黒執事Ⅱ

黒執事Ⅱ(最終話:第12話)

▼最終話
シエル[ CV:坂本真綾 ]を抱いたまま、漆黒の海へ吸い込まれていくハンナ[ CV:平野綾 ]の唇が動いた。セバスチャン[ CV:小野大輔 ]があれほど露骨に表情を変えて衝撃を受けた場面は見たことが無かった。アロイス[ CV:水樹奈々 ]との契約の内容は何だったのか?

それは水の中で開いたシエルの目を見て、すぐに理解できた。理解は出来たんだけど、俺としてはなかなかその事実を受け入れられなかった。何故?どうしてシエルまで悪魔になってしまったのか?結果として、シエルとセバスチャンの主と執事という関係は、未来永劫続くことになった。その主従関係に、主を敬う気持ちは無い。従者を気遣う心もない。あるのは"契約"という縛りだけ。少なくともこれがハッピーエンドとは思えない。誰かに寄り添ってしか生きる事の出来なかったアロイスの呪い。何とも言えない余韻を残したまま、作品としてのフィナーレを迎えた。

▼適度な混乱
この作品が始まった当初、当然のように前作の続編だと思っていたし、アロイスとクロード[ CV:櫻井孝宏 ]が物語の中心だと思い込んでいた。そこへ登場したシエルとセバスチャン。シエルが「女王陛下のために」とか言い出すので、てっきり前作よりも時間軸が前の世界が舞台なんだと思い込んでしまった。このストーリーの構成が実に見事だ。シエルの失われた記憶がもたらした混乱に、まさに俺も飲み込まれてしまった。

▼徐々に明らかになる真実
その混乱も、結局最終話まで徐々に、少しずつ明らかになる。ここがポイントだ。決して一気に出てくる訳じゃない。シエルが、そしてアロイスが自分の心と向き合い、自分の弱さと戦っていく。そんな内面の描写を通じて、徐々に物語りの真実に近づいていく。全12話として見たときに、そのテンポと描き方のバランスがとっても良くできている。キャラクターという面では決して万人ウケはしないと思うし、世界観もかなり独特な雰囲気を持っていて、基本は女性向け作品だと思う。見る人は選ぶと思うけれど、作品全部、1話単体を越えた世界観の構築は実に見事だ。

▼映像クオリティ
その作品の世界観を支える大きな要素、それは黒を基調にしたダークなビジュアル。そこにはもちろん、そのクオリティが非情に高かったという要因がプラスされる。正直なところ、最終話付近ではカメラが引いた構図の時の作画の手抜きはいかがなモノかとも思うけれど、シエルやセバスチャン、クロードにアロイスといった主要なキャラクターの表情、そして瞳。言葉として喋っている内容と同じくらい、この作品では表情が重要な物語の要素だった。その表現の質の高さは文句なし。パッケージがDVDのみのリリースでBlu-rayが発売されないあたりに、女性向け作品であることを強く感じる。(たぶん単身世帯でのBlu-ray普及率は男性が圧倒的に高く、女性は相当に低い。)

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

黒執事Ⅱ(第11話)

ハンナ[ CV:平野綾 ]アロイス[ CV:水樹奈々 ]に語る愛は、真実の愛なのか、それとも悪魔のささやきなのか。シエル[ CV:坂本真綾 ]の魂を手に入れるため、アロイスを利用し、そして殺したことを隠そうとしないクロード[ CV:櫻井孝宏 ]。その現実から目を背けたくて、そしてルカ[ CV:井上麻里奈 ]の魂に惹かれ、アロイスはハンナとの契約を選択したようだ。

1期でもそうだったけれど、クロードやハンナ、そしてセバスチャン[ CV:小野大輔 ]たち悪魔は、一見すると主に対して契約以上の親愛を抱いているようにも見えてしまう。だから、ルカの魂を喰っているという時点で、ハンナがアロイスに対して本当の愛を捧げようとしているようにも思える。しかしそれは大きな誤り。結局こいつらは契約が全て、魂を手に入れるという目的が全て。それゆえの悪魔。そんな薄汚い面を理解しているからこそ、ただただ愛を求め続けていたアロイスの寂しさは悲運としか言いようがない。

そのアロイスに身体を乗っ取られたが故、シエルも自らの記憶、女王と天使との壮絶な戦いの記憶を覚醒させた。最後まで自分のプライドを捨ててまで愛にすがりつき、ハンナを求めたアロイス。一方で自らの魂を喰えとセバスチャンに向けて堂々と宣言してみせるシエル。やはり本当の貴族の器は一回りも二回りも大きい。改めてシエルの強さを感じた。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

黒執事Ⅱ(第10話)

シエル[ CV:坂本真綾 ]の記憶に上書きされたアロイス[ CV:水樹奈々 ]の記憶。どうやら常に表の人格として表面化しているわけではないみたい。シエルにとって、セバスチャン[ CV:小野大輔 ]はあくまで今までのセバスチャン、クロード[ CV:櫻井孝宏 ]はクロードという認識があるようだ。

その二人がシエルの魂という"ごちそう"を目の前にして小競り合いをしているところに、どうやらつけ込んできそうなのがハンナ[ CV:平野綾 ]だ。ルカ[ CV:井上麻里奈 ]の街を焼き払った悪魔の存在、三つ子の記憶では肝心の顔が見えない・・・んだけど、これがクロード?それともまさかのハンナ?

物語も終盤でかなりシリアスな空気、重くなってきたストーリーをすこーしだけ緩くしてくれるグレル[ CV:福山潤 ]。ノリは脳天気でも残酷きわまりない死神。そういうイメージが染みついているだけに、ここまでアホに徹してくれるグレルも悪くない。

ストーリーと共にどうやら制作進行もかなり佳境に突入している模様。今回はエンドテロップの動画クレジットに多数の制作会社の名前が。バストアップのカットでは何とかクオリティを維持しているものの、引き気味のカットにおける作画の手抜き(顔無し、単色塗りなど)が凄まじい・・・。パッケージで修正するべきレベルの低さだと思う。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒執事Ⅱ(第9話)

アロイス[ CV:水樹奈々 ]という存在は本当に実在していたのか?いや、シエル[ CV:坂本真綾 ]という存在が既にこの世になかったのか?唐突に明らかになったクロード[ CV:櫻井孝宏 ]の企みの真実が、この作品の世界観を大きく混乱させる。

クロードの目的が最初からシエルの魂だったとすれば、セバスチャン[ CV:小野大輔 ]との契約が邪魔。アロイスはそのクロードの蜘蛛の糸にかかった"餌"でしかなかったと言うことになる。今までセバスチャンの契約に従順な姿だけを見せられていただけに、クロードの卑劣で残忍なやり口には戦慄を覚える。とは言え、これが悪魔の本質であることは間違えないんだろうけど・・・。

セバスチャンに「目の前から去れ!」と命令する前、首を持ち上げて前髪を払う仕草。そこにいるのはもうアロイス本人。しかしもう1つ、クロードの思惑とは違った方向に動き出す可能性がある。それはシエルの封印されている過去だ。セバスチャンに動かないように言われて隠れた箱の中。そこで呼び起こされたシエルの記憶。混濁したシエルとアロイスの記憶が原因で、シエルの記憶が蘇ったら。

しかしそのときはそのときで、シエルの心に刻まれるダメージの大きさは計り知れない・・。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒執事Ⅱ(第8話)

アロイス[ CV:水樹奈々 ]に訪れた壮絶な死。クロード[ CV:櫻井孝宏 ]にとっては、もはや自分にすがることしか出来なくなったアロイスなど、存在する価値が無いと言うことなのか。

アロイスにとっては、クロードだけが自分の居場所だった。その居場所に、最後にすがりたいという気持ち。幼くして悲惨・不遇な環境に放り出され、それでも強さを決して失わなかったアロイスが最後に見せた弱さ。それだけに、何故こんな形で死を迎える事になってしまったのか。虚しさと理不尽さでしばらく呆然としてしまった。

そんなアロイスの亡骸に自らの体を重ねるハンナ[ CV:平野綾 ]。目を潰されても平然と振る舞っているなど明らかに人間離れしていたハンナだけれど、グレル[ CV:福山潤 ]に腹をぶっすりやられて生きている。グレルの言葉を信じるなら、ハンナも悪魔ということなのか?果たしてハンナもクロードのようにアロイスを利用しようとしているのか。それともあるいは・・・。

とにもかくにも、8話の内容はとてもショッキングだ。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒執事Ⅱ(第7話)

シエル[ CV:坂本真綾 ]アロイス[ CV:水樹奈々 ]、そしてセバスチャン[ CV:小野大輔 ]クロード[ CV:櫻井孝宏 ]の血なまぐさい殺し合いのはずだったのに、空気を読めないアホ子爵ドルイット[ CV:鈴木達央 ]がエビ(ザリガニ?)の被り物を身につけて登場。

それでも、今振り返ってみればこいつの存在で少し救われた感もあるか。そもそも、シエルがアロイスに抱いている憎しみは、セバスチャンとクロードが作りだした虚構そのもの。本来であれば存在しないはずの感情に踊らされ、そして自分の生きる意味すら見いだそうとしているシエルを見ていると、何でこんなに悲惨な道を迷わず進んでしまうのか、悲しくなってくる。

結果、シエルはアロイスの腹に憎しみの剣を突き立てる。クロードと契約している、つまりはおそらく既にその命を一度失っているのではないかと思われるアロイスが、この程度で本当に死ぬとは思いづらい。何より、セバスチャンはまだクロードとの密約を達成する気が無いように思える。シエルの魂はもちろんのこと、セバスチャンにはまだ他に目的があっても何の不思議もない。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒執事Ⅱ(第6話)

セバスチャン[ CV:小野大輔 ]クロード[ CV:櫻井孝宏 ]の交わした契約。本当に彼ら二人のかわした言葉どおりの意味ととらえて良いんだろうか?セバスチャンは再度復讐を果たした魂を手に入れるため、再びシエル[ CV:坂本真綾 ]を憎悪が渦巻く舞台へ登壇させる気のようだ。

その憎しみの矛先が向けられた相手はもちろんアロイス[ CV:水樹奈々 ]。クロードは自らの主と認めているはずのアロイスを売り渡し、そしてセバスチャンも同じく主の魂を得るという目的のため、シエルの心に負担を強いることを分かっていながら、再び同じ事を繰り返そうとしている。

もし今のまま、シエルが女王との戦いの記憶を取り戻さなければ、確かにシエルは復讐を成し遂げるところまでは到達するかもしれない。けれども、もしシエルが過去の記憶を取り戻すようなことがあっただろうだろうか?おそらくシエルの心は、その出来事の重さと辛さに耐えることが出来ないんじゃないのか?セバスチャンにしてみれば、その苦悩こそが求めていたものなんだろうか。改めてセバスチャンの言葉、「あくまで」の部分を意識した。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒執事Ⅱ(第5話)

やられた・・・。シエル[ CV:坂本真綾 ]の振る舞いから100%第1期の前のストーリーだと思い込んでいたのに。セバスチャン[ CV:小野大輔 ]はもちろん、エリザベス[ CV:田村ゆかり ]グレル[ CV:福山潤 ]までもが、まるで何事も無かったかのように振る舞っていたということになるのか・・。

シエルがトランシーの館に覚える既視感。それはもちろん、シエルの失われている記憶と関係していることは間違えない。この出来事が全て前作の後の物語だと言うことが分かった今、アロイス[ CV:水樹奈々 ]クロード[ CV:櫻井孝宏 ]の存在の謎は深まるばかりだ。そもそも、シエルを破滅の道に導いた張本人だったはずの女王が、未だにファントムハイヴ家を頼っているなんて事はあり得るのか?平和すぎた、そして普通過ぎた日常の全てが、疑問の塊に変わったぞ。

さて、久々の本格登場となったアロイス、そしてクロード。アロイスの魅力というか、謎めいたところの1つがその中性的なところだ。今回もハンナ[ CV:平野綾 ]からはぎ取ったドレスが実によく似合う。ハンナが着るとセクシーな印象があった腰のキュッと締まったあのドレス。アロイスが着ると、途端に妖艶で触れてはいけないような、そんなアロイスの存在を引き立てる衣装に変わる。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (2)

黒執事Ⅱ(第4話)

爆弾がしかけられている→爆弾が取り付けられた屋根ごと撤去。崩れ落ちた橋が迫る→無理矢理止める。おいこら、セバスチャン[ CV:小野大輔 ]。それじゃ元も子もないって!せっかく奇妙奇天烈なお笑い列車の芸人たちが、知恵を振り絞って解決しようとしてるのに、芸人つぶしにもほどがある。

誘拐された子供を救うべく、旅行者を装って列車に乗り込む。最初にセバスチャンとシエル[ CV:坂本真綾 ]がこの列車に乗ったときには、心を痛める女王のために動く忠実な番犬だったはずなのに。いつの間にコメディになってしまったんだ。涼しい顔して頭で橋をぶっ壊してみたり、乗客が盛り上がってる中であっさりと一人で全部処理してしまったり、コイツは天然なのか・・。

一応、クロード[ CV:櫻井孝宏 ]が登場し、そしてトランシー家にシエルを招待。シエルとアロイス[ CV:水樹奈々 ]の出会いは近いのか?この2期での最初の復讐ターゲットとなりそうなトランシー家。憎しみが爆発し出すと今回みたいなおもしろおかしいストーリーは影を潜めてしまうから、今のうちの存分に笑っておかないと。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒執事Ⅱ(第3話)

女王の命令を忠実に実行する女王の番犬であるシエル[ CV:坂本真綾 ]。馬車の中で復讐の念を口にしたシエルだけれど、1期のストーリーを知っていると、シエルのその決意に思わず言葉を失ってしまう。そして今回の「発火事件」についても、やはり裏では女王が糸を引いているのではないかと、疑ってかかってしまう。

ED後、ようやくファントムハイヴとトランシーの関係が見えてきた。これでようやくシエル・セバスチャン[ CV:小野大輔 ]コンビと、アロイス[ CV:水樹奈々 ]クロード[ CV:櫻井孝宏 ]コンビの接点が出来た。女王にとってはどちらも邪魔な存在という言い方になるんだろうか?歴史の真実を知るこの2つの家の存在は、決してありがたい物ではないことは間違えない。

さて、3話では懐かしい面々が久々に登場。アンダーテイカー[ CV:諏訪部順一 ]グレル[ CV:福山潤 ]だ。いつも耳打ちでアンダーテイカーを笑わせていたセバスチャンだけど、最初の頃は漫才をやっていたのか(笑)。最後の〆だけ見せられても、肝心の笑いの部分が分からんぞ!グレルは・・・最初から気持ち悪いヤツだったのね。分かってたけど。

黒執事Ⅱ(@TBS) / アニメーション制作:A1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation