のだめカンタービレ

のだめカンタービレ フィナーレ(最終話:第11話)

▼最終話
やっぱりのだめ[ CV:川澄綾子 ]には千秋[ CV:関智一 ]が必要!まるで幼稚園の先生にでもなってしまったかのようなのだめの姿は、確かに嬉しそうではあるけれど、意を決した千秋の行動こそ、のだめも心の中で望んでいたことだったに違いない。「楽しく演奏したい」、のだめの演奏に着いていける、そして引っ張っていける数少ない存在が千秋だった。今まで強引にのだめを引っ張り出して、千秋の思惑どおりになったことは無かったけれど、そして今後も千秋の思惑どおりにはいかない気がするけれど、今はのだめが楽しく演奏し、そしてその演奏が多くの人に喜びを与えられる時間が出来たことが、ホントに良かった。ホッとした。

▼世界観に引き込むストーリー
テレビドラマ化され、そして映画化までされているこの作品。俺にとってのだめの魅力は、やっぱりストーリー。音楽(特にクラシック、ピアノ等々)については全く知識がないけれど、のだめの世界の音楽にはあっという間に引き込まれてしまう。元々は音のでないマンガ原作だから、アニメ化するにあたっては最も演出に気を遣っている部分だと思う。3rdシーズンだから完全に安心して見ていたけれど、演奏が始まると知らないうちにググッと物語の中に没頭している。最終話でのだめと千秋がベートーベンの「2台のピアノのためのソナタ」を演奏しているシーンでは、楽しそうにそして突っ走るのだめの演奏に思わず顔がニンマリ。あれ、知らないうちに音楽も少し分かるようになってるじゃないか。

▼のだめの心境や如何に
作品の主人公であり、ストーリーの常に中心にいるのだめ。困ったことに、のだめがいったい何を考えているのか、何をしたいのか、直接的な言葉や感情で表現されることがとっても少なくて、これが実にヤキモキさせる。ピアノを続けたいのか、そうじゃないのか。千秋が本当に好きなのか、単に状況に甘えているだけなのか。それでものだめの芯にある「楽しくピアノを弾きたい」という気持ちは、のだめの演奏から多くの場面で伝わってくる。ま~これがかえって混乱する原因になることもあるけれど。そののだめの心境に想像を巡らせ、まるで千秋のようにのだめに振り回される面白さが、この作品の面白いところの1つだ。

▼違和感の無い演奏シーン
オーケストラやピアノの演奏シーンでは、いわゆる「3DCG」を使用。それでも最近のアニメは随分と進化したもんだ。ディズニー系の3DCGとは全く違う方向性で、まさに日本のアニメのための技術。凝視すれば確かに2DCGであるアニメの部分との違いはあるけれど、ポリゴンカクカクで不自然な印象を与える事もないし、おそらく画面から出ている音と映像で出している音はちゃんと合っている(つまり「ド」の鍵盤を押していれば、ちゃんと「ド」の音が出てるって意味です)。こういう細かい演出をキチッとやっているからこそ、作品の面白さもさらに深まるってもんだ。とは言え、最後に登場したドイツの鉄道の外観が日本の某特急の車両ってのは流石にどうかと思いますが・・。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

のだめカンタービレ フィナーレ(第10話)

のだめ[ CV:川澄綾子 ]は、燃え尽きてしまったんだろうか。のだめにとって音楽とは、自分と千秋[ CV:関智一 ]を繋ぐ物。その繋がりが、シュトレーゼマン[ CV:小川真司 ]との共演で切れてしまったとでも言うのか。

オクレール先生[ CV:清川元夢 ]の期待も分かる。だけど、ベルギーのホテル(の倉庫)で涙を流して小さくなっているのだめの姿を見てしまったら・・・。何かに縛られて演奏しなければならない今の「音楽」は、のだめにとって本当に必要なのか。これまではそのやる気のムラッ気にヤキモキしてきたけれど、流石に可愛そうになった。もう頑張った、もうこれで良いんじゃないか。

たぶんのだめ自身の中にもそういう考えがあるはず。それがこの逃避行の理由の1つなんじゃないだろうか。エジプトで会った見知らぬ人から演奏を褒められても、あまり嬉しくない。アパルトマンに戻り、もじゃもじゃの歌(?)を歌っている時の笑顔とは全く違う。

今の不安定なのだめを、千秋はどの方向へどう導くのか?いよいよ次回で決着か。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

のだめカンタービレ フィナーレ(第9話)

のだめ[ CV:川澄綾子 ]は何故シュトレーゼマン[ CV:小川真司 ]のオケでデビューすることを誰にも言わなかったのか?のだめなりの覚悟の決め方だったのか、それとも千秋[ CV:関智一 ]オクレール先生[ CV:清川元夢 ]へのちょっとした反抗なのか?

演奏中ののだめは、自然と無理なくオケに同化し調和していく。今まで自分の弾きたいように弾きたい曲だけを弾いていたのだめを思えば、奏者としてなんとも頼もしい姿。これはシュトレーゼマンだからこそ成し得る奇跡なのか、それともオクレール先生の指導が知らず知らずのうちに作り上げたのか。9話ではのだめの心情描写はほとんど無く、モノローグも無いので、想像を巡らせるしかない。最近ののだめが何を思っているのか。千秋も分かってないみたいだから、なかなか難しい。

ただ、演奏が終わっても充実感とそこからくる脱力感に浸るのだめの姿が印象的。それなら千秋とは喜んで会うかと思えば、今は会いたくない。のだめがのだめらしくない。どうしたんだろう。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

のだめカンタービレ フィナーレ(第8話)

千秋[ CV:関智一 ]ルイ[ CV:大原さやか ]のラベルを聞いてしまったのだめ[ CV:川澄綾子 ]がどんな反応をするのか?対抗心に燃えるのか?完全にやる気を無くしてしまうのか?そんなのだめの口から出た言葉はまさかの「結婚してください!」。

俺には何が起こったんだがよく分からなかった。千秋が「寝ボケてんじゃねーよ!」とデコピン食らわしたのを見て、千秋が逃げているかのようにも思えた。でも違ったんだな。こともあろうにのだめがピアノから逃げようとしていたのか。千秋が引きずっていたのは、あのときのだめに対して「逃げるな」と言ってあげられなかったことだった。

そしてのだめの前に久々にあらわれたテンション高すぎなおっさん、シュトレーゼマン[ CV:小川真司 ]。のだめの「最後の演奏」を聞いて、シュトレーゼマンが感じた物は果たして何だったのか。この3rdシーズンはのだめと千秋のめまぐるしく変化する関係がやっぱり面白い。そしてのだめ、どうする!全11話のこの作品、いよいよフィナーレ近し。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

のだめカンタービレ フィナーレ(第7話)

ルイ[ CV:大原さやか ]のラベルを聞いた千秋[ CV:関智一 ]の少々複雑な心境。やっぱりまだ千秋はのだめ[ CV:川澄綾子 ]が珍しくときめいたこの曲を、ルイと演奏することに少々ためらいがあるんだろうか。

それでもルイが千秋の思い描くラベルと全く違う演奏をしていたら、そうは思わなかったのかもしれない。なんだかんだ言っても、のだめの演奏は千秋の音楽に少なからず影響を与えてるんだな。

一方でのだめはどうだろうか。音楽という意味では、むしろのだめは千秋の影響よりも自分の直感の方が大きく影響しているみたいなので、「千秋がいない」という状況に少々落ち込み気味。ルイとラベルの演奏に挑むことについては・・・気にしてないように見えるものの、どうだろうか。二人の演奏を見せつけられて、果たしてどういう気持ちになるのか。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (3)

のだめカンタービレ フィナーレ(第6話)

千秋[ CV:関智一 ]の音楽に対する造詣の深さ。自分は音楽に対して無知なんだけれど、千秋の語り口やスラスラと出てくる作曲家の背景に関する知識の豊富さを見ている限り、ホントに音楽が好きなんだなと思う。千秋の場合、単に知識だけに秀でている訳ではなくて、音楽の持つ感情的な部分に対しても、奏者としても指揮者としても素晴らしい人間性を持っていることが改めて分かった。

それに比べると、のだめ[ CV:川澄綾子 ]は感情に頼る部分が大きい奏者なんだと思う。それも直感ではなくて、何回も何回も自分なりの解釈と少しばかり千秋からの後押しをもらって、徐々に自分の音楽を作り上げていく。

久しぶりに千秋との時間を過ごしているのだめだけど、やっぱり以前と比べるとその辺が大人になった気がする。千秋は最近のだめと一緒にいる時間が短かったせいか、こののだめの成長にちょっと戸惑ってる?単にのだめがワガママなだけだと思うけども、千秋の存在がないとのだめの今の音楽は成り立たないだろうな。あまり関係が険悪になってくると心配だ。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

のだめカンタービレ フィナーレ(第5話)

コンクールの曲はクラシック音楽を全く知らない人が聴いても、その雰囲気にのめりこめるように分かりやすい曲を選んでくれてるんだろうか。完全素人の俺が見ていても、演奏者の気持ちが伝わってくるような空気感。演奏シーン自体はあっという間に終わってしまうけれど、この5話はとっても聴き応えのある内容。

そのコンクールでのだめ[ CV:川澄綾子 ]がビビッと来たのが「ラベルのピアノ協奏曲 ト長調」だそうです。何の因果か、千秋[ CV:関智一 ]ルイ[ CV:大原さやか ]と共演予定のコンサートで演奏する演目として決定済み。どーする千秋。さすがに曲目変更はしないような気はするけれど、のだめは拗ねるだろうな~。

そんなのだめがコンクールに出ることをまだ許してくれないオクレール[ CV:清川元夢 ]先生。先生がのだめに伝えたいことって、いったいなんなんだろう。のだめの場合、「自分が気に入った曲だけを演奏したい」という気持ちが強いのは分かる。プロの奏者を目指すなら、それではダメってことなんだろうか。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

のだめカンタービレ フィナーレ(第4話)

今回の主役はターニャ[ CV:伊藤静 ]です。音楽を続ける理由。美しい旋律を奏でることが出来る理由。それは人それぞれ違うだろうけれど、ターニャの場合は「ロシアに戻りたくない」というネガティブな気持ちが先行していたのか?これって音楽に限った事じゃないんだと思う。全ての物事において、やっぱりネガティブ思考は自然と悪い方へその人を導いてしまう。

ま~ネガティブ思考大好きな俺が言うんだから、間違えない(笑)。それでもポジティブ思考でダメだったときのダメージから、どうしても逃げたくなるし。そう思いながら、ふとターニャの気持ちを考えてみた。何故か黒木[ CV:松風雅也 ]が自分になびくと考えているターニャ。なんだ、これってポジティブ思考じゃん。ターニャが再び音楽に真剣に向き合うには、ちょっとしたきっかけが必要なだけだったんだな。

ところで、今回のゲストキャラ里麻[ CV:牧野由依 ]のキャスティングについては、明らかに狙ってますね。(牧野由依は東京音大卒、そしてピアノ専攻。)しかし、随分と変な演技だったな。なんでだ?

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

のだめカンタービレ フィナーレ(第3話)

ルイ[ CV:大原さやか ]は何故ピアノを弾いているのか。何故、パリに来たのか。やっぱり大きくて明確な人生の目標を持って生きている人からアドバイスは違うんだな。千秋[ CV:関智一 ]は特別な事を言ったつもりはないんだろうけど、今の千秋の言葉には重みがある。

そしてのだめ[ CV:川澄綾子 ]はどうだろうか。以前ののだめなら、千秋が来ないことで自分の演奏が出来なくなっていたんじゃないだろうか。今ののだめには「自分の音楽」という物が形作られつつあるんじゃないかな。本人が意識しているのかどうかは分からないけれどね。あと音楽にはあまり詳しくないけれど、リストの曲は好きです。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

のだめカンタービレ フィナーレ(第2話)

オクレール先生[ CV:清川元夢 ]はたぶんルイ[ CV:大原さやか ]に必要な物が、何か分かっているんだと思う。ピアノの演奏は、それだけが完璧に出来れば良い物じゃない。日常生活から感じる事とか、普段から持っている自分の中の美意識とか、そういう物を育てないといくら技術があっても、聞いている人の心には響かない。

その点、のだめ[ CV:川澄綾子 ]は自分の感情を常にストーレートに表現する。その良い部分が演奏に乗ってくれば、きっと素晴らしいピアニストになるに違いない。そもそも、2ndシーズンと比べると、のだめもかなりしっかりしてきてると思う。これもオクレール先生の指導のおかげだろうか。単に大人になってきただけか。

のだめカンタービレ フィナーレ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation