さらい屋五葉

さらい屋五葉(最終話:第12話)

▼最終話
イチ[ CV:浪川大輔 ]にとって、「弥一」という存在の意味が変わった。今までは、誠ノ進としての自分を売った弥一に対する憎しみ、その中にあるそれでも弥一を信じたいというイチの胸中。そんな心の動揺を見せまいと平然と振る舞う。どう考えても弥一は無理をしていたんだろうな。真実を告げられ、そして弥一の墓の前でマサ[ CV:浪川大輔 ]に見せた涙。イチが「弥一」として生きていく事を決めた日だった。

▼生きるのが下手な男たち
イチをはじめとして、マサやマツ[ CV:内田夕夜 ]といったこの作品に登場する男たち。みんなタイプは違うんだけれど、どうにも不器用。自分の信念は持っているんだけれど、どうにもそれが原因で損な選択をしてしまっている。まさに生きる事に不器用な男たちなんだよね。それに比べておたけ[ CV:大浦冬華 ]お絹[ CV:高梁碧 ]の強いこと強いこと(笑)。そんな境遇だからこそ、ついつい男たちに同情的な視点で見てしまった。

▼派手な展開を期待しない
同じくオノ・ナツメ氏原作の「リストランテ・パラディーゾ」を見ていたからこそ、何となく分かっていた。おそらく、この作品は最初から最後まで、落ち着いた雰囲気の中で、静かに事件が起こり、そして静かに幕が下りてくるんだろうな、なと。櫻井孝宏や浪川大輔の落ち着いた演技も、それを予見させた。確かにちょっと物足りない感があることは否めない。ここは好き嫌いが分かれそうなポイントじゃないかな。

▼独特の絵柄を再現
オノ・ナツメ氏の描くキャラクターは、どこかけだるさを感じさせる独特の表情をしている。その作風を忠実にアニメーションとして動かす。最終話ではそのオノ・ナツメ氏も原画として参加。風景にしても登場人物の着ている服にしても、基本は質素で落ち着いた色調。その中で映える女たちの着る服の華麗な紅。映像作品としてトータルで完成度が高い。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第11話)

弥一[ CV:桜井孝宏 ]マサ[ CV:浪川大輔 ]の立場、心の余裕は既に逆転してしまったと見て良さそうだ。「誠之進」としての過去から弥一が逃げ続けている限り、おそらくこの状況は変わらない。

ウメ[ CV:高塚正也 ]にはもちろんのこと、おたけ[ CV:大浦冬華 ]マツ[ CV:内田夕夜 ]にまで「一言多い」とたしなめられるマサではあるけれど、それでも今のマサの多い一言には、重みがあるように感じる。それだけ今まで自分が自分の人生に悩んできて、決して振り返りたくはなかったはずなのに、それでも過去と向き合ってこれからの事を考えようとしているから。

おそらくはご隠居[ CV:宝亀克寿 ]が語ったと思われる「誠之進」の過去。仲間を仲間とも思わないその行動は、自分の心の中を探られまいとするための虚構なのか、それとも拐かしの末、家から見捨てられた事に対する恨みがこもっていたのか。今、弥一の心が揺れていることは分かる。しかし、その内面は相変わらず見えない。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第10話)

途中で登場した割には存在感がありすぎるな~と思っていた八木[ CV:木下浩之 ]。奉行所の役人だったというだけでも驚きなのに、どうやらイチ[ CV:櫻井孝宏 ]の過去、「誠之進[ CV:榎本圭子 ]」と使用人の「弥一[ CV:伊藤健太郎 ]」の存在を知っている。そして思わせぶりにマサ[ CV:浪川大輔 ]に語った楓の話。これはもう全てを知っているんじゃないかと勘ぐりたくなるほど、この八木は怪しさが増してきた。

どうやらイチは誠之進だったころに拐かしの対象にされていたようだ。じゃあそれがきっかけで、もしかすると弥一が死んでしまったとか?そうだとすると、イチが仲間だった[ CV:西凜太郎 ]が裏切った理由もなんとなく繋がってくるんだけど。それに加えて、何故いまイチが五葉というさらい屋家業を続けているのか。もしかすると、そのウワサを聞きつけた仁が自分の元へやってくるのを待っているのか?

少なくともイチが仁の事を良く思ってないのは間違えない。普通に殺し合いになれば明らかにイチの方が有利なんだけども・・・。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第9話)

イチ[ CV:櫻井孝宏 ]八木[ CV:木下浩之 ]に感じたただならぬ気配。まさか八木が奉行所の人間だったとは。大津屋であの声を聞いたときは、思わずゾッとした。もしや、五葉の事を知った上でマサ[ CV:浪川大輔 ]に近づいた?五葉が仕事をした証として落ち葉を置いていくこと、そしてそれを拾い集めていたマサ。八木が何かに感づいたとしても不思議はない。

そしてマサの元へやってきたのは、度々話題に上っていた妹の[ CV:山県さとみ ]。マサの妹とは思えないくらいに気の強い女の子だなぁ。そんな幸に強気に出ているマサの姿は、おたけ[ CV:大浦冬華 ]じゃなくても、思わず笑みがこぼれるシーンだ。

一方でマサへの態度を急に硬化させた印象のあるイチ。わざとなのか?八木の接近を感じ、五葉から敢えてマサを遠ざけようとしているってことは考えられないだろうか?う~ん、でもイチは決して義賊ではないし、マサに対してそこまでの義理を通す必要はないはずだし。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第8話)

菊屋[ CV:伊井篤史 ]への恩が厚いあまり、マツ[ CV:内田夕夜 ]の行動は裏目に出てしまう。普段、人情や義理とは縁遠い雰囲気を漂わせているマツだけど、「人」に対するマツのこだわりが改めて見て取れた。

そして、そんなマツを鏡に映したかのようにマサ[ CV:浪川大輔 ]がマツの元へ!自らの意志で、そしてウメ[ CV:高塚正也 ]の制止にも全く耳を貸さず。こんなにマツの強い意志を見たのは初めてだよ。やっぱりやるときはやる男だ、マサは。

そのままの勢いで早々にマツを連れて帰るのかと思ったら、ちゃんと機が熟すのを待つという選択。マサの臆病な性格がそうさせたのかもしれないけれど、もしかするとマサの中で何かが変わる転機なのかも。それには八木[ CV:木下浩之 ]との出会いが大きなきっかけとなっている気がする。イチ[ CV:櫻井孝宏 ]がマサから話を聞いただけで危険な空気を察知したように、俺も八木が本当の意味でマサの味方とは思えないけども・・。絶対なにかあるだろ、こいつは。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第7話)

ご隠居[ CV:宝亀克寿 ]イチ[ CV:櫻井孝宏 ]に感じた不穏な空気。そう、それこそこの作品で常にイチが漂わせている空気だ。言葉少ないご隠居が敢えてマサ[ CV:浪川大輔 ]に語ったその言葉には、やはり重みを感じる。

そこで心の中にとどめておけば良かったのに、どうにも表情や行動に出てしまうマサの正直な性格。マサの良いところであるのは確かだけれど、五葉という拐かしの組織においては、明らかにマイナス。そして当然、そのマサの変化は、イチには一目瞭然。あの鋭い目で睨まれては、並の人間でも平然とはしていられないだろうしね。

それにしても相変わらずマサはダメダメだなぁ。ご隠居の元で1ヶ月過ごして、少しは強さを身につけて戻ってきたのかと思ったのに。むしろ前よりも目の前の出来事、そして自分から逃げようとしているんじゃないの?久々にマサの刀の腕前が見られると思ったのに。そんなマサに声をかけてきた八木[ CV:木下浩之 ]。どうもこの八木の存在は、イチの過去と深く関わっていそう。

たぶんイチにもマサには語りたくない、自分の弱さに負けた過去があるはず。マサがそれを知れば、少しはマサの今を変えるきっかけになるんじゃないか。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第6話)

これまで五葉の中心人物とも言えるイチ[ CV:櫻井孝宏 ]と、五葉の活動を支える陰の実力者とも言えるご隠居[ CV:宝亀克寿 ]。今まで一度も面識がなかったことも驚き。そして、イチのことを知っているようだった。そして二重の驚き。なかなか本音を見せないご隠居、そしてイチの二人だけに、果たしてこの二人の過去に何があったのか。全くうかがい知ることが出来ないが故、余計に気になる。

そしてそんなご隠居を伝七[ CV:伊丸岡篤 ]から守るため、体を張ったマサ[ CV:浪川大輔 ]!はっきり言ってここのところダメ男の道をまっしぐらだったマサが、久々に剣の腕を披露してくれるのか?とは言え、華奢な体にみすぼらしい服装。どう見ても強そうには見えない・・。

それでもウメ[ CV:高塚正也 ]の本心を察して刀を抜いたマサの目は、久々に力強さがあったような気がする。一方でウメは五葉に加わっていた大きな理由が無くなってしまった。きぬ[ CV:高梁碧 ]の事も考えると、そろそろ潮時なんだろうか・・。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第5話)

4話に続いて、過去のエピソードと現在のエピソードが頻繁に、そして唐突に入れ替わる構成。そこで描かれていたのは、ウメ[ CV:高塚正也 ]ご隠居[ CV:宝亀克寿 ]、そして仙吉[ CV:中井和哉 ]の複雑な人間関係、そして人情。

いつまで経っても無愛想、そして無骨な印象しかなかったウメだけど、ときおり見せるきぬ[ CV:高梁碧 ]に見せる気遣いから、オフィシャルサイトの人物紹介にもある「根は優しい性格」が垣間見えていた。仙吉にお金を渡さずにはいられなかったウメの姿は、口で文句を言いながらもマサ[ CV:浪川大輔 ]にスッポンを持って見舞いに訪れた理由に通じる。

同時に明らかになったのは、イチ[ CV:櫻井孝宏 ]が初めて拐かしに手を染めた状況。そこで見せたイチの表情や、義賊とはとても言えない私怨に満ちた拐かしの理由は、今のイチからはちょっと想像できなかっただけに、驚かされた。やっぱりこっちがイチの本性だろうか。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第4話)

マサ[ CV:浪川大輔 ]は単なるアホキャラなのか?確かにちょっと間抜けな所はあるけれど、意外とカンは冴えてるんじゃないか。例によってそれがプラスに働いてなさそうなところが、いかにもマサらしいとも言える。今回もイチ[ CV:櫻井孝宏 ]がひた隠しにしている「本心」を、少しだけ突いたような気がする。

それが果たして原因となっているのか否か、ウメ[ CV:高塚正也 ]の怒りを静めるためと言わんばかりの拐かしを立案。う~む、俺の中ではイチってもっと冷静、悪く言えば冷淡な男で、計算尽くの行動しかとらないようなイメージがあった。この拐かし、そう簡単には事が運ばないような予感。

そして分かりにくかったけれど、冒頭でイチが助けた盗人、間違えなくマツ[ CV:内田夕夜 ]だよな。ぱっと見「あれだけのこと」で今もイチのために働き続けるマツ。マツの性格とイチへの信頼の厚さを垣間見たな。

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらい屋五葉(第3話)

マサ[ CV:浪川大輔 ]が近江屋の息子に心を開いてしまったときから、既にヤバい予感はした。今のマサに必要で、そしておそらくマサがこの先も生涯身につけることがないであろう「非情に徹する」というスキル。それが明らかに試されるんだろうな、と。最初は近江屋の息子ではないような描かれ方だったので、もしかして大丈夫なの?と思ったんだけどね。

それにしても相変わらず底が知れないのはイチ[ CV:櫻井孝宏 ]だよ。マサになかなか真実を告げていなかったのは、「面白いから」という理由がだけなのか?最後に繰り広げられた謎の拐かし事件。その会話を聞いていると、イチが寝床にしているという桂屋の息子なのか?という気もしてくる。

そうでなかったとしても、目的のために徹底して他人を利用するそのイチの冷酷さをマザマザと見せつけられた気分。そんなイチの本性を知るよしもなく、食べちゃいけない大福を食べて爆睡するマサには笑った。そしてそんなマサをウザいの言葉と共に踏みつけるマツ[ CV:内田夕夜 ]。この二人、意外と良いコンビになるんじゃない?

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金