迷い猫オーバーラン!

迷い猫オーバーラン!(最終話:第13話)

▼最終話
総集編+文乃[ CV:伊藤かな恵 ]千世[ CV:井口裕香 ][ CV:竹達彩奈 ]によるコメンタリーの特別編。実質的に前回の12話が最終話だったという認識で良かったみたい。最後に総集編を持ってくるっていうのもあまり例がないな。確かに全部のストーリーを見せ終わった後ならネタバレも気にしなくて良いし、コメンタリーの素材としては最適かもしれない。とは言え、せっかくのパンツアニメなんだから、家康[ CV:吉野裕行 ]の責任編集による総集編+コメンタリーでも良かったのに(笑)。

▼ラブコメのお約束
幼なじみのツンデレキャラ。もはやここから新しい要素を掘り起こすのは無理じゃないかと思うくらい、既にラブコメの世界ではお約束となった設定。しかしだ。敢えてお約束の王道を突き進むのも決して悪くない。迷い猫オーバーラン!では改めてそれを感じた次第。文乃+伊藤かな恵のマッチングがとにかく最高。中でもやはり3話の告白シーン。「好き!嫌い!大好き!!大嫌い!!」と夢中で言葉にしていたあのシーン。文乃の可愛さ炸裂でした。一方で主人公であるはずの[ CV:岡本信彦 ]の方は、相当に影が薄い。文乃のツンデレ対象は巧のはずなのに、何故かこの男は相当にインパクトが弱い。それもまたツボだったりするんだけどね。

▼12人の監督による12通りの物語
毎回監督交代制。テレビシリーズのアニメとしてはかなり異例の作り方だ。その時々によって異なっていたけれど、演出や脚本までその話数担当の監督が手がけている回も。その効果はかなり如実に表れていて、毎回毎回、作品の雰囲気や世界観が相当に違って見えた。ストーリー物であれば歓迎される傾向ではないけれど、ラブコメ+ツンデレ+ネコミミメイドみたいなお約束が組み合わせっている作品だけ合って、根本的な部分は実は1話でイメージがすり込まれていたみたい。あくまでそれをベースとした内容という見方ができたおかげて、毎回どんな内容になっているのかという楽しみの方がかなり大きかった。

▼綺麗な映像、それ故に・・
HD制作HD放送。そのかいあって映像はかなり綺麗。やっぱり地デジ時代のアニメはこのくらいの映像クオリティを常に要求したい。キャラクターの可愛さはもちろん、キャラメインの作品では得てしておざなりになりがちなところだけれど、この作品ではストレイキャッツの店内に代表されるように、かなり緻密に設定を起こして、細かいところまで書き込まれていた。そんな綺麗な映像だからこそ、キャラクターの作画レベルが崩れるとかなり目立ってしまうのも事実。もう少し頑張れたんじゃないのか?と思うシーンが多数あったことは確かだ。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン!(第12話)

[ CV:竹達彩奈 ]が頑張った!ここまでの1話~11話で喋った量を全部足したよりも、12話の方が多く喋ったんじゃないのか?保健室で文乃[ CV:伊藤かな恵 ]千世[ CV:井口裕香 ]に「[ CV:岡本信彦 ]が好き。どうしよう。」と素で困ってる希が何とも可愛い。文乃が幼なじみポジションを生かしたメインヒロイン筆頭かと思っていたのに、希が急上昇だ。

エピソードとしてはこの12話で一応終了?最終回っぽいEDの演出だったけれど、一応最後は13話があるってことで、ここはやはりこのアニメの心髄。パンツアニメの本領を発揮したエピソードを是非(予告の雰囲気的に総集編なのか?)。教室でブルマとスパッツで悩む希、おれはてっきり「何も履かない!」を選択したとばかり。流石にここにきてのその展開はなかったか。いや、希ならあってもおかしくなかったと思うんだけども・・。

ところで、11話では何故かキャストにテロップされなかった鳴子叶絵[ CV:堀江由衣 ]、この12話ではちゃんとテロップされてました。謎だ。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン!(第11話)

「血のブルマ事件」で大騒ぎの文乃[ CV:伊藤かな恵 ]千世[ CV:井口裕香 ]。ここまではいつもどおりなんだけど、[ CV:竹達彩奈 ]の様子が明らかにおかしい。いつもの無邪気な無表情じゃなくて、何か思い詰めているかのような無表情。

体育館で希が[ CV:岡本信彦 ]に語った「4匹の猫と1つのご飯」のたとえ話は、あまりにも分かりやすすぎる。巧が気がつかないのはむしろ天才的に天然の要素を持っているんじゃないの?しかもその希を動画サイトで発見した村雨四摩子[ CV:能登麻美子 ](これは絶対マリ見てキャスティングだろw)が乙女[ CV:佐藤聡美 ]の元へ登場。

さて、ここは巧がどんな選択するかがこの作品のフィナーレを飾る重要な部分。ラブコメ的には、「みんながいないとダメなんだ!」風の八方美人があっさり通用したりするわけですが、やっぱり巧も誰か一人を選ぶ可能性は低そうだよな。

ところで、今回のエンドテロップに委員長、CV:堀江由衣の名前が無かったんですけど。なんか意味or訳あり?というかあのキャラは明らかにみのりん(fromとらドラ)だと思うけども(笑)。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン!(第10話)

突如として乙女[ CV:佐藤聡美 ]が拾ってきた新たな迷い猫、ホノカ[ CV:日高里菜 ]オフィシャルサイトのあらすじではひらがな。)。ストレイキャッツに新たなメンバーが加わるのか?この作品的には全く持って日常的な光景でストーリーが始まる。

この先が、いつもの迷い猫オーバーラン!とはひと味も二味も違った。今回の監督・脚本・絵コンテは佐藤卓哉氏。ウィキペディアの作品リストを見ると・・なるほど、NieA_7とか生徒会の一存の監督か。そしてFateのシリーズ構成。キャラクターの魅力を最大限に引っ張り出す脚本と構成という印象がある作品群が並んでいるけれど、この10話もそんなところじゃないかな。

結局ホノカがいちばん懐いていたのは[ CV:竹達彩奈 ]。お風呂でホノカが「何で自分の事を詮索しないのか?」と聞いたとき、希はイマイチその意味が分かってなかったような表情。これってつまり、希がストレイキャッツにやってきたときも、乙女をはじめとして[ CV:岡本信彦 ]文乃[ CV:伊藤かな恵 ]が同じように自分を迎え入れてくれた、そんな経験があるからこそなんだろうな。そしてそれを惜しげもなく、初めてあったホノカに注ぎ込めるのが希なんだな~。

今回は巧の登場は無しかと思ったけれど、ちゃんとオチを付けるという大役を果たしておりました。さて、オフィシャルブログによりますと、次回11話の監督は「なのはシリーズ」や「セキレイ」の草川啓造監督、そしてラスト12話は大御所佐藤順一監督による統制のようです。これは楽しみだ。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

迷い猫オーバーラン!(第9話)

海と言えばやっぱり水着!迷い猫にしては少々大人しかったか?監督は平田智浩氏。どっかで見たことある名前なんだよな~と思ってWikipediaを確認して納得。『H2(1995年:キャラクターデザイン・作画監督・絵コンテ・原画)』、これだ。こう言っちゃ何ですが、H2のキャラデザはあだち充の絵の雰囲気をぶち壊しにしてしまった残念大失敗作だったので、俺にはあまり良い印象が無いです。

今回のストーリーは結構真面目路線で、[ CV:岡本信彦 ]文乃[ CV:伊藤かな恵 ]の関係がかなり進展。ボートが登場した時点で「転機急変」→「遭難」→「無人島漂着」→「二人で一晩・・」という黄金のコンボが一瞬で成立。何のヒネリもなくその通りの流れに。

さぁここでいよいよ小屋の中で・・と思いきや、今回は文乃がかなりマジモードに。雨があった後、星空を見上げながら「願い事」を思い出して泣き出してしまう文乃には、いつもの強気で狼少女な文乃の面影はなく。いよいよこれからが良いところなのに、ここはラブコメらしく千世[ CV:井口裕香 ]乱入。それでもストレイキャッツに戻った二人の様子から、この先はもう少し文乃の「デレ」が見られるようになるかも。

ところで、この9話。正直言って作画クオリティが相当に良くないです。安定感が無くてシーン毎に登場人物の顔が変わりすぎ。左側通行のはずの電車が海に到着したところで右側通行に変わっていたりと、細部の詰めも相当に甘い。(日本の電車は正しくは左側通行です。)パッケージソフトにするなら、相当のカットをリテイクしないと売り物にはとても出来ないだろ。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン!(第8話)

監督は小野学氏です。たぶんその名前を知らなくても、番組開始後まもなく、今回は「」の回だと誰の目にも明らかでした。小野氏は咲の監督です。そして雀卓ならぬ、スーパーブロックス卓のCG。こちらも咲の雀卓CGを手がけたの制作。元々EDの佐藤[ CV:佐藤利奈 ]鈴木[ CV:新井里美 ]のCGもサンジゲンなので、自然な流れではありますが。

そんなわけで画像的なインパクトはかなりあったんだけれど、肝心のスーパーブロックスに書いてある罰ゲームの内容がヌルいぞ!。策士策に溺れる典型の千世[ CV:井口裕香 ]のハマりップリは見事でしたが、せっかく文乃[ CV:伊藤かな恵 ]という極上の材料があるんだから、もっともっと遊んでも良かったのに。

そんな文乃が中途半端な遊ばれ方だったのに対して、[ CV:竹達彩奈 ]が面白すぎた。結局のところ「にゃあ」しか言わないんだもん。どうしたいんだかさっぱり分からん(笑)。最後は文乃が「異性とキス」を抜いたところで突撃してきたから、[ CV:岡本信彦 ]が文乃とキスするのが気に入らなかったのは分かった。

それでも結局文乃と希はミキサーを直そうと頑張っていたみたいだし、優勝した巧も希の分も含めた制服を用意させたりと、ストーリーのまとめ方は見事だ。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

迷い猫オーバーラン!(第7話)

アバン開始から数秒で、「あ~、これはやってくれた」という確信が持てる始まり方でした。おそらく全編を使って壮大なネタを展開してくれるに違いないと。その期待は裏切られることなく、着実に遂行されました。OPから福山芳樹とかあり得ない。

「勇者超人グランブレイバー」の26話、つまり最終話らしいです。このロボット、え~となんだっけ。ブレイブカイザ-[ CV:岡本信彦 ]ブレイブマッハ[ CV:吉野裕行 ]、それとブレイブドリル[ CV:間島淳司 ]ね。あの顔の作りやしゃべるロボ設定、どう頑張ってもトランスフォーマ以外に見えない・・。いや、確かにトランスフォーマは合体じゃなくて変形だけれども。

その他いろいろな部分において、おそらく有象無象のこの手の作品から設定を拝借している気配。あんまりロボットアニメとかは詳しくないので元ネタ分かんないけども、合体バンク(と言いつつ今回しか使われないけども)の演出とか、合体した後に手を握り込む演出とか、もうどっかで見たようなシーンオンリーです。

文乃[ CV:伊藤かな恵 ]千世[ CV:井口裕香 ][ CV:竹達彩奈 ]のヒロイン3人はツンデレ属性を完全に除去された上、さやか・ちづる・しのぶに強制改名(笑)。

もう番外編の領域すら飛び越えたこの7話の監督は、久城りおん氏でした。遊びすぎ。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン!(第6話)

迷い猫オーバーラン!でプロモーションビデオと来れば、これはもうパンツ展開しかあり得ないでしょ!と思って待ってたのに、いつまで経ってもパンツ出てこない。やっぱり家康[ CV:吉野裕行 ]が3次元に興味ないので、こんなもんか~。ということで、自分を納得して見ていたわけですが。そうきましたか(笑)。

それにしてもラブコメの王道を行くような無茶振り展開、撮影シーンの絵の使い回しの方に笑ってしまった事は言わない方が良いんでしょうか。これも敢えて狙ったとすれば脱帽です。今回は文乃[ CV:伊藤かな恵 ]もあんまりツンツンしてなかったし、千世[ CV:井口裕香 ]も家康に言いくるめられてたし、美味しいところは全部乙女[ CV:佐藤聡美 ]に持って行かれたな。ストレイキャッツからモップを担いで出かけていった時、何故か全員スルーだし。

今回の監督は、池端隆史氏。ウィキペディアの作品リストを見ると、どっちかというとノリじゃなくてストーリー勝負の作品に関わってる気がする。その反動なのか、このノリは。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

迷い猫オーバーラン!(第5話)

ホントは[ CV:岡本信彦 ]たちと仲良くしたかっただけの千世[ CV:井口裕香 ]。何もそこまでしなくても・・・と思いながらも、千世や夏帆[ CV:田村ゆかり ]に悪気は無いであろうことが伺えるが故、どうしていいものか。(何となく夏帆はそうでも無かったようにも・・気のせいか?)

ここで巧だけじゃなく、家康[ CV:吉野裕行 ]大吾朗[ CV:間島淳司 ]が千世に手をさしのべていたところが最高に良かったです!「すとれいきゃっつ」というお店を舞台に、巧や乙女[ CV:佐藤聡美 ]文乃[ CV:伊藤かな恵 ]たちが本当に家族みたいに繋がってるんだなと、実感しました。

一方で文乃の十八番、そしてお約束のツンデレも相変わらず本領発揮。巧の手を握って顔真っ赤。これは巧が明らかに何かヤバい事を言いそうな気配が・・と思ったところで案の定(笑)。文乃の分かりやすい可愛らしさ、最高です。今回の監督は福田道生氏。それほど監督歴は長くないけれど、見せ場の作り方も良かったし上出来じゃないでしょうか。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン!(第4話)

おいおい!テレビアニメにしては湯気が少なすぎるんですけど(笑)。ラブコメお約束の温泉ネタ。もはやキャラの顔も見えないくらいの煙幕を張るのがお約束の昨今、潔いくらいに文乃[ CV:伊藤かな恵 ]千世[ CV:井口裕香 ][ CV:竹達彩奈 ]もマッパです!あ~、男性陣のマッパは要りません。

Bパート突入後の文乃と千世の卓球勝負。これでもか!というラリーの後に、明らかになんかの映画かCMを意識してると思わせるスローモーション+オーバーアクション。何故か千世までダイブし始めるわ、明らかに意図的に胸がはだけてくるわで、この一連の演出がレベル高すぎ。ストーリーと全く関係がないところに全力投球な部分が特に。

一応ヒロインは3人で締め切られてると思うんだけれど、同じくBパートでは竹馬園夏帆[ CV:田村ゆかり ][ CV:岡本信彦 ]の前に登場。どうも千世が夏帆の事についてあまり語りたがらないんだけど、ストーリーの流れから考えるとここは巧に惚れたな。千世が両親と会えずに寂しがってるあたりも、後々掘り下げる物語があるかな。

そしてEDテロップで今回の内容に納得。監督・絵コンテ・(ついでに)音響監督は「大地丙太郎」ときた。各話で監督が違うらしいこの作品、まさか4話で早くもこんな大物を連れてくるとは。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation