会長はメイド様!

会長はメイド様!(最終話:第26話)

▼最終話
これぞラブコメ!という文句のない終わり方。原作は未読だけれど、連載継続中ということも考えるとこのフィナーレの迎え方は上手に綺麗にまとめたと褒めるべきだと思う。

さて、そんな最終話の部隊は夢咲の学園祭。期せずしてなのか、運命のいたずらなのか、拓海[ CV:岡本信彦 ]美咲[ CV:藤村歩 ]のデートという格好に。顔真っ赤で照れまくりの美咲はある意味でいつもどおり。だけどその先が違った。今日の美咲は、いつも以上に拓海との距離を意識していたし、自分の中で消化しきれない拓海への気持ちを、拓海にどうやってぶつけて良いのか戸惑っていた。

そんな美咲の気持ちの表れは、やはりアトラクション終了後、拓海が手を離したあの瞬間だよね。今までの美咲が見せることの無かった、意表を突かれたような表情。あの後から美咲にとって"拓海と一緒の時間を過ごす"ことの意味が変わったんじゃないか?そう思える位のインパクト。最初のキスは拓海が美咲の不意を突いた。今度のキスは、美咲と拓海の気持ちが通じ合った証。最後まで拓海に好きって言えない美咲のツンデレなところが、たまらなく可愛い瞬間だ。

▼シリーズ構成の妙
コミックスという原作があるので、ストーリーの道筋を立てることにそんなに難しさは無かったと思う。それでも、この作品の全体を見通してみると、物語の組み立てが上手かったな~と感じる。序盤は美咲の強烈なキャラクターとメイド喫茶というギャップで引きつける。中盤はその美咲というキャラクターのいろいろな一面を見せつつ、拓海という存在を常に意識させるところに置いておく。そして終盤。もはや公然の事実となった美咲と拓海の関係をクライマックスまで盛り上げる。原作は少女マンガではあるけれど、ラブコメというジャンルと考えれば、男女問わずに26話、毎回違った面白さがあり、そして筋の通った美咲と拓海の関係を楽しめる。そんな良作だったと言える。

▼新たなツンデレヒロイン?
美咲を敢えてアニメのヒロインの属性で分類するならば、もちろんツンデレだ。とは言えそこは少女マンガ。男に媚びを売るだけのデレとはやっぱりひと味違う。他人のために100%以上頑張っちゃう美咲という真面目すぎる女の子が、拓海と出会い、恋心を育んでいく。だけど自分ではその気持ちをどう表現して良いか分からない・・。そんな美咲の心の揺れ動きがとっても分かりやすく描かれていたので、見ていて飽きない。さつき[ CV:豊崎愛生 ]ほのか[ CV:阿澄佳奈 ]といったメイドラテの面々。さくら[ CV:花澤香菜 ]しず子[ CV:小林ゆう ]、生徒会の面々、3バカに[ CV:五十嵐由美 ]。周りを固める登場人物も実に痛快。

▼J.C.STAFFパワー
TVシリーズとしては、この作画クオリティに文句をつける人がいるんでしょうか?基本は学校のシーンが多いので制服中心とは言え、メイドラテでは各種"Day"の設定。美咲の普段着の地味さ加減も相まって、ビジュアル面では毎回新鮮なイメージで見ていた気がする。美咲の表情とかテレてる時の演出については多少過剰な感もあったけれど、それも含めて美咲というキャラクターの表現だったと思えば、所詮は重箱の隅。今期も制作本数が多かったであろう中で、このクオリティを維持できる制作プロダクションの存在は貴重。今後もよろしく頼みますよ。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第25話)

美咲[ CV:藤村歩 ]拓海[ CV:岡本信彦 ]にだけ見せるあの表情を見ていたら、さすがの陽向[ CV:阿部敦 ]でも、もうどうすることも出来ないよな。恋って先着順じゃないんだよね、残念な事に。陽向の苦しい胸の内が伝わってくるようだ。

それもこれもやっぱり美咲がはっきりと自分の気持ちに整理が付けられないのが1つの原因なんだよね。ほのか[ CV:阿澄佳奈 ]に思いっきり嫌みを言われていたけど、いつまでも"良い友達"を引っ張り続ける事が、必ずしも陽向のためにならない。陽向に次の恋を見つけてもらうためにも、拓海に対する自分の気持ちが恋愛そのものだってことを認めないとね。

さて、物語は急展開で夢咲の学園祭へ参上するお馴染みの面々。ということは最終話の舞台は夢咲高校ということになるのか。この場には陽向はいない。そして拓海と美咲が二人きり・・。原作連載が継続中なので、原作の枠を大きく越えたエンディングは用意できないだろうけれど、どういう決着が着くのか楽しみだ。

あとしず子[ CV:小林ゆう ]の悪意に満ちた言い間違え(in予告)、「カメムシ」が最高でした(笑)。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第24話)

久々にメイドラテの賑やかな1日、魔女っ娘メイDo!デイ。当然[ CV:五十嵐由美 ]はホールには出してもらえず。う~む、ちょっぴり残念。今やすっかりお馴染みのジャンルとなった男の娘。俺は流石にその分野は・・・と思っていたけれど、もし葵がそのジャンルに入るのであれば、アリだと思います(笑)。

物語のクライマックスも近づいてきて、いよいよ拓海[ CV:岡本信彦 ]も本領発揮か。相変わらず強引なやり方だけど、たぶん美咲[ CV:藤村歩 ]は拓海みたいにグイグイ自分を引っ張ってくれる男の子が好きなんだろうな~。普段、頼られる一方だからこそ、いつも自分を支えてくれて甘えさせてくれる(と思われる)拓海に惹かれても無理はない。

拓海の嘘をつけない魔法の演出は、超絶という表現がピッタリなほどクサいセリフなんだけど、これは今の美咲にはど真ん中ストレートだったようです。それでもまだ自分の気持ちに気づいていないという立場を貫き通すのか?美咲のたくましさとか強さには心が晴れるけれど、そろそろ美咲にも自分の心を休める場所を作って欲しいな~。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第23話)

どうやら陽向[ CV:阿部敦 ]の存在は美咲[ CV:藤村歩 ]以上に、拓海[ CV:岡本信彦 ]に大きな影響を及ぼしているみたい。具体的には"焦り"だ。

今までの拓海と言えば、余裕綽々で美咲をからかって楽しんでたように見えた。もちろん、何事にもいつも一生懸命で人のために自分の限界も忘れて頑張ってしまう、そんな美咲を愛おしく思いながら。ところが陽向も、拓海と全く同じ美咲の魅力に惹かれていた。拓海にとってはこれまで美咲の周りに寄りついてきた男とは、ひと味違うってこともすぐに理解できただろうな。

陽向と美咲が昔の話で盛り上がっているところを邪魔してまで遮ろうとするなんて、今までの拓海からは考えられない行動だよね。さて、肝心の美咲の方は・・・。スイーツ早食いでへばってるところにさりげなく現れた拓海にデレデレだったりするし、拓海に対して抱いている感情と陽向に対する気持ち、これは明らかに違うよな。だけど、美咲にとっては今のままの関係が心地よいのかもしれない。

嘘をつくことをはばかられる存在、拓海と陽向。今の美咲にこの二人を選ばせるのは酷な気がしてならない。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第22話)

林間学校!修学旅行ではない所に微妙な違和感を感じつつ、ラブコメお約束のイベントかと思ったのに・・。まさか本気で単なる苦行の旅になるとは(笑)。陽向[ CV:阿部敦 ]の天然キャラが果たして本物なのか、それとも作られたキャラなのか。そんな疑念を持っていたんだけど、今回の林間学校ではっきりした。こいつは本物だ。

それと同時に、美咲[ CV:藤村歩 ]が好き!って気持ちも、決して嘘や冗談、軽いノリで口にしている訳では無い事も分かった。美咲の拓海[ CV:岡本信彦 ]への気持ち、拓海に向けるその視線。美咲のことが好きだからこそ、おそらく陽向には美咲が拓海に惹かれている事にすぐ気づいたんだと思う。

だからといって、美咲の事をかんたんに諦めるような男じゃないな。それはつまり、美咲が決断を迫られる瞬間が近づいているということでもあり。もちろん、美咲は拓海を選ぶんだろうし、拓海に惹かれる自分の心にもそろそろ嘘がつけなくなってきてる様子だから、分かってはいる。分かってはいるけれど、なかなか決断しない美咲が少しもどかしい。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第21話)

意外にも美咲[ CV:藤村歩 ]拓海[ CV:岡本信彦 ]の関係を冷静に、そして客観的に見ていた[ CV:鳥海浩輔 ]さつき[ CV:豊崎愛生 ]たちとは違っておもしろがってるわけでもないし、付き合ってもいない男のためにお粥まで作って看病ってのは、確かに腑に落ちないよな。

それでも、もう美咲が拓海にベタ惚れなのは間違えないことだし、疑いようのない事実だよね。転校生で美咲に会うために戻ってきたという新キャラの陽向[ CV:阿部敦 ]だって、結局の所、美咲に自分の心の中に積もっている拓海への気持ちを気づかせるためのきっかけになるだけだと思うし、美咲にとっては拓海との恋愛の通過点でしか無いと思う。

とにかく分からないのは拓海が何を考えているのか、ってことなんだよね。19話でも久々に美咲にキスすると思わせておいて、やっぱり抱きしめるだけ。あの場面、美咲はキスされても無抵抗で受け入れたと思うんだけど、拓海が手に入れたい美咲っていう人間は、そういうことはしないっていう解釈なのかなぁ?果たして陽向という存在に拓海がどう反応するのか。一見すると無関心を装うと思うので、その先にある拓海の本心を探ってみたい。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第20話)

AパートとBパートで2本立て。美咲[ CV:藤村歩 ]拓海[ CV:岡本信彦 ]が、学校でもメイドラテでもない場所なのに、基本的にいつもどこからとも無く沸いて出る拓海。流石、変態の称号を得ているだけのことはある。

それでも20話は[ CV:五十嵐裕美 ]の独壇場でした。幸村の妹、るり[ CV:小倉唯 ]もなかなか強烈なキャラクターだったけど、拓海の目立ちすぎる衣装を仕上げてきて、素敵な脚本を用意して事態をさらにややこしい方向へ誘導(笑)。これには誰も勝てない。

そして後半は葵の自分撮りエピソードのはずが、何とも頼りない5人の下僕が誕生するお話です。幸村[ CV:椎橋和義 ]にしても、[ CV:鳥海浩輔 ]にしても、葵に全く気づかないというお約束のコント。それにしても葵は女の子の格好をしている時は生き生きしてるんだよな~。しかも照れ隠しじゃなくて自然の笑顔を見せたのは、初めてじゃない?

その葵、果たして美咲のことは・・・どう思ってるんだ?落ちそうになった所を、これまた予定どおりに通りかかった美咲に助けられ。これは美咲ラブのフラグかと思ったんだけど、特に照れてる様子も無かったな。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第19話)

EDの冒頭に登場する「フェロモン星」なる看板の突き刺さった謎の惑星の正体が明らかになりました。どうやら拓海[ CV:岡本信彦 ]の出身地らしいです。英国式のテーブルセッティングを完璧にこなしたかと思えば、腕や手首を痛めているはずなのに完璧にバイオリンを弾きこなす。拓海の過去についてはEDに色々と連想させるシーンが出てくるけど、少なくとも本人がお気楽に振る舞っているほど脳天気な人生を歩んできたわけではなさそう。

その拓海、形としてはメイドラテのため、美咲[ CV:藤村歩 ]のため、身体を張ってフットマンオーディションの臨んだということになる。拓海の場合、いつもひょうひょうとした表情で何の苦もないようにこなしてしまうけれど、おそらく美咲のために相当な無理をしている事は間違えない。美咲の場合、目に見えて必死に努力する人には影響されやすいんだけれど、こうやって影ながら美咲への気持ちを表現しようとする人はなかなか目に入らないんだよね。

そうはいっても、素材の味を見事に殺すおかゆを作ってあげたり、着替えを手伝ったり。ポジション的にはもう拓海の彼女なんだけど・・・。6話で拓海の不意打ちキスがあって以降、何度も見つめ合っている二人なんだけど、なかなか次のキスに至らない。拓海としては、次は美咲の意志でキスしてくれるまで待っているのか?

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長はメイド様!(第18話)

メイドラテを守るべく立ち上がる美咲[ CV:藤村歩 ]!二人一組での参加となれば、当然のように拓海[ CV:岡本信彦 ]とのコンビじゃないの?と思ったら、貧乳という理由で見事に選抜されたすばる[ CV:植田佳奈 ]??やっぱりこのコンビには違和感あるよな。そもそも、すばるはどう考えても体育会系じゃないし。

そんなわけで、なんだかんだで結局のところ拓海とのペアに落ち着くのがまさにお約束。当然、[ CV:鈴村健一 ]も美咲が女だと言うのは分かっている訳で、それでも敢えてOKを出すんだから真性の性悪だな、こいつは。もう懲りて大人しくしているのかと思っていたんだけど、そう簡単に諦めるようなら変態はつとまらないか。

とはいえ、この状況が期せずして拓海と美咲を近づけることになったのは間違えない。まな板のようとは言え、美咲も拓海に胸触らせてるし・・。しかし、冷静に考えれば考えるほど、あれで男を証明したってのはちょっと違うような気もするよな(笑)。二人が彼氏・彼女だったら別にあのくらい何てこと無いわけで、やっぱり「脱げ!」となるのが少年漫画的お約束。そこは流石に少女マンガ。綺麗にかわしてくる。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

会長はメイド様!(第17話)

拓海[ CV:岡本信彦 ]が何でビーチバレー大会に参加したのか。普通に考えればすぐに分かりそうなもんだけど、やっぱり美咲[ CV:藤村歩 ]にはまだ分からないのか?それとも分からないフリをしているだけなのか?拓海からその事実を告げられ、そして自分からキスしようとした美咲の素振りを見れば、もう分かっているんだと思うけどね。

そんな拓海のライバルに果たして[ CV:五十嵐由美 ]はなり得るのか。いや、そもそも葵の心は・・・男の子?女の子?意外と可愛げのある葵は結構好きだったりするんだけど、最後の記念写真で美咲の手を引っ張ってたのが気になる。とは言え、葵の場合は自分の意地に付き合ってくれた美咲への精一杯の感謝の気持ちだったのかも。

ところで、ビーチバレー大会で拓海とペアを組んだのは、メイドラテのセクシー担当らしいエリカ[ CV:伊瀬茉莉也 ]。今まであんまり目立たなかったけど、エリカはメイド服より私服・水着の方が断然良いぞ!これが最後の見せ場だった可能性は否定できないけど・・。

会長はメイド様!(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation