の気持ちを再確認できたみたい。

元々、沙樹から逃げたという過去にとらわれ続けてきた正臣だけれど、今回も結局似たような状況で杏里を巻き込むことになってしまった。そんな自分の弱さと本気で向き合うことが出来たからこそ、正臣の心は改めて沙樹を求めたのかもしれない。帝人にも杏里にも、正臣は自分の本当の弱さをさらけ出してぶつかることは出来なかったから。それにしてもそんな帝の心を読み切ったかのように利用していた臨也[ CV:神谷浩史 ]サイモン[ CV:黒田崇矢 ]に一発殴られただけじゃ、気が済まないぞ!ここは是非とも、静雄[ CV:小野大輔 ]にぶちのめされて欲しかったな。

正臣が帝人と杏里の元から去ったことで、残されたのは帝人と杏里。じゃあこの二人がくっつくのかと思いきや・・・。う~ん、分からん。どうも微妙な関係?のままな気はするが、それでも前よりは杏里が心を開いている事は間違えない気がする。その杏里自身は、「正臣の事が好きだったのかも・・・」と言っているくらいだから、帝人よりは正臣に興味があるのか?原作もまだ継続中ということもあって、色々と想像を楽しませてくれる絶妙な終わり方になったな。原作・・・読んでみるか?

▼とにかく多い登場人物
主要な登場人物は、やはりメインとなった3人。でもまてよ、当然ながらセルティ[ CV:沢城みゆき ]は外せない。黒幕的な存在の臨也はもちろんだし、そうなれば静雄を抜いては語れない。しかしセルティが入るなら、もちろん新羅[ CV:福山潤 ]の存在も無視できない・・・。と、こんな風に考えるだけでも次々と名前が挙がる。これだけ多くの登場人物がストーリーに大きく関わりながら、池袋という街で起こっている1つの出来事がどんどん深化されていく。最初は「これだけ人が出てくると訳分からんな」と思っていたんだけれど、いつの間にか全ての人物を個人として認識した上でストーリーが楽しめるようになってくる。この構成は実に見事。これだけ多くの人の言動を楽しむことが出来る作品は、そうそう無いです。

▼池袋という街
俺にとってはそんなに遠い街でもないけれど、正直言ってあまり馴染みのない街。それが池袋に対する印象だった。でも何でだろ。デュラララを見始めて、そしてアニメ版が完結を迎えた今。何故か池袋という街に親しみを感じている。おそらく今まで池袋に縁が薄かった多くの人が、同じ気持ちになってるんじゃないだろうか。それだけ、この作品には舞台となっていた街という物に対する描き方が特徴的だった。ありふれた例えだけれど、この作品では池袋自身もまるで一人の登場人物のような存在として描かれていたと思う。時には気まぐれで帝人たちをもてあそぶ池袋の街。でもそこで経験した出来事は、帝人にとって「普通の出来事」だった。それはきっと、仲間や好きな女の子と共に過ごした時間と経験。その仲間に「池袋」という街が入っていたような気がする。

▼ダークな雰囲気を見事に再現
黒ずくめのセルティの衣装に始まり、夜の街でストーリーが進行することが多かったデュラララ。それ故にダークな雰囲気がつきまとう作品だった。なによりも、その夜の街の雰囲気を感じさせた絵作りによる功績が大きかったんじゃないだろうか?キャラクターデザイン、岸田隆宏氏の微妙なラインの再現度も非常に高くて、敢えてモブを単色塗りつぶしに近い形で表現していた演出手法も、この作品では見事にはまっていた。見始める前まではそれほど多くを期待していなかったデュラララだけれど、ここまで全てにおいて満足度の高い作品だったとは。終わってみれば、今までの出来事がまるで日常だったかのように思えてくる、何とも不思議な感覚です。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デュラララ!!(第23話)

正臣[ CV:宮野真守 ]杏里[ CV:花澤香菜 ]、そして帝人[ CV:豊永利行 ]。遂に3人が顔を合わせるときが来た。それもお互いの真実を知った上で。布団にくるまって雨の音を聞いていた帝人は、セルティ[ CV:沢城みゆき ]が迎えに来るのを待っていたかのようだった。

セルティから語られた、正確にはセルティの携帯を通じて読んだその文章には、帝人が予期していた事態を遙かに越えた真実が記されていたに違いない。ダラーズを無色透明に戻す、言ってみれば自分がその場所から逃げることで事態の収拾が図れると思っていた帝人。その帝人が、セルティのバイクに跨る決断をした。そして正臣は法螺田[ CV:高木渉 ]の元へ。昔のように逃げることなく。正臣にとって黄巾族が実質ブルースクウェアと化していたことは、不幸中の幸いだったかも知れない。これで心置きなくぶっつぶせる。

そしていよいよ次回で最終話か。やっぱり気になるのは帝人たち3人の行方だよな。友達として、俺はたぶんこの3人は元に戻る事が出来ると思う。もしかするとしばらくの冷却期間が必要になるかもしれないけれど、帝人は自分の殻に閉じこもる事なく二人と向き合い、正臣は逃げずに自分の本当の姿を二人にさらけだし、そして杏里は二人が自分の味方であり甘えても良い友達だと気がつけば。加えてもちろん!杏里がどっちを選ぶかなんだけど・・・・やっぱりどっちも選ばないのか?

遂に銃で撃たれて終了かと思った静雄[ CV:小野大輔 ]はなんか自分で歩いてるし、セルティはどうやら事の裏に臨也[ CV:神谷浩史 ]がいることに感づき始めたみたい。このへんもどうなるのか気になるね。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デュラララ!!(第22話)

半ば錯乱気味に杏里[ CV:花澤香菜 ]を責め立てていた正臣[ CV:宮野真守 ]どうして帝人[ CV:豊永利行 ]に本当のことを言わないのか。正臣の言葉を遮って杏里が放った強烈な言葉と意志。なによりも、その杏里の強さに、正臣自身が圧倒されていた。

正臣にとって、今の黄巾族と自分の置かれた状況は、沙樹[ CV:福圓美里 ]を守りきれなかった時とダブって見えているだろうな。それは杏里を守れなかったということよりも、結局目の前の出来事から逃げ出してしまう自分の弱さ。覚悟を決めることが出来ない自分の姿と、正反対の位置にいる杏里を比べてしまったんだろう。

じゃあ、帝人は今の状況から逃げていないのか?ダラーズを解散させ、掲示板を閉鎖することが果たして正解なのか?確かに黄巾族とダラーズの抗争という悲惨な状況を回避するのは、それは手っ取り早い方法なのかもしれない。だけど、その事実を杏里が知ったらどう思うか?暗躍している臨也[ CV:神谷浩史 ]のそれこそ思うツボなんじゃないのか。クライマックス近し。帝人が、そしていつの間にかストーリーの中心にいる杏里がどう動くのか。息つく暇もない濃密な物語が続く。

そんな折、ダラーズにとって貴重な味方であり戦力である静雄[ CV:小野大輔 ]法螺田[ CV:高木渉 ]に撃たれてしまった・・。いくら不死身の静雄とは言え、流石に拳銃はまずいだろ。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デュラララ!!(第21話)

黄巾族とダラーズの争いを何とか止めようと一人で奔走する杏里[ CV:花澤香菜 ]法螺田[ CV:高木渉 ]たちに連れて行かれてしまっても、彼女の本当の力を考えれば、それ自体に何の不安もない。むしろ気味が悪いのは、やっぱり臨也[ CV:神谷浩史 ]なんだよな・・。

臨也にとっては杏里が一人で動き出すこの状況、ある程度予想していたんだろうか?波江[ CV:小林早苗 ]にチェスと将棋とリバーシの入り交じった三角形の盤上でコマを動かしていた。つまりこういうことか。『盤上の範囲でコマを動かしている限りは臨也の思惑どおりであり、手の内の範囲だ』、と。

となれば。ここで行動を起こして事態を変えることが出来るのは帝人[ CV:豊永利行 ]のみ!もしそうじゃなかったとしても、帝人には今動いて欲しい。そこで正臣[ CV:宮野真守 ]と杏里の真実を知ることになるのは間違えない。それでも、この状況から帝人には逃げないで欲しいと思う。主人公らしく男を見せてみろ。

それにしても、みんな杏里と言えばやっぱり胸なのね(笑)。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デュラララ!!(第20話)

門田[ CV:中村悠一 ]が「ダラーズのボスを知っているヤツが一人いる」と正臣[ CV:宮野真守 ]に告げたとき、それはおそらくあの男に違いないと確信した。そしてそれは確信通りだった。

これで正臣は自分が黄巾族のボスであることに加え、ダラーズのボスが帝人[ CV:豊永利行 ]であることを知ってしまった。今はまだ、おそらくダラーズのボスが帝人であることを信じたくないという気持ちと、臨也[ CV:神谷浩史 ]の言葉が故、それは事実であることを受け入れなければならないという気持ちが半々なんじゃないだろうか。

だけど、正臣が怒りと自分の正義を貫くべき相手は、どう考えてもダラーズという組織でもなければ、帝人という存在でもない。この事態を高みから見下ろしてほくそ笑んでいる折原臨也その人でなければならないはずなのに。どんどんと間違った方向に突き進んでしまう正臣を誰も止めることが出来ないこの状況がもどかしい。

しかしセルティ[ CV:沢城みゆき ]の自覚の低さには相変わらず笑うしかないな。あれだけ派手に立ち回っておいて、その後のことをまったく気にしていなかったとは(笑)。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デュラララ!!(第19話)

藤原啓治のナレーションが入るようになったのは前回(18話)からだっけ?今まで入れてなかったのに、なぜ突然入るようになったんだ?特に杏里[ CV:花澤香菜 ]の心情については、これまでは想像を巡らせて楽しんでいたのになぁ。ストーリーの進行は早くなるし、最終的に見せたい結論への誘導は楽になるだろうけれど、蛇足に思えてならない。

今回は久々にちょっと手の込んだ時間軸の表現。アニメでは常套のパターン(事件発生中→時間戻って発生の原因へ→再び事件現場へ)だけれども、知ってはいけない事実を知ってしまった杏里の「なんで!?」という驚き。それでも罪歌と向き合うことを決めたからには、ここで逃げるわけにはいかず・・。

それでも当事者の一人である帝人[ CV:豊永利行 ]は、未だ真実をほとんど知らず。頼りにしていると思われる臨也[ CV:神谷浩史 ]はおろか、親友の正臣[ CV:宮野真守 ]にちょっと気になってる女の子までが、自分にとっての「敵」になりつつある状況。

帝人には真実に触れないでいてくれれば・・・という思いと同時に、全てを知ってしまう時がもう目前に迫っているようにも思う。せめて、帝人の胸中だけは、ナレーションで補完しないで欲しいと思う。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デュラララ!!(第18話)

正臣[ CV:宮野真守 ]沙樹[ CV:福圓美里 ]の過去。印象的だったのは、黄巾族の対象としての正臣よりも、臨也[ CV:神谷浩史 ]の怖さ。どう考えても、正臣に沙樹を近づけることで弱みを作ったとしか思えない。

その沙樹をさらうようにけしかけたのも、やっぱり臨也なんじゃないか。直接的に関与しているような場面は無かったけれど、正臣がかけた電話に意図的に出なかった様子から考えて、その電話の内容が分かっていたとしか思えない。最初は信用していなかったはずの正臣ですら、気がつけばその手のひらで踊らされている。だからこそ、今回の「斬り割き魔」事件に端を欲する「黄巾族」「ダラーズ」「妖刀軍団」の対立構図も、臨也の思惑があると、さらに確信した。

今までよく分からない人だった門田[ CV:中村悠一 ]、そしてその取り巻きの遊馬崎[ CV:梶裕貴 ]とか狩沢[ CV:高垣彩陽 ]。実はかなり格好いい人だったことが判明。特に門田!どたちんとか呼んでる場合じゃないぞ。もしかすると、今回の事件でも重要な役割を果たすことになるのかも。

そして、どうやら杏里[ CV:花澤香菜 ]は黄巾族の事実を知ってしまったようだ。遂に3人の関係にヒビが入るのか。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (2)

デュラララ!!(第17話)

この3人が出会ったのは、偶然ではなく必然だったんだろうか。帝人[ CV:豊永利行 ]正臣[ CV:宮野真守 ]、そして杏里[ CV:花澤香菜 ]。それぞれの真の素性を知ってしまうと、急に「友達」として振る舞っているこの関係が嘘っぽく見えてきてしまう・・。

正臣が黄巾族と関わりがあることは分かっていたけれど、その創設者だったとは。そしてダラーズの創設者が帝人。そこに新たに加わった「妖刀軍団」を率いる杏里。それぞれ本当の姿が見えない中で、この3人には亀裂が出来てしまうとなると、あまりにもむなしい状況だ。もしこれが臨也[ CV:神谷浩史 ]の企み通りなんだとすると、なんとも恐ろしい男だ。

いろいろな登場人物の周りでいろいろなストーリーが展開されてきたこの作品だけれど、いよいよ1つの大きなテーマが動き出した。帝人、正臣、杏里。この3人の今とこれから。いや、セルティ[ CV:沢城みゆき ]の首の件もあるな。やっぱり杏里の行く末がいちばん気になる。

さて、そんな杏里をフィーチャーしたミニタペストリーがゲーセンのプライズに登場しています。池袋に映画を見に行った時にがっつりゲットしてきました。池袋GIGO、ちょっと設定甘過ぎだろ。杏里の胸を強調した素敵なデザインとなっております(笑)。

10050801

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デュラララ!!(第16話)

15話では「贄川春奈[ CV:中原麻衣 ]に追い詰められた杏里[ CV:花澤香菜 ]がピンチ!」と思っていたのに・・。まさかまさかの展開ですよ。罪歌の本体が杏里だったなんて・・。

静雄[ CV:小野大輔 ]に図星を突かれた臨也[ CV:神谷浩史 ]の意味深なセリフ。臨也は杏里が罪歌の本体であることを知っていたのか?それとも、杏里の中にいる罪歌の存在をあぶり出すために、ワザと今回のような「斬り割き魔事件」に仕立てたんだろうか。

一見して誰かに寄生していないと生きていけないように見えていた杏里。いや、確かにそれは事実だった。だけどそれは「心の弱さ」「意志の無さ」といったネガティブな感情だけで説明できるものではなかった。これが俺の思っていた杏里の存在と大きく違っていたところだった。杏里の言葉は何とも哲学的だったけれど、素直な彼女の感情がそこには乗っていた。杏里の心の中が初めて少しだけ見えた気がした。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (2)

デュラララ!!(第15話)

14話で斬り割き魔に襲われたと思われた杏里[ CV:花澤香菜 ]と、病室で三ヶ島沙樹[ CV:福圓美里 ]と面会していた正臣[ CV:宮野真守 ]。こんなとっても気になる2つの重要事項をとりあえず横に置いて、15話はライターの贄川周二[ CV:小山力也 ]の視点、そして時間は少し戻ります。

贄川という名字、どっかで聞いたことあったな?と思った。そうそう、正臣が那須島[ CV:うえだゆうじ ]を追い払うときに使っていた名前だ。(14話の感想で「沙樹」のことと勘違いしていた)。その贄川、贄川春奈[ CV:中原麻衣 ]は次回予告に少々登場。一見どうでもいい「池袋最強を決める」というテーマで動く贄川周二。この男の存在もまた、ストーリーの中では意味を持ってきそうだし、この違った視点で今まで起こった事を俯瞰するこの作品の手法は、頭の中も再整理できるし結構好きだな。

そして14話で杏里に斬りかかってきた「斬り割き魔」は、なんとまさかのこの贄川周二。なんで?この15話での贄川の動きを見ている限り、「罪歌」との接点はまったく見えなかった。となれば、あのとき。自宅に帰った贄川を後ろから刺したのは・・・やっぱ春奈だよな。シルエットからしても。となると、予告で春奈を自室に招き入れていたように見えた杏里。彼女の心の隙間がまさに餌食になろうとしているってことじゃないのか?ここは人間、いや宇宙人の静雄[ CV:小野大輔 ]の活躍に期待。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金