ドラゴンクライシス!

ドラゴンクライシス!(最終話:第12話)

▼最終話
ここまでの流れを振り返ってみると、結局のところ「竜司[ CV:下野紘 ]ローズ[ CV:釘宮理恵 ]のためにという理由で別れる」「だけどやっぱり自分の気持ちに気づいてローズを取り戻しに行く」という展開を全12話で2回ほど繰り返しただけじゃない?3話でやったそれをもう1回やってるだけに見えた。

ローズがオニキス[ CV:神谷浩史 ]に連れて行かれた時点で、竜司が助けに行く事は自明だった。マルガ[ CV:堀江由衣 ]に促されてようやくその気になるイジイジっぷりは、もうちょっとどうにかならなかったのか。お約束の展開を拒否する訳じゃないんだけど、要はそこに持って行くための盛り上げ方も問題なんだよな。想像以上にあっけなく幕切れを迎えたという印象だ。

▼登場人物を活かしきれず
ローズ以外のキャラクターについては、基本的にその場その場のストーリーのためだけに用意されたような印象。ストーリーの連続性との関係が思うように描き切れてなかったんじゃないか。それが竜司の糧となり、積み重なってクライマックスに繋がる展開が理想。一応、最後のオニキスとの戦いではアイも加勢してくれたし、サフィ[ CV:加藤英美里 ]も竜司とローズに真剣に向き合ってくれていたのは分かった。もう一歩、シリーズ構成やシナリオの繋がりに工夫が欲しかった。

▼世界観は予想以上に単純明快
もう少しドラゴンの存在とかソサエティの位置づけが複雑に絡んでくるかと予想していたんだけど、そんなに難しく考える事はなかった。良くも悪くも表に見ている以上のモノは用意されていなかったっていう印象で、この作品が伝えたいであろうテーマに集中できるという点においては、分かりやすい世界観は歓迎されるべき。ネガティブな言い方をすれば、用意した食材を上手いこと料理できてないとも取れる。この辺はバランスが難しいところだから、人によってとらえ方は違うかな。

▼可もなく不可もない作画
作画については、総じて1話での印象がそのまま。3DCGでモデリングされてるクルマとか飛行機については、もう何の違和感もなく受け入れられるようになったから、2DCGとのギャップもあまり気にならず。アクションシーンも多かったこの作品だけど、その割にはあんまり印象に残ってないんだよね。なんでだろう。一方でドラゴンの瞳の表現はかなり良かったと思う。アップのシーンであの瞳を見ていると、吸い込まれるような気分だ。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンクライシス!(第11話)

あれ?絵から出てきた後と、明らかに話が繋がってないんですけど・・・?という事で、調べてみても後の祭り。TOKYO MXでは10話は3月20日の日曜26時30分~、つまり21日月曜の2時30分~放送されたそうです。そりゃねーよ・・。2話連続放送とかにしてくれれば気づきようもあるけど、毎日オフィシャルサイトをチェックするほど夢中になってる訳じゃないしな~。ネット配信もないし、後は4月からの日テレ(つまり6月末)で見るか、Blu-rayを買うかってことになった。いいや、別にそこまでして見なくても。

ということで10話のあらすじはNewtypeで補完。サフィ[ CV:加藤英美里 ]というのが新キャラで、竜司[ CV:下野紘 ]ローズ[ CV:釘宮理恵 ]の手にキスをして、そんでもって竜司とローズがなにやら気まずい雰囲気になってるようです。

結局、竜司はオニキス[ CV:神谷浩史 ]の言い分を鵜呑みにして、ローズとまたもや離ればなれに。一度懲りてると思ってたんだけど、やっぱりまだダメだったのか。またもや頼りない優柔不断な少年に逆戻りだ。

確かに竜司自身がロストプレシャルというのはかなりの衝撃だったと思うけど、そこで自分の気持ちに正直になれないか。今の竜司じゃあ実咲[ CV:仁後真耶子 ]も告白する気にならないんじゃないの?改めて竜司に、もう一度頼もしいところを見せて欲しい。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラゴンクライシス!(第9話)

初っぱなから苦言を呈したくはないけれど、流石にこの原画はノーコメントという訳にはいかないわ。元々微妙なキャラデザということもあるけれど、今回は基本的な体格のデッサンすらまともに出来てないシーンが多すぎ。せっかくのラブコメ展開でニンマリのはずが、このクオリティではなぁ。最初、アイ[ CV:いのくちゆか ]がアイだって気がつかなかったし・・・。

さて、久々登場のアイ。もう少し後にならないと帰ってこないかと思っていたんだけど、意外と早い再登場。1クール作品だからこんなもんか。ヘリで去っていったからさぞかし遠くに行ってしまったのかと思ったけど、竜司[ CV:下野紘 ]の家の近くに住んでるんだな。

そしてこの作品始まって以来の実咲[ CV:仁後真那子 ]大活躍!何年分の「はうっ!」を聞いたか分からないくらいだ。今回のカーズドプレシャスはB級ホラー映画的代物だったけど、突然出てきたり、大きな音で驚かされたりするのってダメなんだよなぁ・・・。不覚にもちょっとビビりながら見てしまった。

最大の見所は・・もちろん鏡に向かって竜司への気持ちを打ち明ける女の子(英理子[ CV:ゆかな ]は・・"子"じゃないか?)たち。そして美味しいところをしっかり持って行くビアンカ[ CV:松岡由貴 ]。ラブコメお約束のハーレム展開なんだけどなぁ。やっぱり作画が悔やまれる。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラゴンクライシス!(第8話)

アイ[ CV:いのくちゆか ]とのおそらくのしばしの別れと交代するかのように、ビアンカ[ CV:松岡由貴 ]登場。マッドサイエンティスト的位置づけのキャラだと思うんだけど、今のところはちょっとインパクト薄いかもなぁ・・。どうやら竜司[ CV:下野紘 ]の父親に助けられた過去を持つようで、竜司ハーレム隊の一人になる素質は十分。

とは言え、やっぱり女の子キャラなんだから思わず「可愛い!」と思わせる瞬間が欲しかった。ビアンカのその過去のエピソードもそうだし、竜司とローズ[ CV:釘宮理恵 ]の家族的な親密度からも伺えるように、この作品はラブコメ的要素を全面にというよりも、人と人との繋がりとか家族というキーワードをプッシュしてくるという色合いがかなり濃いことがこれではっきりしたとも言えるけど。

加えて、今回はバトルシーンもちょっとスピード感不足。その前のビアンカが放ったミサイル(?)に竜司が追い回されるシーンも同様。ロケットエンジン的推進装置が付いてるのに、人が走るのにちっとも追いつかないって・・・。作画のキャパ的に厳しいのかもしれないけれど、ミサイル視点でグングンと竜司に迫っていくような、そういう絵コンテにして欲しかったなぁ。キャラ的にも演出的にも、ちょっとパワー不足を感じた8話でした。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンクライシス!(第7話)

恐怖心を抱きながらも、アイ[ CV:いのくちゆか ]を守ろうと斎木[ CV:堀江一眞 ]との間に割ってはいる竜司[ CV:下野紘 ]!今回は流石に格好良かったと褒めるしかないな。これはアイも惚れただろ!

とまぁ、お約束のラブコメ的な展開を期待したんだけど、思った以上にアイが斎木の事を慕っていたという事実が。お約束展開も好きだけど、これはちょっと不意を突かれた感じだ。斎木も最後まで自分の信念は曲げなかった。そのおかげで「ソサエティ」という存在を本当に信じて良いのか、という疑問は残ったままだ。言い意味でのモヤモヤ間。

これでアイとはしばらくお別れ、という事になってしまうんだろうか。アイのキャラクターは結構好きだったし、竜司の事も嫌いじゃないみたいだったから、しばらくは竜司の家に居候かと思ったんだけどな~。ともあれ、彼女との出会いと彼女の行動が、今回は竜司をブレイカーとして前へ進む決意をさせたんだと思う。今回の出来事は、竜司にとっても大きな意味を持っていたことは確かだ。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ドラゴンクライシス!(第6話)

EDでその存在が気になっていたオッドアイの女の子、遂に登場。その名もオッドアイ。そのままかよ。いやいや、愛称はアイ[ CV:いのくちゆか ]だそうです。竜司[ CV:下野紘 ]にパンツ見られてみたり、思わぬ展開から一緒にお風呂に入ってみたり。もうフラグ立ては完了したんじゃない?あの綺麗な色違いの瞳で、恥ずかしさから目をそらす仕草はかなり可愛い。

そんな可愛さとは裏腹に、彼女の行動は強い信念に支えられている。「ロスト・プレシャスは誰かが独占して良い物では無い!」という主張はまさにそのとおりなんだろうけれど、果たして彼女は利用されているだけなのか、それとも彼女の思う正義に役立っているのか?とにもかくにも、彼女のこれからの行動にとって、竜司の存在意義が大きくなったであろう事は確かだ。ローズ[ CV:釘宮理恵 ]といい、アイといい、竜司は人間じゃない生物に好かれる体質なのか。

そして今回はヤキモチ妬き担当のローズ。"浮気"なんて言葉をどこで覚えてきたのか、はたまた英理子[ CV:ゆかな ]が覚えさせたのか。しかしアイはあんまりローズのことは気にしてないみたい。竜司もようやく良い具合にローズの相手が出来るようになってきたかな。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンクライシス!(第5話)

いくら何でも「直接話をすればいい!」っていうローズ[ CV:釘宮理恵 ]の提案は、ちょっと無邪気すぎるんじゃないの?と思ったんだけど、やっぱり侮れないな~。変に歪んだ感情を持っていないが故、ピュアなローズの心は、ジョージ[ CV:宮本充 ]の心の内を見抜いていたんだろうか。

それにしても、竜司[ CV:下野紘 ]の今回のローズに対するあたりはちょっとキツい。もう少し大人になって欲しい気はするけれど、う~ん、どうなんだろ?オニキス[ CV:神谷浩史 ]からローズを守ろうとしたあの竜司の様子を思い出すと、何に付けても自分で決めた事には一直線!な性格なんだと思うんだよね。それが今回はちょっと裏目に出た感じ。

この竜司のちょっと未熟な性格は、おそらくこれからローズと接していく事によって、大きく変わっていってくれる部分だと期待している。これから竜司が経験するであろうドラゴンとの出会いも、そのきっかけになるはず。そうすれば、きっと実咲[ CV:仁後真耶子 ]も報われるときが来るに違いない!たぶん。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラゴンクライシス!(第4話)

唐突に竜司[ CV:下野紘 ]の前に現れたホワイト・ドラゴンのマルガ[ CV:堀江由衣 ]からクエストのご依頼。ちょっとストーリーの展開が苦しくないか?ノンフィクションでご都合主義を否定してもしょうがないんだけど、もうちょっとマルガとの出会いは工夫のしようがあるってもんだろうに。

そのマルガご指名の"敵"は、100%気さくなおっさん(でも19歳)のジョージ[ CV:宮本充 ]。これでジョージが写真の人相通り嫌なヤツだったら話は早いんだけど、こうもフレンドリーだと竜司としても戸惑うよな。もちろん、竜司やローズ[ CV:釘宮理恵 ]の存在の真実を知らないが故、なんだと思うけど・・。

そして何の因果か、過去の伝承をまるでなぞるかのようにマルガに一目惚れのジョージ。これで舞台は整った。ここでもやっぱりマルガとの出会いがアレなので、どうもストーリーに没頭できないという点は否定できないな。材料は良い具合に揃えたと思うので、ここからの構成に期待。

一応今回はお約束の水着回って位置づけなんだと思うので、実咲[ CV:仁後真耶子 ]が可愛かった事は付け加えておく。報われないところがまた良い(笑)。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンクライシス!(第3話)

オニキス[ CV:神谷浩史 ]の前で、竜司[ CV:下野紘 ]に対して「嫌い!」と連呼するしかなかったローズ[ CV:釘宮理恵 ]。さぁ竜司!そこで言うべき言葉は何だ!さぁ!

分かっていても、この展開は思わず拳を握りたくなるくらい、力が入るな。さらに明かされた竜司の過去。竜司専用のロスト・プレシャス、スラッシュブレスを手にした時点で、もう竜司の覚悟は決まっていたと思う。2話ではあまりにふがいなかった竜司。今回は堂々と、そして温かい表情でローズに「好き」という気持ちを伝えた。今回は実に頼もしくて、そして格好良かった。

そんな展開の中で、オニキスはドラゴン化。そしてローズはドラゴンとしての力を徐々に発揮し始めた。せっかく感動的なストーリーなんだから、もう少し作画を頑張って欲しかったな~。特にローズが竜司の元へ去ってしまった後のオニキス。神谷浩史の鬼気迫る演技と、肝心のオニキスの表情がリンクしてないんだよね。もっと心の底から、怒りに震える表情を見せて欲しかった。ドラゴン化した後のオニキスも、どうにも平坦なデザインで迫力がない・・・。実にもったいない。

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラゴンクライシス!(第2話)

1話に引き続いて、分かったようで分からない展開だな。今回のキーワードは「ブレイカー(遺物使いと書くらしい)」だ。後で見れば、なるほど「ロスト・プレシャス」と関連があるんだな、とか色々と分かるんだけど・・・。これ、流石に原作を見ずに初見の人にはちょっと辛い展開じゃない?

レベル10が最高値らしく、つまり竜司[ CV:下野紘 ]は世界に7人しかいないというトップレベルの遺物使い。ローズ[ CV:釘宮理恵 ]を連れ戻しに来たというオニキス[ CV:神谷浩史 ]に、その能力を発揮するのか?と思ったんだけど、あっさりやられて連れて行かれちゃったな。どういうときに使う能力なのかは、未だに謎のままだ。

ストーリーの理解度が低い割には、それなりに見てられる展開ではある。その点では、分かりそうで分からない絶妙なラインをキープしてるってことかもしれない。もう1つ、画面に引きつけてくれるのはローズの目!もちろん作画の妙ということは分かっていても、あのローズの青く澄んでいて、そして複雑な紋様を描いている瞳に吸い込まれそう。

ローズが竜司に懐く理由は、ひとまず過去の出会いにありそうという事は分かった。今回のローズに対する竜司の態度は、流石にちょっと大人げなさ過ぎる。ローズが可愛そう。もし竜司があんな態度を取っていなければ、ローズはオニキスに着いて行かなかったんじゃないのか?

ドラゴンクライシス!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation