海月姫

海月姫(最終話:第11話)

▼最終話
第一幕、完!!

最終話が終わっての感想はこれだな。天水館も一応は無事、月海[ CV:花澤香菜 ]も東京に来てようやく新たな一歩を踏み出せそう。[ CV:諏訪部順一 ]稲荷[ CV:北西純子 ]は何の因果か同じ飛行機で同じ目的地へ。

それでもこの作品の肝心な部分、月海と蔵之介[ CV:斎賀みつき ]の恋!この二人の恋愛は、二人の洋服作りと同時にようやくスタートラインに立ったところ。これから月海と蔵之介がどんな道を歩んでいくのか?月海が男と付き合う時が来るのか?想像出来ないが故、どんな事になるのか、非常に興味がある。そうそう、目白様も最後まで部屋から出てこなかったし。

あ~終わった、という満足感はあるものの、この続きもあるんだよね?という期待感が残ったのも事実。作品の雰囲気からしてそれほどパッケージの売上は見込めないと思うけれど、2期を制作できる可能性があるのならば、1年後でも2年後でも良いので、楽しみに待ちたい。

▼現代的引きこもりストーリー
天水館には女の子(?)ばっかり集まっていたけれど、この作品は男女問わずまさに現代社会の「引きこもり」を象徴したような内容。それ故、単に笑って見過ごすだけじゃなく、誰にでも胸に何かがグサッと刺さるような、そんなシーンがあったんじゃない?

そんな閉塞感の象徴が月海であり、千絵子[ CV:斉藤貴美子 ]まやや[ CV:岡村朋美 ]ばんばさん[ CV:くまいもとこ ]ジジ様[ CV:能登麻美子 ](+目白様)のアマーズ。そこへ蔵之介っていう「リア充代表」みたいな男を放り込むとどうなるか?

あっさりと瓦解しそうなこの関係、これが妙な化学反応を起こして、何故か前へ進む推進力となっていく。あるとき突然その反応が起こる訳じゃなくて、混ぜ合わせているうちに自然とそうなってしまう。気がつくとその世界観にハマっている。見ている途中はこの不思議な感覚が続くんだけど、最終話でひとまずスッキリ。1話1話よりも作品全体を通して「面白かった」と言える出来になっていた。

▼月海と蔵之介
月海の蔵之介に対する気持ち、そして蔵之介の月海に対する気持ち。出会って一目惚れでもなく、何かのイベントでフラグが一気に全部立った訳でもない。知らず知らずのうちのお互いが惹かれていく。そして気がつくと好きになっている。この二人の気持ちを仮想的に体験しているような、つかず離れずのもどかしい展開。どこでお互いの気持ちが変わったのか、いまいちよく覚えていない。だけど月海が蔵之介の事を意識していて、蔵之介が月海を好きな事は間違えない。このリアルで曖昧な感情の描き方が、この作品の見せ場であり面白さだったと思う。

そして周りを固める脇役たちも実に個性的、というか変態的。見てて飽きない人たちばっかりだ。

▼雰囲気のある作画
キャラクターデザインはもちろん、天水館の細かい内装とか蔵之介の着ている洋服とか、全ての絵から「海月姫」という作品の持つ雰囲気やキャラクターの性格が染み出していた。例えば花森[ CV:子安武人 ]のベンツに代表されるように、時にはストーリーを理解しやすくするためにデフォルメされ、そして時にはリアルな大きさとリアルな材質を演出。このあたりのバランスの取り方も上手かった。ストーリーも、そして作画も、何の心配もなくお勧め出来る良作。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海月姫(第10話)

[ CV:諏訪部順一 ]の渾身のビンタが稲荷[ CV:北西純子 ]にヒット!これは惚れたか?惚れたんじゃないか?当然ながら修は稲荷にまったく気が無いわけで、こういう女は一度本気で好きになった男にこれでもかというくらい、酷い振られ方をしてもらわないと。だけどな~。たぶん修はなんだかんだでそういう外道の道には、決して足を踏み入れないんだろうな・・。

そして何というタイミングだろうか。月海[ CV:花澤香菜 ]千絵子[ CV:斉藤貴美子 ]たちが外出し、結果的に留守になった天水館がまさかの解体工事なのか?いや待て待て。中にはまだ目白様がいるじゃないか!たぶん役に立たないけど・・・。もしかすると初お目見えの可能性もあるんだろうか。

月には相変わらず修のことを引きずってる感じだったけど、今回もまた蔵之介[ CV:斎賀みつき ]のパワーに押し切られたな。こんなにも月海のことを想ってくれてる人が近くにいるのに・・。やはり月海には、蔵之介の気持ちは届かないのか。次回最終話。いろいろな人の想いが、どう昇華するだろうか。

しかし千絵子のミシン・・・。余分な肉がブルブルしてる感じが面白すぎ(笑)。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (2)

海月姫(第9話)

[ CV:諏訪部順一 ]稲荷[ CV:北西純子 ]が"裸で寄り添う"写真―。月海[ CV:花澤香菜 ]が修に惹かれていたのは分かっていたつもりだったけれど、あの写真でそこまでショックを受けるほどだったとは。ちょっと冷静になって見てみれば、顔しか写ってないじゃん!とか突っ込みどころは色々あるんだけど。

月海の修に対する気持ちを直視しなければならなくなった蔵之介[ CV:斎賀みつき ]。どうやら今回の蔵之介の様子を見る限り、もう自分の気持ちに整理がついたんじゃないだろうか。ソファーで眠ってしまった月海を優しく抱えてベッドまで運ぶ蔵之介。月海が感じていた母親のぬくもりは決して夢の中だけの出来事じゃなかったと思う。蔵之介が月海を愛おしく思っている気持ち、そのものだったんじゃないだろうか。

さて、今回も良い味出していたのが蔵之介の父親、慶一郎[ CV:麦人 ]と総理大臣の根岸[ CV:千葉繁 ]だ。根岸役の千葉繁がハマりすぎ。もしかして全部のセリフがアドリブじゃないのか?と思うくらいに軽快。そしてこの二人がクソ真面目な顔して下ネタに花を咲かせるなんて。こんな政治家、現実にいたらいろんな意味で凄い。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海月姫(第8話)

すぎもっちゃん[ CV:伊藤健太郎 ]、なんでそこにいる(笑)。エレベータより速い移動っておかしいだろ。そしてあの風貌と行動なんだから、誰か気づけ。それにしても花森[ CV:子安武人 ]の使えなさが想像を絶するぞ。もう最後の電話は致命的・・・。たぶん新しいホイールもベンツもお預けでしょうな。

さて、今回のフリマ。思わぬところで本領を発揮したのが千絵子[ CV:斉藤貴美子 ]。少々幅はありますが、意外とまともな人(その他の住人と比べてれば、ね。)に見える千絵子がくらげ人形製作にその裁縫の腕を発揮!まともまポップがかけないダメ女子3人組はさておき、月海[ CV:花澤香菜 ]のセンスの良さ。今回は千絵子&月海のコンビの勝利だ。

そんな月海が「私がお嫁に行くことは無いけれど・・」なんて自分を卑下している様子を見てしまうと、なんだかちょっと悲しい気分だよね。自分に自信が持てない!ってのは俺も人のことを言えたクチじゃないけれどね。月海のはもっともっと、自分を表に出して欲しいな。

そして蔵之介[ CV:斎賀みつき ]はもう完全に月海にノックダウンされたようです。未だに自分で認めようとしないとは、意外と往生際の悪い奴だ。蔵之介も変な自負はさっさと捨てて、素直にならないとね。そして男バレしなくてよかったな(笑)。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (2)

海月姫(第7話)

思わず月海[ CV:花澤香菜 ]にキスをしそうになったのは、気の迷いなのかそれとも[ CV:諏訪部順一 ]に対するヤキモチからなのか。いやいや、その両方なんだろうな。本人は激しく後悔していたけれど、やっぱり押し寄せる感情は抑えきれないようだ。

その蔵之介[ CV:斎賀みつき ]のウルトラC。「地上げ屋に買われる前に自分たちが買ってしまえ」ときたか。それでいて天水館の住人の貯金を集めようとしてみたり、千絵子[ CV:斉藤貴美子 ]の市松人形に手を出してみたり。そして思いついた妙案は「フリーマーケット」ときたか。天水館って土地はかなり広そうだよな?いくらなんでもフリマでそのお金がまかなえるとは思えないんですけど・・。勢いはあるけど、どうにも周到さが足りないぞ。

ところで、修と蔵之介が異母兄弟という事実。今まであんまり気にしてなかったけれど、蔵之介の置かれている境遇はかなり複雑なんだな。蔵之介の脅しにビクともしなかった慶一郎[ CV:麦人 ]を筆頭に、花森[ CV:子安武人 ]も相当に変な人だし、根岸総理[ CV:千葉繁 ]に至ってはアレだし・・・。

とは言え政治家の二人は、やっぱり肝が据わってるよね。そんな二人の風格を蔵之介も身につけていることはよく分かった。あとは行動力あるのみだ。とは言え蔵之介自身も、なんでこんなに天水館のために必死になっているのか?もちろん答えは月海の存在なんだろうけれど・・・。まだ本人としてはそれを認めたくないんだろうか。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海月姫(第6話)

月海[ CV:花澤香菜 ]たちが蔵之介[ CV:斎賀みつき ]とカフェで「いただきまーす♪」とオシャレ料理に思わずテンションが上がっている裏で、稲荷[ CV:北西純子 ][ CV:諏訪部順一 ]を美味しくいただいちゃった?

このあまりにも違いすぎるようで、実は再開発というキーワードでは繋がってたりする2つのシーンが、全く々「いただきまーす♪」という言葉でシンクロするとは。すっかり演出のツボに嵌ってる気がするけれど、これが実に面白い。稲荷の方は修が目を覚ますまでの間のシーンがすっぱり抜けているので、おそらく襲われてはいないんじゃない?とは思った。稲荷の電話によると、やはりそれで正解のようだ。

それにしても修の行動はなかなかに面白い。そして予測と理解が難しいな。ズボンを履かないで稲荷の元から平然とした振りで返ろうとしてみたり、その後何故か天水館にやってきて、月海と握手?月海が変身後だったからよかったものの、いつものお馴染みの月海しかいない時だったらどうなっていたやら・・・。

そう言えば、蔵之介がいつも「俺」と口走ったときに、月海が突然歌い出すトレロカモミロ。今まで何にも気にせずに見ていたけれど、そう言えばこれってかなり古い歌じゃない?みんなの歌だよな?ごく一部の年齢層にしか伝わらないネタな気がする。俺は今の今まで完全に自然に見ていたけど(笑)。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海月姫(第5話)

これまた分かりやすい女が出てきましたよ!稲荷翔子[ CV:北西純子 ][ CV:諏訪部順一 ]とはまるで正反対の女だ。それなりにいい年行ってそうだし、服装にしても化粧にしても、相当に無理してる雰囲気がよ~く伝わってくるのが面白い(笑)。色々と計算高いと自負しているようだけれど、おそらく修には通じないだろうな。修は免疫なさそうだから。

そんな修とはやっぱり正反対の蔵之介[ CV:斎賀みつき ]。相変わらず格好いいな。基本的に天水館のことは他人事のはずなんだけど、月海[ CV:花澤香菜 ]たちの自信のなさが、蔵之介の心に火をつける!

政治家の家に生まれて、いろいろと汚い面も見てきたんだと思う。だからこそ、月海たちにはそんな大人に負けないで欲しいと思っているのかもしれない。いや、単に月海が修に惹かれている事に、何となく腹が立っているだけなのかもしれない。どちらにせよ、月海たちを動かしてくれるのは、再開発の計画よりも蔵之介の行動力であることには違いない。

それにしても月海、もうすっかり恋する女の子になってきたなぁ・・。今回も修には水族館で抱きしめたその人と同一人物だとは認識されていないというのに・・。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海月姫(第4話)

月海[ CV:花澤香菜 ]にとっての母親[ CV:皆口裕子 ]の存在の大きさ。分かってはいるつもりだったんだけど、水族館で人目もはばからず涙を流していた月海を見て、改めて思い知らされたな。[ CV:諏訪部順一 ]に抱きしめられたことを理解するまで時間がかかるくらいだったし。

それでも月海にとっての「男」という存在の意味が、少しは変わってきてるのか?メイクも落として、洋服も普通に戻った蔵之介[ CV:斎賀みつき ]の姿を見ても、それほど拒否はしてなかったような気はする。相変わらず石にはなっていたけども。そして蔵之介が月海を見る目も変わってきたのか?それとも単に自分に振り向かない女の子が珍しいだけ?後者じゃないとは思うんだけど、どうかなぁ。まだ完全に信用した訳じゃないぞ。

水族館からの帰りの道中。月海はメイクも落としていたし、もはやトレードマークとなったふっといまゆ毛もそのまま。そして和服を脱ぐのに手こずる月海は、ボロボロタンクトップというオシャレとはほど遠い格好に。それでも修はどっちの月海も月海として認識していたな。単にあのメイクがちゃんと落ちてない状態がダメだったってことか?なんだかんだで修も見た目を気にしてる感じなんだよな~。鯉渕家の男は油断ならんぞ。

一つ懸念だった「再開発」については、どうやら千絵子[ CV:斉藤貴美子 ]を始め、尼ーズの皆さんご存じのようで。全く危機感が無いところに、再開発決定のフラグが立ってる臭いがプンプンです。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (3)

海月姫(第3話)

2話だったかな?天水館の存在が危ういのでは?と思わせる演出があったんだけど、[ CV:諏訪部順一 ]の言葉からそれがかなり確度の高い計画なんじゃないか?再開発計画はこの作品の根幹を揺るがす大きな事態になっていきそうだ。

さて、今回は月海[ CV:花澤香菜 ]がオシャレに挑戦!もちろん、自分の意志ではありません(笑)。それにしても天水館の面々、まさかの30歳越えとは。アニメ故年齢は不詳だったけれど、流石に「30代、ヲタ、ニート」(そして処女)と3拍子そろうと迫力が違うぞ。

月海の化粧に話を戻す。修が一目惚れするのも分かるぞ。だけど月海にとっては「オシャレ」という行為自体が自らの今までの人生と今の自分の存在を否定するかのような、そんな意味を持っているんじゃないだろうか。クレンジングも使わず、服がびしょ濡れになるのも構わずに、公園の水道で顔を洗う月海。何か違う。そう思ってしまったのも事実。

今の月海が人生を楽しんでいないとは思わない。だけど女の子としての楽しみをもっと知ってもらいたいという蔵之介[ CV:斎賀みつき ]の気持ちもよく分かる。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海月姫(第2話)

1週開いての2話だったけれど、1話の内容が強烈だっただけに、内容はすぐ思い出したし、この2話も楽しみだった。明らかに天水館のメンバーとは相性が悪そうな蔵之介[ CV:斎賀みつき ](未だに名乗ってない)。案の定、月海[ CV:花澤香菜 ]を含めて全員石化!

まやや[ CV:岡村朋美 ]ばんばさん[ CV:くまいもとこ ]の趣味を知っても特に引く様子も無く、それどころかますますフレンドリーに。確かに世間からは疎まれていると自負している人には、こういう"人当たりのいい人"って結構辛いんだよね・・・。その辺は少なからず同意してしまう。人によって心地よい距離感ってのは全然違うもんだ。

これでもう蔵之介が天水館の敷居をまたぐことは無いかな、なんてちょっと寂しい気持ちになっていたのに。まさか松坂牛の肉であっさりと打ち解けてしまうとは(笑)。そもそも蔵之介が国会議員の息子で超金持ちだったり、出来る男の代表みたいに見えたその蔵之介の兄、[ CV:諏訪部順一 ]オフィシャルサイトによるとなかなか癖のある人間だったり、まだまだドラマを複雑に、そして面白くしてくれる要素がたくさん詰まっていそう。

そもそも、蔵之介は月海以外には「オシャレさん」という位置づけだけれど、中身は男ですよ、男。こっちがバレたときが一番ヤバい気がする。

海月姫(@フジテレビ) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation