心霊探偵八雲

心霊探偵八雲(最終話:第13話)

▼最終話
八雲[ CV:小野大輔 ]両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]の魂を受け入れるべき"素材"となったように見せかけたのか?それとも偶然、八雲の心と両目の赤い男の憎しみがシンクロしなかっただけなのか?

作中でも敢えて真実を描いていなかった八雲の胸の内。色々と想像を巡らせて楽しめる部分だ。俺の想像では、八雲はそこまで先を見通して行動していた訳じゃなかったんだと思う。もし、自らの心が憎しみに支配されているかのように見せかける、なんて浅はかな行動を取っていたら、おそらくそれすら見透かされていたんじゃないだろうか。

八雲の心の中に、それは八雲が常に自分で意識していたかどうか分からないくらい深いところに、晴香[ CV:藤村歩 ]の存在があったからこそ、八雲の心は両目の赤い男のそれとは決定的に違うものだったんじゃないかと思う。

その両目の赤い男は再び姿を消し、七瀬美雪[ CV:柚木涼香 ]は行方不明。ストーリーは一段落付いたとはいえ、立つ鳥跡を濁さずとまでは言えない微妙な終わり方だ。NHKが1クールのアニメを放送するってけっこう珍しいことだと思うんだけれど、2期の予定もあるんだろうか?

▼1話完結
序盤は1話で1つのシナリオが完結する構成。これには長短両方があると思うんだけれど、基本的に長所の方が目立っていたかな。ストーリーのテンポも良いし、作品やキャラクターへの理解度も早まる。1クール作品ということもあって、序盤で世界観や登場人物の説明に何話も使うわけにはいかない。そんな事情を上手いことオブラートに包みつつ、後半では八雲とその過去、家族、心にスポットを当てていく。一方であっという間に事件が終わってしまう点については、少々物足りなさを感じるかな。これが最初のころに感じていた「対象年齢が低い」という感覚に繋がっていた気がする。

▼分かりやすいキャラクター
八雲や晴香にしても、一心[ CV:関俊彦 ]後藤[ CV:東地宏樹 ]にしても、みんな根は優しくていい人。この作品の基本構造は正義vs悪の対立であり、正義は絶対的な正義として描かれていたんだと思う。八雲や晴香が遭遇する心霊現象の数々の裏には、決してその2つの概念で単純化できない事も多かったけれど、その一方でやっぱり八雲と晴香は"正義"なんだよね。

複雑な状況に置かれ、そしてその状況に葛藤するような、そんな主人公の心を描いてくれる作品が俺は好きだけど、この作品ではその位置にいるのは八雲かな。八雲の場合はあまりにもポーカーフェイスで、いつもクールを装っているから、激しく心を揺さぶられるようなそんなキャラクターではなかったな。分かりやすいということはすぐに作品の世界観に入り込めるってことだし、短期決戦の作品においては可も不可もなくというところか。

▼晴香にもう少しオシャレを
1話の感想の印象が最後までそのまま継続したかな。作画的にはオーソドックスなアニメの印象だったし、特筆して目を見張るシーンは記憶にないけれど、これは酷いというようなシーンも無かった。デザイン的なところに注文を付けるとすると、晴香も大学生の女の子って設定なんだから、流石にいっつも同じ服は可愛そう。もう少しその辺に気を遣って制作してくれると、よりリアリティが出てくると思うんだよね。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心霊探偵八雲(第12話)

脳死に陥った一心[ CV:関俊彦 ]と病院に現れる少女の霊。その接点は意外なものだったな。八雲[ CV:小野大輔 ]が一心の臓器提供に関する告知を受けている、という演出は確かに11話にあって、俺は単に一心がもう助かる可能性がほとんど無い、という意味だけに取っていた。それにこんな裏があったとは。

一心を直接刺したのは榊原[ CV:松本保典 ]という医者。榊原自身が自分の心の弱さに負けたと言えばそれまで。それでもその榊原をそそのかしたのはやはり両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]。何故そこまでに八雲を恨むのか?八雲の目の力により、彼が死霊であることが明らかに。その存在が消えるためには、八雲の死しか道は残されていないのか?

そして七瀬[ CV:柚木涼香 ]の発した弾丸は・・・誰に向けられたんだ?「八雲の大切な物を奪う」という両目の赤い男の企みを紐解けば、おそらくその銃口の向いた先は晴香[ CV:藤村歩 ]だったんじゃないのか?

これまではひょうひょうと、そして静に怒りを表していた八雲。晴香が傷つけられる対象となったとなれば・・。流石に爆発してもおかしくないが、果たして。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (1)

心霊探偵八雲(第11話)

本堂に両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]を招き入れた一心[ CV:関俊彦 ]。その心には迷いも恐怖もなく、ただ自分に残された短い時間を過ごすにあたって、真実を知りたいという純粋な気持ちだけが感じられた。両目の赤い男からも、殺意を感じられなかった。

果たして本堂で何が起きていたのか?少なくとも一心を刺したのが両目の赤い男ではなく、別の誰かじゃないのか?それは想像が付く。じゃああの場に居合わせたのは・・・あとは石井[ CV:川島得愛 ]奈緖[ CV:小清水亜美 ]だよな・・。まさか石井って可能性は無いだろうし、この件については謎が多い。

その斉藤の左目に入っていたコンタクトレンズ。それを晴香[ CV:藤村歩 ]から手渡されたときの八雲[ CV:小野大輔 ]の心中は、激しく嵐が渦巻いていたのか、それとも穏やかな曇り空だったのか。「脳死」という状態がどういうモノなのか、もちろん八雲にも分かっているはず。

ラストエピソードは、多くの八雲に関わってきた人を取り巻く状況と、病院で起こっている事件とが絶妙なバランスでストーリーに盛り込まれていて、結構面白い。この緊張感のまま、最終話まで行って欲しい。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (2)

心霊探偵八雲(第10話)

両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]、つまり八雲[ CV:小野大輔 ]は既に死霊となった存在なのか?となれば、その存在を殺すことは難しい。何か未練や怨念があるということだとすれば、その原因はやっぱり八雲の存在なのか。

本編と時間軸を同じくして、珍しく長時間のストーリーが展開した一心[ CV:関俊彦 ]。「ちょっと頭痛が続く」にしては大きな病院で大がかりな検査。ちょっと演出が過剰すぎないか?と思っていたんだけれど、おそらく本編では触れられなかった前振りがあったのかもしれない。一心も覚悟の上で受けた検査だったのかも。

俺が少々注文をつけたいのは、その後の演出だよね。何となく一心がもう長くないと言うことは、すぐに悟った。そしてそれ以上、一心の口から色々と喋って欲しくはなかった。そこは沈黙で通しても、十分に内容は伝わったと思う。だけど奈緖[ CV:小清水亜美 ]は何かを感じている・・・みたいなね。

そしてその一心は、どうやら美雪[ CV:柚木涼香 ]のターゲットに入っているみたい。もしかすると一心のその病気は、美雪や八雲の親父と何か関係ある?病院で起こっている謎の幽霊騒ぎも、おそらくその本編と絡んでくるはず。最後は見応えのある展開が待っていることを期待したい。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (2)

心霊探偵八雲(第9話)

何はともあれ、まずは晴香[ CV:藤村歩 ]が無事に演奏会の日を迎えられて良かった。何せいつも思い立ったら一人で行動するもんだから、今回もハラハラだ。新幹線では七瀬[ CV:柚木涼香 ]に尾行されてるし、かと思えば夜遅く真っ暗な中で別荘に一人で乗り込んでいくし。

それでも、石井[ CV:川島得愛 ]が言っていたように、今回の事件では、晴香の行動力が無かったらもっと違った結末、つまりもっと良くない方向に事態が向かっていたかもしれない。そう言う意味ではたくましい面もあるんだけれど、やっぱり心臓に良くないことには違いない。

今回の事件に関していえば、八雲[ CV:小野大輔 ]の活躍の場は少なかったけれど、おそらく八雲にとっては大きな転機となっているはず。母親である梓の本心に触れることが出来たこと、そして自分を心から心配してくれる存在である晴香の心に触れたこと。短い作品ではあるけれど、少しずつ八雲を取り巻く環境が変わっていく様子が分かる。

そしてオマケではあるけれど、後藤[ CV:東地宏樹 ]の家庭が再びを落ち着きを取り戻したようだ。なんだかちょっと心和むシーンだった。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (2)

心霊探偵八雲(第8話)

八雲[ CV:小野大輔 ]晴香[ CV:藤村歩 ]の「縁(えにし)」か。単なる波長が合う存在問うわけではなく、八雲の母親である梓と晴香の母親が知り合い、しかも今回の事件に深い関わりがありそうときたか。

晴香は自分から首を突っ込んだら危ないと思っていたけれど、これで七瀬美雪[ CV:柚木涼香 ]が晴香を狙う理由が、もう1つ見えたような気がする。両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]への忠誠と共に、八雲への精神的ダメージ。まさに一挙両得。

となれば、晴香が自分の部屋に戻ってベッドに横になった瞬間。これは危ない!という予感が。これは明らかに家に帰ったところを襲われるパターンじゃないのか?晴香が部屋の電気を付けずに真っ暗にしてるもんだから、余計にドキドキしてくる。

そしてお約束どおりの展開になりそうなところを、八雲の父親であり、バラバラ殺人の犯人とされている武田[ CV:浜田賢二 ](おそらくもう死んでいる)が救う。もし武田と梓が言われているとおりの関係だとすると、そこまで武田が八雲のことを守ろうとするだろうか?何か裏がありそうだ。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (1)

心霊探偵八雲(第7話)

部屋を暗くしてみていると、石井[ CV:川島得愛 ]とまでは言わないけど、本気で思わずドキッとするようなシーンの連続だったな。暗い洋館の中で突然人が出てくるとか、こういう演出は心臓に良くない。

しかし八雲[ CV:小野大輔 ]にしても、晴香[ CV:藤村歩 ]にしても、どうして単独行動が好きなんだろうなぁ。どうせ何かの事件に巻き込まれるのは分かっているのに、誰一人に行き先も目的も告げずに姿をくらます八雲・・。それだけ誰にも言いたくないということは、それが八雲の過去と両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]に関係しているのは間違えない。

そしてその八雲を待ち伏せていた女が、連続殺人事件で唯一生き残った七瀬美雪[ CV:柚木涼香 ]。つまり今回の事件、八雲はおそらく全貌を分かっていた訳だし、自分を誘い出すための罠ということも理解していた可能性はあるな。それ故、誰にも話さずにあのビデオが撮影された場所へ向かったのかもしれない。

話数から考えて、おそらくこの事件のクライマックスが、この作品のクライマックスと同期する可能性が高い。となれば、晴香もこのまま無事に演奏会に日を迎えられないんじゃないかと邪推してしまうが・・。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (2)

心霊探偵八雲(第6話)

"事件"の方はお馴染み1話完結の比較的シンプルな物語。それでも今回は、晴香[ CV:藤村歩 ]の心と希美子という女性の思念が残り続けていた理由がシンクロする、なかなかに興味深い展開。

晴香自身はそんなに言われるほど地味ではないと思う。そもそもあの超ミニスカートはなんだ!と言いたいところだけれど、よくよく考えればいつも同じ服(これはアニメの設定故か)だし、髪の毛もショートでそれほどお手入れしていな雰囲気だし、今まで自分の容姿を気にするほどの恋をしたことは無いのかな~という印象。

この6話の構成の良かったところは、八雲[ CV:小野大輔 ]と晴香の関係だけじゃなくて、例えば後藤[ CV:東地宏樹 ]の家のことだったり、奈緖[ CV:小清水亜美 ]のオシャレしたいというちょっとした背伸びだったり。

いろいろなところで希美子の残した思いが繋がっていくような、そんな気持ちになれるエピソードだった。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (2)

心霊探偵八雲(第5話)

「亜矢香」は木下[ CV:遊佐浩二 ]の娘だった・・・という事件の真実以上に、八雲[ CV:小野大輔 ]が最後につぶやいたセリフの方が強烈だったんですが。両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]が八雲の父親―。八雲が必要以上にムキになるわけだ。

木下は八雲の目が赤いことを母親が恐れていたと言っていたけれど、その理由は父親にあったということはこれで間違えなさそう。既に5話を消化し、残りの話数も少ないことを考えると、そろそろこのへんの掘り下げが始まってきそう。意外と今回の事件もあっさり解決してしまったので、本テーマの方はじっくり描いてくれることを期待したい。

後藤[ CV:東地宏樹 ]石井[ CV:川島得愛 ]に対する誤解も、残念ながら解けてしまったので、そっち方面はこれからはしばらくネタ不足か?晴香[ CV:藤村歩 ]が八雲に「アホの子じゃない!」と反論していたのは、ちょっと面白かったけど。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (3)

心霊探偵八雲(第4話)

4話にきてようやくミステリー作品らしい雰囲気になってきたぞ。安藤という男の死、その安藤が残した亜矢香という少女の写真とコインロッカーか何かの物と思われる2本の鍵。真琴[ CV:豊口めぐみ ]に取り憑いた安藤の霊。晴香[ CV:藤村歩 ]に怪しげな視線を向ける両目の赤い男[ CV:高瀬右光 ]。作品全体の、そして今回の事件の謎の伏線をたくさん張り巡らせて、4話は終了。

これまでは1話完結で、どちらかと言えば八雲[ CV:小野大輔 ]と晴香という二人の距離を縮めるためのストーリーという印象だった。それ故なのか、1話で完結する事件だとどうしても短く単純に、そして唐突に感じてしまう。それに対して今回のように事件が完結せず、真実が見えそうで見えない絶妙なラインを行き来するシナリオは、やっぱり面白い。そこに作品全体のテーマ、―それはおそらく八雲の母親とも関係がある、が絡んでくるので、より一層面白くなる。

ところで、八雲が後藤[ CV:東地宏樹 ]に対して「石井[ CV:川島得愛 ]が気がある」と思わせたのは、明らかに嘘だよね。石井自身は晴香にデレデレだったし。でもそのおかげで後藤の石井に対するあたりが柔らかくなったのも事実。なんともさりげないいい男だ。

心霊探偵八雲(@NHK-BS2) / アニメーション制作:BEE TRAIN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation