咎狗の血

咎狗の血(最終話:第12話)

▼最終話
アキラ[ CV:鳥海浩輔 ]がトシマでイル・レに参加して失ったものの大きさ。そして得ることができたものの大きさ。それ故、アキラは再びトシマに足を向ける―。物語のフィナーレとしては、なかなか綺麗にまとまってと思う。

最終話が近づくにつれて存在感がやや希薄になっていたアキラ。それは彼自身の精神的な混乱を象徴していたのかもしれない。生きる事に怠惰になっていた序盤、ケイスケ[ CV:杉田智和 ]の存在を改めて意識するようになった中盤。そしてその存在が自分の中でとてつもなく大きなものだった事を知った後半。

一方でシキ[ CV:緑川光 ]ナノ[ CV:山崎たくみ ]の戦いはイマイチ意味が分からん。結局トシマに何が起こったのか?アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]は生き延びたのか?

まぁぶっちゃけその辺はあまり気にならないと言ってしまえばそれまでだけど・・・。

▼いつか面白くなるはず
BLゲームのアニメ化ということで、良くも悪くも注目していた。「悪い」注目は、BLってジャンルとして面白いのか?という懐疑的な思い。「良い」注目は、それでもアニメ化するからには単にBLという意外の要素があるに違いないという想像。蓋を開けてみればどっちもハズレ。

まず悪い方。BL的演出は、男の乳首が異様にリアルな以外は目に付かず。そして良い方。ストーリーの起伏が全く無くて終始低空飛行。いつかどんでん返しがあるはず、何か夢中にさせてくれるものが出てくるはずと、勝手な希望を抱きつつ見続けてたけど・・・。「やおい」の語源といわれる「やまなし、おちなし、いみなし」がまさにこれじゃないの?どこを切り出してもこれだけつまらないというのも今時珍しい。こんなつまらない作品は久々に見た気がする。

▼豹変する登場人物たち
ストーリーに中身が無ければ、登場人物にも心が入ってない。なによりもみんなコロコロ性格が変わりすぎる。「ストーリーをこういう方向に持って行きたいから」という制作者の都合が透けて見える。あまりにも浅はか過ぎて、とてもじゃないけれど感情移入をして楽しむレベルに達していない。

▼久々に見た酷い絵
トシマの荒廃した風景はとにかく灰色一色。それ故に絵的な変化がとにかく少なくて、ストーリーの低空飛行に拍車をかけていた。戦いのシーンがこの作品の最大の見せ場のはずなのに、「顔がイケメンならそれでいいでしょ?」「血が派手に飛び散ればそれっぽいでしょ?」と言わんばかりの適当作画。不自然さばかりが目について、作品に集中できない。ストーリー、キャラクター、そして作画と3つとも不合格と言わざるを得ない。唯一、ゲーム原作らしく、BGMを効果的に使っていた点は評価に値すると思う。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (1) | トラックバック (1)

咎狗の血(第11話)

シキ[ CV:緑川光 ]ナノ[ CV:山崎たくみ ]の「力」を巡る勝負は、駆け引きをする間もなくナノの圧勝。どうやらシキがナノを追い続けていた理由は、過去に「自分を殺さなかった」という事らしい。

ナノが悟ったように「俺は弱さを知っている。だから強い」みたいな事を言ってるんだけど・・・。う~む、確かにセリフとしては格好いいけど、あんたのバックグラウンドってそんなに作中で語られてたっけ?謎のキャラクターとしての演出が強すぎたんだろうか、謎すぎてよく分からない人故に、ストーリーに溶け込めてない気がする。敢えてそうしている、ということであれば敢えて言わせていただくと、意味不明過ぎて面白くないです。

アキラ[ CV:鳥海浩輔 ]にとってはケイスケ[ CV:杉田智和 ]の死という絶望的な瞬間を迎える事になった11話。ラインにケイスケを奪われ、ようやく取り戻したケイスケが今度は帰らぬ人に―。しかし武器も持ってないのに圧倒的に強いと思われるシキに対して「うぉー!」とか大声で叫びながら突進って・・・・。そりゃ殺してくださいって言ってるようなもんでしょ。

結局自分の命という形でしか存在意義を示す道を見いだせなかったケイスケ。結局ケイスケの弱い心を最後まで見届けることになってしまったな。BGMは雰囲気が凄く良くて、ED曲もいとうかなこの歌声とのマッチングがパーフェクトなのに、何でこんなに本編がつまらないんだ?

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (2)

咎狗の血(第10話)

数少ない(唯一?)女性キャラクター、エマ[ CV:百々麻子 ]がやられてしまった・・。思えばアキラ[ CV:鳥海浩輔 ]に罪を着せたのは自分だとか、ナノ[ CV:山崎たくみ ]こそが本来の目的だとか、ちょっと喋りすぎたよな。たぶんあの辺でフラグが立ってしまった。

今回はリン[ CV:福山潤 ]シキ[ CV:緑川光 ]のイ・ルレ戦が目玉!と思ったら、アキラの乱入とリンの敗北であっさり終了。その後、だんまりモードに突入していたはずのリンも、キリヲ[ CV:小西克幸 ]ゲンジ[ CV:谷山紀章 ]の登場ですっかり元通りに。

作画レベル、というよりも絵コンテのレベルから「あれ?」と思わせるくらいに前後の繋がりを無視したシーンがあってみたり、相変わらずの迷走状態。原作のストーリーもこんなに退屈で平坦な流れなのか?好きな人には申し訳ないけれど、流石にこの10話の内容では眠くてしょうがなかった。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咎狗の血(第9話)

遅かれ早かれ、おそらくケイスケ[ CV:杉田智和 ]アキラ[ CV:鳥海浩輔 ]の"血"を口にすることになるだろうと思っいていた。その瞬間がこうもあっさりと訪れるとは。そしてあっという間に回復してしまうとは・・・。流石にこれは都合が良すぎる気がする。

BL作品ということで、アキラの血を口にするときは少しエロい(正確には俺はそれにエロを感じる事は決してないけれど・・・)演出があるかな?とか、アキラをラインの禁断症状から回復させるために、なんか微妙にエロい(正確にはお(ry)展開が待ってるのか?と思って身構えていたけれど、一切無し。ある意味で拍子抜け。

だいたいケイスケは中立というルールになっていたはずのバーの連中を皆殺しですよ?呑気にアキラと感傷に浸っている場合じゃないと思うんだけどなぁ。どの面下げて戻るつもりなんだろ?

そして今度はそんな二人の前にリン[ CV:福山潤 ]が登場。こうもあっさりとストーリーの中心をケイスケからリンに移しますか。アキラとケイスケの本音のぶつかり合いは、もう少し尺を取っても良かった気がする。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咎狗の血(第8話)

ケイスケ[ CV:杉田智和 ]がラインに手を出したのは、果たしてアキラ[ CV:鳥海浩輔 ]が追い込んだからなのか、それともケイスケ自信の弱さなのか。

アキラは自分がケイスケを追い込んでしまったことを悔やんでいるけれど、俺はケイスケ自信の問題だと思うけどなぁ。アキラもアキラで、一度はケイスケを「鬱陶しい!」くらいの勢いで遠ざけていたはずなのに、今度は途端にケイスケを助けようと必死に動き出す。今までのアキラだったら、ラインに手を出したケイスケを突き放すくらいの"強さ"が欲しかったけどなぁ。どうにも中途半端な主人公になってきた。

どうやらケイスケとアキラはいずれも「エネド(ENEDO?)」なる組織に、被験者として囲われていたらしい。そしてそのエネドに所属していたのが、源泉[ CV:一条和矢 ]アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]。アキラの血については、生まれついての物なのか、それとも人体実験による副作用の産物なのか。

徐々に種明かしが進んではいるんだけれど、キャラクターとストーリーのリンクがイマイチなんだよな。アキラの性格豹変も含めて、個人的にはやはり盛り上がりは薄い。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咎狗の血(第7話)

豹変したケイスケ[ CV:杉田智和 ]、その実は結局ラインかぁ。流石にそれはあまりに普通過ぎて無いかな~と思って6話の感想は書いたつもりだったんだけど、この作品のストーリーを考えれば、ケイスケの鬱屈したアキラ[ CV:鳥海浩輔 ]への愛情が、ラインという人の道を外れた物に向かわせたんだろうか。

ケイスケがラインを使ったと言うことであれば、次に気になるのは「アキラの血」だ。アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]には「プロジェクト・ニコル」って言われてたよな?どうやらケイスケの存在自体、何か陰謀めいた物を臭わせる発言。もしケイスケがアキラの血を口にするようなことがあれば・・。ケイスケがアキラをいたぶる過程でアキラの血を舐める可能性は十分にあるだけに、ケイスケの行動を気にしていたんだけど。

果たしてラインの効果が切れたのか?それとも何か別の理由か?結局ケイスケはアキラの前から逃走。しかし1度ラインを使ってしまったら、おそらくもう普通の状態ではいられないはず。今回はたまたま拾ったラインを使っていたけれど、もしいつものナヨナヨケイスケに戻ってしまったら、どうやってラインを調達するんだろうか?奪ったタグをラインに変えるか?

エマ[ CV:百々麻子 ]なる謎の女が突然出てきたり、ナノ[ CV:山崎たくみ ]がアキラに突然鞄を託してみたり。相変わらずストーリーと呼ぶには脈略なさすぎな展開だけれど、少なくとも今までの中では一番面白かった気はする。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咎狗の血(第6話)

ず~っと「何かあるぞ!何かあるぞ!」と臭わせ続けてきたケイスケ[ CV:杉田智和 ]が、遂に本性を現したか。いや、普段のケイスケが本性なのか?ラインを使った訳じゃないと思うんだけど、[ CV:萩原秀樹 ]を右手一本で葬り去った残虐さといい、アキラ[ CV:鳥海浩輔 ]に鬱陶しいと言われた面影はどこにもない。

一方でアキラと猛の殴り合い。いっつも似たような展開になるので、おそらく50%のラインを使ったと思われる猛が途中でその副作用から苦しみ出すオチも織り込み済み。その理由がアキラの血なのか?という伏線は、早くもアキラが自ら気づいてしまった。どうにもストーリーを楽しむという流れになってこないところが、見ててもワクワクしてこないところなんだよな。

それでも今回はストーリーと少し違うところで、作品始まって以来か?なんと、女の子が登場!猛の妹らしい由香里[ CV:ささきのぞみ ]。とは言え、猛の回想中ということで、今後の絡みはなさそう。というか、女の子が画面に出てきたことに思わずビックリだよ。正確には次回予告の時点で「えっ!?」と思ってたけども。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (4)

咎狗の血(第5話)

アキラ[ CV:鳥海浩輔 ]、よく言った。流石に今回のケイスケ[ CV:杉田智和 ]の行動は鬱陶しい。気のせいか、おどおどしたあの物言いもいつにも増して耳障りだ。とは言え、ケイスケの回想シーンからも分かるように、この二人はやっぱり切っても切れない関係。もしケイスケの身に危険が迫ったとしたら?おそらくアキラは自分の蓑犠牲もいとわずに助けに来てもおかしくない。

そんな険悪なムードの原因となったのは、アキラが奪い取ったタグだ。これで実質的には初めてイグラに参加した、と言える。とは言え手に入れたタグは「4」。これをブタタグと言わずに何という。そしてアキラがタグを奪った相手は、明らかに「ライン」を使っていた。その副作用として突如死に至ったんだけど、おそらくアキラは状況を理解していない。

アキラとケイスケの関係は、徐々に変化しつつある雰囲気はある。一方で相変わらずストーリーやその他の要素にはあまりのめり込める要素が無いな。アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]に至っては、リアルに気持ち悪い・・。何か食べながら見てはいけないアニメだ。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (2)

咎狗の血(第4話)

夜な夜なイグラ参加者を切り捨てる謎の男、シキ[ CV:緑川光 ]アキラ[ CV:鳥海浩介 ]の出会い。ぱっと見、シキが首から提げていたのは十字架のアクセサリー。タグを見えるところに下げてないといことは、シキ自身はイグラ参加者ではない?

そしてシキの名前を聞いた途端に、我を忘れたように飛び出していったリン[ CV:福山潤 ]。必要以上に明るく振る舞っているリンの性格は、明らかに何か隠したい物を背負っていることの裏返しだと思うんだよね。そう思わせるくらいに、リンのポジティブな正確には、嘘くささを感じる。

さて、4話までやってきた咎狗の血。どうにもストーリーについては盛り上がってこないな。そして世間的にも注目を浴びている作画のクオリティだ。俺としてはそれほど期待していないからあまり気にならないんだけど、DVDのリリースが12月予定から3月予定に変更。イケメン大量がウリなのに、作画のおかげでイケメン率が下がってるとすれば、なんとも情けない状態だけに、どのくらいのレベルの修正が入るのか、気になるところ。

それ以前に、まだ放送中なんだけど、残りの話数は大丈夫なのか?

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咎狗の血(第3話)

結局ケイスケ[ CV:杉田智和 ]はイグラに参加することにしたのか。では明らかに何かを隠しているかのような、そんな不審な態度だったんだけれど、本当にただただアキラ[ CV:鳥海浩輔 ]を追ってきてるだけなのか?どう考えてもアキラの方が強そうだし、ケイスケがいない方がアキラにとっては動きやすいと思うんだけどな。

さて、今回はこのイグラの審判であるらしいいかにもな男。アルビトロ[ CV:岡野浩介 ]が登場。ご丁寧にイグラの解説もしていただきました。しかしコイツの言動を見ている限り、少なくとも本当の権力者という雰囲気ではない。与えられたイスに座っているだけ、他人の力を自分の力と勘違いしている、そんな頭の悪さが垣間見える。遅かれ少なかれ、表舞台から去ることになりそうだ。

こうして一通りの登場人物とケイスケ・アキラコンビの接触が終わった。今のところは、やっぱり1話での感想を越える所には届いてないな。男ばっかりのこの世界観には、気がつけばそれほど違和感は感じなくなってるし、とりたててBLという雰囲気も感じさせない。そういう点では意外性があったかもしれないな。もう少し露骨な絡みとかあると思ってたんだけども。

咎狗の血(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation