刀語

刀語(最終話:第12話)

▼最終話
次々と四季崎記紀[ CV:森功至 ]の完成形変体刀を破壊していく七花[ CV:細谷佳正 ]。その刀を集めてきた道程を知っているからこそ、そこにとがめ[ CV:田村ゆかり ]の姿を見てしまう。まるで七花がとがめと過ごしてきた日々、とがめとの想い出を自ら破壊しているかのようで、見るに堪えない。

とがめの最期。銃で撃たれてもそこは奇策士。何か起死回生の逆転劇を隠しているんじゃないか?とがめ無しでの刀語なんてあり得ない。そんな気持ちを打ち消すように、とがめと七花が最期の言葉を紡いでいく。静寂の中に七花の叫びが響く様子は、なんの抵抗もなく自然に自分の心の中に流れ込んでくる。刀語という作品が作り上げてきた言葉の力、言葉の持つ意味、そして言葉が作り出す映像に見えない何か。その全てが凝縮された最高のシーンだ。合掌。

七花と右衛門左右衛門[ CV:小山力也 ]の戦いは、まさに死闘だった。今までは自分の意志で戦っていなかった七花が、初めて鑢七花の感情をむき出しにした瞬間。最後の技を繰り出した瞬間、とがめの髪の毛が舞ったシーンが印象的だ。まるで時間が止まったかのようなあの瞬間。とがめが嬉しそうに七花の元に駆け寄ってきて、そしてちょっとだけツンデレな笑顔を見せる様子が浮かんでくるようだ。

結果として四季崎記紀の企みは失敗、そして七花は否定姫[ CV:戸松遙 ]との旅程道半ば。否定姫が生きながらえていることに、どういう感想を持つだろうか?俺は少しホッとした。昔の七花だったら、迷わず否定姫を殺していたと思う。刀としての完成度は少し落ちたのかもしれない。とがめや七実[ CV:中原麻衣 ]の存在を忘れた訳じゃない。それでも、否定姫と七花のこれからの未来が明るいことを望まずにはいられなかった。

おまけ。誠刀・銓を持たされていた皿場工舎[ CV:早水沙織 ]のリアクションが緊迫感の中に出来た穴のように、ふっと心が緩んだ。銓がおでこにヒットした時のリアクションが最高。

▼圧倒的な言葉
1話からもうとにかく圧倒された膨大な量のセリフ。早口で無意味なことをまくし立てているわけでもなければ、勢いで単語を並べているわけでもない。これは原作小説や脚本のデキだけじゃなくて、役者としての演技力にも圧倒されたと言って間違えない。とがめや対戦相手たちの言葉が始まる瞬間、それはあっという間にこの作品の世界観に引き込まれていく瞬間だ。膨大な量の言葉が何の違和感もなくスッと頭に入ってくる。そのキャラクターがその言葉を発することに、何の違和感も無い。全てが自然。最近はセリフの量が多かったり、長いセリフを特徴とした作品が増えてきているけれど、刀語はその中でも言葉が生きている、魂が入っていると感じられる数少ない作品であることは間違えない。

▼人間として成長する七花
この作品の世界観は実に不思議だ。やけにリアルに人が死ぬのに、七花はまるでそれを現実と受け止めようとしない。いや、七花にとってはそれが現実かどうかなんて気にする必要もない出来事だったのかもしれない。普通の人が道を歩く虫を踏んでも、何の気にも留めないように。そんな七花のまるで人間味のないキャラクターが、とがめという奇策士の力で、みるみるうちに人間になっていく。人としての感情、心が出来上がっていく。そしてその集大成がとがめの死だった―。とがめの死は未だに心にズシッと重くのしかかるけれど、もしとがめと七花がこのままの関係でいたら?七花の刀としての人生、はたまた人間としての一生。直接的に多くは語られないけれど、多くを考えさせられた。

▼さすがの企画力とアニメ力
まずはフジテレビ。1ヶ月に1回、尺は60分。これを12ヶ月連続放送で全12話。普通のテレビシリーズに置き換えれば2クール24話ってことになる。それをこの時間の使い方。そしてWHITE FOX。何でもアフレコの時には既に100%完成した絵があったとか。そしてあのクオリティ。迫力。この2者の実力の共演があったからこそ、ここまでの作品に仕上がったんだと思う。1ヶ月後でも、前回のストーリーは結構覚えてたからね。1週間前のアニメでも忘れることなんて多々あるのに。WHITE FOXは今頃、シュタインズ・ゲートの制作真っ最中だろうか。原作ゲームのシナリオが秀逸だっただけに、こちらにもより一層期待がかかる。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (3)

刀語(第11話)

「アレ被り物だったのか!」

いや、それ以上に激動の11話だったわけですが、公式のキーワード遊びすぎだろ(笑)。さて、今回の敵は真庭鳳凰[ CV:置鮎龍太郎 ]―の身体に毒刀・鍍を通じて乗りうつった四季崎記紀[ CV:森功至 ]!四季崎の語る言葉から、次々と明らかになる事実。

七花[ CV:細谷佳正 ]が最後の完了形変体刀である、ということはOPのシーンから何となく雰囲気は伝わってきていたんだけど、否定姫[ CV:戸松遙 ]が四季崎の子孫!?彼女が刀を集めようとする理由は、いったい何なのか?

それはどうやら、とがめ[ CV:田村ゆかり ]の「正体」にあるみたい。いつも同じようにセリフは多いんだけど、いつもと違って時間の流れもストーリーの流れもものすごく早い!混乱する間もなく次々と事実が突きつけられる。頭の中で整理したり不思議に思ったりする暇を与えてくれない怒濤の展開。この作品の「展開力」にはいつも脱帽だ。

そのとがめ、右衛門左右衛門[ CV:小山力也 ]に撃たれたぞ!大丈夫なのか!?七花に「自分の腹心になってくれ」と思いっきりデレモードで伝えたばっかりなのに・・。旅が終わってもこの二人の関係は続くんだな~ってちょっとだけ安心したのに、やっぱり立てちゃいけないフラグを立てちゃったのかなぁ。

否定姫、そしてとがめの因縁が明らかになったところで、ますますこの右衛門左右衛門という男が謎めいてくる。そしてその残虐さ。いや、右衛門左右衛門にとってはそれは残虐とはおそらく違うんだろう。人鳥[ CV:広橋涼 ]の口に銃口を突っ込み、そしてためらいもなく引き金を引く・・・。一命とを取り留めたと安堵していたところだったのに。合掌。

さて、11ヶ月に渡って続いてきた「大河アニメ」、刀語もいよいよクライマックスか。始まったときは「1ヶ月に1回じゃ、確実に前回までのあらすじを忘れちゃうよな~」とか思っていたけれど、それは杞憂だったな。待っているのはハッピーエンドか、それともバッドエンドなのか。そのどちらだったとしても、おそらく驚くことはない。それぐらいどちらの可能性も感じる展開。楽しみに待つとするか。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

刀語(第10話)

10本目の変体刀「銓」を巡る彼我木輪廻[ CV:伊藤みやこ ]との戦いは、これまでの9本の刀を巡る戦いとはかなり違った趣となった。今回の戦いでは、七花[ CV:細谷佳正 ]の虚刀流も出番無く、完全な心理戦。しかもその心理戦を戦ったのは、七花ではなくとがめ[ CV:田村ゆかり ]。これまでのセオリーから考えれば、何もかもがイレギュラー。

基本的に「考える」という行動が極めて苦手だと思われた七花。それ故に彼我木との会話もかみ合わない。彼我木が最初に現れたとき、俺には彼我木が七実[ CV:中原麻衣 ]の姿に見えた。七実も含め、七花が苦手としてきた対戦相手がオーバーラップしている彼我木。口でも敵わなければ、武術での敵わない。今回は彼我木がとがめを相手に指名してくれて、むしろ良かった。

結果として、とがめが「銓」を見つけるきっかけになったのは、苦手としていた父親、飛騨鷹比等[ CV:川島得愛 ]の存在。その憎しみは、父親に依存していたから、父親がとがめの全てだったからこそ、心を閉ざして向き合おうとしてこなかった。七花の言葉を借りると、100%の力で防御に徹していた、ということだろうか。そしてとがめはその答えを見つけた。

とがめは、七花が戦おうとしない彼我木にどう対峙するべきかのアドバイスと、敢えて「自分で考えろ」と言っていた。その答えは、とがめが「銓」を見つけることが出来た理由に他ならない。結果として作中ではその答えが直接的に描かれることはなかったけれど、たまには七花にも頭を使ってもらわないとね。

さて、その七花が受け継いできた「虚刀流」の真実、そしておそらく明らかになった否定姫[ CV:戸松遙 ]の正体。遂に人鳥[ CV:広橋涼 ]まで瀕死の重傷で、真庭忍軍は鳳凰[ CV:置鮎龍太郎 ]一人か?残り2話、いよいよストーリーもクライマックスに向けた材料が出揃ってきた感じだ。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀語(第9話)

"まえがたり"で細谷佳正曰く、「今回はラブコメ!」ということだったので、気を緩めていざ鑑賞。ま~なんと言いますか、とがめ[ CV:田村ゆかり ]の破壊力?あれは反則ですよ。七実[ CV:中原麻衣 ]にショート(おかっぱ?)にされた髪の毛がその破壊力をさらに増幅。極めつけはあのキス!まさに「ちゅっ」っていう擬音がピッタリ。七花[ CV:細谷佳正 ]の気の抜け方も無理はない。

そんな七花の思い切ったアタックも、ヤキモチ全開のラブラブ光線も、基本的には慚愧[ CV:伊藤静 ]に対する敵対行動なわけです。ほぼ100%勘違いとはいえ、この慚愧もまた何とも肝心な所が抜けていて思わず側にいたくなるタイプ。ドジッ娘じゃないんだけど、端から見てると危なっかしい。

最初から「心王一鞘流」の道場は、やたらと広く大きく見えた。そこに凛と居座る慚愧。その決意と潔さが伝わってくると同時に、その裏には寂しさや哀愁が見て取れる。慚愧が「恋に生きてみたかった」と悲しそうな表情をして語った瞬間。今の自分の人生に100%の自信が持てないんだろうか?どこか人間としての感情に少し欠けるような慚愧の言葉や行動。それも最後の一言と本心からの笑顔ですべて吹き飛ばされた。もしかすると鋸の存在が彼女を縛っていた、ということなのかもしれない。

一方で真庭忍軍は遂に鴛鴦[ CV:山像かおり ]右衛門左右衛門[ CV:小山力也 ]の銃弾に倒れ、ついに鳳凰[ CV:置鮎龍太郎 ]人鳥[ CV:広橋涼 ]の2人だけに・・。

否定姫[ CV:戸松遙 ]がとがめの刀集めを阻むことなら、真庭忍軍は泳がせておいた方が得策だと思うんだけど、どうやらそう言うわけではないみたい。知らないうちに真庭忍軍が不憫に思えてならなくなってきている。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

刀語(第8話)

七花[ CV:細谷佳正 ]の「ひなたぼっこ」という言葉でピンと来た。日和号[ CV:遠藤綾 ]の動力源は、太陽光なんじゃないかって。でもこの発想は、今この時代に生きているからこそすぐにひらめくエネルギー源。この作品の時代設定を考えれば、その事実にたどり着いたとがめ[ CV:田村ゆかり ]の思考は、賞賛に値する。

そして人形でありながら、微刀・釵として四季崎記紀の魂が込められた存在の日和号。日の光を浴びながら空を見上げるあの姿は、どこか主を失った寂しさにうちひしがれているような、そんな印象すら与える。過去の自分を日和号に重ねていた七花の言葉が、さらに拍車をかけた。七花と違って日和号は心を持つことは出来なかったけれど、七花に敗れ、自らの役割を終える瞬間を迎えたそのときに、日和号の顔に落ちた雨粒。四季崎記紀の哀愁を感じずにはいられない。

物語もこの8話を入れて残り4話。今までは「暗躍」というイメージの強かった否定姫[ CV:戸松遙 ]がいよいよ表舞台に登場。一応のところ、とがめの味方という事にはなるのか。左右田右衛門左衛門[ CV:小山力也 ]は刀の名前を全部知ってるみたいだったし、否定姫の後ろに飾ってあった2丁の拳銃。相変わらず不穏な存在であることは間違えない。

さて、8話からOPがALI Projectに。アリプロらしい弦楽器のリズム感が心地よい、そしてどこか不思議な空間で聞かされているような、妖艶な雰囲気を感じる楽曲。刀語の世界観に見事にはまってる。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

刀語(第7話)

こうも早くに七花[ CV:細谷佳正 ]七実[ CV:中原麻衣 ]の殺し合いを見る事になるとは。しかもそのきっかけは、俺には唐突にやってきたようにしか見えなかった。

果たして七花は七実を殺したことに納得できる理由を見つけているのか?「七実は死にたがっていた」というのが、とがめ[ CV:田村ゆかり ]の説明だったけれど・・。天才故の重圧なのか?自らの身体が虚刀流を継ぐにふさわしくないことを理解したからこその行動なのか?

作品の中で、映像で描かれた世界だけでは、どうにも俺には納得するだけの理由を見つけきれなかった。七実の心の内は、やっぱり計り知れない。悪刀"鐚"を引き抜かれても立ち上がる七実に対して、「もう終わった!」と必死に叫んだとがめの言葉の方が、俺には納得できた。

それでも冷静に振り返ってみると、果たして不承島にいた頃の七花だったとしたら、これだけ七実との殺し合いを躊躇したんだろうか?姉という存在の意味をどうとらえていたんだろうか?そういう面から見てみると、七実との戦いには七花の人としての成長においては、大きな意味があったのかもしれない。そう納得させるしかない、なんとも俺的には後味のよろしくないストーリーでした。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀語(第6話)

オフィシャルサイトのまえがたりがかなーりグダグダになっていたので、いったいどんな内容なんだろうと少々気を揉んで見始めたんだけど、見終わって言えることは「こなゆき[ CV:日高里菜 ]が無事で良かった・・・」、これに尽きる。

真庭狂犬[ CV:根谷美智子 ]の狂犬発動。普通に考えて、今現在、狂犬の残留思念が入っている体の中にこなゆきの心が入ってしまったと、当然そう考えた。つまりギニュー隊長よろしく、中身が入れ替わるもんだとばっかり。それがこなゆきの体に狂犬が移動したと思われた瞬間、狂犬の元の体が灰のようになって消えてしまうとは・・。

この瞬間から、七花[ CV:細谷佳正 ]が機転を利かせて狂犬の存在だけを葬る瞬間まで、何か気が抜けたようにボーッとしてしまった。こなゆきを残して全滅してしまった凍空一族。そんな悲しみを七花やとがめ[ CV:田村ゆかり ]の前では決してみせることのないこなゆきの健気な笑顔。このキャラクターはかなり反則だ。(凍空一族の悲運には、何となく否定姫[ CV:戸松遙 ]が関与している気がする。)

それにしても七花の機転の利かせ方には、とがめだけではなく俺も驚いた。これはとがめが刀である七花の存在を磨いてきたことのたまものなのか?それとも、より人間らしい心を持つことによって、逆に刀がさび付いてしまうことになるのか?どうやら次回は七実[ CV:中原麻衣 ]と戦う事になるようで、七花がどんな反応を示すのか、非常に興味深い。

さて、今回で真庭忍軍が全員登場。川獺[ CV:川田紳司 ]とか人鳥[ CV:広橋涼 ]がやけに可愛らしいと思ってたのに、川獺は鳳凰[ CV:置鮎龍太郎 ]にバッサリと頭をちょん切られ・・・。絵柄とは似ても似つかない残酷なシーンだった。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀語(第5話)

とがめ[ CV:田村ゆかり ]と混浴で温泉に入りつつ、「惚れ直したぞ!」と高らかに宣言する七花[ CV:細谷佳正 ]。その割にはとがめに手を出すわけでもなく・・・。かと思えば校倉[ CV:小山剛志 ]にヤキモチ?を妬いてみたり。

今回もオフィシャルサイトのまえがたりを聴いてから放送を見た。その中ではこの七花の行動を「幼い子供」と表現してた。そこに含まれるのは無邪気なという意味だろうか。むしろ俺には、3話敦賀迷彩[ CV:湯屋敦子 ]を何のためらいもなく殺した、七花の恐ろしさが先に来た。

それでも、校倉との決闘では「俺の女に手を出すな!」と叫んでいた。校倉のとがめへの執着を目の当たりにして、七花にも少しだけ人間らしい感情が芽生えたのかも知れない。一方で、七花にとってそれは強さと引き替えにならないのかという心配も。否定姫[ CV:戸松遙 ]、真庭忍軍の鳳凰[ CV:置鮎龍太郎 ]と、鍵になりそうな登場人物も顔を出し、いよいよとがめ&七花の旅も緊迫感が出てくるだろうか。

いや、それはないな・・。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (3)

刀語(第4話)

今回もオフィシャルサイトの「まえがたり」を聴いてから本編に。まさかまえがたりを含めて壮大な「釣り」が行われているとはつゆ知らず・・。原作未読で俺と同じようにまえがたりから入った人は、完全にしてやられた内容でした。次回予告も含めて。まえがたりに緑川光を呼んでおいて、次回予告で錆白兵[ CV:緑川光 ]七花[ CV:細谷佳正 ]の派手な戦闘シーンを見せておいて、全てがそのためだけに用意された物だったとは。

そんなわけで、本編の中身は七実[ CV:中原麻衣 ]と真庭忍軍の虫部隊、蟷螂[ CV:保村真 ]蝶々[ CV:阪口大助 ]蜜蜂[ CV:三浦祥朗 ]の戦い。いや、戦いというよりも一方的に七実が三人を、それこそナレーションのごとく虫のように殺していくストーリー。これが原作どおりの内容だそうです。

七花の留守に狙われる七実だけれど、この見せ方はおそらく七花と同等、もしくはそれ以上に強いんだろうなと、そんな雰囲気はあった。だけど七実の実力は強いとかそんな平凡な言葉じゃなくて、もはや残酷で冷淡というほかない。躊躇無く自分を襲ってくる真庭忍軍の忍者を次々と手にかけ、それでも全く表情を崩さない。最後、海を見ながら「私も参加したい」と言ったのは、おそらく蝶々の忍法が海を渡る方法に使えることを理解していたから。本当にこの先七実がやってくるかどうか、それは原作未読の俺には分からないけれど、もしも七花と七実が行動を共にするようなことになれば、それこそが七花ととがめ[ CV:田村ゆかり ]にとって、最大の障壁となりそうな気もする。

今回は完全に出番なしの二人でしたが、次回は再び主役に復帰かな?段々と距離は近くなってる気がするんだけど、七花の考えはまったくもってよく分からん。それにしても七実の怖さだけが印象に残った4話でした。

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

刀語(第3話)

今回もオフィシャルサイトのまえがたりを聞いてから視聴。まだ見てない人は、まえがたりを聞いてから見ることをお勧めします。まえがたりの内容のとおり、今回は七花[ CV:細谷佳正 ]とがめ[ CV:田村ゆかり ]以上に、七花と敦賀迷彩[ CV:湯屋敦子 ]の言葉に注目していた。

今回ほど、七花が対戦相手に対してなんの同情もしないことに戸惑いを覚えたことは無い。それでもとがめは「殺すことはなかったのに」という言葉を飲み込んだ。それがとがめの刀である七花にとっては当然のことだし、主であるとがめが取るべき態度だと悟っているからなんだろうか。それでも、三途神社の行く末を考えると、果たして1000人の巫女がどうなってしまうのか、あまり良い未来が想像できない。

それは俺が思うに、この神社にとっての刀は千刀ではなくて、敦賀迷彩その人がいることだったと感じたから。確かに巫女は刀を携えることで精神的な落ち着きを保っていたかもしれないけれど、果たして敦賀迷彩という存在を失っても、その刀は意味を持ち続けることが出来るんだろうか?3話については、その本編のストーリーはもちろん、アフターストーリーをいろいろと想像したくなる内容だった。

それにしても今回の真庭忍軍、喰鮫[ CV:坪井智浩 ]。ネタキャラ?

刀語(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:WHITE FOX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation