夢喰いメリー

夢喰いメリー(最終話:第13話)

▼最終話
vsミストルティン[ CV:矢作紗友里 ]の最終局面!いや~、見応え十分だったな。どこからとも無く正義のヒーローが登場するわけでもなく、夢路[ CV:岡本信彦 ]メリー[ CV:佐倉綾音 ]たちの信じる気持ちが力になった。そしてレオン[ CV:黒田崇矢 ]の犠牲も無駄ではなかった!

唯一惜しむべき所があるとすれば、それはミストルティンが消滅した瞬間の飯島[ CV:鈴村健一 ]の顔が見られなかった事だ。もちろん、夢路やメリーはそんなことしないんだろうけれど、俺だったらデイドリームが終わるまで延々と殴り続けたに違いない(笑)。それでも、現実に戻って飯島が座っていたはずの席に誰もいないことを確認した瞬間は、思わずニンマリだった。

まだまだメリーと夢路の戦いは続く。ユメを無くした千鶴[ CV:植田佳奈 ]には、勇魚[ CV:茅野愛衣 ]との再びの出会いが待ってるに違いない。これからもずっと、この二人の行く末を見ていたい。そんな期待感と希望を抱かせるに十分な最終話だった。

▼徐々に深まるストーリー
序盤は少々置いてけぼりを喰らったような印象すらあった世界観。だけどストーリーが進むにつれ、物語の深いところが見えてくるにつれて、そんな気分はどこへやら。メリーの可愛さに夢中になっているうちに、気がつけばこの作品の世界観にどっぷり漬かっていた。正義の味方かと思えば、単なる夢魔殺しに急転直下。実体の見えない敵の存在に感じる漠然とした不安感。いろいろな感情がストーリーに乗ってくる事で、さらに深みを増す。徐々に、じわじわと染みこんでくるような、味わい深い展開だった。

▼メリーに夢中
幼なじみ度100%の勇魚も捨てがたいんだけど、やっぱりメリーの魅力を語らずにはいられない。見る物全てにピュアは反応を見せるメリー。そして時にはそのピュアな心が強さにもなり、そして脆さでもあった。時には頼りになる力強い味方だし、時には守ってあげないと何処かへ飛んで行ってしまいそうな儚さも見せる。そんなメリーとの出会いで、夢路も自分の"ユメ"をより強く意識する事になった。この全13話の中ではメリーという存在が何者なのか答えが出ることは無かったけれど、それでも前を見つづけているポジティブなメリーの姿には、ちょっと元気づけられたような気がする。

▼美麗な映像
これぞ大手制作プロダクションと言うにふさわしい作画クオリティもこの作品の魅力の1つ。メリーや勇魚の可愛さ、夢魔との派手なバトル。3DCGを効果的に使ったデイドリームの世界観の演出。お馴染みのちょっと淡い色彩のJ.C.STAFF独特の色使いも、この作品の雰囲気とはマッチングの相性が良かったんじゃないだろうか。キャラクターのアクションや表情、背景、プロップデザインまでぬかりない作品作りには好感を覚える。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢喰いメリー(第12話)

圧倒的!これに尽きる。神展開とはまさにこのことだ。ついにやってきてしまったミストルティン[ CV:矢作紗友里 ]との決戦の日。余裕綽々の飯島[ CV:鈴村健一 ]がとにかく腹立たしい。コイツの顔を見る度に、なぜ勇魚[ CV:茅野愛衣 ]が・・・という悔しい気持ちになる。

ミストルティンとの戦いを前にして、千鶴[ CV:植田佳奈 ]とその夢魔レオン[ CV:黒田崇矢 ]から告げられた事実。この状況はあまりにも・・・・。言葉を失うくらい、もはやミストルティンに勝つ術は無いんじゃないか?と思った。

そんな「ユメもキボーもない」状況でも、再びメリー[ CV:佐倉綾音 ]とそしてエンギ[ CV:遠藤綾 ]が加勢して、ミストルティンに対峙する。そしてやはり、そして案の定、ミストルティンには全く歯が立たない・・・。

それは夢路[ CV:岡本信彦 ]が剣を取ったとしても、決して変わらない状況に思える。いっそのこと横に立ってた飯島を倒してしまうってのはダメ?

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

夢喰いメリー(第11話)

「送り返してみる」と言ったメリー[ CV:佐倉綾音 ]の言葉には力がない。エンギ[ CV:遠藤綾 ]も、口を開かない。もちろん、誰もが夢魔を送り返す事の意味を知っている。どうしようもない、という閉塞感だけが重くのしかかる。夢路[ CV:岡本信彦 ]のぎこちない笑顔が痛々しかった。

勇魚[ CV:茅野愛衣 ]の器に無理矢理押し込められたパレイト[ CV:こやまきみこ ]。あまりにも弱々しいこの夢魔では、当然ミルトルティン[ CV:矢作紗友里 ]には勝てない。だけど、メリーですらミストルティンには全く歯が立たなかった。

今回は千鶴[ CV:植田佳奈 ]のおかげで事なきを得たけれど、どう見てもこのままじゃ勝ち目がないよなぁ・・。千鶴が加勢してくれれば、もしかしたらとも思うけれど、それはやっぱり無理なんだろうか?

そして際立つのが飯島[ CV:鈴村健一 ]の歪んだ性格。コイツ、ホントに嫌なヤツだ。鈴村健一の演技がそれに華を添える。あんまり褒め言葉になってないか。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢喰いメリー(第10話)

夢中で部屋に籠もって絵を描き続ける勇魚[ CV:茅野愛衣 ]。勇魚の状況を知っているはずなのに、そして夢魔の器となった人間がどうなるのか、知っているはずなのに。それでも笑顔でいつもどおりの何気ない言葉を交わす夢路[ CV:岡本信彦 ]。取り乱す事のない夢路の様子は、ものすごく頼もしく写る。だけど勇魚は知ってたんだな。前日の夜、夢路が葛藤していたその時を。

今の夢路には、絶対に力になってくれる人が必要だ。メリー[ CV:佐倉綾音 ]由衣[ CV:秋谷智子 ]、そしてエンギ[ CV:遠藤綾 ]が夢路の側にいてくれるのは心強い。メリーはそんな夢路の心境を知っているのか、はたまた知らないのか。勇魚の語る絵への想いをあさっさりと「へー」の一言で済ませてしまう相変わらずのマイペース。

そしてもう一人、敵なのか味方なのかまだはっきりしてない千鶴[ CV:植田佳奈 ]も気になる。彼女の夢魔、レスティオン[ CV:黒田崇矢 ]。何か目的を持ってはいるようだけど、ミストルティン[ CV:矢作紗友里 ]とはおそらく目的を異にしているはず。

勇魚の心に触れ、明らかに動揺している気配のある千鶴。夢路の「味方だよな!」という言葉には無反応・・。なんとかそうであって欲しいという夢路の気持ちが込められた言葉だ。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢喰いメリー(第9話)

これまでの感想でもひたすら「怪しい!」と言い続けてきた飯島[ CV:鈴村健一 ]、やはりお前か!どうやらコイツがミストルティン[ CV:矢作紗友里 ]の器で間違えないようだ。とは言え、獣医を目指す吉田[ CV:斉藤佑圭 ]を足蹴にする飯島の顔は、あくまで人間としての醜い飯島の顔だった。これが彼の本性という事か。

その飯島のターゲットになってしまったのが勇魚[ CV:茅野愛衣 ]。思えば夢路[ CV:岡本信彦 ]の怪我に付き添おうとしていた勇魚を断ってしまったのは、他ならぬ夢路自身。夢魔ランズボロー[ CV:吉野裕行 ]の言う夢魔の真実。そしてエンギ[ CV:遠藤綾 ]が常々言っている「幻夢に帰す事は出来ない」という言葉。

勇魚の夢をみた夢路の絶望は計り知れない。ランズボローの言葉を信じるのか?しかしあの状況で、単に助かりたいからという理由だけであの夢魔が嘘をついていたというのはちょっと考えにくい。となると、あと残された希望は千鶴[ CV:植田佳奈 ]だ。少なくとも彼女がミストルティンではないと分かった今、彼女が夢路の、そしてメリー[ CV:佐倉綾音 ]の味方である事を期待してしまう。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢喰いメリー(第8話)

進路面談を待つ勇魚[ CV:茅野愛衣 ]のシーンから、突如としてエンギ[ CV:遠藤綾 ]の辿ったパティの記憶に場面が転換。このシーンは思わずドキッとしたなぁ。まさか、勇魚とパティの死に何か関係があるのか?と、そう思わせるような演出。

だけどどうなんだろう。今回、このままデイドリームでしか接点が無いのかと思われたメリー[ CV:佐倉綾音 ]とエンギが、夢路[ CV:岡本信彦 ]の怪我というちょっとした偶然から由衣[ CV:秋谷智子 ]との繋がりが出来た事で、かなり近い存在になった事は間違えない。そしてそのことに、何か意味があるのでは?と勘ぐらずにはいられない。

今回も思わせぶりな表情を時折見せる飯島[ CV:鈴村健一 ]。そして一切喋っていないのに、時々その存在が映し出される千鶴[ CV:植田佳奈 ]。もうこうなるとこの二人も何らかの形でエルクレスに関わっていると思っていた方が良いかもしれない。

それにしてもドーナツを食べているときのメリー、そしてポンデライオン的なマスコットを頭の上に乗せてまったりなメリーが可愛い。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢喰いメリー(第7話)

単なるモブキャラだと思っていた男の子、マサル[ CV:五十嵐裕美 ]が「器」だった事に驚いてる時間も無いくらい、あっという間に"ジュカイ"なる夢魔にデルガ[ CV:近藤孝行 ]を倒されてしまう。

マサルが嬉しそうにグリッチョのサイン入りお面を抱える様子を、なにやら意味ありげな視線を送っていた千鶴[ CV:植田佳奈 ]。そして帰り際に遅れての合流。全ての状況が千鶴とジュカイの繋がりを示唆している。少なくとも今回のジュカイの行動を見ている限り、とてもじゃないけどメリー[ CV:佐倉綾音 ]と目的を同じくしている様子は無い。

しかし気になる事もある。6話を見た限りで、ミストルティンと関係がありそうだと思ったのは千鶴、そして飯島[ CV:鈴村健一 ]。今回、突発的に海にやってきたにもかかわらず、そこには飯島の姿もあった。単なる偶然?それとも?

今回はメリーがかなり落ち込んでいたので、せっかく海に遊びに来たんだけど、楽しいというよりもしんみりって感じが強かったかな。メリーのスク水は似合いすぎなんだけど、それに楽しく突っ込む雰囲気ではなかった。そして俺的にはお約束だけど、海から帰るときに勇魚[ CV:茅野愛衣 ]の髪型!普段結んでる女の子が、髪の毛を下ろしてる時のギャップ。これがたまらん。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夢喰いメリー(第6話)

眠りから覚めない夢路[ CV:岡本信彦 ]につきっきりのメリー[ CV:佐倉綾音 ]。これまでずっと強気なメリーを見続けてきただけに、すっかり落ち込んで涙を流しているメリーの姿はかなりこたえる。

そのメリーの存在する理由を紐解くヒントを少しだけくれたのはジョン・ドゥ[ CV:中田譲治 ]だ。もしメリーが幻界に帰ってしまったら、当然そこには器が残るんだよね?と思っていたけれど、もし今回のジョン・ドゥの話す「巻き添えを喰らった者」がすなわちメリーだったならば、彼女は器無しで存在している夢魔ということになるわけだ。つまりメリーを幻界に帰すということは、メリーと二度と会えなくなるってことだろうな・・。

そしてもう1つ。ジョン・ドゥの語る「ミストルティン」だな。6話でいかにも何か関係がありそうに描かれていたのは千鶴[ CV:植田佳奈 ]、そして担任教師の飯島[ CV:鈴村健一 ]だ。千鶴の方は明らかに幻界や夢魔と関係がありそうな、そして何か目的がありそうな空気を醸し出しているだけに、逆に味方なのでは?とも思える。飯島の方は・・・流石に脇役か?考え過ぎか?

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夢喰いメリー(第5話)

エンギ[ CV:遠藤綾 ]の言葉に耳を疑った。幻界に戻る事は出来ない?じゃあ、今まで扉の向こうに去っていった夢魔たちは・・・。夢路[ CV:岡本信彦 ]はそれは受け入れがたい言葉だったに違いない。夢路にとって、メリー[ CV:佐倉綾音 ]との約束は、それだけ意味があることだったはずだから。

そしてその夢路以上の衝撃を受けたのは、間違えなくメリー。だけど、メリーにはその衝撃の余韻に浸る暇すら与えられないようだ。エンギの放った剣は、間違えなく夢路の身体を引き裂いている。普通の夢の中ならいざ知らず、デイドリームでの致命傷は、そのまま命を落とすことに繋がるんだと思う。最後の1カット、敢えて彩色していないメリーの表情が、事態の深刻さを物語る。

こういう時がいつかは来るだろうとは思っていたけれど、由衣[ CV:秋谷智子 ]やエンギの行動は、メリーと夢路にとって絶対的な"敵"ではないはず。だから憎しみを持って戦う事は決して出来ないはず。ともすれば、夢路と由衣、メリーとエンギの見ている方向性は、近いんじゃないかと思うんだけど・・・どうだろう?

勇魚[ CV:茅野愛衣 ]は今回はほぼお休み。たぶんYOKATO[ CV:赤羽根健治 ]の突然の活動休止は、おそらく夢魔の存在へと繋がる伏線だとは思うけどね。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

夢喰いメリー(第4話)

夢魔クリス[ CV:浅沼晋太郎 ]の存在は、果たして純粋に悪だったのか?彼の存在は、この作品における夢魔の立場が、必ずしも全てそうではないんじゃないか?という布石を打ったと思う。現に器となっていた[ CV:高森奈津美 ]は確かに傷つく事にはなったけれど、その経験はおそらく彼女の中で決して"後悔"にはなっていないと思う。

消滅間際に動いたクリスの唇から発せられた言葉は、おそらく「さよなら」だ。それは鳴のセリフからも覗える。鳴にとっては、クリスという夢魔とのひとときの恋愛が、間違えなく糧となるはず。もちろん、彼女の純粋な気持ちを裏切ったという点においては、悪なんだけどね。なんだろう、夢路[ CV:岡本信彦 ]メリー[ CV:佐倉綾音 ]の言葉や行動に、ちょっとだけ違和感を感じた4話だった。

さて、どうやらこれでしばらくはメリーが夢路や勇魚[ CV:茅野愛衣 ]たちと再び生活を共にする事になりそう。メリーの場合、個人的にはメイド服よりも普段のヘソだしルックの方がよっぽど気になるんですけど・・・。

夢喰いメリー(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation